ガラムマサラ 効果。 ガラムマサラの効果や使い方♪おすすめは?

【徹底解説】ガラムマサラの7つの効果効能を解説!副作用は危険!?

ガラムマサラ 効果

Topics• ガラムマサラとは何か? まずはガラムマサラとは何かをご説明させていただきます。 ガラムマサラとは実はもともと辛味よりも香りをつけることを目的に使われるスパイスであり、インドでは元はそれぞれの家庭で独自の配合で作られているようなものでした。 そんなガラムマサラは以下のような特徴があります。 ガラムマサラの特徴• 基本のスパイスは、シナモン・クローブ・ナツメグの3つ• 複数のスパイスを使うため複数の効果効能がある• 瓶などで密閉しておけば1カ月程度は使える ざっとこんな感じです。 今回「基本の」と記載しましたようにガラムマサラとは合成スパイスであり、そもそも何をどのような配分で作ったらガラムマサラになると言う明確な決まりはありませんからこれ以外にも複数のスパイスを使って作られることが殆ど。 上記しましたように基本のスパイスであるシナモン・クローブ・ナツメグの3つの他にも胡椒は大体使われますし、カルダモン・クミン・ローリエなどを加えたり、ナツメグをメースに替えることもあるなど厳密なレシピはありませんから、同じ人が作る場合でも作る量や手に入った材料の具合でつねに配合が同じとは限らないと言う特徴を持ちます。 もちろん普通に市販されているものは大量生産の品質が一定であり、買うたびに味や香りが違うなんてことはありませんし、配合率が違うと言うこともありませんが、専門店などで購入する方はこうした違いがあることも覚えておいてください。 そしてその多種多様なスパイスを使い作るため複数の効果効能があると言うのも特徴の一つで、もちろん薬ではないですし、大量にひとつのものを摂取すると言うわけではないですから副作用や、デメリットも少ないと言うのも良い所。 また本来のガラムマサラは香りが命であるため出来立てを使うのがベストとは言え、乾燥させたスパイス以外には利用しないので、瓶などで密閉しておけば1カ月程度は使用できるのもガラムマサラの魅力。 ガラムマサラとはこんなスパイスなのです。 では続いて具体的にどんな効果効能があるかをご紹介します。 【スポンサーリンク】 ガラムマサラの効果効能 ここではガラムマサラに主に使われる主なスパイスの持つ効果効能をご紹介させていただきます。 シナモンの特徴• 血糖値を下げる効能• 高い抗菌作用• 体温上昇効果• 毛細血管が丈夫になり、シミやシワなどの老化を防止 クローブの特徴• 強い鎮痛効果と抗菌効果• 消化器官の不調を改善する• 体温上昇効果• 抗酸化作用に優れ、老化を防止し動脈硬化を防ぐ ナツメグの特徴• 鎮痛作用• 体温上昇効果• 消臭効果• 消化器官の不調を改善する カルダモンの特徴• 消化器官の不調を改善する• 口臭防止効果• 発汗作用 これがガラムマサラの基本のスパイスとなるものが持つ効果効能です。 他にも主に使われるスパイスですと胡椒が代謝機能の向上、クミンには消化器官の不調改善効果、ローリエには高血圧・高コレステロール・冷え症への効果で有名です。 念のための注意ですが、かなり辛い刺激のあるスパイスを使っていると言うことだけでなく、妊娠中の方に胎児に影響を与えやすいとされているスパイスが多いため妊娠中の方は少し控えるようにしたほうが懸命であることも覚えておいてください。 こんなに沢山の効果を持つガラムマサラですが、代用品にカレー粉ではダメなのか?と言うことを考える人も多いと思いますので次はそれについてご説明します。 ガラムマサラの代用品にカレーとは大丈夫なのか? まずカレー粉とガラムマサラの違いについて簡単にご説明します ガラムマサラとカレー粉の違い• ガラムマサラはインドの合成スパイス、カレー粉はイギリスの合成スパイス• ガラムマサラは香り付けが主な利用法、カレー粉は「カレー味」を作るためのもの• ガラムマサラには「ターメリック」を使用しない、カレー粉には欠かせない 以上のような違いがガラムマサラとカレー粉にはありまして、そのために ガラムマサラはカレー粉で代用できるのかと言いますと「効果効能を考えればカレー粉で代用できる」、「料理への味や見た目、香りなどの影響を考えると出来ない」と言うことが言えます。 インドで主に使われるスパイスですからガラムマサラは数種類から10種類ぐらいのスパイスを合わせて作るのに対し、それに加えて西洋ハーブも合わせて作られるカレー粉は大体20~30種類までのスパイスを使いますから効果効能では上位相関であるとは言えます。 しかしカレー粉は隠し味のつもりや下拵えで使えば色も香りもほぼカレー以外の何物でもないものになる欠点はあります。 それに対してガラムマサラはそれ単体ではカレーと断定できるほどの香りはつきませんし、色もターメリックを使っていないために黄色くなったりしません。 基本仕上がった料理にかけて使うものですし、肉や魚の下拵えや隠し味に使えばその後の料理でつける味や香りを優先させることが出来るぐらいに押さえられます。 以上のことを踏まえてカレー粉でのガラムマサラの代用を検討してみてください。 ガラムマサラまとめ ガラムマサラについて書かせていただきましたが最後にまとめを書かせていただきます。 ガラムマサラまとめ• 沢山のスパイスをあわせた合成スパイスで比較的長持ちする• 作るのに使ったスパイスごとの効果効能が少しずつ得られる• 効果効能を考えればカレー粉で代用できる、料理への味や見た目、香りなどの影響を考えると出来ない また結論としてそこまで高いものでもなく、意外と広い用途に使えるために買っておいておくのも一つの手だと思いますので検討してみてください。

次の

定番スパイス!ガラムマサラのダイエット効果をご紹介!

ガラムマサラ 効果

ガラムマサラとは? ガラムマサラとは主に インドで使用されている ミックススパイスです。 基本的には、シナモン、ナツメグ、グローブを ミックスして作られています。 その他にもカルダモン、胡椒、クミン、ベイリーフなどが加えられていたり、ナツメグの代わりにメースを使用していたりと厳密に 決まったレシピはありません。 主に 料理の仕上げなどで用いられ、 香り付けの用途として使用されています。 種や樹皮などを 乾煎りし、 粉末状にして作られています。 ガラムマサラはしばしば「 辛いスパイス」と訳されことがありますが、 ガラムはヒンドゥー語で 熱いという意味で辛いという意味はありません。 また、 マサラは様々な 香辛料を粉末にして混ぜ合わせたものという意味です。 つまりガラムマサラは「 熱い香辛料」という意味で、これは製造過程で乾煎りすることにより、スパイスが 温かくなることから言われています。 インドではそれぞれの家庭に それぞれの配合のガラムマサラがあり、つまり日本で言うところの「 母の味」に近い存在になっています。 インドの スパイスの歴史は非常に古く、脈々と継がれているのです。 インドは自国で 多種多様なスパイスを栽培できる環境にあります。 これがインドが 独自のスパイス文化を発展させていった大きな要因と言えるでしょう。 一方、ガラムマサラはどの年代から使用されていたのかはっきりとしたことは分かってはいません。 これはインドのスパイスの歴史の中で、 使用用途が枝分かれしていき、一般家庭の 家庭料理と結びついたため、文献としてあまり記されていないことが原因ではないかと考えられます。 いずれにしても、スパイスによって育まれるインドの歴史の中で、ガラムマサラは 家庭の中に根付き、今尚継承されているのです。 その結果、今日の 家庭ごとの味にたどり着いているのでしょう。 ガラムマサラの特徴 ガラムマサラにはこれという 決まったレシピはありません。 家庭ごとに それぞれの配合が存在しています。 シナモン、クミン、胡椒、クローブ、ナツメグなどが多く使用され、その配合するスパイスは 数種類から数十種類程度を ブレンドして作られています。 ミックスするスパイスを全て ホールのまま乾煎りし、香りが出てきたところでブレンダーやすり鉢などで 粉状にします。 この工程が、 香り高いガラムマサラを作るため重要なのです。 本来は料理の度に作ると常に香りの良いガラムマサラを楽しめますが、 密閉した瓶などで保存すれば 1ヶ月は使用できます。 しかし、どんどん 香りが弱くなってしまうのでなるべく早く使い切りましょう。 味は入れるスパイスにもよるので一概には言えませんが、 チリペッパーを入れて 辛味を足しているガラムマサラもあります。 また、カレー粉と違い ターメリックを入れないので、カレー粉のよう色にはなりません。 風味も入れるスパイスに応じて変わってきます。 料理は味と香りで決まると言われるほど、 香りの役割は非常に重要です。 だからこそ、インドでは家庭ごとにそれぞれ 好みのガラムマサラがあるのでしょう。 効果・効能 ガラムマサラは作り手や家庭ごとに様々な レシピが存在します。 このスパイスは絶対に入れなくてはならない、というものさえ 存在しません。 各々が、 好みに合わせて様々なスパイスを 組み合わせて作っているのです。 使用するスパイスが異なれば、それに伴い 効果も変わっていきます。 ここでは 日本で販売されているガラムマサラに使用されていることが多い、いくつかのスパイスの 効能を見ていきましょう。 シナモンの効果 シナモンは 生活習慣病予防に効果があると言われています。 また、 毛細血管を修復してくれる働きがあり、この働きによって様々な効果をもたらしてくれます。 毛細血管の修復により、 末端の血流が良くなれば 冷えの改善に繋がります。 また、 頭部の血管が修復されることにより、 薄毛の改善、予防にも効果があります。 また、シナモンの香りには 脳の活動をアップさせてくれる効果もあります。 これにより、 記憶力のアップや集中力のアップなどの効果があります。 加えて高い 抗酸化作用もあるので、 アンチエイジングの強い味方でもあります。 クローブの効果 バニラに似た甘い香りに強い スパイシーさが特徴のクローブは、高い 抗菌作用と 鎮痛効果を持っています。 実際に 歯科で局所麻酔などに使用されることもある程なので、その効果の高さは 実証済みと言えるでしょう。 また、クローブに含まれている オイゲノールは抗酸化作用に優れ、 老化の防止や 動脈硬化予防にも高い効果を発揮してくれます。 このオイゲノールは 消化促進効果があるので、 整腸作用や 体を温める効果も期待できます。 更にクローブにはメンタルを整えてくれる効果もあります。 気分が沈んでいる時は意欲を高める効果を、イライラしたり興奮している時は気分を落ち着かせる効果があります。 さらに記憶力を高めてくれる効果もあり、非常に幅広い効果を持っているスパイスだと言えるでしょう。 ナツメグの効果 独特の香りと風味が 肉の臭み消しに重宝され、肉料理に使用されることが多いのがナツメグです。 そんなナツメグには有機化合物である ピネンが含まれています。 ピネンは 胃腸薬の成分としても使用されているもので、 胃の働きを正常にしてくれる効果があります。 ピネンは、 発汗作用があり、体を温める効果も高いのですが、 解熱効果もあるので、風邪をひいた時にも適しています。 また、ナツメグには 銅が含まれており、これは 髪の黒い色素の元になる成分です。 銅が不足すると健康的な黒い髪が生えてこなくなり、 白髪の元になります。 ナツメグで銅を補うことで 白髪の予防にも効果を発揮してくれるのです。 加えてこの銅は 増血にも効果があります。 貧血気味の人は鉄分だけではなく、銅も意識して摂取するようにしましょう。 ナツメグには マグネシウムも含まれています。 マグネシウムには 筋肉の収縮をスムーズにする効果があるので、 こりや筋肉の 引き攣りを解してくれる効果が期待できます。 これだけではなく、 口臭予防や 腹痛や胃痛の緩和などにも効果があり、ナツメグの万能さがよく分かります。 コリアンダーの効果 コリアンダーには ビタミンC、 Eの他、 カルシウムや 鉄などの様々な栄養素が含まれています。 その全てが 美肌作りには無くてはならない栄養素であるため、コリアンダーは女性にとって 非常に嬉しい効果をもたらすハーブであると言えるでしょう。 嬉しい効果はこれだけではありません。 コリアンダーには高い デトックス効果があり、体内に溜まっている 重金属の排出に一役買ってくれる他、 駆風作用により 腸内のガスの排出にも高い効果を発揮してくれます。 さらに 鎮痛作用にも優れており、辛い 偏頭痛の緩和にも効果的です。 ガラムマサラの相乗効果 ガラムマサラに含まれているスパイスはいずれも高い効果をもたらしてくれるものですが、 複合スパイスであるガラムマサラはこれらを 一気に摂取できる理にかなった手法です。 複合スパイスでスパイスやハーブを摂取する方法は、スパイスそれぞれを単独で摂取するよりも 効果を得やすくなります。 加えて、香り高さを重視して作られるガラムマサラには 食欲増進の効果があります。 夏場の食用が減退する時期にスパイスのものを食べるように推奨されるのはまさに この効果によるものなのです。 また、ガラムマサラを使用し、料理に強い 風味を付けることは 薄味でも充分に満足ができるというメリットがあり、これにより 減塩の効果も期待できるのです。 ダイエットや 生活習慣病の予防などにスパイスを取り入れていくのは非常に効果的だと言えるでしょう。 ガラムマサラの美味しい食べ方・使い方 ガラムマサラは 香り付けのスパイスなので、どのような料理にも 比較的取り入れやすいのも大きな特徴です。 カレーの仕上げにガラムマサラを足して 香りをプラスする使い方が広く知られていますが、折角 効果の高いガラムマサラなので、日常的に使用していきましょう。 例えば豚こま肉と冷蔵庫の残り物野菜を炒め、塩コショウとガラムマサラで味付けするだけで エスニックな炒め物に変わります。 また、ガラムマサラは意外にも 醤油とも合うのでいつものきんぴらを作るときに醤油の量を減らし、ガラムマサラを加えることで 減塩にもなります。 ブロッコリーとカシューナッツの炒め物など、本場のエスニック料理に近いものを作りたい場合は、 ナンプラーとガラムマサラで味を付けると非常に 本格的な味になります。 エスニックな炒め物をする時は、中華料理のように強火でさっと炒めるのではなく、水を加えて 蒸し焼きにして作ると一層 本場の味に近くなるのでおすすめです。 そんな時に役に立つのが 市販のガラムマサラ。 ここでは市販されているがガラムマサラの中からより おすすめのものを厳選して紹介したいと思います。 クミンやコリアンダーを配合し、やや カレー粉に近く仕上げつつも、シナモン、クローブ、ナツメグを配合し、オールスパイスの香りを際立たせています。 日本の家庭のカレーに1番マッチしやすいガラムマサラであると言えます。 唐辛子を加えて辛みの強いスパイスになっています。 唐辛子を配合しているガラムマサラの中でも 辛みが強く感じられるガラムマサラです。 カレーの仕上げにはもちろん、揚げ物にひと振りするだけでコンビニのホットスナックのようなスパイシーな揚げ物になります。 しかも ソースタイプの非常に珍しい形状です。 このガラムマサラソースをかけるだけで いつものカレーが本場の味に近いものになります。 また、炒め物にガラムマサラを使用する際、多量に入れると 粉っぽい仕上がりになってしまいますが、このガラムマサラはソースなのでたっぷり使用しても 仕上がりを損ねません。

次の

ガラムマサラの効果や使い方♪おすすめは?

ガラムマサラ 効果

Topics• ガラムマサラとは何か? まずはガラムマサラとは何かをご説明させていただきます。 ガラムマサラとは実はもともと辛味よりも香りをつけることを目的に使われるスパイスであり、インドでは元はそれぞれの家庭で独自の配合で作られているようなものでした。 そんなガラムマサラは以下のような特徴があります。 ガラムマサラの特徴• 基本のスパイスは、シナモン・クローブ・ナツメグの3つ• 複数のスパイスを使うため複数の効果効能がある• 瓶などで密閉しておけば1カ月程度は使える ざっとこんな感じです。 今回「基本の」と記載しましたようにガラムマサラとは合成スパイスであり、そもそも何をどのような配分で作ったらガラムマサラになると言う明確な決まりはありませんからこれ以外にも複数のスパイスを使って作られることが殆ど。 上記しましたように基本のスパイスであるシナモン・クローブ・ナツメグの3つの他にも胡椒は大体使われますし、カルダモン・クミン・ローリエなどを加えたり、ナツメグをメースに替えることもあるなど厳密なレシピはありませんから、同じ人が作る場合でも作る量や手に入った材料の具合でつねに配合が同じとは限らないと言う特徴を持ちます。 もちろん普通に市販されているものは大量生産の品質が一定であり、買うたびに味や香りが違うなんてことはありませんし、配合率が違うと言うこともありませんが、専門店などで購入する方はこうした違いがあることも覚えておいてください。 そしてその多種多様なスパイスを使い作るため複数の効果効能があると言うのも特徴の一つで、もちろん薬ではないですし、大量にひとつのものを摂取すると言うわけではないですから副作用や、デメリットも少ないと言うのも良い所。 また本来のガラムマサラは香りが命であるため出来立てを使うのがベストとは言え、乾燥させたスパイス以外には利用しないので、瓶などで密閉しておけば1カ月程度は使用できるのもガラムマサラの魅力。 ガラムマサラとはこんなスパイスなのです。 では続いて具体的にどんな効果効能があるかをご紹介します。 【スポンサーリンク】 ガラムマサラの効果効能 ここではガラムマサラに主に使われる主なスパイスの持つ効果効能をご紹介させていただきます。 シナモンの特徴• 血糖値を下げる効能• 高い抗菌作用• 体温上昇効果• 毛細血管が丈夫になり、シミやシワなどの老化を防止 クローブの特徴• 強い鎮痛効果と抗菌効果• 消化器官の不調を改善する• 体温上昇効果• 抗酸化作用に優れ、老化を防止し動脈硬化を防ぐ ナツメグの特徴• 鎮痛作用• 体温上昇効果• 消臭効果• 消化器官の不調を改善する カルダモンの特徴• 消化器官の不調を改善する• 口臭防止効果• 発汗作用 これがガラムマサラの基本のスパイスとなるものが持つ効果効能です。 他にも主に使われるスパイスですと胡椒が代謝機能の向上、クミンには消化器官の不調改善効果、ローリエには高血圧・高コレステロール・冷え症への効果で有名です。 念のための注意ですが、かなり辛い刺激のあるスパイスを使っていると言うことだけでなく、妊娠中の方に胎児に影響を与えやすいとされているスパイスが多いため妊娠中の方は少し控えるようにしたほうが懸命であることも覚えておいてください。 こんなに沢山の効果を持つガラムマサラですが、代用品にカレー粉ではダメなのか?と言うことを考える人も多いと思いますので次はそれについてご説明します。 ガラムマサラの代用品にカレーとは大丈夫なのか? まずカレー粉とガラムマサラの違いについて簡単にご説明します ガラムマサラとカレー粉の違い• ガラムマサラはインドの合成スパイス、カレー粉はイギリスの合成スパイス• ガラムマサラは香り付けが主な利用法、カレー粉は「カレー味」を作るためのもの• ガラムマサラには「ターメリック」を使用しない、カレー粉には欠かせない 以上のような違いがガラムマサラとカレー粉にはありまして、そのために ガラムマサラはカレー粉で代用できるのかと言いますと「効果効能を考えればカレー粉で代用できる」、「料理への味や見た目、香りなどの影響を考えると出来ない」と言うことが言えます。 インドで主に使われるスパイスですからガラムマサラは数種類から10種類ぐらいのスパイスを合わせて作るのに対し、それに加えて西洋ハーブも合わせて作られるカレー粉は大体20~30種類までのスパイスを使いますから効果効能では上位相関であるとは言えます。 しかしカレー粉は隠し味のつもりや下拵えで使えば色も香りもほぼカレー以外の何物でもないものになる欠点はあります。 それに対してガラムマサラはそれ単体ではカレーと断定できるほどの香りはつきませんし、色もターメリックを使っていないために黄色くなったりしません。 基本仕上がった料理にかけて使うものですし、肉や魚の下拵えや隠し味に使えばその後の料理でつける味や香りを優先させることが出来るぐらいに押さえられます。 以上のことを踏まえてカレー粉でのガラムマサラの代用を検討してみてください。 ガラムマサラまとめ ガラムマサラについて書かせていただきましたが最後にまとめを書かせていただきます。 ガラムマサラまとめ• 沢山のスパイスをあわせた合成スパイスで比較的長持ちする• 作るのに使ったスパイスごとの効果効能が少しずつ得られる• 効果効能を考えればカレー粉で代用できる、料理への味や見た目、香りなどの影響を考えると出来ない また結論としてそこまで高いものでもなく、意外と広い用途に使えるために買っておいておくのも一つの手だと思いますので検討してみてください。

次の