胃 もたれ と は どんな 感じ。 胃が弱い人の体質改善は意外と簡単だった!

胃もたれの原因は食事?ストレス?むかつきを早く治す方法

胃 もたれ と は どんな 感じ

「なんだかお腹が張ったような、重たいような気がして気になる」 そんな症状はけっこうよくあることで、よくあるがゆえに様子をみてしまうこともしばしばです。 確かに痛みがなければ様子を見てしまうことも多く、実際にその違和感の正体は、• 食べ過ぎ・食生活の乱れやストレスなどによる胃や腸の動き低下• 胃や大腸などの内臓の知覚過敏 といった、 病気というより胃や腸の調子の問題 によることが多いのも事実です。 ただ、それだけではなく、 時に大きな病気のサインだったりするケースもあり、また食後の胃もたれや慢性的な胃やお腹の張った感じなどの違和感があると、気になって仕事や勉強に集中出来なかったり、食事が美味しく食べられなかったりと、日常生活の妨げになることも少なくありません。 そのような違和感の原因を突き止め、隠れた病気を見つけたり、日常生活をより快適に過ごすためのお手伝いをさせていただく外来です。 まずは、機能的な問題で起こる場合について触れたいと思います。 もともと、胃や腸などの臓器は自分で動かそうと意識しないでも勝手に動いている臓器で、この動きをコントロールしている神経を 自律神経と言います。 ストレスや疲れ・不規則な生活が重なると、自律神経の動きが乱れ、結果的に 胃や腸の臓器の動きが低下してしまうことで、ガスや食物がうっ滞し腹部の「はり」や「重たい感じ」が起こってしまいます。 また、胃や腸の粘膜は非常にデリケートなので、ストレスによって 知覚過敏になることもあり、 通常の胃酸の刺激や腸の動きを違和感・痛みと誤認してしまうこともあります。 (このような機能の問題で起こる病気を・と呼びます。 ) クリックすると拡大表示されます また、病気の場合は ・ 胃がんや大腸ガンなどによる食べ物やガスの通過障害 ・ 腹水 ・ 腸閉塞 ・ 腸炎 ・SIBO(小腸の最近の異常な繁殖によって生じる疾患) など、他にもたくさんありますが、胃や腸だけでなく、腹部の様々な臓器の病気によって起こります。 <血液検査> 問診で疑われる症状の原因となりうる臓器の数値の異常がないかをみます。 <・レントゲン> 内臓の状態や実際のお腹のガスの溜まり具合を体の外側から確認し、違和感の原因を探します。 <> 症状の原因が胃や十二指腸などの上腹部の内臓に疑われた場合に行います。 <> 症状の原因が大腸にあると疑われた場合に行います。 <> 症状の原因が小腸疾患の可能性がある場合に行います。 病気ではなく、ストレス・食生活による胃腸の動き低下や粘膜の知覚過敏の場合は、原因となるストレスや食生活を問診や診察の中から見つけ改善方法を一緒に考えていくと同時に、症状を取り除くお薬や、機能を改善させるためのお薬も使います。 昔から胃が弱い体質・腸が弱い体質と言われているように、このような症状には体質が関わっていることも少なくないため、 体質自体を改善し今後も症状が出にくくなるような お 薬も使っていきます。 2か月ほど前からは週3日程度 お腹の張りを自覚するようになり、ここ2週間ほどは張りを常に感じ、 便もすっきり出ないとのことで当院を受診されました。 【診察】 触診では腹部ガスによる鼓音と張りを認め、また問診にて便は少量で液状のことが多いとのことであり、 大腸の通過障害による症状を疑いました 【検査】 腹部レントゲンでは大腸のガスによる腸管の拡張を認め、 腹部エコーでは 大腸に腫瘍性の狭窄を疑う所見があり、大腸がんを疑い大腸カメラ(内視鏡)を施行しました 大腸カメラではS状結腸に腫瘍を認め、生検にて 大腸がんと診断しました。 クリックすると拡大します がんが大腸の内腔を圧排し通り道が細くなることで、ガスや便が出にくくなり 違和感や 張り・ 便がすっきり出ないといった症状が生じている状態( 通過障害)でした。 【治療】 状態としてはすでに進行がんで内視鏡では治療困難な病変であり、手術が必要な状態でした。 がん治療拠点病院に紹介し、同院で手術を受けて頂きました。 【経過】 手術にて病変は取り除けたものの将来的なリンパ節転移の可能性が残るため術後化学療法(抗がん剤治療)を行いました。 その後、幸いにも今のところは術後の転移はなく経過観察を続けておられます。 大腸がんは進行性の悪性腫瘍で初期は症状が出ることはありませんが、進行すると腸管内を圧排して腹部の違和感や張りが出てくることがあります。 ただ、いきなり症状が出るわけではなく、進行するにしたがって症状が出てくるので、 症状も数か月単位で徐々にひどくなっていくことが多いです。 がんは進行すると手術だけでは治療が完結せずに抗がん剤治療を行う必要が出たり、場合によっては末期になり治療ができないケースもあるので、腹部の違和感や張りを感じ、 1-2週間様子をみても改善がない場合は、その時点で などの検査を受けることで、悪化する前に病気を見つけることができます。

次の

胃もたれの症状・原因|くすりと健康の情報局

胃 もたれ と は どんな 感じ

患者の立場に立った丁寧な診療で地域の患者に親しまれている大本院長 胃痛、胃もたれ、胃が重い、むかつき、吐き気。 頻繁に起こる症状はありませんか? 胃はとても素直な器官です。 食生活が不規則になるとムカムカ、精神的なストレスがたまるとピリピリ…。 ポーカーフェイスが苦手な胃は、顔と同じぐらい健康状態や感情を表現して、いたわって欲しいと訴えてきます。 今回のレポートは「大本内科医院」の院長、大本崇先生に、胃の様々な症状とその原因について教えて頂きました。 日本人は胃の弱い人が多いと言われています。 胃は健康維持のためにとても大切な臓器ですので、胃が発するシグナルに耳を傾け、胃に優しい生活を心がけましょう! 胃が重たい、胃もたれの原因は何ですか?胃は伸びたり縮んだりする袋状の器官で、口の中で咀嚼された食べた物を酸によってドロドロの状態に溶かし、食物を一時保管してゆっくり腸に流し込む役割があります。 空腹時はぺしゃんこだった胃は、食べ物が送り込まれると伸びて広がって運動を開始するのですが、その際に胃自体が長く伸びて下垂している状態だと胃の動きが悪くなり、食べ物がスムーズに流れていかず、胃に長時間留まってしまいます。 そのため「胃がもたれる」「胃が重たい」といった症状が起こります。 胃の入り口は食道、出口は十二指腸とつながっています。 食道と十二指腸の場所は固定されたまま動かないため、胃が伸びて下垂しているというのは、入り口と出口は定位置のまま、胃の真ん中がたるんで下がっている状態です。 お腹いっぱい食べた後に、おへその上をさする人と、おへその下をさする人がいますが、おへその下をさする人は胃がそこまで下がっているのです。 「胃下垂」に痩せている人が多いのは、胃に食べ物が溜まったままの状態が続くため食欲不振が生じやすいことが考えられます。 逆に大食漢の人は、胃の中の食べ物が早く十二指腸に流れていくので、たくさん食べることができるのです。 吐き気、むかつきが起こるのはなぜですか?食べ物は食道から胃に入って十二指腸へと、本来は一方通行で流れていくのですが、この胃の蠕動(ぜんどう)運動が逆方向で起こる「逆蠕動 ぎゃくぜんどう 」によって、食べ物が胃酸とともに逆流してしまい、吐き気やむかつきの原因になることがあります。 ウッと吐きそうになるけど、嘔吐まではしないといった気持ちの悪い状態が続きます。 また、食道の粘膜は胃の粘膜ほど強くはないので、逆蠕動で胃酸が食道に上がってくると、食道の粘膜が酸でただれ、胸やけを引き起こすこともあります。 最近CMで紹介されている「逆流性食道炎」も、胃酸の出過ぎや食べ過ぎ、腹圧の上昇で食べ物と胃液が食道に逆流することがありますが、逆蠕動が原因で起こることもあります。 胃痛を訴える人が多いということは、胃の神経は敏感なのですか?胃の中では食べ物を潰して、こねて、混ぜるために伸縮運動が繰り返されているわけですが、胃がぐにゃぐにゃ動く度にお腹に刺激を感じていたら気持ち悪いですよね。 胃自体の神経というのは、実はそんなに敏感にはできていないんです。 ですから「胃が痛い」と言っても、それはピンポイントで分かるような痛みではなく、「この辺りが痛い」といった漠然と感じる痛みです。 ですから、胃痛を訴える時に、みぞおちの辺りの「心窩部 しんかぶ 」を指す人が多いのですが、潰瘍が胃の入り口付近にあっても、十二指腸に近いところにあっても、ほとんどの方が同じ辺りが痛いと訴えます。 また、胃の裏には膵臓があり、胃の横の十二指腸の近くに胆嚢があります。 胃が痛いと思って受診してみると、実は胃じゃなくて膵臓や胆嚢が悪いこともありますので、自己判断で胃痛だと決めつけるのは禁物です。 胃はどうして痛くなるのですか?胃痛の原因は、胃の粘膜の炎症(胃炎)や粘膜の傷つき(胃潰瘍・いかいよう)以外にも、胃の筋肉が痙攣して起こることがあります。 この胃痙攣(いけいれん)は、考え事をしたり緊張した時になりやすく、ストレスの反応により胃がキュッと異常収縮を起こすことで、強烈な痛みを感じます。 胃は精神的なストレスの影響を非常に受けやすく、顔と同じぐらい感情を素直に表現する器官です。 食欲中枢がストレスの影響を受けて食欲不振になったり、胃の機能低下を招くこともあります。 また、胃酸の分泌をコントロールしているのは神経なんですけど、精神的なストレスを受けることで神経が刺激されて胃酸の分泌が活発になります。 本来、胃酸は食べ物が胃に入った時に分泌されるものですから、消化する物がないのに胃酸がたくさん出てしまうと、胃粘膜が胃酸によって傷つけられ炎症を起こしてしまいます。 胃炎も胃潰瘍も原因は食生活だけでなく、心因的な要因が引き起こすことが多いので、ストレスを貯めないよう心がけましょう。 急性胃炎と慢性胃炎について聞きたいのですが。 「急性胃炎」は、様々な要因で突然なってしまうもので、刺激物やお薬、食中毒、ストレスで胃炎が起こります。 一方、「慢性胃炎」は、繰り返して胃炎が起こるもので、「胃が弱い」とよく言っている人には慢性胃炎の人が多く、食生活やストレス、ヘリコバクター・ピロリ菌が要因として挙げられます。 ピロリ菌は胃がんの原因とも考えられていますよね?胃炎に基づいてポリープができることは多いのですが、胃のポリープは良性のものが多く、胃炎が治まったらポリープが出なくなったというケースも多いです。 がんというのは組織変性によって起きることですから、「胃炎があるとがんになる」「ポリープができるとがんになる」と言うものではないし、胃の中にピロリ菌がいると必ず胃がんになるというものではありません。 ただ、ピロリ菌が慢性胃炎を引き起こす要因であることは分かっており、ピロリ菌がいて諸々の条件が揃うことで胃がんになるリスクは高くなります。 50歳以上の8割の人にピロリ菌がいると言われていますから、胃がん予防のためにもピロリ菌除去は大切です。 胃薬の選び方についてアドバイスをお願いします。 市販のお薬で胃痛をカバーしている人も多いと思いますが、たとえば、消化酵素を高める効果のあるお薬を飲むと胃酸がたくさん出るので、食べ過ぎた後は消化を助けていいのですが、胃潰瘍の人が飲むと潰瘍がひどくなってしまいます。 胃薬は、胃酸を抑えるもの、消化を促すものなど、症状に合わせてお薬のタイプが異なりますので、自分に合うものを選ぶようにしてください。 そして、適切なお薬を選ぶためにも、胃の不調の原因を知ることが大切なので、「胃がおかしい」と気になっているのでしたら一度検査を受けて、胃の中で何が起きているのか確かめた方がいいですね。 若くても胃がんになる人はいますし、一番表面の粘膜層に発生した早期がんであれば、内視鏡を使っての粘膜剥離術で粘膜の表面を削って取るような治療が可能ですから、早めの受診はやはり大事です。 「胃がおかしい」と感じるのは、胃が「診て欲しい」と言っているサインであることが多いんですよ。 院内には患者が心地よく過ごせるよう様々な工夫がなされ、特に「マンガ室」は好評 胃によくない食べ物ってありますか?胃が悪い時に避けた方がいいのが硬めのご飯。 お寿司やカレーライス、チャーハンは硬いご飯で作らないと美味しくないですが、固いご飯というのはすごく消化に悪いんです。 胃の調子が良くない時は、水を多めに炊いて、お粥や柔らかいご飯を食べるようにしましょう。 筍やごぼうのような繊維質の多いものも、胃が弱い人にはあまりおすすめできません。 また、冷た過ぎるものや熱過ぎるものも、胃へ負担をかけてしまいます。 井戸水の温度は14度くらいなのですが、井戸水の温度であればがぶがぶ飲んでも大丈夫だと言われています。 冷蔵庫で冷やした飲み物だと4度ほどですから、それを一気に胃に流し込むというのは、やはり良くないですね。 最後に胃についてアドバイスをお願いします。 よく噛んで食べる、そして腹八分を心がけましょう。 あとは、胃が弱いからとキャベツばかり食べたり、ダイエットのためと野菜だけ食べたりせずに、いろんな食材を取り入れた食事を取るようにしましょう。 野菜を多く食べるのであれば、サラダのような生野菜ばかりでなく蒸したり煮物にするなど、調理を工夫して偏食にならないようにしてください。 日本人は胃薬が好きです。 欧米人は何百グラムのステーキをばくばく食べて、バケツサイズのアイスクリームをペロリと食べてもケロッとした顔をしていて、胃が痛いと言う人もあまりいませんから、そんな欧米人と比べると日本人の胃は弱く、繊細なんだと思います。 でもそれだけではなく、日本にはお腹を大切にする文化があるのではないでしょうか。 外国では「心」で比喩することが多いですが、日本では「お腹」を用いた言葉がたくさんあります。 「腹が立つ」とか「太っ腹」とか「腹黒い」とか。 昔、切腹があったからかもしれないけど、いろんな物事を「お腹」を中心に考えるのは日本独特の文化のような気がします。 大切なお腹を守るためにも、胃が何かシグナルを発信していたら、胃をいたわる生活を心がけ、早めに受診するようにしましょう。 診療科目表記• 【内科】内科全般、消化器科内科、循環器科内科、呼吸器科、腎臓科、内分泌科、糖尿病科、膠原病科、リウマチ科、アレルギー科、血液内科、神経内科、感染症科、腫瘍科• 【外科】一般外科、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、乳腺外科、甲状腺外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、美容外科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、リウマチ科• 【眼科】眼科• 【耳鼻咽喉科】耳鼻咽喉科、耳鼻科• 【小児科】小児科、小児外科• 【産婦人科】産婦人科、産科、婦人科• 【皮膚科】一般皮膚科、美容皮膚科• 【泌尿器科】泌尿器科、腎泌尿器科、人工透析科• 【肛門科】肛門科• 【精神科】精神科、心療内科、メンタルクリニック• 【歯科】一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科• 【その他】健康診断 在宅診療 人間ドック 性病科 デイケア• 【総合病院】大型病院、大学病院.

次の

胃もたれの症状・原因|くすりと健康の情報局

胃 もたれ と は どんな 感じ

スポンサーリンク 食べ過ぎてしまったあとに胃もたれの症状はとても辛いですよね。 私自身も胃腸があまり強い方ではなく脂っこいものを食べるとすぐに胃がおかしくなってしまいます。 そんな中、胃腸に効果がある方法はないかと探していたところ、韓国の解消方法で血抜きと呼ばれるものがあるそうです。 今回は韓国式の方法についてお話していきましょう。 韓国ドラマを見ると親指に針を刺して胃もたれの対処をしていることがあります。 これには本当に効果があるとは信じがたいのですが効果が期待できるそうです。 「血抜きのやり方」 親指の爪の下辺りにある疼血(おけつ)という部分を針で刺します。 やり方はただそれだけです。 黒い血が出てきますので、この黒い血が悪いものだそうです。 ただ単に刺すだけだと痛みが増しますのであらかじめ親指に糸を巻いて血が止まってから行うようです。 針で刺したあとは腕を下にダランとさせて血を抜くようです。 このような治療方法というのは他にも存在しています。 スポンサーリンク クリニックなどで行われている汚血を抜く施術があります。 瀉血治療という方法になります。 これは背中などに1mmほどの針を刺してドロドロになった血を抜くというものです。 ドロドロになったものを抜くことによって血液の流れが正常に戻ります。 そのため身体の隅々まで必要な栄養素や酸素が送られ、細胞が活性化します。 この治療方法は肩こりやむくみ、肌荒れ、アトピー、脱毛症などの他にもさまざまな不調に効果があると言われています。 このように東洋医学というのはツボ、鍼などによって行われることが多いです。 胃もたれだけでなく、消化不良、胃炎などにも効果があると言われています。 私個人の意見では瀉血治療ならともかく、針で自分の指を刺すのは少し恐怖感があります。 痛みもあるようですので…。 行うときはしっかりと消毒されたもので行うようにしましょう。 患部から細菌などが侵入すると化膿してしまう恐れもあります。 あまりにもツライ症状なら薬も試してみましょう。 スポンサーリンク.

次の