木戸愛。 木戸 愛 プロフィール詳細|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会

木戸愛

木戸愛

記録 DATA RANK メルセデス・ランキング 0. 5000 83 年間トップ10回数 -- -- 記録 DATA RANK パーオン率 66. 6667 64 平均パット数(パーオンホール) 1. 8750 87 平均パット数(1ラウンド当たり) 31. 5000 105 パーセーブ率 77. 7778 102 平均バーディー数 2. 5000 56 ドライビングディスタンス -- -- フェアウェイキープ率 0. 0000 -- トータルドライビング -- -- ボールストライキング -- -- 記録 DATA RANK リカバリー率 50. 0000 105 サンドセーブ率 -- -- 3パット率 5. 5556 99 ダブルボギー率 0. 0000 1 パーブレーク率 13. 8889 57 バウンスバック率 0. 0000 -- イーグル数 -- -- バーディー数 5 77 60台のラウンド数 -- -- 記録 DATA RANK パー3平均スコア 3. 1250 70 パー4平均スコア 4. 0000 42 パー5平均スコア 5. 2500 114 予選ラウンド平均ストローク 73. 5000 83 決勝ラウンド平均ストローク -- -- 1stラウンド平均ストローク 71. 0000 39 2ndラウンド平均ストローク 76. 2020. 25 濱田茉優 -6:1位タイ 「11番はフェアウェイキープができたので大きなミスにならなかった。 そしてバーディーが獲る事ができたので、流れが良くなった。 ショ…• 2020. 2019. フェービー…• 2019. 2019. 3 不振のシーズンがうそのよう。 木戸愛が7バーディー、1ボギー、66をマークした。 パー5の11番では、あわやアルバトロス達成のスーパーショットを披露。 残り224ヤ… 写真.

次の

【女子プロゴルファー クラブセッティング】木戸愛 プロ

木戸愛

記録 DATA RANK メルセデス・ランキング 0. 5000 83 年間トップ10回数 -- -- 記録 DATA RANK パーオン率 66. 6667 64 平均パット数(パーオンホール) 1. 8750 87 平均パット数(1ラウンド当たり) 31. 5000 105 パーセーブ率 77. 7778 102 平均バーディー数 2. 5000 56 ドライビングディスタンス -- -- フェアウェイキープ率 0. 0000 -- トータルドライビング -- -- ボールストライキング -- -- 記録 DATA RANK リカバリー率 50. 0000 105 サンドセーブ率 -- -- 3パット率 5. 5556 99 ダブルボギー率 0. 0000 1 パーブレーク率 13. 8889 57 バウンスバック率 0. 0000 -- イーグル数 -- -- バーディー数 5 77 60台のラウンド数 -- -- 記録 DATA RANK パー3平均スコア 3. 1250 70 パー4平均スコア 4. 0000 42 パー5平均スコア 5. 2500 114 予選ラウンド平均ストローク 73. 5000 83 決勝ラウンド平均ストローク -- -- 1stラウンド平均ストローク 71. 0000 39 2ndラウンド平均ストローク 76. 2020. 25 濱田茉優 -6:1位タイ 「11番はフェアウェイキープができたので大きなミスにならなかった。 そしてバーディーが獲る事ができたので、流れが良くなった。 ショ…• 2020. 2019. フェービー…• 2019. 2019. 3 不振のシーズンがうそのよう。 木戸愛が7バーディー、1ボギー、66をマークした。 パー5の11番では、あわやアルバトロス達成のスーパーショットを披露。 残り224ヤ… 写真.

次の

木戸愛プロフィール

木戸愛

172センチのスラッとしたモデルのようなスタイルで、ゴルフファンを魅了している木戸愛。 2011年に初シードを獲得すると、翌年の「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」でツアー初優勝。 昨年はシード落ちしたが、12月のファイナルQTでは3位と実力を見せ、出場権を手に入れた。 シード復活と8年ぶりのツアー2勝目を狙う木戸のクラブセッティングを見てみよう。 ドライバーは『ミズノプロMODEL-E』を使用。 ミズノとクラブ契約をしている多くの選手が最新モデルの『STシリーズ』を切り替えるなか、木戸がチェンジしなかったのはなぜ? ミズノのクラフトマン、笠原一成氏は「木戸プロはドライバーの打感というか、ボールの食いつき方にこだわりがあります。 『ST200』と『ST200X』は『ミズノプロ』に比べ少し弾きが良い。 だからちょっと右に行く感じがするのだと思います。 木戸プロはフェードヒッターですから、ボールがフェースに食いついてつかまる感覚が欲しいのでしょう」と説明してくれた。 これは18年にミズノとクラブ契約をしてから変更していない。 「毎年いろいろなモデルはテストしてもらっています。 木戸プロはコンパクトでやさしめなヘッドが好きなので、初めに『518』を選んでから替わっていませんね。 今年は状況的に十分なテストができていませんでした。 使い慣れたクラブでしばらくいくのではないかと思います」と笠原氏。 実際、「アース・モンダミンカップ」では、渡邉彩香や鈴木愛など、昨年からクラブをあまり替えていない選手が活躍した。 十分な練習や実戦ができない状況で、クラブを替えることは不安も大きい。 もう少し試合をこなしてから替わることは十分あるだろう。 写真で48度と表記されているウェッジは、ロフトを寝かせて50度にしている。 「木戸プロはグースの入り方にもこだわりを持っているので、その調整もあって表示ロフトとリアルロフトが違うことがあります。 また、今使っているウェッジだけでなく、52度、56度と様々なロフトバリエーションを試しています。 最終的なロフトの選択は木戸プロがしますが、距離の流れを大切にして選んでいるようです。 コースの状況によって入れ替えることもありますよ」(笠原氏)。 『ミズノプロS18』と言えば、44度から60度まで1度刻みでロフトが用意されているモデル。 それなのに、ロフトを立てたり、寝かしたりしながら、木戸の顔の好みに細かく合わせていくのはミズノならではだろう。 12年に初優勝してから幾度となくチャンスがありながら、2勝目には手が届いていない。 昨年は予選落ちが多く、ベスト10に入ったのは2度だけ。 「思い切りが足りなかったと」9年ぶりにシード落ちを経験した。 【木戸愛のクラブセッティングと番手別飛距離】 1W:Mizuno Pro MODEL-E 9. 5度 Diamana DF50 (S) 240y 3W:Mizuno Pro PROTOTYPE 15度 Diamana DF50 (S) 210y 3U:TW737 19度 VIZARD IN65 190y 4U:TW737 22度 VIZARD IN65 180y 5U:TW737 25度 VIZARD IN65 170y 6I:Mizuno Pro 518 N. PRO 850GH(S) 160y 7I:Mizuno Pro 518 N. PRO 850GH(S) 150y 8I:Mizuno Pro 518 N. PRO 850GH(S) 140y 9I:Mizuno Pro 518 N. PRO 850GH(S) 130y PW:Mizuno Pro 518 N. PRO 850GH(S) 120y 50度:Mizuno Pro S18 N. PRO 950GH (S) 105y 54度:Mizuno Pro S18 N. PRO 950GH (S) 90y 60度:Mizuno Pro S18 N. PRO 950GH (S) 75y PT:Scotty Cameron PROTOTYPE.

次の