愛想を尽かす 意味。 ことわざ「金の切れ目が縁の切れ目」の意味と使い方:例文付き

愛想が尽きる〔愛想を尽かす〕

愛想を尽かす 意味

- 目次 -• 愛想が尽きるとは? 辞書で調べてみると 「愛想が尽きる」とは「相手に好意や信頼が持てなくなること」という意味です。 夫婦にとって「相手に好意や信頼が持てなくなる」という状態はとても深刻です。 そもそも結婚するときには誰よりも相手のことが好きで「この人となら一生一緒に暮らしていきたい」と思えるほどに信頼していたはずなのです。 そんな相手に対して好意も信頼も持てなくなるきっかけはどんなものなのでしょうか。 愛想が尽きてしまったらもう元には戻れないのでしょうか。 「浮気」や「ギャンブル」、一度だけなら許せても 夫婦の関係が壊れてしまう問題はいろいろあります。 「浮気された」「ギャンブルで借金をしていた」などという裏切り行為があれば、相手に対しての「信頼」はなくなってしまいます。 しかし「もう二度としない」と相手が猛省して心から謝罪するのであれば、夫婦関係を再構築しようとする場合もあります。 もちろん一度だけの裏切りでも許すことができずに離婚するという夫婦もいますが、相手に対して愛情があり家族としての絆があればやり直すという選択ができるものです。 つまりそれは「まだ愛想が尽きてはいない状態」だと言い換えることができます。 相手に対する好意や信頼がまだ「尽きていない」から再構築することができるのです。 「雨降って地固まる」という言葉があるように、苦難を乗り越えることで夫婦の絆が深まるということもあります。 ところが やり直すチャンスを与えたにも関わらずまた同じ裏切り行為を相手がしたとしたらどうでしょう。 それはその行為だけでなく、「もう二度としない」という約束を破られたという二重の裏切り行為になってしまいます。 そしてそれが度重なればもう相手を信頼することは不可能になってしまうのです。 ついに「愛想が尽きた」という状態になってしまうということなのです。 家庭環境が悪すぎて愛想が尽きることもある 愛想が尽きるのは裏切られたときだけではありません。 「妻が家事をしない」「夫が育児に関わろうとしない」「DV(モラハラ)がある」などの問題も、相手に対しての好意や信頼をなくしてしまう原因としてあげられます。 円満な結婚生活は夫婦のどちらか片方の努力だけでは成り立ちません。 家庭という場所が心穏やかに生活できる環境ではない場合、どんどん不平不満やストレスが溜まってしまいます。 そしてそれを相手に訴えても改善されない場合は「愛想が尽きた」という状態にまで至ってしまうことがあります。 愛想が尽きたら即離婚? 相手に対して「愛想が尽きた」と感じたら誰しも「離婚」という二文字が頭に浮かぶと思います。 好意や信頼が持てなくなった相手と夫婦として暮らすことは苦痛だからです。 しかし結婚生活は感情だけで成り立っているわけではありません。 経済的な問題や子供の養育、世間体なども深く関わっています。 愛想が尽きてしまっても離婚するわけにはいかないという場合もあるのです。 「仮面夫婦」という言葉もあるように、家庭の中では不仲でも離婚せずに生活している夫婦もいます。 しかし 愛情や信頼を持てない家族関係というものは決して平穏ではありません。 そういう家庭は「機能不完全家族」となり、子供が健やかに育つことができずアダルトチルドレンになってしまうという問題もあります。 一度失った信頼を取り戻すことは困難ですから、離婚や仮面夫婦になることを回避したければ相手に「愛想が尽きた」と言われてしまう前に信頼を取り戻す方法を話し合うことが大切なのです。

次の

【愛想を尽かす】の意味と使い方の例文(慣用句)

愛想を尽かす 意味

他人によい感じを与えるような態度、かわいらしい顔つき、やさしいもの言い、対応の仕方などをいう。 また、他人の機嫌を取るような、ちょっとした態度やもの言い、お世辞の意味もある。 「愛想笑い」はお世辞笑いのこと。 「愛想が尽きる」「愛想を尽かす」「愛想も小想(こそ)も尽き果てる」という言い方で、すっかり嫌になる、見限るという意味で使われる。 他人に対する親しみの気持ちは具体的な物品となり、「おあいそ」の形で他に対する茶菓などのもてなしや心付けなど気をきかして与える金品もいう。 「おあいそ」といえば、飲食店などで客に請求する勘定やその勘定書の意味でも使われるが、これはもともと関西の言葉「あいそづかし」の略で、これを見ると愛想が尽きることからだという。 人に接して示す好意や愛らしさ、人あしらいのよさ。 「愛想がいい」「愛想が悪い」 2. (多く 「お~」 の形で)好意のあらわれとしての茶菓などのもてなし。 また、おせじ。 「何のおあいそもございませんで」「おあいそを言う」 3. (普通「お~」の形で)飲食店などの勘定。 勘定書。 (広辞苑) あいそ【愛想】 ・ 愛想のよい[悪い]店員 「a friendly [an unfriendly] salesclerk ・彼女は 愛想がいい。 She is amiable [ friendly]. ・彼は 愛想は悪いが根はいい人だよ。 He is not sociable, but he is a good person at heart. ・来客に 愛想よく対応する entertain a guest warmly ・彼女に お愛想を言う say nice things to her ・怠け者の夫 に愛想を尽かす [=飽き飽きする] get fed up with one's lazy husband; [=我慢するのをやめる] stop putting up with one's lazy husband ・彼女 には愛想が尽きた。 I' m utterly disappointed in her. ・ 愛想笑いをする make a fake smile; force onself to smile (ジーニアス和英辞典).

次の

夫婦にとって「愛想が尽きるとき」とは?

愛想を尽かす 意味

すし屋などの飲食店で会計をしようというとき、「おあいそ、お願い!」と言ってしまうことはありませんか? これは誤用と言われています。 読売新聞の掲示板「発言小町」にも、職場の先輩について「相手のプライドを傷つけない形で(この言い方が)間違っていることを気づかせる方法はないですか?」という投稿がありました。 本来の意味を専門家に聞きました。 トピ主の「パピヨン」さんの職場には、仕事もできて立ち振る舞いもすてきな男性の先輩がいます。 ところが、仕事の関係でたまに一緒に食事に行くとき、彼が「おあいそ、お願いします」と店の人に言うのを聞き、違和感を覚えました。 「(言葉の)使い方、間違ってますよね?」とトピ主さん。 「余計なお世話であることは重々承知の上ですが、出来るだけ相手のプライドを傷つけない形で間違っていることを気づかせる方法はないですか? 先輩に恋愛感情はないのですが、『この先輩、これさえなければ完璧なのにな~』と謎の目線でいつも思ってしまいます」と書き込みました。 この投稿に対し、「何がいけないの?」「どこがおかしいの?」という意見が多数寄せられました。 トピには詳しい状況までは書かれていないので、疑問を持った人も多かったようです。 「松子」さんは「『お会計お願いします』って言ってるんでしょ? 何が間違いなのかな?」と、疑問を書きました。 「使う人は多いですよ」と指摘したのは「あん」さん。 次のようにトピ主の違和感の正体を分析してみせました。 1.「会計してください」という意味での「おあいそ」という言葉を知らない 2.「おあいそ」という言葉は客の側が使うものではない、という意見を支持している 3.「おあいそ」は、すし屋、和食の店で使うべきであって、それ以外の店で使うものではないと思っている 「(この3つ)の、どれかかなあ、と思います」という意見です。 辞書で調べてみました。 「おあいそ」は漢字で書くと「お愛想」。 「愛想を尽かす」や「愛想がない」という意味で使われます。 客が「お愛想」というのは誤用 「」などの著書があり、都内大学受験塾・カルチャースクールで国語講師を勤める吉田裕子さんに聞きました。 吉田さんによると、店の販売員などが、商品の値段を安くするとき、お客さんに「勉強させてもらいますよ」などと言うのと同じで、「お愛想」もお店側の表現の一つです。 「お愛想」の語源には、二つの説があって、一つは「うちの店は愛想がなくて、安くできないんですよ」とお客さんに対して恐縮する気持ちをこめているという説。 もう一つは、勘定書を見たお客さんが、店に愛想を尽かしてしまうところから来ているという説です。 「どちらの語源でも、『会計してください』の代わりに、お客さんから『お愛想』と言ってしまうと意味が通らなくなります。 本来、『お愛想』は店側で使う業界用語・専門用語ですので、誤用に気を付けたいですね」と吉田さん。 あがり、むらさきも業界用語 画像はイメージ 同じようにすし店でよく耳にする、しょうゆのことを「むらさき」、お茶のことを「あがり」と言うのも店側が使う言葉だそうです。 「あがり」は、もともと遊郭で使われていた「上がり花」という言葉が語源とされています。 芸者・遊女など、客がなくて暇であることを 「茶をひく」 といいますので、この「茶」を忌み言葉として避け、客が 「あがる」 (登楼する) ようにと、縁起を祝って言い始めました。 一方、「むらさき」には、諸説あって、 1.昔の人は赤褐色のことを紫と言い、小皿に垂らしたしょうゆの色を表した 2.江戸時代の武士は、高貴の象徴だった「紫」への思い入れが強く、しょうゆを名付けた 3.丹波の黒豆を使用すると、しょうゆがむらさき色になったため などがあるそうです。 (参考:) 「お愛想」と違って、「あがり」も「むらさき」も語源の上では客側が使うのがダメな理由はありません。 しかし、吉田さんは「あくまで業界用語ですので、お客さんが連呼すると、かえって野暮な印象になってしまう面があります。 だから使うことは推奨しません」と指摘します。 では、「お愛想」という言葉はどう使うのが正しいのでしょうか。 「」によると、客が「お会計をお願いします」と言うと、店側が「お愛想でございます」と言う。 このセットが正しい使われ方だそうです。 店側が使っていた「お愛想」。 いつの間にかお客さんのほうでも、語感をまねして、「お会計、お願い」の意味で口にし始め、誤用に気づかないだけなのかもしれませんね。 スルースキルも大事 「間違えたまま使われる慣用句」のタイトルで、レスを書き込んだ「んー…」さんは、トピ主さんにこんなアドバイスをしています。 「自分では言わない様にすればよいだけです。 目をつぶると言いますか、スルースキルを活用。 マナー的な事は目下から指摘されると角が立ちますので、したいのであれば、どなたか目上の方にそれとなくお願いするのがよいと思います」 言葉もマナーも時代とともに変化していきますが、自分が常識だと信じて疑わなかったことが、一方で非常識だと思われることもあり、改めて日本語は難しいと実感しました。 (メディア局編集部・遠山留美) 【紹介したトピ】 【あわせて読みたい】 ・ ・ ・.

次の