藤原麻知。 藤原麻呂(ふじわらのまろ)とは

million-koshien.kayac.com: 東野圭吾「片想い」: 中谷美紀, 桐谷健太, 国仲涼子, 大谷亮平, 和田正人, 中村アン, 高月彩良, 眞島秀和, 赤堀雅秋, 酒井美紀, 丘みつ子, 田中要次, 秋吉久美子, 鈴木浩介, 田中泯, 橋爪功, 永田琴, 吉田紀子, 藤原麻知, 井上衛, 黒沢淳, 雫石瑞穂: generic

藤原麻知

経歴 [ ] 元年()・に叙任されて官途に就く。 大宝2年()に任官するが、病を得て翌大宝3年()中判事を辞任する。 1年ほど養生したの後、大宝4年(704年)大学助に任ぜられるが、当時に伴って人心慌ただしく、学生は四散するなどが衰微していた。 そこで、武智麻呂は大学頭・とともに碩学を招いてとを講説させたところ、遠近の学者が集まり再び大学寮は充実したという。 また2年()2月ののために、年功を積んだ儒者であった刀利康嗣に後世の模範となる釈奠文を作成させたという。 なお、この釈奠文は日本に現存する最古の物である。 かつて病気のために1年ほど官界を離れていたこともあって、同年12月に1歳年下の弟・と同時ににする。 翌慶雲3年()大学頭に昇任するが、学生に『』『』『』『』を学ばせて訓導するなど、引き続き大学寮の発展に務めた。 元年()兼に遷ると、壬申の乱以来散逸していた図書寮の書籍について、民間に協力を求めて採集し充実を図ったという。 4年()に再び房前と同時に従五位上に叙せられ、和銅5年()に任ぜられ地方官に遷る。 近江守在職中の2年()が所有する田園の利益を占有するために、多くの土地を分け取る一方で造営を行わず、虚偽のの名簿を提出している状態であるため、これを正し綱紀を引き締めるべき旨をした。 この奏上は許されると共に、この奏上を受けて、妄りに建立された寺院の整理・統合を進めることや、による寺院所有田地の私物化禁止などの寺院政策が行われている。 その後は武智麻呂がの上では先に昇進し、和銅8年()に武智麻呂が従四位上、房前は従四位下に、養老3年()には武智麻呂は、房前は従四位上にそれぞれ同時に昇進している。 しかし、この間の3年()房前が参議に任ぜられ、武智麻呂に先んじてとなっており、のを兄の武智麻呂ではなく房前とする学説が出されたこともある。 しかし、養老4年()8月に父の右大臣・藤原不比等がすると、翌養老5年()正月に武智麻呂・房前兄弟はに昇進した上で、武智麻呂は参議を経ずにに任官する。 武智麻呂はの席次でも房前の上位となり、一躍一族の中心的存在となる。 一方で、同年10月にはが死の床で、右大臣・とともに一介の参議であった房前を召し入れて後事を託し 、さらに房前を祖父・以来の内臣に任じて、内外の政務を担当してを補佐するように命じる。 この状況から、藤原氏主導の政権運営を志向する武智麻呂と、長屋王と連携しながら内臣として内廷で政治力を発揮しつつを維持しようとした房前との政治路線の違いがあったともされる。 元年()の即位に伴い、房前と同時にに昇叙される。 元年()左大臣・長屋王が謀反の疑いを受けて、と所生の諸王らとともにさせられる。 このは、2月10日に謀反の密告を受けると直ちにらにの兵士数百人を引率させて長屋王邸を包囲させ、翌11日に武智麻呂は皇親勢力の大物であった・両親王、・らを担ぎ出して長屋王邸に赴いて糾問を行い、12日には長屋王と妻子を自害させ早くも変を終結させるという、用意周到な計画の元に非常に速やかに実行された。 この変の首謀者については、• が協力して主導した。 武智麻呂が主導し房前以下の兄弟3人が役割を分担した。 武智麻呂が主導し宇合・麻呂兄弟が協力して房前は埒外に置かれていた。 の諸説がある。 いずれにしても、武智麻呂は長屋王に対する糾問に参画するなど変で中心的な役割を果たすとともに、変後に行われた任官でも大納言に昇進し、昇進面で房前を大きく引き離して藤原氏のとしての立場を明確にした。 天平3年()7月に大納言・の薨去により実質的に太政官の首班となり、同年8月には弟の宇合・を参議に昇進させて議政官に加えてを確立させた。 天平6年()には・に至る。 天平9年()7月25日に当時流行していたにより。 臨終の床にて・のを授けられる。 天平年間に発生したにより、武智麻呂以下藤原四兄弟はいずれも倒れ、藤原氏の勢力は一時衰えた。 4年()になってを追贈されている。 弟の房前に比べると政治的活動は乏しいと言われているが、だった時代に制度の設立に尽くすなど、文教行政面での活躍は特筆すべきものがある。 武智麻呂自身も深い教養の持ち主であり、聖武天皇の皇太子時代には家庭教師役()に選ばれたこともあった。 武智麻呂の生涯を記したものとしては、『』に収められた「武智麻呂伝」があるが、同書は武智麻呂の顕彰を目的にしていることに注意を必要とする。 の裏山に墓所があり、これは『』の「後阿陀墓」に当たる(国のに指定)。 官歴 [ ] 注記のないものは『』による。 元年() 日付不詳:。 6月:• 大宝2年() 正月:• 大宝3年() 4月:辞中判事• 大宝4年() 3月:• 2年() 12月27日:• 慶雲3年() 7月:大学頭• 元年() 3月:兼• 和銅4年() 4月7日:従五位上• 和銅5年() 6月:• 時期不詳:• 和銅6年() 正月23日:• 和銅8年() 正月10日:従四位上• 2年() 10月:• 2年() 9月19日:式部卿• 養老3年() 正月13日:。 7月: (:)• 養老5年() 正月5日:、。 9月:。 12月8日:()• 元年() 2月4日:• 神亀3年() 日付不詳:兼• 神亀6年() 3月4日:• 3年() 9月27日:兼• 天平6年() 正月17日:、• 天平9年() 7月25日:、• 4年() 8月7日:贈 系譜 [ ] 『』による。 母: - の娘• :貞媛 - 阿倍貞吉または阿倍真虎の娘、の孫• :(704年 - 766年)• 次男:(706年 - 764年)• 妻:の娘• 三男:(? - 760年)• 妻:阿祢姫 - 小治田功麻呂の娘• 四男:(? - 764年)• 生母不詳の子女• 女子:南殿(? - 748年)() 脚注 [ ]• 木本[2013: 19]• 『続日本紀』霊亀2年5月15日条• 『続日本紀』養老5年10月13日条• 『続日本紀』養老5年10月24日条• 木本[2011: 4]• 野村忠夫『律令政治の諸様相』塙書房、1968年。 中川収「藤原四子体制とその構造上の特質」『日本歴史』320号、1975年• 辻克美「武智麻呂と房前」『奈良史学』3号、1985年• 瀧浪貞子「武智麻呂政権の成立」『古代文化』37巻10号、1985年• 木本[2013: 9]• 『公卿補任』 参考文献 [ ]• 「武智麻呂政権の成立」『古代文化』37巻10号• 辻克美「武智麻呂と房前」『奈良史学』3号• 中川収「藤原武智麻呂と藤原房前」『古代文化』45巻8号• 「藤原武智麻呂の東宮傅について」『日本私学教育研究所紀要』38号• 「藤原武智麻呂政権の成立」『奈良朝政治と皇位継承』、高科書店• 木本好信『藤原四子』、2013年• 木本好信「藤原麻呂の後半生について--長屋王の変以後の武智麻呂との関係を中心に-」『甲子園短期大学紀要』29、2011年 関連項目 [ ]•

次の

藤原武智麻呂

藤原麻知

スポーツライターの西脇哲朗 桐谷健太 は大学生時代に所属していたアメリカンフットボール部のマネジャー理沙子 国仲涼子 と結婚したが、夫婦仲はうまくいっていない。 ある日、哲朗は早田幸弘 大谷亮平 、須貝誠 和田正人 らチームメートと同窓会を開いた帰り、須貝と2人で忍び込んだ大学のグラウンドで部のマネジャーだった日浦美月 中谷美紀 に遭遇する。 美月の口からは「人を殺した」という衝撃の言葉が。 さらに哲朗宅で美月は、哲朗、須貝、理沙子に対し自分が性同一性障害だと告白。 男としてクラブでバーテンダーとして働く美月が、ホステスの佐伯香里 中村アン につきまとう客を人目のない所で殺したというのだ。 最初は絶句した哲朗らだが美月を守ろうと決意する。 そんな折、美月は失踪してしまう。 LGBTの人々がキーになるミステリーで、コロコロ展開が変わっていくので、 ハラハラドキドキしながら一気にみてしまいました。 みんなシリアスな役ばかりの中、和田正人さんがコミカル役で出ていて、ほっとできます笑 桐谷健太さんもコミカルな印象が強いですが、シリアスな役どころです。 中谷美紀さんが、男になった女の人を演じていますが、めっちゃかっこいいです。 あと関係ないけど、お家のインテリアがとてもおしゃれ〜〜 なんでフリー?のスポーツライターで暇そうなのにこんな素敵なお家に…きっと実家がお金持ちなんでしょう… 東野圭吾さん原作の『片想い』のWOWOWドラマ化。 恐らく東野圭吾さんの作品の中では、白夜行と一位・二位を争う傑作であり、ほぼ忠実に小説をドラマ化していますが、小説が一流なのに対し、ドラマは一流には成りえていない感想を持ちました。 この片想いという作品は元アメフト部のマネージャーでジェンダー問題に悩む美月と もう一人のマネージャーだった理沙子との夫婦問題に悩む元スタープレイヤーのQBこと哲郎 そして学生時代に美月と付き合ったことがあり、今は資産家の娘婿である中尾 の3つの家族の物語でもあり、 1.東野圭吾さんの離婚経験 2.時折みせる社会的なテーマへの挑戦というかそのテーマを深堀りした氏なりの読者へのメッセージ 3.ストーリーテラーとしての緻密な複線が絡み合う物語の上手さ 4.学生時代のアーチェリー部主将の経験 が見事に折り重ねられて生まれたドラマであり、 3つの家族のメンバはそれぞれに悩みを抱えながら、そして自分の信じた・選んだ道を進み やがてそれぞれある終点へと辿り着きます。 そこはまた各人の新たな人生の出発点でもあります。 小説のキャラクターのイメージを全く損なわなかったのは、個人的には美月(中谷美紀)と早田だけでした。 小説を読まれたことのない方がドラマを見た場合、いくぶん冗長に感じるかも知れませんが、美月役の中谷美紀さんの鬼気迫る演技の素晴らしさは感じられると思いますが、小説の深さに対して、役者の演技の深さが足らない印象が残りました。 小説では主人公の西脇哲郎がコンドームに穴を開けて妻の理沙子を妊娠させ、それに気づいた理沙子が無断で中絶して、二人の中が決定的に壊れるストーリーが抜けていた分、作品の深みが崩れ、ドラマとしての重厚感と説得感が減退していますが、見て損はないドラマだと思います。 原作を読んでないのが悪かったと言われればそれまでだが、謎解き主体のミステリーかと思って観始めたら大失敗。 ホラーでもないのになんでこうも重苦しく暗いのか。 見ていて疲れを感じるばかりでちっとも楽しめなかった。 感情移入できるところがほとんどなかったしストーリーもややこしく分かりづらい。 Amazon Primeだからと我慢して4話までは観たがそこまでで限界。 秀作の多いWOWOWのドラマとだからと期待した分残念感が大きい。 そりゃぁ私はトランスジェンダーのこともLGBTについても理解が深い人間とは言えないし身近にもいない。 はるか昔に所謂「モーホ系」の人から言い寄られたことが何度かあり、それは正直不愉快な経験だったのは確かでそれがトラウマになっているのかもしれない。 だが今はTVにあれだけ出まくる「おねぇ系」を中心とするLGBTの人々の「率直で筋の通った物言いで大方が愉快なの雰囲気」なところを好ましく思っている。 このドラマのようにトランスジェンダーが今時の社会でそれほど「禁忌性」が強いように扱われる存在なのか甚だ疑問だ。 これは一般的な感覚だと思う。 このドラマはそういう一般的な感覚の視聴者が「楽しむ」のをことさら否定し奇を衒う意地悪さを主題にしているのかとさえ思う。 作り手側の意図が私には全く理解できなかった。 物事を大らかに明るく肯定する雰囲気がもう少し描かれれていれば、ちょっとは楽しめたかも知れない。 せっかく桐谷健太が出ているのに勿体ない。 中谷美紀のトランスジェンダー演技は抜群。 まるで彼女が本物のトランスジェンダーであるようだ。 短髪の姿も「俺」などの男言葉も本当に違和感がなく自然だ。 うまいと思った。 他にも錚々たる顔ぶれの役者を揃えているのに、この出来栄えは残念だ。 自分らしく生きる難しさだったり葛藤だったり色んなものが 混ざっていて、だけど個人的に、 友達を失ってまで確率したい自分というものは、 例えみつきの立場を自分に置き換えても そこまでして 得て満足できるのだろうかとか 友達を失うことの方が嫌だなと 思ってしまうので、最後までみつきには共感できなかったし 結局それで何を得たのだろう、友達を犠牲にしてまで 何がしたかったのか と感じずにはいられませんでした。 (偏見とかではないです) 勿論、他の人達の問題が関わってくるから こうするしかなかった というのも分かっているつもりですが 誰か(他の関係者)の知らない所で、誰か1人が犠牲になって終わる 果たしてそれがハッピーエンドなのかというか…。 微妙に納得のいかない点でした。 その納得いかない点を納得させてくれるようなくだりが こーすけさんの、みつきへの思いでしたが。 うーん…。 幸せになって欲しい人だった気がします。 優しい人だったなぁと。 あとりさこが終始よくわからなかったです。。 申し訳ないのですが、我儘な女にみえました。 関わっていこうとしたりやめたりが早い様に感じるのと 旦那と離れたいのか構って欲しいのかよく分からなかったです。。

次の

藤原麻呂

藤原麻知

WOWOWは毎週土曜に「WOWOWオリジナルドキュメンタリー」枠として、「ノンフィクションW」と「国際共同制作プロジェクト」の2番組を両輪に、国内外のさまざまなテーマを扱ったオリジナルのドキュメンタリー番組を放送している。 2月27日午後1時からWOWOWプライムで放送される「ノンフィクションW ハリウッドを救った歌声~史上最強のゴーストシンガーと呼ばれた女~」の番組プロデューサーを務めるWOWOW制作部プロデューサーの藤原麻知さんに、番組の魅力を聞いた。 --番組の概要と魅力は? 「マイ・フェア・レディ」や「ウエスト・サイド物語」、「王様と私」など数々のミュージカル映画には秘密があります。 それは、ゴーストシンガーが存在していたこと。 彼女がハリウッド映画の歴史に残した足跡をたどります。 --今回のテーマを取り上げたきっかけと理由は? 映画に詳しい方には周知の事実かもしれませんが、ミュージカル映画のライトファンである私は、ゴーストシンガーの存在をまったく知りませんでした。 輝かしいハリウッド映画を陰で支えたその尊い存在を、改めて見つめてみたいと思いました。 --制作中、一番に心がけたことは? ハリウッドのレジェンドであり、85歳になった今も現役シンガーであるマーニさん。 生涯シンガーでありたいと願う彼女の崇高な精神に寄り添って番組を作りました。 --番組を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったエピソードは? マーニさんが後進に与えた影響は計りしれません。 昨年「王様と私」で渡辺謙さんと共演、トニー賞で主演女優賞を獲得したケリー・オハラさんもマーニさんに心酔している女優の一人。 2人はプライベートでも懇意にされており、今回ケリーさんにもお話をお聞きすることができました。 大女優のオーラは半端なかったです! --番組の見どころを教えてください。 マーニさんが85歳の今も現役シンガーとして……ゴーストシンガーではなく、シンガーとして!輝いている姿に、心震える番組となっています。 ぜひご覧ください! --視聴者へ一言お願いします。 この番組の放送日は、なんとマーニさん86歳の誕生日。 何かのご縁を感じます。 ミュージカル映画ファンもそうでない方も、パワフルでチャーミング、それでいてレジェンドなマーニ・ニクソンさんの輝かしい姿を、目に焼き付けてください! WOWOW 制作部 プロデューサー 藤原麻知.

次の