ハンドル ネーム 決め方。 ハンドルネームはどうやって決める?本名?アニメキャラ?

【面白い】後悔しないハンドルネーム&ペンネームの付け方・決め方【かっこいい】

ハンドル ネーム 決め方

STEP2 自分にちなんだキーワードを集める 「ただなんとなく付けた名前」より、「自分に関係のあるキーワードからとった名前」の方が愛着を持てて長く使えると思います。 自分の本名や自分の好きなものなどから名前に使えそうなキーワードを探して書き出してみましょう。 本名からなら、使われている漢字一字を抜き出したり、苗字か名前をそのまま抜き出したりしても良いと思います。 好きなものからなら、好きな動物、好きな食べ物、好きな色などが良いんじゃないでしょうか。 ここで最終的な名前を決めるわけではないので、とりあえず思いつくだけバーッと書き出してみてください。 STEP3 キーワードを調理して名前化する STEP2で集めたキーワードを使っていよいよ名前を作っていきます。 基本的には以下のようなやりかたで調理していきましょう。 STEP4で最終決定するので、ここでも複数の案を出しておきます。 性別を象徴する漢字をくっつける 男性なら名前の後ろに「太」「郎」「彦」、女性なら名前の後ろに「子」「恵」「香」などを付けてみても良いと思います。 回文にする ちょっと難しいかもしれませんが、例えば本名から「星野」という苗字をキーワードとして抜き出した場合、これを回文化すると「星野志保(ほしのしほ)」という名前が出来上がります。 STEP4 名前を決定する前に最終チェックをする• STEP1で決めた方向性に沿っていますか?• 初見の人でも読めますか?• 実際にその名前で呼ばれても恥ずかしくないですか?• 隠語もしくは外国人にとって変な意味ではないですか? 最初に決めた方向性から外れている名前、難しい読み方をする漢字の名前、下品な意味を持つ名前などはあまり良いとは言えません。 STEP3で作った複数の名前案をここでふるいにかけ、最終的に採用する名前を決めます。 ハンドルネームを使ってなんらかの活動をする場合、それが交流関係を広げることになったり、仕事につながったりするかもしれません。 そうするとハンドルネームでリアルに人と会う機会もあるでしょう。 そんなことも想定すると安直な名前は付けられませんよね。 手っ取り早く名前を決めたいときにおすすめなWebサービス 「一から自分で考えるのは面倒くさい」という人は、名前辞典や名前生成サービスを利用しましょう。 お名前辞典 日本人の名前辞典です。 漢字を指定するとその漢字を含む名前が、読み方を指定するとその読み方をする名前が表示されます。 創作支援名前倉庫 日本人の名前がいくつかのカテゴリーに分けて紹介されています。 「中性的な名前」「外国人名に漢字をあてた名前」「数字にできる名前」などのように分類されているので、イメージに近い名前を探しやすいです。 常緑の大樹 外国人の名前をランダムで生成してくれます。 ほかにも「二つ名作成」など面白い生成ツールがあります。 欧羅巴人名録 外国人の名前データベースです。 名前のランダム生成ツールもあります。 外国人名読み方字典 外国人の名前辞典です。 索引から適当に文字をクリックするとその文字から始まる名前がズラーッと表示されます。 すごい名前生成器 日本を含む12か国の名前をランダムで生成してくれます。 ありふれた名前か珍しい名前かをオプションで指定することができます。 おわりに いかがでしたか? 今回は「ハンドルネームの決め方」をテーマにその手順やポイントをまとめました。 ハンドルネームだけじゃなく、創作キャラやアカウント名などを決める場合にも応用できると思いますので、是非いろんなシーンで活用してみてください。 それでは!.

次の

ブログで使える良いハンドルネームの付け方!本名にこだわる必要はなし!

ハンドル ネーム 決め方

面白い&カッコいいハンドルネームやペンネームが考えつかない……。 下手に凝ってたりダサいハンドルネームを付けて、後から後悔したくないし……。 ちょうどいい塩梅のネーミング方法を教えて! こんな悩みに応える記事を書いてみました。 僕は現在、約10個のハンドルネーム(ペンネーム)を持っています。 いまは使っていなかったり、人に頼まれて考えたりしたものを含めると、これまで 100個以上はハンドルネームやペンネームを考えたんじゃないかと。 もちろんその中には、振り返って後悔するようなものもいくつかあります。 そのときはテンションに任せて勢いで決めてしまったハンドルネームも、一度使い始めたら変更するのはなかなか難しいもの。 コロコロ名前が変わる人なんて、他の人が覚えてくれるはずもありません。 というわけで、この記事では、 目次• 後悔するかも?やってはいけないハンドルネーム 他の人とカブってしまうハンドルネーム すでに誰かが使っているハンドルネームを付けるのはご法度です。 特に、知名度がある人のハンドルネームと同じ名前を付けてしまうと、本人にその気がなくてもなりすましを疑われてしまうため、絶対に避けるべきです。 逆に、(いまは大丈夫でも)後からカブってしまう恐れがある没個性な名前も、なるべく避けたほうがいいでしょう。 黒歴史系ハンドルネーム 後悔、という意味ではコレが一番多いかも? 若気の至りやその場の勢いで付けたはいいものの、後になって黒歴史と化してしまう厨二ネームやイタいハンドルネーム。 笑い話にできるほど大人になる自信がない方は、要注意です。 「様」「姫」「王子」なども、使用に厳重な注意が必要なワードです。 死語になってしまうハンドルネーム そのときの流行りの言葉をハンドルネームに使うのも危険です。 目を引きやすいので、ある程度のフォロワーを集めてから別のハンドルネームに変更するという戦略もありますが、一度周知された名前を変えるのはそれなりにリスクもあります。 あえて死語を使うという高等テクニックもできないではありませんが、利用には充分なご配慮を。 ネガティブな印象が強いハンドルネーム あまり良いイメージを相手に与えない言葉を用いるのも注意が必要です。 自虐やキャラ作りであえてネガティブワードを使ったハンドルネームを付ける人も多いようですが、共感してくれる人は思っているよりも少ないものです。 毒を効かせるなら、あくまでわずかにさりげなく。 バランス感覚が重要です。 本名バレしやすいハンドルネーム ハンドルネームを付けるとき、自分の名前をベースに考える人が多いかと思いますが、「本名バレは絶対にイヤ!」という人は避けたほうが無難です。 生年月日を4桁の数字で入れるというのも、(メールアドレス等ならまだしも)不特定多数に公開するハンドルネームにはなるべく使わないほうがいいでしょう。 機種依存文字を使ったハンドルネーム パソコンに慣れていない方などは見落としてしまいがちなのがコレ。 Unicodeの普及などで減ってはきましたが、アプリやWebサービスによってはまだまだ非対応のものがあるので、できればこういった文字を使うのは避けたほうがいいでしょう。 顔文字や記号を使ったハンドルネーム 顔文字や記号を含んだハンドルネームは、手軽に個性を付けることができて便利ですが、多用は禁物です。 これらは読むときには反映されないというデメリットもあるので、なるべく個性はハンドルネーム(文言)そのもので出したいものですね。 良いハンドルネームの条件 読みやすい 凝ったハンドルネームを付けようと、難しい漢字を使ったり、無理やりな当て字を用いたりするケースも多いかと思います。 しかし、読みづらい名前はそれだけ記憶率(定着率)も低くなってしまうため、周知を広めたい方にとってはデメリットでしかありません。 よっぽど上手い当て字などが思いつけば使ってもかまいませんが、そうでない場合はなるべく読みやすいハンドルネームを付けたほうがいいでしょう。 入力しやすい パソコンやスマホで入力しづらい名前は、何かと使用機会が多いハンドルネームにあまりふさわしくありません。 日本語入力ソフトのユーザー辞書に登録してしまうというテクニックもありますが、これだと他の人が自分に言及してくれた際などに入力しづらい点は解消されません。 覚えやすい これが最も大切です。 名前は覚えてもらってこそのものですからね。 例えば、漢字ばかりの名前よりも、ひらがな・カタカナを使ったほうが覚えてもらったりしやすいようです(選挙ポスターなどもそうしていますよね)。 読みやすく、入力しやすい名前をと意識しすぎると、没個性なハンドルネームになってしまい、なかなか覚えてもらえませんので、必ずどこか「ひっかかり」のようなものを作るようにしましょう。 おすすめのハンドルネームの付け方【3ステップ】 僕が知り合いなどに「なんか適当なハンドルネーム考えて」と頼まれたときによく使っている方法を紹介しておきます。 好きなものをたくさん挙げてみる まずは自分が好きなものを、思いつく限りいくつも書き出してみます。 好物・趣味・座右の銘・好きな芸能人etc……。 辞書や小説、漫画などをパラパラとめくって、目についたキーワードを抜き出してもいいですね。 それぞれの言葉を分解する 次は、書き出したキーワードを「分解」する作業です。 例えば、「野球」ならバット・ボール・ヒット・ホームラン・キャッチといった関連キーワードに分解していきます。 長いキーワード・フレーズは、物理的にいくつかの単語に分けるのもアリです。 自分の名前やあだ名も、こうやって分解すればハンドルネームに用いることができます。 言葉のパーツを組み合わせる あとはひたすら、しっくりくるハンドルネームが出てくるまで単語同士を組み合わせていきます。 過去の経験から言うと、やはり自身の名前を少しでも使ったほうが、愛着が湧き気に入りやすいようです。 本名バレを極力防ぎたい場合は、2の「分解」の際に別の漢字に変えたり、アナグラムにするなどして、自分の名前をもじっておくと上手くいきやすいですよ。 ハンドルネームを考えるときの参考になるサイト 創作支援名前倉庫 様々な名前がまとめられたデータベース。 人名だけでなく動物や植物の名前なども載っているので、ピンとくるキーワードがきっと1つは見つかるはずです。 著名人・有名人の名前データベース 芸能人やスポーツ選手等の名前が集められたサイト。 漢字と読みが両方載っているので、一部を拝借しやすいかも。 キャラ名とかハンドルネームとか考えるのに参考になりそうなサイト ネーミングの参考になりそうな様々なキーワードをまとめたブログ。 ジャンル分けもしっかりされており、個人的には果物カテゴリが非常に豊富なのが気に入っています。 ハンドル名占い ハンドルネームを占ってくれるサイト。 ちなみに「おりかっせ」は「願望達成」とのこと。 やったぜ。 ハンドルネーム! これもハンドルネーム占い。 こちらは半角英数字もOKです。 占い結果には「改名案」まで提案してくれてます。 Namechk 前回の記事でも紹介した、ハンドルネームの使用状況を調べられるツール。

次の

ハンドルネームの作成メーカーおすすめ12選

ハンドル ネーム 決め方

ハンドルネームやアカウント名を決める時に「どこから手を付けたらいいかわからない…」という人も多いのではないでしょうか。 このようにハンドルネームがなかなか決められないという人は、名前を決める時の取っ掛かりとして「名前の方向性」を決めておくことをおすすめします。 例えば「和風」や「西洋風」などの抽象的なものから、「好きな食べ物」「色」といった具体的な名前などがあります。 様々なイメージをもとにすれば、ハンドルネームが決めやすくなります。 ハンドルネームやアカウント名は、インターネット上での「自分の顔」とも言えるものですので、ただ何となく付けるよりも、自分らしさを表現できるハンドルネームやアカウント名を付けるようにしましょう。 その時に、読みにくい名前や入力しにくいハンドルネームを使っていると「入力しにくいから何て呼べばいいかわからない…」とコメントをくれる相手がストレスを感じてしまう場合があります。 ハンドルネームを決める時に、よく「漢字とひらがな、アルファベットのどれを使えばいいかわからない…」と悩んでしまう方も少なくありません。 しかし「誰でも読める名前であること」を意識すれば、漢字やひらがな、アルファベットのどれを使っても問題はありません。 また、特殊な漢字を使っている場合は、パソコンやスマホの状況によっては正しく表記されない可能性も出てきます。 ハンドルネームを入力する時になかなか漢字が出てこなくて困ることもありますので、ハンドルネームを付ける時には「中学生でも読める名前」や「簡単に入力できる名前」にするように心がけましょう。 オリジナリティのあるニックネームやハンドルネームは、その人のSNSやブログ見た時に「あっ、あの人か!」と思ってもらいやすいため、SNSやブログを閲覧している人にとっては印象に残りやすい傾向があります。 また、他の人とかぶらないようなオリジナリティのあるハンドルネームは、他人と勘違いされるトラブルを防ぐことにもなります。 これはインターネットの検索エンジンでハンドルネームを検索した時に、自分と同じハンドルネームの他人が同様の活動を行っていたり、何かしらのトラブルを起こしていた場合などに当てはまります。 インターネットは、情報を発信している相手の顔が見えにくいという特徴があります。 ハンドルネームを付ける時は、できるだけ他人とかぶらない名前にしましょう。 インターネットでは特に「匿名性」という特徴によって、情報を発信している相手の具体的な人柄がわかりにくくなっているため、ハンドルネームはその人を知るための重要な情報の1つなのです。 そのため、ハンドルネームやニックネームを付ける時には「相手にどのような人物であると思わせたいか」を考えながら付けるのがポイントです。 たとえ同じ名前でも、漢字とひらがなのどちらかを使うかによっても「名前から想像できるイメージ」に違いが出てくることもあります。 意外性などを狙って、変わったハンドルネームやニックネームを使う人も多いですが、自分のSNSやブログを見た人から好印象に思われるようなハンドルネームにするためには「相手が不快に感じるような表現」は特にひかえるようにしましょう。

次の