稲敷 映画。 シネマックスパルナ稲敷 子どもとお出かけ情報!EPARKおでかけ

対応映画館

稲敷 映画

俳優と女性歌手が共演し、ヒットしたロマンティック・である。 映画初出演となったヒューストン歌唱の主題歌「」が収録され、の編曲した盤は全世界で4,200万枚を売り上げる大ヒットを記録した。 なおこの主題歌は映画製作の慣例と異なり撮影現場でホイットニー・ヒューストンのツアーバンドを呼び寄せて撮影したライブ録音であり、クライブ・デイビスの意向で無編集・無修正であった。 あらすじ [ ] の警護を担当していたのフランク・ファーマーは、非番(彼の母の葬式))の日に発生したに責任を感じて退職、以降は個人でボディガード業を営んでいた。 ある日、フランクの元を人気歌手レイチェル・マロンの付き人ビルが訪れ、彼女の身辺警護を依頼する。 レイチェルの元には数か月前から不審な出来事が続いており、遂には殺害を予告する脅迫状までが送り付けられてきたため、フランクに白羽の矢が立ったのである。 依頼を引き受けたフランクだったが、あまりに危機感のないレイチェルをはじめスタッフはフランクを邪魔者扱いし、忠告を聞こうとしなかった。 断ろうとしたがビルの懇願により仕方なく引き受けた。 フランクは警備強化の為に屋敷の大改造やスタッフの教育を開始するも、レイチェル本人はフランクのやり方に不満を募らせ、スタッフのサイと共に勝手にライブハウスでの新曲発表会を開催。 ところが控え室にまで脅迫状が届き、レイチェル本人は脅迫があったことすら知らなかったことを知り、恐怖から発表会を中止する。 しかし、ファンの声援を聞いて奮起し、発表会の強行を図ったが、興奮したファンが暴徒化してしまい、ファンに振り回されていたところをフランクに救出される。 無事帰宅できたレイチェルはフランクに感謝し、彼に信頼を置くようになる。 一方、元々レイチェルのボディーガードを務め、彼女への好意を公言もしていたトニーは、フランクに出し抜かれたと逆上、フランクに襲いかかるが、返り討ちにあう。 翌日、助けられたお礼にレイチェルはフランクをデートに誘う。 映画を観てバーで語り合い、フランクの自宅で二人は一夜を共にした。 しかし翌朝、フランクは依頼人と深い仲になったことを後悔し、けじめをつけようとレイチェルに突き放した態度をとってしまったことから、レイチェルとの関係に亀裂が生じ、警護に支障をきたすようになってしまう。 レイチェルはチャリティーコンサート会場で、偶然居合わせたフランクのかつての同僚・ポートマンをベッドルームに連れ込んだり、無断で外出したりとフランクへの当てつけのような行動を繰り返したため、フランクは再び、辞めるとビルに直訴する。 だが、直後にホテルの自室で息子フレッチャーからの電話と思って受けた脅迫電話にレイチェルは強いショックを受ける。 苦しむ彼女が縋ったのは結局フランクだった。 レイチェルに危険が迫る中、フランクは彼女のスタッフに暇を出し、レイチェルと彼女の姉ニッキー、フレッチャーを連れて父ハーブの家に避難することにする。 フランクの昔ばなしやチェスに興じることで一同は落ち着きを取り戻したかにみえたが、翌日、フレッチャーが勝手にボートに乗り込み、フランクが助け出した際、ボートが爆破されてしまう。 もはやここにまで魔の手が迫っていた。 その夜、フランクは泣いていたニッキーから「レイチェルの殺害を依頼した」と聞かされる。 幼い頃からニッキーの真似をしていたレイチェルが、いつの間にか舞台中央に躍り出て、ニッキーの夢だった歌手として成功した…妹への嫉妬を抑えきれなくなったニッキーはレイチェルへの脅迫状の件がきっかけで長年の鬱憤が爆発し、酒場で出会った男に勢いで彼女の殺害を依頼してしまう。 その男の名前も知らないため連絡も取れない、と告白する。 その直後、ニッキーは突然現れた男に射殺されてしまう。 ニッキーの葬儀が終わった後、レイチェルはノミネートされていたアカデミー賞受賞式に出席する。 ニッキー射殺の手口からプロの仕業だと感じたフランクは、出席を取り止めるようレイチェルに忠告するが、レイチェルの出席の意志が揺るがないと知ると、トニーと共に警護に全力を挙げる。 フランクは会場で再びポートマンと会うが、彼が「自分の依頼主だ」と語った司会者から「そんな男は知らない」と告げられたことから、ポートマンが犯人だと確信する。 ポートマンはカメラマンに扮して壇上のレイチェルを殺そうとしたが、彼女の盾として銃弾を受けたフランクに阻まれ失敗し、フランクに射殺される。 依頼を終えたフランクは、新しいボディーガードと交代し、レイチェルたちと別れの挨拶を交わした。 見送るフランクを見つめるレイチェルはジェット機を止め、彼の元に走り別れのキスを交わした。 こうして2人の恋は終わった。 レイチェルはフランクへの愛を糧に歌を歌い、フランクは新たな仕事へと就いた。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 版 版 フランク・ファーマー レイチェル・マロン 塩田朋子 サイ・スペクター ゲイリー・ケンプ ビル・デヴァニー グレッグ・ポートマン ハーブ・ファーマー ニッキー・マロン ミシェル・ラマー・リチャーズ トニー・シペリ 授賞式司会者 クライヴ ヘンリー クリストファー・バート フレッチャー・マロン デヴォーン・ニクソン 小松直史 内澤祐豊 レイ・コート ジェリー・バマン ミネラ ジョー・ユーラ ダン トニー・ピアース 会長 バート・レムゼン スキップ・トーマス 小島敏彦 エマ エセル・アイヤー 音響賞プレゼンター ロブ・サリバン 音響賞受賞者 パトリシア・ヒーリー 少女 エイミー・ルー・デンプシー 少女の母親 シェリー・A・ヒル 初回放送 『』 20:59-23:34 本編ノーカット 『』 約108分 スタッフ [ ]• 監督:• 製作:、、ケヴィン・コスナー• 脚本:ローレンス・カスダン• 音楽: エピソード [ ]• 2人がデートで見た映画は、監督作品の『』である。 これは、タイトルをもじったものだと思われる。 オリジナルはがを主人公に想定して執筆された。 共演は。 だがマックイーンが降りた後に、主演で企画が進行するも映画化は実現しなかった。 それから15年後の1992年、ととの共演で完成する。 なお、本作でのコスナーの髪型は、マックイーンをイメージしたものとなっている。 2012年2月11日にホイットニーが急死、18日に行なわれた葬儀で、コスナーは17分にもわたる弔辞を読み上げ、彼女を讃えた。 舞台 [ ] 2012年11月から、のにあるにてミュージカル版の上演が行われた。 がレイチェル・マロン役を演じる。 脚本は、が担当。 脚注 [ ].

次の

ボディガード (1992年の映画)

稲敷 映画

魅惑の女教師。 それだけで官能的な響きを持つフレーズですよね!この『あるスキャンダルの覚え書き』は、そんな美しい女教師が登場します。 ある中学校で美術教師を務める女性、シーバ。 そんな彼女に同僚の初老の女性、バーバラは興味を持ちます。 友情を育んでいくシーバとバーバラですが、家族も持たない孤独なバーバラは次第にシーバとの関係に固執していくように。 そんな中、バーバラはシーバのある秘密を知ることになるのです。 女性教師シーバを演じるのは『ブルージャスミン』でアカデミー賞主演女優賞を獲得した女優ケイト・ブランシェット。 知性的な美しさあふれる彼女に注目です。 バーバラを演じるのはベテラン女優ジョディ・リンチ。 豪華キャストが織りなすサスペンス映画です。 ニューヨークに住む医師のウィリアムとその妻アリス。 社会的地位も持ち美男美女の2人は、周りがうらやむ憧れの夫婦。 そんなある時アリスが驚きの告白をします。 「過去にある男性を愛したことがあって、その人に求められたら全てを投げだす覚悟があった」と。 ショックと衝撃をうけたウィリアムは夜の街を徘徊するうち、徐々に奇妙な世界へと引き込まれていくのです・・・ この作品でウィリアムとアリスを演じたのは、ハリウッドトップ俳優のトム・クルーズとニコール・キッドマン。 実はこの2人、撮影当時は本当に夫婦だったのです!しかし2人はその後離婚してしまいます。 それはこの『アイズ・ワイド・シャット』が原因だったとも。 そんな疑惑に包まれたダークファンタジー作品なのです。 可憐な女性はもちろん美しいですが、汗にまみれて戦う女性ってなんだかとびっきりエロティックではないですか?バイオレンス描写もセクシー描写も満載、笑える可笑しなアクションムービーが『マチェーテ』です。 主人公はメキシコ連邦捜査官、マチェーテ。 凄腕のナイフ使いであり、正義感にあふれたマチェーテは日々悪党たちに制裁を加えていました。 そんな中マチェーテは麻薬王トーレスの怒りを買い、愛する妻と娘を殺されてしまいます。 数年後、マチェーテはアメリカで移民労働者として働いていました。 そこに飛び込んできたのは「移民を嫌う上院議員を殺せ」という依頼。 アメリカの陰謀に巻き込まれたり、数々の敵と戦うマチェーテを描いたB級アクション映画です。

次の

USシネマパルナ稲敷(稲敷市)上映スケジュール・上映時間:映画館

稲敷 映画

解説 全世界で800万部以上を売り上げたR・J・パラシオのベストセラー小説「ワンダー」を、「ウォールフラワー」のスティーブン・チョボウスキー監督・脚本で映画化したヒューマンドラマ。 ごく普通の10歳の少年オギーは、生まれつきの障がいにより、人とは違う顔をもっていた。 幼い頃からずっと母イザベルと自宅学習をしてきた彼は、小学5年生になって初めて学校へ通うことに。 はじめのうちは同級生たちからじろじろ眺められたり避けられたりするオギーだったが、オギーの行動によって同級生たちは少しずつ変わっていく。 「ルーム」で世界中から注目を集めた子役ジェイコブ・トレンブレイがオギー役を務め、「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツが母イザベル役、「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソンが父ネート役をそれぞれ演じる。 2017年製作/113分/G/アメリカ 原題:Wonder 配給:キノフィルムズ スタッフ・キャスト 「最強のふたり」以降、難病ものを感動ものとして単純に描く作品は減り、代わりにユーモアを交えて描く作品が増えた印象を持っていたが、本作もまさしく新タイプの作品。 お涙ちょうだいよりも、やさしい笑いで作品全体を包んでいる。 顔が生まれつき歪むトリーチャーコリンズ症候群を抱える少年、ジェイコブが初めて家庭以外の社会、すなわち学校に行くことで起きる様々な障害、葛藤、そして友情を描いている。 イジメはもちろん起きるのだが、彼の持ち前のユーモアと優しさで少しずつ友達が増えていき、楽しいスクールライフを送れるまでになる。 この映画は悪人が出てこない。 いじめっ子はいるが、彼らとも和解する。 おそらく現実はもっと冷たい悪意があるのかもしれないが、こういう世界であってほしいという作り手の願いが優先されているようにも思う。 でもこの映画はそれでいいんだろう。 世界のどこかに優しさがある、と信じる力になれるのだとしたらこの映画はそれだけで価値があるはずだ。 こんなに心からの涙が流れたのは久しぶりだ。 何も泣けることだけが作品の基準ではないが、主人公のみならず、彼を支える家族や友人の側からも独自の章が語られる時、それぞれが互いをしっかりと照らし合って生きている現在進行形の姿がとても輝かしく胸を貫いたのだ。 ああ、この登場人物は、口では言い出せなくても、内面ではこんなことを思っていたのか・・・その心の内側の混ざりっ気なし、純度100パーセントの感情に触れられる幸せ。 これほど人間の明るく肯定的な側面に光を当てた映画は、最近では珍しいかもしれない。 人間関係は決して一方通行ではない。 我々は時に太陽になったり、惑星になったり、月になったりしながら、支え支えられ、照らし照らされつつ、生きている。 こういったテーマを決して説教くさくならない等身大の視点で、爽やかに描ききっている部分が本当に素晴らしい。 『ウォール・フラワー』の逸材は又しても傑作を作り上げたのだ。 オギーの学校初日に先生が今月の格言を説く。 黒板には、 When given the choice between being right or being kind. Choose kind. と書かれている。 個人的には、オギーを取り巻く健常者の悩みを併行で描いている手法に更なる感動があった。 映画は泣けるがお涙頂戴をぜんぜん用いていない。 比較する脈略は一切ないけれど、日本では、この手の話をお涙頂戴でない方法論で描けるだろうか・・・、 あるいは宇宙飛行士とスターウォーズのファンタジックな心象を交えながら描けるだろうか・・・、 と考えてしまいます。 Stephen Chboskyってウォールフラワーとこれだけなのに、2作だけで名監督の貫禄を感じます。 ところでこの映画、母はジュリアロバーツだし父はオーウェンウィルソンだし、子役達もIzabela VidovicもDanielle Rose Russellも綺麗です。 彼らが美しいからこそ、偏見を持つな・人を思いやれという教導に寄り添い感動することができた、とも言えます。 かしがましいことを言うならオギーの顔の造形もどっちかといえば可愛いのです。 C 2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved. 「スパイ in デンジャー」 C 2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. 「パブリック 図書館の奇跡」 C EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved.

次の