王将 ジャスト サイズ。 【餃子の王将】知らない人が意外と多いから言うけど「ジャストサイズメニュー」ってメッチャ使えるからね!

餃子の王将 ジャストサイズメニュー

王将 ジャスト サイズ

昨年から始まったメニューのようでして・・ (一部のエリアのみ(たしか東日本と静岡)みたいですが) 一部のレギュラーメニューを、ほぼハーフサイズ、お値段半額、で提供してくれてます。 「ボリューム」もウリのひとつである「餃子の王将」ですが、 一人または少人数で、訪問した際には「一品の量が多すぎw」ってなっちゃうんですよね。。 左の空のジョッキが中ジョッキ。 王将の餃子、店舗によって、スタッフによって、焼き加減が左右されるけど。。 きちんとスープもついてきますよ^^ 卵が多くていいですよ!! 餃子の王将の天津飯は色んな味(京風とか。。 うさぎ(ネザーランドドワーフのリジーさん)と都内B級グルメ食べ歩きメインの日記です。 食べ歩き記録は上野から半径数キロ以内の週末ランチがメインです。 エサ係の寝室で常時放し飼い! qucho(くーちょ):中年のおばちゃん。 主にブログ書いてます。 カレーとエスニック料理が好きです。 Bong(ボン):中年のおじさん。 お酒が好きです。 カレー修行中。 リンクにあたっての連絡の必要はございません。 (写真利用等をご希望の場合はコンタクトフォームまたはコメント欄からご連絡くださいませ。 メールは時々迷惑メールに振り分けられてしまうので、コメントのほうがお返事が早いかもしれません。 コメント欄は承認制となっております。 非公開希望の場合はその旨ご記載いただければと思います。 ) メタ情報•

次の

王将飲みの強い味方!餃子の王将『ジャストサイズメニュー』が親切すぎる!

王将 ジャスト サイズ

便利過ぎる!ジャストサイズメニュー はい。 ジャストサイズメニューです。 ご存知ですか? 早い話が『安い値段で小さなサイズが食べられる』ってことです。 例えば、 こちらの回鍋肉。 287円+税です。 そして、 麻婆豆腐。 277円+税。 こちらは、 肉と玉子のいりつけ。 277円+税。 さらには、 酢豚。 300円+税。 どーうですか? 価格がお手頃過ぎますよね。 そしてこのジャストサイズメニュー。 何が嬉しいかと言いますと。 そんなに小さくない。 いや、レギュラーメニューに比べたらもちろん小さいんですけど。 それほど小さくはない。 物凄く感覚的な話になってしまうのですが、小さいけどそこまでは小さくないのです。 分かりますよね?このニュアンス。 分かってくれますよね? 一人前としては少ないだろうけど、お酒を飲む分にはこれくらいが丁度いいや。 みたいなことです。 もちろん「俺は飲むときもガッツリ食べるぜ!」という人が集まれば物足りないとは思われますが。 「数品頼んでチビチビつまんでいたい」というタイプの人なら2〜3人でも行けると思います。 店舗によっては単品の飲み放題を実施しているところもありますので。 積極的に利用していきましょう。 そしてもちろん、 レギュラーサイズの麺類で締め。 お腹パンパンになりますよ。 では最後に。 餃子の食べ方をご提案。 このように餃子のタレやラー油もありますが。 ここはひとつ、 酢+コショウなんかいかがでしょう。 サッパリとして美味しいんですよ。 いつも小皿を2枚使わせていただきまして、 普通のタレと一緒に楽しんでおります。 なので餃子はレギュラーサイズ。 ていうかね。 毎回かなりお腹いっぱいになって、さらにはお酒もしっかり飲んでいるにも関わらず。 お会計が安すぎてびっくりするんですよね。 もう本当にありがたいです。 これからもお世話になります。 そんな王将飲み。 皆さんも、それぞれの楽しみ方を見つけて下さいね。 それではでは、こぼりたつやでした。 こちらは日高屋飲み。

次の

餃子の王将のジャストサイズメニューがまさにジャストだった。通常サイズとの比較

王将 ジャスト サイズ

一部ファンの間から、 大衆中華を越えた大衆中華と言われている「餃子の王将」。 それは、 餃子の王将の「ジャストサイズメニュー」。 現在(2014年5月16日時点)、東日本エリアのみで展開しているメニューだ。 これを活用すれば、少ない予算で色々なメニューを食べられるよ!! 「通常メニューだと量が多くて……」という時にも使えるよ!! ということでは以下の通りだ。 ・ジャストサイズメニューとは そもそもジャストサイズメニューとは、量が少ない代わりに値段が安くなっているメニュー。 例えば、通常1人前6個入りで237円の餃子が、ジャストサイズメニューだと3個入りで124円になる。 ・対応メニューは多い 現在「餃子の王将」の多くのメニューが、このジャストサイズに対応しており、餃子(124円)の他に、炒飯(267円)、ニラレバ炒め(299円)、揚げそば(360円)、麻婆豆腐(299円)、天津飯(288円)、かに玉(299円)、鶏の唐揚げ(324円)、野菜炒め 288円 、ホイコーロー(299円)、酢豚(324円)、八宝菜(324円)、エビチリ(360円)……と人気のメニューはほぼ全て網羅している。 中にはビール(258円)もあるので、「少しだけ飲みたい!」という時にオーダーするといいかもしれない。 なお、東日本エリアの店舗では、上の価格でほぼ統一されているが、一部異なる価格設定で展開している店舗もあるとのこと。 ・少ない予算で色々食べられる 先述の通り、ジャストサイズメニューは、1つ1つが安いので、 少しずつ色んなメニューを食べたいという時に重宝する。 また「追加でオーダーしたいけれど、通常メニューだと多いんだよな〜」という時にも使えるぞ。 とにかく「ジャストサイズメニューなんて知らなかった」という人は、是非一度試して欲しい。 ちなみに冒頭で書いた「イーガーコーテル」とは、王将用語「餃子一人前」の意味である。 覚えておこう。 Report: Photo:RocketNews24.

次の