ひかり電話 電話番号。 各社ひかり電話(固定電話)の番号ポータビリティ実現は2025年?

OCN光の固定電話サービス「ひかり電話」の電話番号は変わる?料金(通話料)や転送、ルーターについて

ひかり電話 電話番号

Contents• ひかり電話のアナログ戻しとは? ひかり電話のアナログ戻しとは、 現在ひかり電話で利用している電話番号をアナログ回線に戻すことを意味しています。 例えばインターネットが必要なくなったので、ひかり電話を解約する場合はアナログ戻しをしなければ電話番号を継続することができません。 また電話番号をそのまま移行できない乗り換えの場合に、アナログ回線を間に挟むことによって移行できるようにすることもあります。 そのまま番号を移行できる乗換えの場合は、アナログ戻しは不要です。 またアナログ戻しができる番号とできない番号もあり、できない番号の場合は乗り換え時の番号継続は諦めるしかありません。 アナログ戻しができる番号、できない番号 では、アナログ戻しができる番号とはいったいどういう番号でしょうか? 答えは、 NTTの アナログ回線開通時に発行している番号です。 もともとアナログ回線(固定電話)で利用していた番号であれば、アナログ戻しは可能です。 逆にアナログ戻しをできない番号は・・・ スポンサーリンク アナログ戻しが必要な場合と不要な場合 乗り換え時にはアナログ戻しが必ず必要なのか?というと、実はそうではありません。 インターネットにはいろいろなサービスや事業者がありますが、 乗り換えの内容によってはそのままアナログ戻しをしなくても番号を引き継げる場合もあるんですよ。 これを知っておかないと、そのまま引き継げるのにアナログ戻しをわざわざしてしまって余計な時間と費用を費やすことになってしまいます。 ぜひ自分の乗り換えに、アナログ戻しが本当に必要なのかを確認してみてくださいね。 要はアナログ戻しは、 フレッツ系のサービスからフレッツ系のサービスに乗り換える時だけ必要なんですよね。 光コラボももちろんNTTのフレッツ回線を利用しているので、現在アナログ戻しが必要なパターンとしては主に 光コラボから光コラボへの乗り換えの場合がほとんどです。 auひかりやNUROひかり、電力事業者系のサービスから光コラボへ乗り換える場合やその逆の場合は、番号ポータビリティでそのまま番号を乗り換え先へ持っていくことができます。 なのに担当者が知らなくて『一度アナログ戻しをしてください。 』なんて案内されてしまうこともよくあるんですよね。 私も以前光コラボ事業者で働いていたことがありますが、その時にも他社へ乗り換える人がわざわざ必要のないアナログ戻しをしようとしていたりといったことがよくありました。 聞いてみると乗り換え先の担当者にアナログ戻しをするように指示されたとのこと。 その場合は本当にアナログ戻しをしてまで乗換えをしたほうがお得なのか、もう一度考えてみたほうがいいかもしれませんね。 ソフトバンクへ確認してみたところ、乗り換え先が光電話(n)の場合は直接移行可能ですが、ホワイト光電話へ移行する場合、一部の番号はアナログ戻しが必要な場合があるとのことです。 ソフトバンクのホワイト光電話へ乗り換える際には、まずは一度ソフトバンクへ連絡し、電話番号を伝えてアナログ戻しが必要かを確認してください。 今までに比べて、光コラボの乗り換えがとっても簡単になりました! なので今後アナログ戻しが必要になるのは、インターネットを解約しアナログ電話だけで利用したい場合に限られてきます。 ただ案内をするオペレーターが知識がない場合は、もしかすると今まで通り古い回線を解約、新しい回線を新規で申し込みする為に、電話のアナログ戻しをするようにと案内されてしまう事もあるかもしれません。 そういった場合は、事業者変更でそのまま番号を移行したいことを伝えて無駄な手続きをしないように注意してくださいね。 こういった手続きが新しくなったばかりの時には、情報がきちんと伝わっておらず古い案内をされてしまう事もよくあるので気をつけてください! アナログ戻しの料金は? アナログ戻しの料金は、通常は2,000円~11,000円と案内されます。 なぜそんなに金額に幅があるのかというと、工事の内容や派遣工事が必要かどうかによって金額が変わってくるからです。 詳しくはこちらの記事にまとめていますので、気になる方はご覧くださいね。 ひかり電話アナログ戻しの手順は? ひかり電話をアナログ戻しする手順はとっても簡単です。 NTTにアナログ戻しの申し込みをし、工事日を決める• 工事当日に立ち会う たったこれだけなんです。 けれど間違えると大変なのが、このアナログ戻しをいつするかということ。 そしてアナログ戻しだけを先にするのか、ネットも同時に解約をしてしまうかということです。 マンションか戸建てかなどによっても、手順が実は異なってくるんですよ。 詳しい乗り換えの手順については、こちらの記事にまとめています。 よければ参考にしてくださいね。 それぞれの電話番号はこちらになります。 たとえばdocomo光であればドコモへ、SoftBank光であればソフトバンクへの手続が必要です 事業者へ申し込みをすれば、ネット回線の廃止と同時にアナログ戻しをする手続をNTTへ取次ぎしてくれます。 そして後日NTTの担当者から連絡が入り、具体的な費用や工事日についての調整ができます。 直接NTTへ連絡してもネット回線は止めることができないため、事業者へかけなおすように言われてしまうので注意してくださいね。 また、先にNTTにアナログ戻しだけを申し込んでしまうと、アナログ戻しが完了するまで光コラボのネットは解約できなくなってしまいます。 そうなると2段階で手続きが必要になり、不要な期間のネット料金もかかってくるので注意してください。 また電話のアナログ戻しだけをしたい場合でも、事業者へ申し込むことも可能です。 なので最初からNTTへ直接アナログ戻しだけを申し込めば、その場で工事日なども決めることができるので、手続としては1度の連絡だけで早く済ませることができるんです。 NTTと直接電話のアナログ戻し日を決めた場合でも、特にその後事業者へ連絡する必要はないので安心してくださいね。 アナログ戻しとは?まとめ アナログ戻しって派遣工事になることが多いですし、本当に面倒なんですよね。 以前はその手続きをしなければ、インターネットの回線の乗り換え時に電話番号が変わってしまうのでとっても多い工事でした。 けれど事業者変更ができるようになってからは、アナログ戻しの必要がぐんと減ったのでとっても楽に乗り換えができるようになりました。 ネット回線を乗り換える時にアナログ戻しが必要と言われた場合は、必ず本当に必要なのかもう一度確認してみるのがおすすめですよ。 また電話だけをアナログに戻そうと思っている人は、アナログ戻しの費用なども含めて本当にそれでいいのか検討したほうがいいかもしれませんね。 アナログ戻しっていったい何?と悩んでいる方の参考になればうれしいです。

次の

ひかり電話番号を新規に取得する時は注意!知っておきたい3つのこと。

ひかり電話 電話番号

ひかり電話1契約で電話番号を複数使えます。 ひかり電話1契約で、最大5電話番号(契約者番号1番号+追加番号4番号)の利用が可能となるサービスです。 (最大4電話番号まで追加できます)• また、G3FAXのご利用は可能ですが、通信環境条件等により伝送品質が保てない場合があります。 通信相手の設定によっては、FAXがご利用できない場合があります。 詳細はをご確認ください。 * 「追加番号」以外のオプションサービスもご利用いただく場合には、当該オプションサービス月額利用料が上記金額に加算されます。 2円/月が必要です。 詳細についてはをご確認ください。 【ユニバーサルサービス料について】 ユニバーサルサービス料は、あまねく日本全国においてユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報)の提供を確保するためにご負担いただく料金です。 ユニバーサルサービス支援機関(一般社団法人電気通信事業者協会)が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、ユニバーサルサービス支援機関による番号単価の変更にあわせて見直します。 【「ひかり電話」について】• なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。 ただし、割引適用期間の満了月とその翌月に解約される場合は、本割引の解約金は発生しません。 その他、解約金に関しましては、をご確認ください。 工事時間を過ぎますと新しいひかり電話対応機器に取り替えるまでの間、ひかり電話が発着信できなくなります。 (初期設定では追加いただいた電話番号は全ポートで着信いたします。 ) 他のサービスと合わせてご利用いただく場合の留意事項• ひかり電話A(エース)に含まれるサービス ナンバー・ディスプレイ• 通常の呼出音になるまで5〜6秒かかります。 ナンバー・リクエスト• ・ ナンバー・リクエスト同時設定時に非通知でかかってきた着信に対しては、ナンバー・リクエストの音声メッセージが応答し、着信しません。 そのため、電話番号は表示されません。 迷惑電話 おことわりサービス• ・ 「ひかり電話の電話番号ごと」のご契約か「ひかり電話契約ごと(全電話番号共通)」のご契約かいずれか一方をお選びいただけます。 契約単位 ひかり電話の電話番号ごと ひかり電話契約ごと 電話番号ごとに 「迷惑電話リスト」を 分けたいお客さま すべての電話番号において「迷惑電話リスト」を共通で利用されるお客さま 迷惑電話 リスト数 1つ/電話番号 1つ/ひかり電話契約 (全電話番号共通) 登録番号数 30番号/リスト 適用範囲 迷惑電話おことわりサービスをご契約いただいている電話番号に対する着信拒否となります。 ひかり電話の全電話番号に対する着信拒否となります。 月額 利用料金 220円 /電話番号 220円 /ひかり電話契約• ・ 「ひかり電話の電話番号ごと」のご契約の場合、登録操作をする電話機の発信電話番号が、迷惑電話おことわりサービスをご契約いただいている電話番号(追加番号)と同一である必要があります。 ひかり電話対応機器の各ポートの発信電話番号設定において、本サービスを契約していない電話番号を選択されている場合は、当該ポートに接続した電話機から着信拒否登録できません。 キャッチホン• ・ 通話中の電話番号に着信があった場合に、割込音動作が行われます。 FAXお知らせメール• ・ 電話番号(追加番号)ごとのご契約が必要となります。 着信お知らせメール• ・ 電話番号(追加番号)ごとのご契約が必要となります。 テレビ電話 高音質電話• ・ 標準音質の音声通話と同様に、複数の電話番号(契約者電話番号+追加番号)が利用できます。 更に詳細な設定・ご利用方法についてはからご確認ください。

次の

OCN光の固定電話サービス「ひかり電話」の電話番号は変わる?料金(通話料)や転送、ルーターについて

ひかり電話 電話番号

auひかり電話サービスの利点 先ほどauひかりの電話サービスについてはご紹介しましたが、NTTの電話サービスから切り替えると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。 まずは、auひかりの電話サービスに切り替えるメリットをご紹介します。 電話料金を抑えられる 一般的にNTTの加入電話を利用している場合、ほとんどの方は月額1,700円 税抜 の電話料金がかかっています。 最近固定電話を利用する方はかなり減ってきているので、 使わなくてもかかる基本料金は痛い出費となります。 auひかり電話サービスにすることで、電話の基本料金を月額500円に抑える事が可能です。 IP電話の場合は050〜から始まる番号しか利用することができません。 auひかり電話サービスの場合は03〜や06〜といった一般的なNTTの番号と同じ番号で 利用する事が出来ます。 電話加入権なしで電話番号が持てる auひかり電話サービスはそもそもNTTの加入権は必要ありません。 固定電話が必要な場合、auひかりに申し込めば新しく03〜や06〜などの番号がKDDIから発行されます。 注意点として、KDDIで電話番号を新しく発行した場合、した後、番号を NTTのサービス NTT加入電話やNTTひかり電話など に移行する事はできません。 元々NTT加入電話で発行した番号であれば、NTTサービスへ戻す事が出来ます。 今までの電話番号を引き継ぎ利用可能 auひかり電話サービスは今まで利用していたKDDIのADSLone、またはNTTの加入電話から 番号をそのまま移行する事が出来ます。 NTT加入電話から番号移行する場合、NTTの休止手数料及び、番号ポータビリティ料として、3,150円が請求 されます。 またauひかりを解約した場合、再度NTTに戻す事も可能です。 以下のようにNTT加入電話やADSLoneにて発行された電話番号が移行可能です。 以前のサービスはauひかり電話が開通後、自動的に解約されるので自分で解約手続きをしないでください。 ご自身で解約手続きをすると正常に移行できない場合があります。 またマンションタイプでは、一度NTTの加入電話に戻した後、 auひかり電話への変更が必要な場合もあります。 auスマホとのセット割、スマートバリューには固定電話が必須 auひかりでは、auスマホとセットで利用することで毎月一定の割引を受けられるauスマートバリューというセット割引があります。 スマートバリューを適用する条件として、 auひかり電話への申し込みが必須です。 固定電話が必要ない方にとっては、やっかいな条件ですが、 仮に固定電話が必要なかったとしても、auスマホをお持ちの方はauひかり電話への申し込みをおすすめします。 なぜなら、スマートバリューではスマホ1台に付き934〜2,000円の割引が適用されます。 それに比べauひかり電話の月額料金は500円です。 仮に固定電話が不要であったとしてもauスマホを持っていれば最低934円の割引が毎月適用されるので、損は有りません。 詳しくはをご覧ください。 さらに、窓口によってはauひかり電話の加入で キャッシュバック額が増額されるケースもあります。 たとえば、人気代理店の では、auひかりのみの申し込んだ際のキャッシュバック額は45,000円です。 しかし、auひかり電話も申し込むと7,000円が増額され、52,000円を受け取れます。 auひかりの電話のみの契約は可能? auひかりのひかり電話はNTT加入電話と比べても基本料金が非常に安く魅力的です。 しかし、500円の低価格の基本料金のみで固定電話を使う場合、必ずauひかりインターネット回線の申し込みが必要となってしまいます。 インターネット回線が不要だと言う人にとっては、逆に月額料金が高くなってしまい、お得とは言えないでしょう。 しかし、auひかり電話には電話のみ契約するプランが存在します。 ただ、これには条件があり、場合によっては電話のみの契約ができない事もあるので注意が必要です。 基本的に電話のみの契約が出来るのは、auひかりマンションタイプで、 配線方式がVDSLまたは、LAN配線でのみ利用が出来ます。 マンションギガやマンションギガミニでは電話のみの契約は出来ません。 現在お住まいのマンションで導入されているauひかりのマンションタイプを確認するには、 をご覧ください。 また電話のみの契約をする場合、月額料金は500円で使う事はできません。 基本料金は上がり、 月額1,400円で利用できます。 これでもNTTの加入電話で毎月1,700円払うのと比べたら多少割安で使う事ができるでしょう。 auひかりの電話残しをする場合 現在auひかりを使っていて、電話だけ残したい方は注意が必要です。 auひかりの電話のみのプランを使うためには、マンションタイプの他に、プロバイダをauonenetで使っている必要があります。 auonenet以外のプロバイダを使っている場合、auひかりを一度完全に解約し、再度auonenetで申し込みしなおさなければなりません。 そのため、解約に伴い工事費の残金を支払ったり、再契約の際も新たに工事費が発生してしまいます。 auひかり電話にはデメリットも存在する! 固定電話の基本料金が安くなり、スマホとのセット割も適用されるauひかり電話ですが、良いことだけではありません。 光回線を使った電話であることで、特有のデメリットも存在します。 詳しくはも参考にしてください。 例えば、 auひかり電話には発信できない電話番号があります。 コレクトコールや話中調べ、伝言ダイヤルなどが代表的でしょう。 一般的に使用頻度が低い番号ではありますが、人によっては不便を感じる方もいるかもしれません。 また、auひかり電話の弱点として停電時に通話ができない点もデメリットです。 通常のアナログ電話であれば、電話機がコンセントに繋がっていなくても通話することができます。 auひかり電話でも電話機自体にはコンセントに繋がっていなくても問題ありません。 しかし、電話機は必ずauひかりのホームゲートウェイと呼ばれる宅内機器に接続する必要があります。 このホームゲートウェイは電源が必要なので、コンセントに繋がっていないと全く役に立たないのです。 そのため、 auひかり電話は停電の時に通話ができなくなってしまうので注意が必要です。

次の