起き たら 背中 痛い。 背中の痛みに関する体験談 〜 具体的な症状と原因となった病気や障害

寝起きに左の背中が痛い時の原因と対処法について

起き たら 背中 痛い

寝ている間に寝具が一日の疲れを癒やしてくれるはずが逆に体に負担をかけてしまっている、なんてことにならないよう、体や寝方にあったいいマットレスを選びましょう。 ここでは、朝起きて背中が痛くなる原因として考えられるものと、正しい高反発マットレスの選び方を紹介します。 背中が痛いのは寝方が原因? 背中が痛いのは、寝具のせいだけではなく自分の寝方にも原因があるかもしれません。 自分はどのような寝方で背中が痛くなってしまうのか、その原因を探ってみてください。 うつ伏せは反り腰になって背中が痛くなる うつ伏せで寝ることが癖になっていませんか?うつぶせ寝は子どもによくみられる寝方ですが、大人になってもなんとなくうつ伏せじゃなければ入眠できない、という方もいるでしょう。 うつ伏せで寝ると、背中に圧迫がかからないため肩こりの改善につながることもあるようです。 仰向けで寝るといびきをかいてしまう方でも、気道が圧迫されないうつ伏せ寝だと楽に寝られるかもしれません。 しかし、うつ伏せ寝は肋骨やお腹を圧迫してしまうだけではなく、腰痛のある方にとって痛みの悪化のもとになってしまうことがあります。 その原因は、腰の反りです。 うつ伏せで寝る時の姿勢をもう一度考えてみてください。 枕で頭が高くなり、首からお尻までがえび反りになっていませんか? このせいで、腰や背中に付加がかかりすぎている可能性があります。 うつ伏せ寝を無意識でしている方は、なるべく仰向けや横向きで寝られるよう意識してみましょう。 横向きは向きによって違う? 無意識のうちに横向きで寝てしまうという方は、仰向けになると寝苦しさを感じてしまうため、ついつい横向きになっている可能性があります。 体が歪んで仰向けだと苦しい、強い猫背のために横向きになって抱きまくらを抱えないと寝られないという方もいるようです。 また、横向きで寝るのが癖になっている方は、体のどちら側を下にしているか思い出してみてください。 右側を下にして寝ると、心臓への血流が悪くなりあまり良くありません。 背中に痛みを感じる方は、左右どちら側を下にしても構いませんので、脊椎が自然なカーブになるポジションで眠るようにしましょう。 その際、腰にひねりを入れないように、おしりは背中の直線上においてください。 足の間にクッションを入れると、さらに楽な姿勢で眠ることができます。 理想は背中やおしりがついた仰向け 寝る際の理想の姿勢は仰向けです。 ・正しい仰向けの姿勢 背中や腰に痛みがある方は、頭、背中、お尻、かかとの4点がマットレスについているか確認しながら仰向けで眠ってください。 もしどこか1点でも浮いている箇所があれば、腰や背中に大きな負担をかけてしまいます。 このような場合、枕の高さが低すぎるもしくは高すぎないかチェックしてみてください。 また、マットレスや敷布団がやわらかすぎることで寝返りの際に体に負担がかかっていないか確認しましょう。 仰向けで寝ている時には、背骨に沿ってゆるやかなS字となっているのが理想の態勢です。 背中に負担をかけない寝方を試してみよう 寝方によって背中に負担がかかっている方は、背中に負担をかけない寝方を試してみましょう。 ここからは、仰向け、横向き、うつ伏せ、それぞれの寝方で背中や腰に負担のかからない方法を紹介します。 仰向けに寝ると背中が痛い時は? 仰向けに寝ると背中が痛いという方は、背中の角度がどうなっているのか、マットレスや敷布団の上で確かめてみてください。 背中のどこかが浮いている時には腰に負担がかかりすぎている可能性があります。 この時、腰が反り腰になっていませんか?もし反り腰になっているのであれば、腰の下に丸めたタオルを敷いたり、小さなクッションを入れてみたりするといいでしょう。 これによって体の重みが上手に分散され、腰や背中だけに重みがかかってしまうことを防げます。 横向きなら左を下にクッションを使って 横向きの状態で腰が痛い場合には、まず左半身を下に向け、膝と膝の間にクッションを入れてみてください。 妊娠中の場合には、細長い抱きまくらを使ってお腹の下に敷くようにして寝ると呼吸が楽になり腰の痛みも軽減されます。 妊娠後期に入ると、仰向けになって眠れないことが大きなストレスにも繋がります。 上手にアイテムを使って、寝る時の辛さや痛みを楽にしましょう。 どうしてもうつ伏せで寝たいなら うつ伏せで寝ると腰や背中の痛みが気になるのに、どうしてもうつ伏せで寝たい!という方はタオルや抱きまくらを活用してみましょう。 頭が高くなって腰が反り返らないように、腰の位置を調節してください。 抱きまくらを抱えながら眠ると、背中に負担がかかりにくくなります。 これらを試しても腰や背中の痛みが取れない場合には、寝具類を見直す必要があります。 特に枕とマットレスは、選び方を間違えてしまうことで背中の痛みに繋がることがあります。 「そういえば、寝具を変えてから痛みが悪化している」「長年同じマットレスを使って寝心地が悪くなっているかもしれない」という方は、寝具を買い換える必要があるかもしれません。 寝て起きたら背中が痛い、マットレス(敷布団)が原因? 起きた時に「背中が痛い」のであれば、睡眠中に腰痛や背中コリが悪化しているのかもしれません。 寝姿勢が悪い場合、一点に体重がかかる状態が長時間続き、その影響で寝返りも打ちづらくなっているので、腰や背中に必要以上に負担がかかり、これが腰痛や背中コリの原因になっています。 健康的な睡眠は柔らかすぎるマットレスを使っていても、寿命が過ぎてへたったマットレスを使っていても、実現しません。 ただ、背中の痛みが生じている原因には、ほかにも ・遅い時間に食事を取り、内臓が働き、血液や水分の循環が十分に行われていない ・姿勢が悪い ・ストレス過多 などといった生活環境が考えられます。 また、心臓や肝臓、肺、胃などに病気がある可能性も考えられるので、寝具と生活環境を変えても背中や腰が痛む場合、医師に相談しましょう。 背中が痛い人におすすめなのは高反発マットレス(敷布団) 高反発マットレスとは「反発力が高いマットレス」のことで、「硬い」「値段が高い」反面、背中や腰が痛む人にとってはさまざまなメリットがあります。 ・寝返りを打ちやすい 高反発マットレスは硬い(反発力がある)ので、体が必要以上に沈み込まず、寝返りを打ちやすいです。 寝返りを打ちやすいので体重が一点にかかりづらく、背中や腰が痛みません。 ・耐久性に優れている 低反発マットレスは柔らかい分すぐにへたれてしまいますが、高反発マットレスはへたれづらく、良質なものを選べば背中や腰の痛みが解消されるだけではなく、節約にもなります。 ・通気性に優れている 高反発マットレスの中に入っている素材は「ウレタン」や「コイル」が多く、これらは睡眠中に出た汗をあまり吸収しないので、通気性バツグンです。 高反発マットレスを使うことで、適度な硬さと体圧分散機能により理想の寝姿勢をキープし、寝返りを打ちやすくなるので、体全体に負荷がかかるようになり、背中や腰が痛まなくなります。 高反発マットレスの選び方を間違えたら背中痛が悪化する? 高反発マットレスは「硬くて必要以上に体が沈まないので、正しい姿勢をキープでき、寝返りを打てるから背中にいい」と紹介してきましたが、選び方を間違えると背中の痛みが悪化します。 硬すぎるマットレスや、反発力が高すぎるマットレスを選ぶと、床に寝ているような感覚になるので、体への負担が大きくなります。 最近では安い高反発マットレスもありますが、安い商品は粗悪品である可能性が高く、おすすめできません。 体重や体格によって体に合うマットレスは異なります。 「ニュートン」という指標でマットレスの硬さは表されますが、40kg〜50kgなら100N(ニュートン)〜140N、50kg〜80kgなら140N〜170N、80kg以上なら170Nが目安です。 背中痛の人のための高反発マットレスの正しい選び方とは 「良い高反発マットレス」とは「正しい寝姿勢を保てて寝返りが打てるもの」のことを言います。 背中が痛い人の場合、寝姿勢が原因で背中が痛くなっていることが多いので、寝姿勢を改善するためには、そのようなマットレスを選ばなければなりません。 では、正しい寝姿勢を保てて寝返りが打てて、なおかつその他条件でも満足できるマットレスを選ぶにはどんな判断基準があればいいのでしょうか。 1、反発力 高反発マットレスの場合、反発力が高ければ高いほどいいと思いがちですが、人によってちょうどいい反発力は違います。 体重が軽い人は反発力が少ないマットレスを、体重が重い人は反発力が高いマットレスを選びましょう。 2、体圧分散機能 反発力がほどよくても、体全身に体圧を分散できなければ、一カ所に力がかかるので、ますます背中が痛みます。 体が細長い人の場合、ボウリングのピンをマットレスに置いた時のことを想像すればわかると思いますが、標準体型の人より沈み込みやすいので、重要視しておきましょう。 3、密度(耐久性) 密度が高いマットレスはへたりづらいので、長持ちします。 マットレスの密度を表す単位として「D」がありますが、30D以上のものを選びましょう。 長持ちするマットレスはコストパフォーマンスが良く、手間もへたるたびに買い直さなくていいので、管理も楽です。 4、寝心地 睡眠中は頭と体の疲労回復や、記憶の整理、ストレス解消などが行われています。 もし、熟睡できないと仕事や勉強、家事の能率が落ちたり、イライラしやすくなったり、さまざまな悪影響が日常生活に出るでしょう。 特に高反発マットレスの場合、粗悪品を選ぶと体育館のマットに寝ているような感覚になって、十分に眠れなくなるので、寝心地の良さも考えてください。 5、値段 マットレスは安いものでも3万円〜、高いもので20万円はする大きな買い物です。 安い商品は粗悪品である可能性が高いので、お財布と相談しながら自分に合ったマットレスを見つけましょう。 6、通気性 特に皮膚アレルギーがある人、子供のマットレスや敷布団を買いたい人は、カビやダニ、細菌の発生を防ぐためにしっかり確認してください。 背中痛を解消したい!そんなあなたにおすすめの敷布団・マットレス「腰いい寝」 まとめ 朝起きて背中や腰に痛みがあるのは、寝方だけではなく寝具が原因である可能性があることがわかりました。 まずは仰向け、横向き、うつ伏せそれぞれの状態で体に負担のかからない方法を模索してみてください。 それでも痛みが改善されない場合には、マットレスの買い替えを検討してみましょう。 背中に痛みのでない寝具選びをするのなら、です。 良い寝具を選び、体の痛みから開放されましょう。

次の

寝て起きたら腰が痛い時の原因は?改善方法はある?

起き たら 背中 痛い

朝起きた時、毎日のように感じる「背中の痛み」 私の体は大丈夫? ここ1ヶ月ほど、起きた時背中が「ズ~ン」と痛くて動かしづらくて、何とも不快な気分で迎える朝。 昼には治まるのですが、だんだん心配になってきました。 「私の体、どうなってるんやろ?」 今回のブログでは、朝起きたら背中が痛くて不安に思っているあなたへ、モヤモヤする気持ちが少なくなるような情報をお届けします。 「背中の痛み飛んでけ~!」 朝は痛い背中、昼ごろには痛くなくなる 朝は「痛いし重いし動かしづらいし」となんとも不快な背中ですが、昼ごろになると「重い」感じだけが残ります。 「なんでやろな~?」と思ったら、まず一度自分の生活を思い浮かべてみましょう。 こんな感じでしょうか? 「仕事でパソコンをいつも使っててあんまり動かへんし、夜お風呂に入ってゆっくりしても寝る前についスマホを見てしまうねんな~。 」 そう、スマホって意外と重いんです。 そこで気づきます。 「背中の筋肉がガチガチになってるんとちゃうかな?」と。 「スマホ見てすぐ寝てしまうから、そりゃ背中も痛くなるわ。 運動もしてへんし。 」と一瞬の反省。 「いや、でもTVで背中が痛いのは内臓から来てるかもしれないって言ってたなぁ」 今度は不安がよぎります。 「いや、朝痛くても昼頃には治まるんやから大丈夫やな。 」 「毎日痛いのはおかしいか。 」 頭の中でグルグルと自分の声が響きます。 「やっぱり心配だから病院に行ってみた方がいいかな?」と決心したところでまた疑問がわいてきます。 「えっ?私はどこに行ったらいいの?」 さあ、いったいどうしたらいいのでしょうか? 痛む場所は背中のどのあたり? ここで、一度こんがらがってしまった頭を整理してみましょう。 少し気持ちを落ち着けて、自分の体に意識を向けてみましょう。 まず痛む場所をさぐってみましょうか? 押したりつまんでみたり・・・背中なので自分の手が届かないときは、家族に協力を頼んで順番に「ここ?」「ここ?」と押してもらって確認しましょう。 どうですか?だいたいわかりましたか? 次に体をゆっくりひねってみましょう。 筋肉が「ミシッ、ミシッ」と動くのがわかると思います。 「痛っ」と思わず言ってしまうような角度はないですか? ピンポイントで痛い角度があったらおぼえておいてください。 さぁ、痛い場所はどこでしたか?• 肩甲骨のまんなか• 背骨の右側• 背骨の左側• 首に近いところ• 腰に近いところ 普通に考えると「どれも筋肉痛ちゃうのかなぁ?」と思いたいところですが、どうやら「背中が痛い」という症状はそんな簡単なものではないようです。 もちろん多くは筋肉の異常です。 「背中は痛いけどガマンできるくらいやな。 」とか 「まぁ、昼には治まってるから大丈夫やろ」と自己判断していても、実はテレビなどで流れている「内臓からのサイン」は本当にあるようです。 「背中が凝るから押して」といつも言っていた人が「ひどい胃潰瘍だった」という実例も聞きました。 特に1,2,3は痛覚がない内臓が出しているサインの可能性が。 内臓は体の中に左右均等であるわけではないので、痛みが偏って出る場合が多いとか。 これを「関連痛」というそうです。 「関連痛」ってなに?聞き慣れない言葉です。 ネットなどで調べてみると、「関連痛(かんれんつう)とは体のある部位の痛みを、脳が別の部位からと間違って認識し発生する痛みのこと」と書いてあります。 メカニズムとしてはこんな感じ・・・ 「神経は体の末端にいくほど枝分かれしているが、各部位の神経が集まる箇所では1本の太い束になっている。 神経のひとつから傷害があると信号が出ていても、脳は同じ神経の束とつながっている他の部位からだと誤認識することがある。 なるほど、脳も勘違いをすることがあるのですね。 「関連痛」には出やすい箇所と特徴的な痛み方があるようです。 一例をご紹介します。 肩甲骨のまんなか・・・胃炎、胃潰瘍など• 背骨の右側・・・肝臓、十二指腸、胆石など胆のうに関する病気• 背骨の左側・・・膵臓、狭心症など心臓に関する病気 痛み方として筋肉や関節などに関連するものは、体をひねったりして動かした時に痛みのポイントがハッキリわかります。 でも内臓からくる「関連痛」はどんな体勢でも変わりがなく、「なんとなくぼんやり痛い」ことが多いそうです。 あなたが感じる痛みはどのような痛みですか? 「そんなん言ったら、余計に不安になっただけやんか!」 とまどいの声が聞こえてきそうですが、このように考えたらどうでしょう? 「この背中の痛みはちょっと気になるから、一度内科に行って診断してもらって、検査で内臓に異常がなかったら今度は筋肉にアプローチしてみようかな」と。 優先順位が高いものから調べて次に進んでいくことは、自分自身が安心するために必要かと思います。 ここで大丈夫だと結果が出たら、安心して筋肉について考えていけますね。 「背中の痛み」は運動不足のせい? 腰や背中などが痛くなると、すぐ「運動せなあかん」と考えてしまいがちですが、日頃運動の習慣がない人が急に「よっしゃ~!」とばかりに運動するとどうなると思いますか? たぶん「すごい筋肉痛になる」か「体のどこかを痛める」ことになりそうです。 「運動不足解消!」と意気込むまえに一呼吸。 「運動不足のせい」は正しいのですが、具体的な話の前に知っておきたいことがあります。 それは何年も運動をしないで生活をしていると、運動できる背中の筋力がなくなっているかもしれないこと。 そう、体の筋肉は使わないと落ちるのです。 こうなってくると「ただ立っているだけ」で背中の筋肉は疲労してしまいます・・・ そこで提案です。 「運動できる筋肉をつけていくこと」から始めませんか? 「うわっ。 それってマイナスからのスタートやん」 嘆きの声が聞こえてきそうです。 でも考えてみてください。 これから年を重ねると、悲しいことにさらに筋肉は落ちていきます。 人生の中で今が一番若いのです。 嘆いてあきらめるにはまだまだ早いですよね! 起きてすぐの簡単セルフケア!おすすめです! 「運動できる筋肉」をつけるためには、まず筋肉をほぐして柔らかくしておくことが大切です。 そこでおすすめのセルフケアを当院の院長に聞きました。 筋肉のことについても少し教えてもらったのでお伝えしますね。 背中には「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)」という姿勢を保持するための筋肉が首から腰まで通っているそうです。 脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)とは・・・背中の深いところを背骨に沿って縦に走る筋肉群。 背中をコントロールする司令塔で、体の中心を支えている。 インナーマッスル。 つまり背中の「首に近いところ」「腰に近いところ」の痛みに対するセルフケアには、肩甲骨を意識した運動で脊柱起立筋をほぐすことがおすすめです! 名付けて「朝のクネクネ体操」• 足裏をしっかり地面につけて立ちます。 肩甲骨を中心にクネクネと体を動かします• 肩をなめらかに上下させたり、回したりします ポイントは上半身の力を抜くことです。 体にリズムが出てきたらトッピングしてみましょう。 首が気になる時は、首も一緒にゆっくり回します。 腰が気になる時は、フラフープをするように腰も一緒に回転させます。 人にはあまりお見せできない動きですが、全身が見事にほぐれていきます。 院長いわく、「背中をほぐすには細かく振動を与えることが一番早い」そうです。 もちろん目が回りそうになったら控えてくださいね。 毎朝体をほぐして動きやすくなってきたと実感できる頃には、「朝背中が痛いんだよね~」という悩みは少なくなっていると思います。 病院にも行った。 セルフケアもした。 でも背中の痛みがなくならない時は セルフケアをしてみても、どうしても「背中の痛み」が治まらないとき、やり方が良くわからないときは当院にお越しください。 プロの手で一度リセットすることも大事かと思います。 背中の痛みは悪化すると、改善するのに長い期間がかかってしまいます。 「朝は背中が痛くて困るけど、昼間には痛みが治まる」段階で、できるだけの対処をしていくことが快適な生活への近道です。 最初の一歩から始めましょう!.

次の

マットレスが固くて背中が痛い!応急処置と根本的な解決法は?

起き たら 背中 痛い

記事内目次• 筋肉痛・疲労 画像引用元 体を動かすことが多い人や、同じ姿勢でずっと作業をする方の場合はこの筋肉痛や疲労が考えられます。 肩や腰などが痛む場合にはこの筋肉が原因であることが多いです。 神経痛 画像引用元 背中の痛みの原因として神経痛も考えられます。 寝ている時に胸が苦しく感じる場合には肋間神経痛の可能性もありますので、寝る時に痛みや症状を感じた場合には一度病院で検査をすることが大切です。 病気 画像引用元 背中の左側が痛い場合にはこの病気が考えられます。 左側にある臓器が何かしらの原因で炎症を起こしたりすると、朝起きた時に痛みが生じることがあります。 これをただの筋肉痛だと思って放置していると重症化することがありますので、なるべく早めに対処していきましょう。 背中の左側が痛いのは病気かも? 画像引用元 朝起きた時に毎回背中の左側が痛む場合には必ず何かしらの原因があります。 今回はその考えられる病気や症状をまとめてみました。 これ以外の病気も考えられますので、ひどい痛みを感じたら内科で検査をしてもらうと良いでしょう。 胃炎 画像引用元 実は胃炎になると背中の左側から左下あたりに痛みを生じます。 胃炎の痛みの特徴としては、胃袋に何かしらの食べ物が入っている時には痛みが緩和されていますが、早朝の空腹時などに痛みが強くなります。 なので朝起きた時に背中の左側が痛い場合は、この胃炎である可能性が考えられます。 神経性胃炎 画像引用元 最近ではストレスによってこの神経性胃炎を発症する方が増えていますが、この神経性胃炎でも背中の左側が痛くなることがあります。 食欲がなかったりすぐにお腹が痛くなることが多い場合は神経性胃炎が考えられます。 ストレスが関係していますので、心療内科などの精神的な病気を専門に扱っている場所で相談すると良いでしょう。 膵臓炎 画像引用元 膵臓炎というのは、消化酵素によって膵臓自体が溶かされてしまい炎症を起こしてしまうものになります。 ここが炎症することで背中の左側あたりが痛むことがあります。 寝起きに痛む場合にはこの膵臓炎が原因であることも考えられますので注意が必要です。 狭心症 画像引用元 意外かもしれませんが、狭心症の場合も背中の左側が痛むことがあります。 狭心症は心臓を動かしている筋肉に栄養を送るはずの冠状動脈が、心臓に血液を行き渡らなくなることによって発症する病気になります。 痛む部分が最初は背中の左側ですが、徐々に痛む場所が広がっていき広範囲が痛くなることもあります。 スポンサードリンク これが酷くなること心筋梗塞にもなることがありますので注意が必要です。 尿路結石 画像引用元 かなりの激痛であるとされている病気になります。 これは尿路や腎臓内に石ができることによって起こる病気になります。 症状として左右どちらかの背中や脇腹が痛みを感じ始めて、うまく排尿することができなくなることがあります。 尿のキレが悪かったり、うまく排尿することができないと感じている場合はこの尿路結石であることが考えられます。 背中の痛みを感じたらどうすればいいの? 画像引用元 原因は様々なものが考えられますのが、では痛みを感じた場合にはどうすれば良いのか?なるべく早い段階で対処することが大切になります。 まずは寝具を変えてみる 画像引用元 朝起きたら少し背中が痛いと感じる場合は、まだ原因がわかりません。 なので自分に寝具が合っていないだけの可能性も考えられます。 痛みを感じるからといって柔らかい寝具にしたとしても逆に痛みが酷くなることもありますので、寝具店の人と相談をして自分に合ったものを使いましょう。 普段の生活で姿勢を良くする 画像引用元 意識している方は少ないと思いますが、自分が考えているよりも悪い姿勢で生活している場合もあります。 その時にはなるべく正しい姿勢で生活することを心がけることで、背中への負担がなくなり痛みを解消できる可能性があります。 猫背であると感じている場合は、なるべく正しい姿勢で生活するようにしましょう。 病院で一度検査をしてもらう 画像引用元 数日だけの痛みではなく、毎日朝起きたら背中の左側が痛いと感じる場合は内臓系に問題がある可能性が高いです。 今回紹介した病気以外も考えられますので、痛みが続く場合には一度内科で検査をしてもらうと良いでしょう。 早く病気を発見することで完治も早まります。 重症化する前に専門家に相談をしてみることをおすすめします。 マッサージをしてもらう 画像引用元 背中の筋肉が固まってしまい、痛みとして症状を出していることも考えられます。 その場合はプロにマッサージを頼んでほぐしてもらいましょう。 体の歪みや筋肉のコリがひどい場合はマッサージを受けることによって痛みを改善できます。 毎日大変な仕事をこなして筋肉が固まってしまっている場合は、ぜひ一度マッサージを受けてみてください。 まとめ 画像引用元 今回は背中の痛みについて詳しくお伝えしてきました。 最初は軽い痛みであっても、その痛みが重大な病気の前兆であることも考えられます。 病気は早期発見が大切ですので、毎日痛みが続くと感じた場合には一度病院で検査をしてもらうと良いでしょう。 問題がなければ筋肉や姿勢に原因があるかもしれません。 なのでその時には寝具や姿勢を変えて対処していただければと思います。 痛みを放置することが一番危険ですので、違和感を感じたらすぐに対応するように心がけましょう。 オススメ記事.

次の