白菜 黒い ポツポツ。 キャベツの葉っぱの黒い点や黒いシミ、茎に黒い筋がある場合は食べられる?

キャベツの葉っぱの黒い点や黒いシミ、茎に黒い筋がある場合は食べられる?

白菜 黒い ポツポツ

もくじ• 結果、野菜室で放置されたまま、気づいたときには、食べられるのか食べられないのか、よく分からない状態になってしまっていたという人も多いかもしれません。 いったい、白菜は腐るとどんな状態になるのでしょうか。 白菜が腐ると・・• 葉の色が黒ずんでいる• ぬめりがある• とろっと溶けたような状態• 汁っぽさがある 黒ずみやぬめりがある場合 白菜の葉の色が、購入時の黄緑色に比べて、全体的に黒ずんでいると、腐っているといえるため、食べないほうがいいでしょう。 ぬめりがある場合も、気をつけた方がいいです。 ただし、全てが黒ずんでいるわけではなく、 中心部のみ黒ずんでいたり、一部が黒ずんでいる状態であれば、その部分を取り除いて食べることはできます。 とろっと溶けていたり、汁っぽさがある場合 全体的にとろっと溶けているような状態で、そのうえ、茶色い汁のようなものが出ていれば、食べることは避けたほうがいいといえます。 柔らかく、文字通りとろけているようなイメージです。 溶け始めているけど、煮物にしたら大丈夫、なんてことは絶対ありません。 腹痛を引き起こしたり、気分が悪くなってしまう可能性があるので、注意深く見ることをおすすめします。 黒い斑点・ゴマや臭いは? 一方で、 腐っていると勘違いしやすいのが、白菜の白い部分を中心に、黒いゴマのようなポツポツしたものが出ている場合です。 それはカビではありません。 正式には、「ゴマ症」といって、白菜の生理反応のようなものです。 この「ゴマ」の部分は、ポリフェノールの塊なので、食べても問題なく、むしろ栄養価が高いといえますよ。 なお、 白菜は、臭いで腐っているかどうかを判断しにくい野菜です。 購入時に比べて、何か独特な臭いを感じた場合でも、腐っているとは限りません。 例えば、わさびのようなつんとした臭いを感じたとしても、それは、 白菜自体が持つアリルイソチオシアネートという成分が影響しているのですが、食べたとしても影響はありません。 また、少し時間が経つと、消毒の臭いを感じる場合も、 イソチオシアネートという辛みの成分が関係しているものの、健康に害を与えることはないですよ。 さらには、他の野菜であれば腐っていると判断しそうな酸っぱい臭いを感じた場合、 白菜においては、ジメチルジスルフィドという刺激性の強い成分が臭いとなって表れているだけで、腐っているわけではなく、食べても問題ありません。 腐っているかもと感じた場合は、臭いで判断するのではなく、黒ずみやぬめり、汁っぽさがあるかどうかを確認するようにしましょう。 また、外側に濃い緑色の葉っぱがついている白菜を選ばない方も多いかもしれませんが、実は、 濃い緑色の葉っぱがついている白菜は新鮮な証拠なんです。 外側に濃い緑色の葉っぱがついていない場合でも、 白菜の葉っぱがしゃきっとした、活き活きとしたものを選ぶといいですよ。 加えて、 白菜の、特に、上の部分を押すと、弾力やハリがあるもの、そして、底の切り口の断面が白くてみずみずしい感じも、新鮮さを見極めるポイントになります。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 なお、 半分や4分の1にカットされた白菜の場合は、カットされた断面ができるだけ平らなものが新鮮といえます。 なぜ平らなものがいいのかというと、白菜はカットされてからも成長を続けており、時間が経つにつれて、断面も膨らんでくる傾向あるため、膨らむ=時間が経っているということで、新鮮さは失われつつある状態といえるでしょう。 購入当日に食べてしまう場合は、断面が少し膨らんでいる場合でも美味しくいただけますが、少し先に食べる場合は、なるべく新鮮な白菜を選ばれることをおすすめします。 断面の色が黒ずんでいたり、色が変色していたりするのは、選ばないようにしましょうね。 そこで、白菜をどのように保存したら長持ちできるかなどを含め、白菜の賞味期限や保存方法などを紹介します。 常温 白菜を常温保存する場合は、傷み始めるのが比較的早いため、注意が必要です。 特に、夏の季節の白菜は、出荷時期の気温も高く、実際に白菜を購入するまでに鮮度が落ちてしまうことも多いため、 購入後の常温保存では、翌日には食べきることをおすすめします。 3日も経つと、傷んで食べれないことも。 一方で、 冬の季節の白菜は、正しい状態で保存すると、温度の低い冷暗所で、3週間〜1ヶ月ほど保存することができます。 なお、 保存方法としては、常温保存の場合、乾いた新聞紙に白菜を包み、根っこの部分を下にしながら、縦にした状態で、冷暗所などで保存してください。 ただし、近年の日本の夏は、猛暑が続いているため、冷暗所といっても、温度が非常に高いことが予想されるため、常温保存はおすすめできません。 冷蔵 白菜を冷蔵庫で保存する場合は、約3週間〜1ヶ月ほどはキープすることができるでしょう。 ですが、これは冬の季節の白菜の場合に限ります。 上述したように、夏の季節の白菜は、出荷時期の時点ですでに気温が高いため、スーパーや市場で購入する時には鮮度が少し落ちている場合があります。 よって、 夏の季節の白菜は、冬の白菜に比べると、購入してからだいたい2週間程度が賞味期限の目安といえるでしょう。 冷蔵保存の場合、単に冷蔵庫に入れておくだけでは、水分が抜けて葉っぱがカサカサとなってしまい、美味しく白菜を食べられないこともあります。 白菜を購入後、湿らせた新聞紙で包んだうえで、さらにラップで包むようにしてください。 冷蔵庫の中の冷たい風が、白菜の葉っぱを乾燥させてしまい、しゃきしゃきとした食感を楽しむことができなくなります。 湿った新聞紙とラップの両方を使って、乾燥を防ぎ、水分量を維持させることを意識して保存するようにしましょう。 鮮度や食感を保つことができますよ。 なお、上記で紹介した方法は、白菜を丸ごと保存した場合です。 カットされた白菜の場合は、カットされた部分から水分が抜けてしまったり、空気に触れてしまうことで、葉っぱが早くにしんなりしてしまったり、傷みやすくなるのが早まる可能性があります。 よって、 カットされた白菜は、食べる分を小分けにして、ラップに包んで、冷蔵庫に保存するようにしましょう。 そして、 カット白菜の場合は、冷蔵保存であっても、なるべく早く、できれば1週間ほどで食べきるようにすると、白菜の食感や栄養もそのままで楽しむことができますよ。 冷凍 冷凍保存は、白菜を長期間保存するのに有効な手段ともいえます。 冷凍すると、1ヶ月以上キープすることができます。 白菜を購入してからすぐに食べないという人には、とても嬉しいですよね。 ただし、長期間冷凍すると、解凍後に、白菜特有のシャキシャキ感が失われやすくなるので、食感を残した料理で活用したい場合は、なるべく早くに食べるようにしてください。 生の白菜を冷凍保存する場合は、葉っぱを一枚ずつ剥がして、水で綺麗にしてから、水気をしっかりと拭き取った状態で保存します。 密閉性のあるジップロックなどを使って冷凍しましょう。 なお、水気をしっかり拭き取った後、小分けにして食べる分だけをラップで包んでジップロックにいれると、料理がしやすくなるのでおすすめです。 白菜を茹でてから冷凍保存したい場合は、熱湯で1分ほどさっと茹でて、粗熱をとり、水分をしっかりと取ってから、ラップで小分けにしてジップロックなどに入れてから、冷凍してください。

次の

【この差】「黒いブツブツがある白菜」と「黒いブツブツがない白菜」の差

白菜 黒い ポツポツ

もくじ• 白菜に黒い点がいっぱいブツブツ!食べられる? 白菜の白い部分や葉っぱの部分に、黒い点が出ていることがありますよね。 汚れかと思って洗っても取れないし、爪でこすってみたりしたけど、やっぱり取れない。 傷んでいるのかと思うけれど、ブツブツと黒い点があるだけでそのほかは普通に新鮮に見えます。 シミのような、そばかすのような。 人によっては、ちょっと気持ち悪くて、食べるのどうしようかなぁと思ってしまうこともあるでしょう。 白菜の黒い点はカビでも虫でもない!生理障害です この黒い点はゴマ症といって、白菜が育っていく中でストレスを受けたときに現れるものです。 白菜の中に含まれるポリフェノールが蓄積し、細胞壁が変色して黒い点として出ているのです。 食べても害はありません。 黒い点々がゴマのように見えるから、ゴマ症と呼ばれています。 「症」とついてはいますが、病気でもなんでもないんですね。 また、虫やカビに見えてびっくりする人もいますが、決してそういうものじゃないんです。 ひとつの野菜の生理障害なのです。 生理障害とは、栄養分の過不足や温度の過不足による障害のことを言います。 白菜ゴマ症の原因 ゴマ症の原因は、 ・栄養のとりすぎ ・収穫時期が早すぎ ・収穫が遅れた時 ・狭い土地でたくさんの白菜を育てた時 ・気温が低すぎ ・気温が高すぎ といった、白菜の栽培環境によっておこるケースがあります。 また、出荷されるまでの間や、輸送中に、低温で冷蔵しすぎてストレスがかかり、黒い斑点が出ることも多いです。 白菜の黒い点が冷蔵庫に入れてたら増えた? 冷やしすぎも白菜にとってはストレスになり、ゴマ症を引き起こすことになります。 ですので、白菜を自宅の冷蔵庫に長期間保存していたら、黒い点々が出てきてしまった!ということもありえます。 買った時になんともなかった白菜に黒い斑点が出てきてしまうと、びっくりするかもしれませんが、害はないので安心してくださいね。 白菜の黒い点(ブツブツ)はどうしたらいい? さて、ゴマ症の黒いブツブツの原因物質はポリフェノールです。 白菜がストレスから自分の身を守るためにできたもので、避ける必要はありません。 ポリフェノールといえば、抗酸化作用があり、殺菌作用や抗ガン作用にも期待ができる栄養素として知られているくらいです。 ですが、どうしても見た目が悪いと食欲がわかないとか、生理的に受け付けないという人もいるかもしれません。 そういう時には、黒い点を切り抜いたり、そぎ落として食べることになります。 避ける必要はないですが、料理は見た目も大事なので、気になる方は取り除いておかれるといいでしょう。 白菜のゴマ症は防げる? 残念ながら、白菜のゴマ症を完全に防ぐのは難しいとされています。 肥料の状態や自然環境など複数の要因がある上に、保存の状態も絡んできます。 スポンサーリンク そのすべてをコントロールするのは難しいとのこと。 それでも農家さんや流通業者さんは、できるだけ白菜に負担がかからないように、ゴマ症が起こらないように気を付けてはいるそうです。 白菜がストレスに対抗して頑張った証拠ですから、仕方がないものなのですね。 おいしい新鮮な白菜の選び方と保存方法 さて、では、おいしい白菜を選ぶにはどんなところに気を付ければいいでしょうか? 白菜の旬 白菜は年中手に入ります。 春白菜、夏白菜、秋冬白菜の3つの時期に分かれます。 春白菜(4月~6月):茨城県、愛知県 夏白菜(7月~9月):長野県、群馬県 秋冬白菜(10月~3月):茨城県、愛知県、岡山県、鹿児島県、福島県、栃木県 周年:北海道 ですが、本来の白菜の旬は、11月から2月の間です。 白菜は寒冷地を好みます。 真冬の寒い時期が一番おいしい時期になります。 新鮮な白菜の特徴と選び方 新鮮な白菜は、 ・白い茎の部分と葉の両方が、みずみずしくとツヤがある ・全体が固く締まっていて重い ・葉の巻きがしっかりしている という特徴があります。 手に持ってみて、ずっしりとして、水分をしっかり持っているものを選びたいですね。 また、白菜の葉については、 ・外葉が青々として(緑が濃くて)黄ばみがない ・葉先がきれいに中のほうへ巻き込んでいる のが良い白菜です。 外の葉っぱが白いものは、鮮度が落ちたので、干からびた外側の葉っぱを何枚もはがして売られている可能性があります。 鮮度がイマイチのことが多いです。 また、カットされている白菜を選ぶときには、 ・切り口が盛り上がっていないもの を選びましょう。 時々ありませんか?半分や4分の1にカットされている白菜の、中心部分が盛り上がっていたり、ひどいものだと飛び出していたり。 白菜はカットしても成長を続けているので、時間がたつと、このような現象が起こります。 ・切り口が白く、黒ずんでないもの を選ぶのも大事です。 カットして時間がたつと、切り口が傷んで変色していくからです。 切り口がみずみずしく、盛り上がってないものが新鮮です。 白菜の保存方法 白菜を冷蔵庫で保存する際は、縦にしておくと日持ちします。 他の野菜にも共通することですが、本来生えている方向、上になっている部分を上にします。 丸のまま買ってきたときには、濡れた新聞紙でくるみ、さらにビニール袋に入れて野菜室に入れると長持ちします。 切ってからはラップでしっかりと包んで野菜室へ。 乾燥するとおいしさも半減です。 白菜はそのままだと成長してしまい、成長に栄養を使った結果、味も落ちてしまいます。 白菜の軸の切り口部分に、包丁でで繊維に沿うように切り込みを何本か入れておくと、成長を止めることができ、劣化を遅くすることが出来ますよ。 もし長期保存するときには、試してみてください。 おわりに・まとめ 白菜の黒い点、ブツブツは、ゴマ症といって食べても害のないポリフェノールの斑点です。 見た目を気にしなければ、そのままおいしくいただけます。 新鮮な白菜を選んで、たっぷりいただきましょう。 白菜は冷凍保存もできますよ!.

次の

白菜の黒い斑点って食べれるの!?安全性は大丈夫!?

白菜 黒い ポツポツ

【この差】のポイント! 「黒いツブツブ」の正体は、「ポリフェノール」。 見た目は悪いが、その分栄養をしっかり吸っている証拠。 どちらが買われるのか?「黒いブツブツがある白菜」と「黒いブツブツがない白菜」 「黒いブツブツがない白菜」のほうが人気で買われる傾向がある。 今回、番組では、スーパーに協力してもらい、どちらの白菜が買われるかを検証。 今回の検証の結果では、「黒いブツブツがある白菜」を買わないとなった。 「買わない理由」を尋ねると、「虫食い」や「傷んだ葉」といった答えが多かったが、そうではないとのこと! そこで、白菜の生産量、全国1位!毎年4000トンの白菜を出荷する茨城県のJA茨城むつみで話を聞いた。 実際に「虫食い」や「傷んだ葉」と、「黒いブツブツ」を見比べたところ、やはり違った。 「黒いブツブツ」の正体とは? 「黒いブツブツ」の正体は、なんと「ポリフェノール」。 赤ワインやコーヒーに入っており、動脈硬化や肌の老化予防が期待され、女性にも人気の「ポリフェノール」。 ちなみに、「黒いブツブツがない白菜」にも「ポリフェノール」はある。 つまり、全ての白菜の中には「ポリフェノール」が入っている。 「黒いブツブツ」ができる理由は「硬い土」!? 「黒いブツブツの白菜」は、畑のある理由で栄養が摂りすぎて細胞が壊れて、中の「ポリフェノール」が酸化して、「黒いブツブツ」が現れる。 畑にはトラクターが耕しにくい端の部分が「硬い土」になる。 トラクターが耕せる「普通の土」は、肥料が雨と一緒に土の中に流れていき、適度の栄養を吸収する。 一方「硬い土」は、肥料が白菜の近くに留まり、多く栄養を吸収してしまう。

次の