カマンベールチーズ。 カマンベールチーズの魅力や食べ方を徹底解説

カマンベール

カマンベールチーズ

チーズの種類 白カビタイプ 原料乳 牛乳 代表的な名称 カマンベール、カマンヴェール、カマンベールチーズ 見た目の特徴 表皮が白カビで覆われている。 味の特徴 クリーミーでやさしい味わい。 熟成すると、濃厚な味わいに変化。 風味 香りは控えめで、穏やかな風味。 カマンベールとは 表皮が白カビに覆われ、中がやわらかい小型のチーズです。 内部はクリーム色で、熟成が進んだものはトロリとしています。 大変やわらかいので、本来は丸い木箱に詰めて型崩れを防ぎます。 カマンベールは、トロリとした濃厚な味わいです。 上品でクリーミーな味なので、誰にでも食べやすく人気が高いチーズです。 古来の熟成させるタイプのものは時が経つにつれ白カビのたんぱく分解によって風味が強まり、生地もトロリとなめらかになっていきます。 一方、「ロングライフタイプ」のものは、白カビによる熟成が適度な状態で包装し容器に密閉、高い温度で加熱殺菌。 これにより、乳酸菌やカビなどの働きを止め、組織や風味の変化を抑えてあるので日にちが経っても熟成度が変わらず品質が安定しています。 カマンベールの製法と産地について 製法は、一般的な「白カビタイプ」の製法で作られています。 もともとはフランスのの流れを汲むチーズで、フランス北部ノルマンディ地方のオージュ渓谷南のカマンベール村で、製法が確立されたことに始まります。 ブリー地方出身の農婦マリー・アレルが1791年に最初に作ったと言われ、カマンベール村近郊ヴィムーチェという町に彼女の石像が建っています。 1850年のパリとオージュ地方を結ぶ鉄道の開通で、広く流通されるきっかけとなり、アレル家の人が、ナポレオン3世の元へ届けて一躍有名になりました。 さらに、リデルという技師が、1880年に輸送に便利な木製の箱を考案したことにより、フランス全土、果ては世界中に広めることに貢献しました。 現在では世界各国で作られています。 カマンベールの中でも、乳牛ノルマンド種を使用し、数々の厳しい規定や条件をクリアし、1983年にに認定された「カマンベール・ド・ノルマンディ(Camembert de Normandie)」というチーズがあります。 おすすめのマガジン• あ行のチーズ• か行のチーズ• さ行のチーズ• た行のチーズ• な行のチーズ• は行のチーズ• ま行のチーズ• ら行のチーズ•

次の

カマンベールと認知症|株式会社 明治

カマンベールチーズ

カマンベールチーズとは? カマンベールチーズとは、軟質チーズの表面に白カビを生やして熟成させたチーズであり、小型で中が柔らかいのが特徴です。 カマンベールチーズは「 チーズの女王」とも称されており、コクとうまみが特徴で、熟成が進むほど内部がトロリと柔らかくなります。 カマンベールチーズはクセが少なく、上品でクリーミーな味わいですので、 老若男女を問わず高い人気を誇るチーズです。 柔らかさも特徴ですので、硬質なケースに入れて型崩れを防いでいます。 また、カマンベールチーズには大きく分けて2つの種類があります。 1つは、 伝統的な製法のカマンベールチーズです。 このタイプは熟成させるタイプであり、時間の経過につれてタンパク質が白カビによって分解され、トロリと柔らかく風味が増すのが特徴です。 もう1つの種類が、「 ロングライフタイプ」と呼ばれるカマンベールチーズです。 包装して容器に密閉する際に加熱殺菌することによって、カビや乳酸菌による熟成を止めるタイプです。 品質が安定するのが特徴であり、日がたっても熟成度が変わらないので風味の変化も少ないカマンベールチーズです。 そんなカマンベールチーズの気になる カロリーや栄養素を以下にまとめましたので、参考にしてみて下さい。 カマンベールチーズ100gあたりの栄養素 カロリー 310kcal たんぱく質 19. 1g 炭水化物(糖質 0. 9g 脂質 24. 7g コレステロール 87mg 食塩相当量 2g カルシウム 460mg ビタミンB2 0. それゆえ、その風味を活かしてそのまま食べられることが最も多いと思います。 しかし、それ以外にも カマンベールチーズの美味しい食べ方がありますので、いくつかご紹介します。 特に調理が要らないカマンベールチーズの美味しい食べ方としては、 クラッカーやフルーツと一緒に食べることです。 簡単で美味しい食べ方ですので、おすすめのカマンベールチーズの食べ方です。 また、居酒屋では定番のメニューである「 カマンベールフライ」もおすすめです。 トロリと溶けるカマンベールチーズと表面のカリカリが魅力であり、お酒のおつまみとして高い人気を誇ります。 電子レンジなどでカマンベールチーズを温めて溶かせば、「 カマンベールチーズフォンデュ」が出来ます。 こちらもお手軽で美味しいのでおすすめです。 カマンベールチーズの賞味期限 大手チーズメーカーの多くは、「賞味期限の順守」「開封後は1週間以内に食べきる」ことを推奨していますが、カマンベールチーズを初めとするナチュラルチーズの場合は 必ずしもそうとは限りません。 ナチュラルチーズは食品ですので、賞味期限の記載が義務付けられています。 しかし、ナチュラルチーズには乳酸機や発酵菌などの多くの菌が生きた状態で存在しており、日を追うごとに熟成しています。 それゆえ、 賞味期限はナチュラルチーズにとっては目安にすぎません。 ナチュラルチーズはフルーツの様に、温度や湿度などの保存環境によって状態が大きく異なります。 ですので、カマンベールチーズ等のナチュラルチーズは、記載されている 賞味期限後でも美味しく食べられることが多いです。 しかし、前述した通りナチュラルチーズは日々熟成が進んでいますので、賞味期限に関わらず、 一口味見をしてから食べられるか判断することをおすすめします。 見た目からは分からないことが多く、もったいないですよ。 カマンベールチーズの保存方法 カマンベールチーズ等の白カビのチーズは、「 乾燥」が大敵です。 ですので、カマンベールチーズの保存の基本は「乾燥対策」となります。 具体的には切り口をラップに包んでジップロック等の密閉できるビニール袋に入れます。 そして冷蔵庫の出来れば野菜室に入れて保存するのがおすすめです。 乾燥だけではなく、カマンベールチーズは 冷蔵庫の臭いも吸収しますので、密閉して保存は、カマンベールチーズ保存の基本です。 カマンベールチーズは冷蔵庫の中でも熟成は進みますので、食べごろにはご注意ください。 おすすめのカマンベールチーズTOP3 癖のない風味と、クリーミーでコクのある味わいで老若男女を問わず高い人気を誇るカマンベールチーズ。 そんなカマンベールチーズの中でも、特に 人気の高いおすすめのカマンベールチーズをご紹介しますので、カマンベールチーズ選びの参考にしてみて下さい。 第1位:カマンベール・ド・ノルマンディ カマンベールチーズは世界中で作られていますが、元祖カマンベールチーズの「 カマンベール・ド・ノルマンディ」と名乗れるカマンベールチーズはEUの厳格な規格によって定められています。 一般的なカマンベールチーズとは一線を画す豊かな風味と味わいが特徴であり、ぜひ1度は食べてもらいたいカマンベールチーズです。 ワインのつまみには最高のカマンベールチーズです。 第2位:カマンベール・ロワレ 日本発のカマンベールチーズ工房と言われる「北海道クレイル」のカマンベールチーズもおすすめです。 伝統的な製法で作られたカマンベールチーズであり、 時間と共に熟成していく柔らかなカマンベールチーズです。 豊かな風味と深いコクが魅力の、日本産のカマンベールチーズでは特におすすめのカマンベールチーズです。 第3位:常温缶カマンベール フランス産のカマンベールチーズを缶詰にし、保存性を高めたカマンベールチーズです。 常温での保存が可能であり、いつでもどこでも美味しいカマンベールチーズを味わえます。 非常食としても優秀であり、ストックしておいて欲しいカマンベールチーズです。

次の

カマンベールチーズの効能がスゴイ!認知症予防の効果や食べ方・レシピ!外側の白カビは食べる? | フードラボ

カマンベールチーズ

チーズ工房角谷から こだわりのカマンベールチーズをみなさまへ 日本人の味覚に合うように工夫をこらし、クリーミーでとろける舌触りとコクのある味わいのカマンベールチーズです。 ちょうどよく熟成したチーズを、缶に入れ加熱することで、品質保持期間を長くしたものです。 いつでも食べごろの状態になっています。 「チーズ」に関わって30数年、そして自分の工房を開いて9年。 今が1番真剣にチーズを造っているように思います。 そんな私には3つの「こだわり」があります。 1 仕事の基本は『初心を忘れない』 「美味しいと言ってもらえるチーズを造りたい。 」…… この気持ちをいつも新 鮮に持ち続けています。 2 チーズ造りの基本は『食品として安全である事』 手洗いから始まる衛生管理を従業員皆様で 心掛けています。 3 品質の基本は『水分管理』 水分のバラツキは品質のバラツキに。 だから水分値の管理を徹底しています。

次の