台風 19 号 東京 被害。 2019台風19号・東京都の河川氾濫など被害状況まとめ!浸水エリアや交通網・常時運転かどうかも

台風19号 佐久穂も被害 河川氾濫や道路崩壊 /長野

台風 19 号 東京 被害

10 月6 日に南鳥島近海で発生した台風第19 号は、マリアナ諸島を西に進み、一時 大型で猛烈な台風に発達した後、次第に進路を北に変え、日本の南を北上し、12 日 19 時前に大型で強い勢力で伊豆半島に上陸した。 その後、関東地方を通過し、13 日 12 時に日本の東で温帯低気圧に変わった。 台風第19 号の接近・通過に伴い、広い範囲で大雨、暴風、高波、高潮となった。 雨については、10 日から13 日までの総降水量が、神奈川県箱根で1000 ミリに達 し、東日本を中心に17 地点で500 ミリを超えた。 特に静岡県や新潟県、関東甲信地 方、東北地方の多くの地点で3、6、12、24 時間降水量の観測史上1 位の値を更新す るなど記録的な大雨となった。 この大雨について、10 月12 日15 時30 分から順次、静 岡県、神奈川県、東京都、埼玉県、群馬県、山梨県、長野県、茨城県、栃木県、新潟 県、福島県、宮城県、岩手県の1 都12 県に大雨特別警報を発表し、最大級の警戒を 呼びかけた(13 日8 時40 分までにすべて解除)。 風については、東京都江戸川臨海で最大瞬間風速43. 8 メートルとなり観測史上1 位を更新したほか、関東地方の7 か所で最大瞬間風速40 メートルを超えた。 また、台 風の接近に伴って大気の状態が非常に不安定となり、千葉県市原市では竜巻と推定 される突風が発生した。 波については、波高が静岡県石廊崎で13 メートル、京都府経ヶ岬で9 メートルを超 える記録的な高波が観測された。 高潮については、東京都三宅島で潮位230 センチなど、静岡県や神奈川県、伊豆 諸島で、過去最高潮位を超える値を観測したところがあった。 この大雨の影響で、広い範囲で河川の氾濫が相次いだほか、土砂災害や浸水害が 発生した。 これら大雨による災害及び暴風等により、人的被害や住家被害、電気・水 道・道路・鉄道施設等のライフラインへの被害が発生した。 また、航空機や鉄道の運休 等の交通障害が発生した。 (被害に関する情報は令和元年10 月15 日内閣府とりまと め等による。 ) 資料全文は、こちらです。 2019. 当時の危険度分布の様子を、以下のページから確認できます。 令和元年台風第19号とそれに伴う大雨などの特徴と要因について速報的な解析を行いました。 さらに、令和元年台風第19号に伴う大雨の要因について詳細な解析を行いました。 CSVデータ一覧 「災害をもたらした気象事例」に掲載している一部のデータを「CSV形式」で公開しています。 ページ 図・表名 CSVファイル 28ページ 1時間降水量の多い方から20位 29ページ 3時間降水量の多い方から20位 30ページ 6時間降水量の多い方から20位 31ページ 12時間降水量の多い方から20位 32ページ 24時間降水量の多い方から20位 33ページ 48時間降水量の多い方から20位 34ページ 72時間降水量の多い方から20位 35ページ 期間内の総降水量の多い方から20位 36ページ 観測史上1位を更新した地点(最大1時間降水量) 36ページ 観測史上1位を更新した地点(最大3時間降水量) 38ページ 観測史上1位を更新した地点(最大6時間降水量) 41ページ 観測史上1位を更新した地点(最大12時間降水量) 45ページ 観測史上1位を更新した地点(最大24時間降水量) 48ページ 観測史上1位を更新した地点(最大48時間降水量) 50ページ 観測史上1位を更新した地点(最大72時間降水量) 54ページ 最大風速の大きい方から20位 55ページ 最大瞬間風速の大きい方から20位 56ページ 観測史上1位を更新した地点(最大風速) 56ページ 観測史上1位を更新した地点(最大瞬間風速) 61ページ 最大有義波高 61ページ 過去の最大有義波高を超える値を観測した地点 62ページ 最大潮位偏差及び最高潮位 63ページ 過去の最高潮位を超える値を観測した地点 関連資料へのリンク.

次の

台風19号被害、二子玉川、武蔵小杉も 東京で安全な街はどこ?

台風 19 号 東京 被害

台風19号により、佐久穂町にも大きな被害が出ている。 町によると、河川の氾濫で道路が崩壊したり水道管が流出したりして、現在も多くの世帯で停電や断水が続いている。 同町大日向では、抜井川が増水した影響で道路が寸断され、浸水した家屋も多数出た。 住民の山口晃さん(63)の2階建ての住宅も被害に遭った。 家の前を流れる抜井川が越水し、12日午後6時ごろに自宅に水が流れ込み、1階が浸水した。 山口さんは「2階で一夜を過ごしたが、岩がゴロゴロと転がるすさまじい音で眠れなかった。 水はみるみる増え、電気はつかないまま。 朝4時に起きて家の前を見たら(傾いた電柱を指して)このざまですから。 もう掃除する気力も起こらない」と肩を落とす。 県佐久地域振興局は「人命救助を優先しており(佐久穂町の)被害状況の把握は十分ではない。 町を挙げて把握に努める」と話した。 【坂根真理】.

次の

台風19号に備えて要チェック…東京・千葉の自治体はどんな防災情報を発信している?

台風 19 号 東京 被害

気象庁によると、 9月に上陸した台風15号と同程度の暴風被害が発生する可能性があり、高波や大雨、高潮の恐れもあるという。 台風15号は千葉県を中心に大きな被害をもたらしたため、今回の台風19号でもこれまで以上に警戒が求められるだろう。 そのためには、多くの人が防災情報を入手できることが重要となる。 今はインターネットやSNSで情報を得る時代だが、信頼性が高いのはやはり公的機関が発信する情報。 台風19号が接近・上陸する恐れのある、東京都と千葉県はどこに焦点を当てて情報発信をし、公式ツイッターをどのように活用しているのだろうか。 東京都はSNSの多言語化で外国人にも広く発信 東京都が取り組んでいるのは、インターネットを活用した防災情報の周知。 Information related to TMG disaster prevention efforts are posted on the Tokyo Metropolitan Disaster Prevention Website. Please click on a language button at the top of the screen to use machine translation to view it. 東京都防災ホームページの機械翻訳に対応している言語をカバーしている。 多言語でのツイート。 内容は東京都防災ホームページへの誘導だ 東京都防災ホームページからは、都内に発令された避難情報などを確認できるほか、都内の避難所や一時滞在施設などを検索できる「東京都防災マップ」などにもアクセスできる。 東京マイ・タイムラインでは避難に必要な行動などをまとめられる。 印刷も可能 サイト内ではこのほか、いざというときに慌てることがないよう、避難先や避難のタイミングなどを事前に決め、それらの情報をPDFファイルにまとめられる「東京マイ・タイムライン」も利用可能。 こちらは日本語と英語の2言語対応だが、将来的には多言語対応を進められればという。 東京都の担当者は「東京都防災ホームページなどを参考に、防災に備えていただければ」と話した。 そして、県公式ウェブサイトに台風関連の情報をまとめているほか、公式防災ポータルサイト「千葉県防災ポータルサイト」では防災情報を集約。 千葉県公式ウェブサイトでは目立つ位置で防災情報へのリンクを掲載 このうちポータルサイトでは、台風の接近情報などを時系列で確認できるほか、防災対策や公的支援なども周知。 県内の雨雲レーダーや注意報マップなども見ることができ、気象情報などのメールサービス「ちば防災メール」の受信登録ができる。 千葉県防災ポータルサイトではさまざまな防災情報を集約 台風15号の際には、県内市町村との連携が課題となったため、今回は各市町村に事前に職員を配置して、災害情報や支援要請などの収集に努める方針。 収集した情報はポータルサイトにほぼリアルタイムで反映されるという。 サイト内では台風情報や雨雲レーダーなども確認できる 台風19号で被害住宅の損壊が進む可能性も 台風15号の際は気象災害に起因して、電力や水道などのライフラインが長期間に渡り停止。 いつ復旧するか分からない状況が、住民たちの不安を増幅させた。 この教訓を生かして、今回は事前に電力会社などと連携を取り、被害状況を判断して必要な地域があれば、給水車や電源車を早期に向かわせる手はずも整えているという。 台風15号では長期間の停電が住民を苦しめた 千葉県の担当者は「千葉県は台風15号で甚大な被害が出て、住宅被害は3万棟にのぼりました。 今回は同規模の台風が同じようなコースで来ると予測されていますが、被害を受けた住宅の損壊がさらに進む可能性もあります。 住民の皆さまは避難所に早め早めに避難するなど、命を守る行動を最優先してください」と呼びかけている。 適切な情報を入手していたかどうかで、災害時においては生死を分ける場合もある。 今回紹介した自治体の取り組みなどを参考にしつつ、台風19号への備えを今のうちに万全にしてほしい。 【この記事で紹介したサイト・Twitterへのリンク】 ・ ・ ・ ・ ・ 「常識が通用しない…いま備える防災」特集をすべて見る!.

次の