シバターの妻子。 シバターの妻子を暴露した迷惑系ユーチューバー 「やりすぎ」と批判相次ぐ

YouTuberへずまりゅう、シバターの妻子を公開し炎上も「これがYouTubeだ」宣言

シバターの妻子

ponsulak/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)「へずまりゅう」という人物を知っているだろうか。 ラファエルや朝倉未来といった人気YouTuberへ突撃し、無理やりコラボをお願いする動画が話題の自称迷惑系YouTuberである。 6月1日、人気ユーチューバーのシバターへ突撃をする動画が公開された。 その内容は、香川県で妻と子供で暮らしているという、衝撃的な事実を確認する動画だ。 視聴者から、シバターが香川県で妻と子供と住んでいる情報が寄せられたため現地に行ったところ、実際に妻子たちを発見する。 へずまりゅうは、シバターの妻と子供と思われる人を撮影しながら「旦那さんが浮気している可能性がありますよ」と発言。 さらに「奥さんと子供がいることは、世に出回っていない情報。 そして、3人の女性とも浮気をしている」と話し、その証拠も動画内で掲載した。 その代わりに横浜の家でやらせ動画を撮ろう」と提案されたが、へずまりゅうはそれを却下して今回の動画を公開。 シバターといえば物申す系のユーチューバーで、過激な動画も多いのが特徴だ。 『炎上商法で1億円稼いだ男の成功法則』(宝島社)という本も出している通り、視聴者の感情を揺さぶる炎上系の内容が反響を呼び、注目を集めている。 もしかすると、これもシバター劇場の一幕だったという可能性も考えられる。 今後の動向から目が離せない。 自身でもさまざまな炎上ネタを披露してきたシバター。 視聴者の怒りを買うことも多かったが、今回の一件では一転して被害者に。 これが本当であれば、へずまりゅうたちの行動は常識の範囲内を大きく超えているようにも見える。 過激な動画を公開して少しでも再生数を稼ごうとする気持ちは分からなくもないが、そのような動画に広告が付いた企業のイメージアップにはつながらない。 小学生がなりたい職業の上位でもあるユーチューバー。 令和の新時代は、どのように変化をしていくのだろうか。

次の

シバターの妻子を暴露した迷惑系ユーチューバー 「やりすぎ」と批判相次ぐ

シバターの妻子

ponsulak/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)「へずまりゅう」という人物を知っているだろうか。 ラファエルや朝倉未来といった人気YouTuberへ突撃し、無理やりコラボをお願いする動画が話題の自称迷惑系YouTuberである。 6月1日、人気ユーチューバーのシバターへ突撃をする動画が公開された。 その内容は、香川県で妻と子供で暮らしているという、衝撃的な事実を確認する動画だ。 視聴者から、シバターが香川県で妻と子供と住んでいる情報が寄せられたため現地に行ったところ、実際に妻子たちを発見する。 へずまりゅうは、シバターの妻と子供と思われる人を撮影しながら「旦那さんが浮気している可能性がありますよ」と発言。 さらに「奥さんと子供がいることは、世に出回っていない情報。 そして、3人の女性とも浮気をしている」と話し、その証拠も動画内で掲載した。 その代わりに横浜の家でやらせ動画を撮ろう」と提案されたが、へずまりゅうはそれを却下して今回の動画を公開。 シバターといえば物申す系のユーチューバーで、過激な動画も多いのが特徴だ。 『炎上商法で1億円稼いだ男の成功法則』(宝島社)という本も出している通り、視聴者の感情を揺さぶる炎上系の内容が反響を呼び、注目を集めている。 もしかすると、これもシバター劇場の一幕だったという可能性も考えられる。 今後の動向から目が離せない。 自身でもさまざまな炎上ネタを披露してきたシバター。 視聴者の怒りを買うことも多かったが、今回の一件では一転して被害者に。 これが本当であれば、へずまりゅうたちの行動は常識の範囲内を大きく超えているようにも見える。 過激な動画を公開して少しでも再生数を稼ごうとする気持ちは分からなくもないが、そのような動画に広告が付いた企業のイメージアップにはつながらない。 小学生がなりたい職業の上位でもあるユーチューバー。 令和の新時代は、どのように変化をしていくのだろうか。

次の

シバターの妻子を暴露した迷惑系ユーチューバー 「やりすぎ」と批判相次ぐ

シバターの妻子

監禁罪 刑法第二百二十条 不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、三月以上 七年以下の懲役に処する。 「不法に」とは,違法性が阻却されるようなものを除く趣旨であることを注意的に記載されたものである。 「監禁」とは,人が一定の区域から出ることを不可能又は著しく困難にしてその行動の自由を奪うことをいう。 恐怖心を利用する監禁も(裁決昭33• 19) 最判昭和28年6月17日 不法監禁罪は、 暴行によると脅迫によるとを問わず、他人を一定の場所の外に出ることができなくした場合に成立するので、その行為に出た動機目的が他に存すると否とを問わない。 最決昭和33年3月19日 刑法二二〇条一項にいう 「監禁」とは、人を一定の区域場所から脱出できないようにしてその自由を拘束することをいい、その方法は、必ずしも所論のように 暴行又は脅迫による場合のみに限らず、偽計によつて被害者の錯誤を利用する場合をも含むものと解するを相当とする。 つきまとい (軽犯罪法・迷惑防止条例) 拘留30日未満・科料1万円未満(軽犯罪法) 6月以下・50万円以下(迷惑防止条例) へずまりゅうは逮捕されるか? ラファエル氏などが威力業務妨害罪等で被害届・告訴状提出の準備をしているよう。 警視庁のみならず,県警も動いている? 上記の情報についてはアトム法律事務所の岡野先生(タケシ弁護士)のyoutube動画参照 このような状況下においては,そろそろ内偵捜査が入る可能性がある。 もしかしたら,もう警察は内偵捜査に動いている可能性も。。 半年程度の内偵捜査後逮捕等の動きか? へずまりゅう氏が今後も同様の活動を続けていくのであれば,内偵中の現行犯逮捕もあり得るところではないだろうか。

次の