腎炎 原因。 紫斑病性腎炎の症状や原因・検査・治療法について

腎臓の病気|腎盂腎炎(腎盂炎)【原因・症状・治療法】

腎炎 原因

腎盂腎炎とは 腎盂腎炎とは、尿路感染症のひとつで、主に細菌感染によって腎盂と腎臓に炎症が起きることで、 発熱と腰背部や側腹部の痛みなどをきたす疾患です。 もともと、健康な人は尿路(腎臓、尿管、膀胱)に細菌はほとんどいません。 それが、何らかの原因があって、細菌が侵入し、繁殖して炎症を起こすと尿路感染症をおこします。 それが腎臓そのものや、腎盂とよばれる腎臓で作られた尿が集まるところに起こったものを腎盂腎炎といいます。 なお、 腎盂炎ともいいますが、腎盂腎炎と呼ぶことが一般的です。 スポンサードリンク 腎盂腎炎の症状 腎盂腎炎の特徴的な症状としては、 発熱と腰背部や側腹部の痛みです。 腎臓は血流が豊富であり、炎症が起きると炎症性物質が容易に体全体にまわり、熱が出ます。 熱が上がる徴候として、悪寒戦慄(おかんせんりつ)を伴うこともあります。 また、一旦下がったと思っても、時間をあけて再度高熱が出ることもよくあります。 腎盂腎炎では、背部痛や側腹部痛もよくおこります。 腎臓に炎症がおこると、腎臓が腫れて大きくなるため、それによって腎臓を包んでいる膜がひっぱられて痛みが出ます。 特に、叩打痛といって、ちょうど腰に手を当てたときに触る部分を軽く叩くだけで 飛び上がるような痛みが出ることがしばしばあります。 菌血症や敗血症を起こすことも それ以外にも、発熱に伴って頭痛や倦怠感が出たり、尿の色が混濁したりすることもあります。 重症になると、 菌血症・敗血症を起こして、ショック状態(炎症性物質によって血管が拡張し、血圧が著しく低下してしまうこと)になり、命に危険が及ぶこともあります。 腎盂腎炎の原因 腎盂腎炎は、普段は菌のいない尿路に、何らかの原因によって菌が繁殖して炎症を起こすことで起こります。 多くは、逆行性感染により菌が侵入します。 女性は発症しやすい 逆行性感染とは、尿道の出口からさかのぼるように菌が侵入するものです。 女性の方が腎盂腎炎を起こしやすいのは、陰茎が無い分、尿道が短いため、菌が容易に膀胱内に到達しやすいためと考えられています。 女性の場合は特に不衛生な性交渉も、腎盂腎炎の発症リスクになります。 また、排便後にきちんと前から後ろに向けて拭くようにすることも大切です。 尿路結石によって引き起こされることも さらに、尿路結石症に伴って腎盂腎炎が起こることがあります。 尿中の成分が、尿の酸性度などによって析出し、腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石となることがあります。 この結石が尿路において詰まり、尿の流れがうっ滞することで、菌が繁殖しやすい状況になり、腎盂腎炎に進展することがあります。 また、結石の中には、感染性結石といって、菌が付着している結石もあります。 このように感染性結石を持っていると、より腎盂腎炎を起こす可能性が高くなります。 特に、内視鏡手術や体外衝撃波による結石破砕術を行うことで、菌が出てきて腎盂腎炎を発症することもしばしば起こります。 膀胱尿管逆流症が原因となることも また、もともと膀胱尿管逆流症といって、膀胱から尿管・腎臓に尿が逆流する体質の方がいます。 通常は、膀胱に尿が充満して膨らむと、膀胱から尿管・腎臓へは尿が逆流しないような仕組みが備わっていますが、この仕組みに生まれつき(または神経因性膀胱などによって後天的に)欠陥があると、それに伴い菌が上にのぼりやすくなったり、尿がうっ滞したりすることで菌が繁殖しやすくなることなどにより、腎盂腎炎を起こすことがあります。 免疫力の低下も原因になる その他、お腹の手術や結石の手術などをきっかけとして尿管が狭窄したり、閉塞したりした場合にも尿がうっ滞して菌が繁殖しやすくなります。 また、直接的な原因ではないものの、 糖尿病をはじめとした免疫力が低下する病態をもっていたり、ステロイドなどの免疫を抑制する薬を飲んでいたりすると、腎盂腎炎を起こす可能性や、起こした際に重症化する可能性が高まることが分かっています。 腎盂腎炎の原因となる菌は、多くが大腸菌や腸球菌など、腸内細菌です。 他にも、糖尿病など免疫力が低下している方の場合は緑膿菌、真菌(かび)なども腎盂腎炎の原因菌となります。 スポンサードリンク 妊娠と尿路感染症 妊娠中は尿路感染症を起こしやすくなります。 膀胱粘膜が浮腫状となり、また子宮の増大に伴って膀胱が圧迫され、膀胱自体も機能的に低緊張となり、残尿も増えるため流れが悪くなります。 また、妊娠中の急性腎盂腎炎の発症率は、1〜2. 通常は、尿中に細菌がみられても症状がなければ抗菌薬治療は行いませんが、妊娠中の場合は、症状がなくても抗菌薬投与を行うことがしばしばあります。 腎盂腎炎の診察・検査 腎盂腎炎の診察・検査としては、 身体診察・尿検査・血液検査・腹部超音波検査・レントゲン検査(KUB)・CT検査が一般的です。 身体診察 腎臓が位置する背部を叩いた時に痛みを伴うかどうかを診察します。 尿検査 尿中に細菌がいないか、白血球が増えていないかを調べます。 また、尿培養検査を行って、どのような種類の菌がいるか、どういった抗菌薬が有効かを調べることもできます。 (検査が可能な医療機関であれば、血液培養検査も同時に行います) 血液検査 WBC(白血球数)、CRPなどをみて、炎症が起きているかどうか、を調べます。 また、Creをみて、腎臓の機能が悪くなっているかどうかを評価します。 その他、凝固系など検査などをふまえて、播種性血管内凝固症候群(DIC)といった合併症を起こしていないかも総合的に判定します。 超音波検査・CT検査 腎臓に感染が起きているかどうか、水腎症(尿のうっ滞)があるかどうかを確認するとともに、結石をはじめとして腎盂腎炎を起こしやすい病気の合併が無いかを調べます。 何かに受診すればよいか 腎盂腎炎については、 内科(腎臓内科)・泌尿器科に受診するとよいでしょう。 結石などによって水腎症があるなど、尿路に閉塞がある場合は、腎臓の外科である泌尿器科が主体となって治療を行います。 腎盂腎炎の治療 腎盂腎炎の治療は、抗菌薬とドレナージです。 抗菌薬を投与することで菌をやっつけることはほぼ全ての症例において行われます。 投与方法は、経口投与または経静脈投与(点滴による投与)を用います。 さらに、水腎症(尿のうっ滞)や、膿腎症を伴う場合には、菌がたまっているところを針で刺して溜まっている膿を体外に排出する処置を行うことがあります。 尿管結石症による尿路の閉塞がある場合は、尿道の出口から内視鏡を入れて、腎臓から膀胱にかけて尿管ステントとよばれる管を留置することもあります。 治療期間や入院について 治療期間としては、 標準的には7日~14日間程度の抗菌薬投与が必要です。 若くても高熱が出て歩けないくらいになってしまう場合や、高齢者の場合は意識不明に陥ることもあり、しばしば入院治療を要します。 入院治療を要する場合は、多くはまず経静脈投与によって抗菌薬を投与し、熱が下がった頃合いに尿培養結果、血液培養結果をみて飲み薬に変更することが一般的です。 腎盂腎炎の予防法 日常生活において最も大切なことは、菌が尿道に入らないようにすることです。 もともと肛門と尿道の距離が近い女性は尿路感染症を起こしやすいことがわかっています。 そうでない方も、性行為のときにしっかりと陰部をきれいにしてから、不潔にならないように行うことも大切です。 また、腎盂腎炎を起こす原因として多い尿路結石にならないよう、食生活に気を付けることも大切です。 尿中のシュウ酸やカルシウムの濃度を低く保つことが、尿路結石の発症リスクを低くします。 特に、シュウ酸を増やす食べ物の制限が有効です。 具体的には、ほうれん草や、小松菜・モロヘイヤ・たけのこ、チョコレート、ナッツ類、紅茶、コーヒーなどにも多く含まれていますので、過剰摂取を控えましょう。 食生活に気を付けることは、腎盂腎炎を重症化させる糖尿病の予防にもつながります。 もし、膀胱炎や腎盂腎炎に頻繁になる方で、再発しそうな感覚がある場合は、お水をよく飲んで尿量を増やして、尿を我慢せずこまめにトイレに行くことも大切です。 まとめ 尿路感染症を予防するためには、菌を侵入させないことと、増殖させないことが大切です。 腎盂腎炎になりやすい方は、陰部を清潔にし、水をよく飲んで尿量を増やすこと。 また、尿を我慢せず、こまめにトイレに行く事です。 さらに、食生活にも気を付けましょう。

次の

性腎炎・慢性腎炎の原因と症状、対処法について解説

腎炎 原因

腎盂腎炎とは 腎盂腎炎とは、尿路感染症のひとつで、主に細菌感染によって腎盂と腎臓に炎症が起きることで、 発熱と腰背部や側腹部の痛みなどをきたす疾患です。 もともと、健康な人は尿路(腎臓、尿管、膀胱)に細菌はほとんどいません。 それが、何らかの原因があって、細菌が侵入し、繁殖して炎症を起こすと尿路感染症をおこします。 それが腎臓そのものや、腎盂とよばれる腎臓で作られた尿が集まるところに起こったものを腎盂腎炎といいます。 なお、 腎盂炎ともいいますが、腎盂腎炎と呼ぶことが一般的です。 スポンサードリンク 腎盂腎炎の症状 腎盂腎炎の特徴的な症状としては、 発熱と腰背部や側腹部の痛みです。 腎臓は血流が豊富であり、炎症が起きると炎症性物質が容易に体全体にまわり、熱が出ます。 熱が上がる徴候として、悪寒戦慄(おかんせんりつ)を伴うこともあります。 また、一旦下がったと思っても、時間をあけて再度高熱が出ることもよくあります。 腎盂腎炎では、背部痛や側腹部痛もよくおこります。 腎臓に炎症がおこると、腎臓が腫れて大きくなるため、それによって腎臓を包んでいる膜がひっぱられて痛みが出ます。 特に、叩打痛といって、ちょうど腰に手を当てたときに触る部分を軽く叩くだけで 飛び上がるような痛みが出ることがしばしばあります。 菌血症や敗血症を起こすことも それ以外にも、発熱に伴って頭痛や倦怠感が出たり、尿の色が混濁したりすることもあります。 重症になると、 菌血症・敗血症を起こして、ショック状態(炎症性物質によって血管が拡張し、血圧が著しく低下してしまうこと)になり、命に危険が及ぶこともあります。 腎盂腎炎の原因 腎盂腎炎は、普段は菌のいない尿路に、何らかの原因によって菌が繁殖して炎症を起こすことで起こります。 多くは、逆行性感染により菌が侵入します。 女性は発症しやすい 逆行性感染とは、尿道の出口からさかのぼるように菌が侵入するものです。 女性の方が腎盂腎炎を起こしやすいのは、陰茎が無い分、尿道が短いため、菌が容易に膀胱内に到達しやすいためと考えられています。 女性の場合は特に不衛生な性交渉も、腎盂腎炎の発症リスクになります。 また、排便後にきちんと前から後ろに向けて拭くようにすることも大切です。 尿路結石によって引き起こされることも さらに、尿路結石症に伴って腎盂腎炎が起こることがあります。 尿中の成分が、尿の酸性度などによって析出し、腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石となることがあります。 この結石が尿路において詰まり、尿の流れがうっ滞することで、菌が繁殖しやすい状況になり、腎盂腎炎に進展することがあります。 また、結石の中には、感染性結石といって、菌が付着している結石もあります。 このように感染性結石を持っていると、より腎盂腎炎を起こす可能性が高くなります。 特に、内視鏡手術や体外衝撃波による結石破砕術を行うことで、菌が出てきて腎盂腎炎を発症することもしばしば起こります。 膀胱尿管逆流症が原因となることも また、もともと膀胱尿管逆流症といって、膀胱から尿管・腎臓に尿が逆流する体質の方がいます。 通常は、膀胱に尿が充満して膨らむと、膀胱から尿管・腎臓へは尿が逆流しないような仕組みが備わっていますが、この仕組みに生まれつき(または神経因性膀胱などによって後天的に)欠陥があると、それに伴い菌が上にのぼりやすくなったり、尿がうっ滞したりすることで菌が繁殖しやすくなることなどにより、腎盂腎炎を起こすことがあります。 免疫力の低下も原因になる その他、お腹の手術や結石の手術などをきっかけとして尿管が狭窄したり、閉塞したりした場合にも尿がうっ滞して菌が繁殖しやすくなります。 また、直接的な原因ではないものの、 糖尿病をはじめとした免疫力が低下する病態をもっていたり、ステロイドなどの免疫を抑制する薬を飲んでいたりすると、腎盂腎炎を起こす可能性や、起こした際に重症化する可能性が高まることが分かっています。 腎盂腎炎の原因となる菌は、多くが大腸菌や腸球菌など、腸内細菌です。 他にも、糖尿病など免疫力が低下している方の場合は緑膿菌、真菌(かび)なども腎盂腎炎の原因菌となります。 スポンサードリンク 妊娠と尿路感染症 妊娠中は尿路感染症を起こしやすくなります。 膀胱粘膜が浮腫状となり、また子宮の増大に伴って膀胱が圧迫され、膀胱自体も機能的に低緊張となり、残尿も増えるため流れが悪くなります。 また、妊娠中の急性腎盂腎炎の発症率は、1〜2. 通常は、尿中に細菌がみられても症状がなければ抗菌薬治療は行いませんが、妊娠中の場合は、症状がなくても抗菌薬投与を行うことがしばしばあります。 腎盂腎炎の診察・検査 腎盂腎炎の診察・検査としては、 身体診察・尿検査・血液検査・腹部超音波検査・レントゲン検査(KUB)・CT検査が一般的です。 身体診察 腎臓が位置する背部を叩いた時に痛みを伴うかどうかを診察します。 尿検査 尿中に細菌がいないか、白血球が増えていないかを調べます。 また、尿培養検査を行って、どのような種類の菌がいるか、どういった抗菌薬が有効かを調べることもできます。 (検査が可能な医療機関であれば、血液培養検査も同時に行います) 血液検査 WBC(白血球数)、CRPなどをみて、炎症が起きているかどうか、を調べます。 また、Creをみて、腎臓の機能が悪くなっているかどうかを評価します。 その他、凝固系など検査などをふまえて、播種性血管内凝固症候群(DIC)といった合併症を起こしていないかも総合的に判定します。 超音波検査・CT検査 腎臓に感染が起きているかどうか、水腎症(尿のうっ滞)があるかどうかを確認するとともに、結石をはじめとして腎盂腎炎を起こしやすい病気の合併が無いかを調べます。 何かに受診すればよいか 腎盂腎炎については、 内科(腎臓内科)・泌尿器科に受診するとよいでしょう。 結石などによって水腎症があるなど、尿路に閉塞がある場合は、腎臓の外科である泌尿器科が主体となって治療を行います。 腎盂腎炎の治療 腎盂腎炎の治療は、抗菌薬とドレナージです。 抗菌薬を投与することで菌をやっつけることはほぼ全ての症例において行われます。 投与方法は、経口投与または経静脈投与(点滴による投与)を用います。 さらに、水腎症(尿のうっ滞)や、膿腎症を伴う場合には、菌がたまっているところを針で刺して溜まっている膿を体外に排出する処置を行うことがあります。 尿管結石症による尿路の閉塞がある場合は、尿道の出口から内視鏡を入れて、腎臓から膀胱にかけて尿管ステントとよばれる管を留置することもあります。 治療期間や入院について 治療期間としては、 標準的には7日~14日間程度の抗菌薬投与が必要です。 若くても高熱が出て歩けないくらいになってしまう場合や、高齢者の場合は意識不明に陥ることもあり、しばしば入院治療を要します。 入院治療を要する場合は、多くはまず経静脈投与によって抗菌薬を投与し、熱が下がった頃合いに尿培養結果、血液培養結果をみて飲み薬に変更することが一般的です。 腎盂腎炎の予防法 日常生活において最も大切なことは、菌が尿道に入らないようにすることです。 もともと肛門と尿道の距離が近い女性は尿路感染症を起こしやすいことがわかっています。 そうでない方も、性行為のときにしっかりと陰部をきれいにしてから、不潔にならないように行うことも大切です。 また、腎盂腎炎を起こす原因として多い尿路結石にならないよう、食生活に気を付けることも大切です。 尿中のシュウ酸やカルシウムの濃度を低く保つことが、尿路結石の発症リスクを低くします。 特に、シュウ酸を増やす食べ物の制限が有効です。 具体的には、ほうれん草や、小松菜・モロヘイヤ・たけのこ、チョコレート、ナッツ類、紅茶、コーヒーなどにも多く含まれていますので、過剰摂取を控えましょう。 食生活に気を付けることは、腎盂腎炎を重症化させる糖尿病の予防にもつながります。 もし、膀胱炎や腎盂腎炎に頻繁になる方で、再発しそうな感覚がある場合は、お水をよく飲んで尿量を増やして、尿を我慢せずこまめにトイレに行くことも大切です。 まとめ 尿路感染症を予防するためには、菌を侵入させないことと、増殖させないことが大切です。 腎盂腎炎になりやすい方は、陰部を清潔にし、水をよく飲んで尿量を増やすこと。 また、尿を我慢せず、こまめにトイレに行く事です。 さらに、食生活にも気を付けましょう。

次の

2.慢性糸球体腎炎

腎炎 原因

糸球体腎炎の症状 ブックマーク: 糸球体腎炎で見られる病状を症候群(いくつかの特徴的な症状が認められる場合に使う呼び方)と言う名前を付けて、おおまかにまとめました。 これは慢性糸球体腎炎の病状分類に利用されていますが、別項でも述べるように腎生検を行わない限り、本当の病気は確実には判りません。 また同じ腎炎でも時期により各症候群が変わります。 あくまでもその時点での病状を表しているものと考えて下さい。 ここでは簡単に説明します。 典型例は急性糸球体腎炎です。 しかし、慢性糸球体腎炎でも感染症(風邪など)などをきっかけに、 血尿(時には目で判る血尿;肉眼的血尿と呼ぶ)や 蛋白尿が現れることがあります。 さらに、急性糸球体腎炎と同じように、高血圧や浮腫を伴うこともあります。 このため、急性糸球体腎炎とよく間違えられ、"数カ月も絶対安静"と言うような不要な治療が行われることになります。 急性腎炎症候群は急性糸球体腎炎とは限りません。 慢性腎炎に見られる急性糸球体腎炎によく似た症状をこのように呼んで区別している訳です。 治療法も全く異なります。 急性糸球体腎炎では風邪などの 炎症が治った後に起こりますが、慢性糸球体腎炎では 炎症の最中に検尿異常などの症状が現れる場合がほとんどです。 とにかく 腎生検により診断する必要があります。 慢性糸球体腎炎の中で急性腎炎症候群を呈する疾患は様々ですが、最も多いのは IgA腎症です。 風邪による一時的な異常だ、と簡単に考えると怖いこともありますので、腎生検により診断する必要があります。 検診などで偶然に検尿で血尿を指摘されたり、突然コーラ色の血尿が出たりして気付きます。 多くは非活動性のIgA腎症、慢性化した急性腎炎などです。 蛋白尿は少量で、他の症状は全く無く、進行して腎不全になることは少ないと考えられています。 しかし、過労、風邪、妊娠などがきっかけで、他の症候群に変化することもあり、安心せずに定期的な受診が必要です。 就職や結婚など、生活環境が著しく変化するような場合には、 腎生検による正確な診断を勧めます。 蛋白尿、血尿、円柱尿、高血圧などが持続し、徐々に腎不全に進行する可能性の有るタイプです。 多くは、活動性のIgA腎症や膜性増殖性腎炎などで、是非 腎生検が必要です。 大量の蛋白尿と低蛋白血症(低アルブミン血症)が特徴です。 むくみ(浮腫)と来たし、高脂血症も同時に起こります。 その病像や治療効果は組織診断の結果によって大きな差があります。 ただし小児の場合、ネフローゼ症候群の原因の大部分が微小変化群であることから、腎生検を行わずに治療を開始する場合もあります。 血尿・蛋白尿を伴い、腎機能が急速に低下する 最も怖い腎炎です。 全身倦怠感や むくみ(浮腫)で受診されることも多いようです。 以前は大部分の患者さんは透析が必要となるまで一気に進行することが多かったのですが、最近では早期に発見し、適切な治療を行えば病気の勢いを食い止めることが出来るようになっています。 早急に腎生検を行い治療を開始する必要があります。 腎生検による所見の大部分は半月体形成性腎炎ですが、間質性腎炎の場合もあり、両者の治療法は非常に異なります。 【関連記事】.

次の