ホール ガーメント マスク。 ホールガーメントのニットマスク 無縫製 3D立体マスク 綿100% 繰り返し使える 肌にやさしい WHOLEGARMENT プレゼント ギフト おもしろ雑貨 メール便OK :knitmsk:腕時計アクセサリーのシンシア

FREAK'S STORE/フリークスストア ホールガーメント COOLMAXマスク/クールマックス【一部予約商品:グレー、ベージュ7月中旬予定】

ホール ガーメント マスク

rakuten. jp 商品仕様 洗える立体型マスク 外出する際のエチケットとしてご使用ください。 濡れた状態での放置はお避けください。 塩素系漂白剤で消毒される時は0. 1%以下の濃度にて浸漬した後、水道水にてすすぎ脱水乾燥して ください。 色物はくり返し処理をすることにより、退色する場合があります。 クレジットカード 手数料当店負担 2. 銀行振込 手数料お客様負担 3. 代金引換 代引手数料お客様負担 4. セブンイレブン(前払)(手数料当店負担) 5. ローソン・郵便局ATM等(前払)(手数料当店負担) 6. rakuten. jp 【営業時間】 月〜金(9:00〜17:00) 【定休日】 土曜・日曜・祝日 【ネット注文】 24時間年中無休.

次の

【楽天市場】セール中¥1500→¥980(税抜)【縫い目のない3Dニットマスク】洗えるマスク 男女兼用 無地 ホールガーメント 無縫製 ストレッチ素材 日本製 予防:テブクロイチバ

ホール ガーメント マスク

いま注目の「ホールガーメント」という技術をご存じだろうか。 和歌山県に本社があるニット編み機の大手メーカー、島精機製作所が開発した独自の先端技術で、ユニクロが2018年9月に販売開始した「3Dニット」もこの仕組みによって生み出された。 全自動で1本の編み糸から1着のニット服を丸ごと編み上げる技術は、まさに日本が生んだイノベーションだ。 テクノロジーの力でものづくりの可能性を広げる同社の取り組みは、メイド・イン・ジャパンの製品にどんな付加価値を与えていくのか。 島 三博社長に聞いた。 手袋からニット服へ、どのように発展していったのでしょうか。 島:手袋編み機の自動化が私たちの事業のスタートです。 昔の手袋というのは、指の1本1本や手の甲などのパーツを別々に編み、それらを職人が手作業でつなぎ合わせていました。 そこで弊社の創業者であり現会長の島正博が1964年に開発したのが、糸1本から継ぎ目なく自動で編み上げる「全自動手袋編み機」でした。 さらに、その技術を応用して、当時、技術的に困難だったポロシャツなどの衿の自動編み機を1967年に開発したことを入り口に、ニット製品の生産に用いる横編み機メーカーとしての土台を築いていったのです。 これも、きっかけは原点の手袋でした。 手袋を上下さかさまにして、親指と小指を両袖に、中の3本をまとめて胴体に見立てるとタートルネックセーターのような形になります。 そこに目をつけた島会長が、手袋でできるんだったらセーターでもできるはず、と開発に取り組んだのです。 島:ホールガーメントは、糸とデザインプログラムをセットすれば、編み機からデザインどおりのニット服が一着丸ごと、ほぼ完成品に近い状態で出てきます。 1本の糸が一筆書きの要領で編み上がるのです。 最新のホールガーメント横編み機はシンプルなセーターであれば、1枚30分ほどで編み上がります。 そのメリットの一つは省力化です。 従来のニット製品は基本的に、前身ごろ、後身ごろ、袖、襟といった個別のパーツを別々に編んだ後、それらを縫い合わせて完成させます。 ニット特有の縫い合わせの手法は「リンキング」と呼ばれ、生地を重ね合わせてニットのループを一つずつつないでいく緻密な作業です。 無縫製のホールガーメントではリンキングがいらない分、製造コストは大幅に下がり、工程のリードタイムが短縮されて生産量が上がるのです。 ホールガーメントによるニット製造の様子 島:加えて、環境面やデザイン性でもアドバンテージがあります。 さらに、パーツを縫い合わせる必要がないので、縫いしろも発生しない。 この縫いしろだけで、セーター1着につきA4サイズ程度のロスが出ます。 これがなくなった分だけ軽く、縫い目のゴワつきもなくなり、ニット特有の自然な伸縮性が生かされて格段に着心地が良くなるのです。 また、フレアスカートやワンピースなどの三次元の形状も一気に縫わずに仕上げることができるので、デザインの自由度が極めて高いという特徴もあります。 島:ホールガーメントを発表した当時は、海外からも驚きを持って受け止められ、「東洋のマジック」だと高く評価されました。 でも、実は、初号機はそれほど売れなかったんです。 機械が高価なうえに、編み上げる時間もかかり、1着当たりのコストが合わなかったようです。 それに手袋編み機の仕組みをベースにしていたため、Tシャツのような表面も裏面も同じ型紙を合わせただけの単純なニット製品しか作ることができませんでした。 これでは店頭価格が安くなり、なおさらコストに合いません。 コンピューター横編み機を製造する作業員。 島精機では、ホールガーメント横編み機以外のコンピューター横編み機も出荷台数が伸びている 島:ホールガーメントは、いまも進化を続けています。 これまでに取得した特許は累計2000件を超え、現在も年間100件程度を新しく申請しています。 同じ機械でまったく方向性の違うニット製品が作れるのは驚きです。 島:機械は同じでも、使用する素材、デザイン性、編み方などの組み合わせは無限大です。 私たちのデータベースには50万通り以上の編み方があり、それを顧客に提供しています。 さらにハイブランドでは、彼ら自身が独自の編み方を開発して、非常にマニアックな使い方で、誰も見たことがないような製品を生み出しています。 ハイブランドは、素材や編み方など一つひとつに莫大なコストをかけて研究し、高いデザイン性やクオリティを生み出しているのです。 島:日本のファッション業界が今後進んでいく方向性の一つとして、オンデマンド販売があります。 2018年9月にパリで開かれたニットの展覧会でファーストリテイリング会長兼社長の柳井 正さんは、オンデマンドについて「将来的には、お客さまの注文に応じて一つずつの商品を作れるようになる。 極論すれば、工場から個々の人々に商品を送ることができる」と、その展望を語りました。 島:ユニクロだけでなくファストファッション業界は少しずつ、「消費者が買いたいものを買いたい時にすぐに届ける」というオンデマンドの世界をつくっていきたいと考えています。 それは人件費の安い地域での大量生産では対応できないし、輸送コストも時間もかかる。 そのとき、ホールガーメントの出番があるのかなと思っています。 これも、オンデマンドの方向性と関連するのですか? 島:これはニット服のデザインから生産まで、一貫したシステムの中で完結させるというコンセプトで、オンデマンドの方向性とも合致しています。 弊社では横編み機を開発する一方で、時代はだんだんとファッションの多様化・個性化の方向に進んでいくと感じていました。 そこで横編み機で生産するニット服を効率よくデザインするために、コンピューターグラフィックシステムの開発を進めて誕生したのが、1981年に発表した「SDS-1000」というデザインシステムです。 デザインシステムはその後も進化を続けていますが、いまでは柄作成だけでなく、配色や生地の素材選びをすべてシステム上で行い、それを画面上のリアルな3Dシミュレーションで確認することができます。 さらに現在、そこで完成したデザインデータをホールガーメントとリンクさせて、生産まで自動的に直結させるシステムの開発を進めています。 今後、あらゆるモノがインターネットでつながるIoT化が進めば、たとえば、店頭の売れ行きからシステムが自動的に工場でいつ何をどれくらい作るのか判断するような時代がくるでしょう。 そのとき、デザインから生産まで一貫して管理できる弊社のシステムは大きな強みになるといえます。 島:最近ではアパレル業界以外で、スニーカーのアッパー(ソール以外の部分)素材にも使われています。 それまでのシューズアッパーは、いくつかのパーツを縫い合わせて作っていましたが、ホールガーメントならば一体的に作ることができる。 1グラムでも軽いシューズが欲しいというスポーツ選手はもちろん、靴下感覚で履くことができるので、一般ユーザーにもニーズが広がっています。 宇宙では体液の循環が変わるため、体形が変化して地上で着ていた服が着られないこともあるが、ホールガーメントで作られた製品であれば対応可能 将来的には、もっと意外な分野でもこの技術を活用できるのではないかと考えています。 たとえば、グラスファイバーやカーボンファイバーなどのハイテク素材も糸状にすれば編み機で使用できます。 これを自動車のパーツなどに使えば、軽量化につながり、燃費改善による二酸化炭素(CO2)の削減など新たな社会貢献につながるのでは、と構想しているところです。 日本のものづくりは、ずっと守り続けていかなければなりません。 私たちの顧客にも、生産コストの安い海外に出て行かずに日本でものづくりをしていきたい、というメーカーが少なからずあります。 ただ、先進国は普通のセーターを作っているだけでは無理でしょう。 そこでは、より付加価値の高い製品を作る必要があります。 たとえば、服にセンサーを縫い込んだ「スマートウェア」などです。 センサーは肌にピタリとついていないと正確に動作しないので、オンデマンドと同様に細かな個対応が求められます。 日本のアパレルメーカーのものづくりが、究極的には個対応に向かうべきなのは間違いありません。 尖ったアイデアを積極的に取り入れ、ほかにはない製品を作るところだけが生き残っていくのだと思います。

次の

ユニクロも惚れ込んだ独自技術 ホールガーメントで世界に挑む「島精機製作所」

ホール ガーメント マスク

いま注目の「ホールガーメント」という技術をご存じだろうか。 和歌山県に本社があるニット編み機の大手メーカー、島精機製作所が開発した独自の先端技術で、ユニクロが2018年9月に販売開始した「3Dニット」もこの仕組みによって生み出された。 全自動で1本の編み糸から1着のニット服を丸ごと編み上げる技術は、まさに日本が生んだイノベーションだ。 テクノロジーの力でものづくりの可能性を広げる同社の取り組みは、メイド・イン・ジャパンの製品にどんな付加価値を与えていくのか。 島 三博社長に聞いた。 手袋からニット服へ、どのように発展していったのでしょうか。 島:手袋編み機の自動化が私たちの事業のスタートです。 昔の手袋というのは、指の1本1本や手の甲などのパーツを別々に編み、それらを職人が手作業でつなぎ合わせていました。 そこで弊社の創業者であり現会長の島正博が1964年に開発したのが、糸1本から継ぎ目なく自動で編み上げる「全自動手袋編み機」でした。 さらに、その技術を応用して、当時、技術的に困難だったポロシャツなどの衿の自動編み機を1967年に開発したことを入り口に、ニット製品の生産に用いる横編み機メーカーとしての土台を築いていったのです。 これも、きっかけは原点の手袋でした。 手袋を上下さかさまにして、親指と小指を両袖に、中の3本をまとめて胴体に見立てるとタートルネックセーターのような形になります。 そこに目をつけた島会長が、手袋でできるんだったらセーターでもできるはず、と開発に取り組んだのです。 島:ホールガーメントは、糸とデザインプログラムをセットすれば、編み機からデザインどおりのニット服が一着丸ごと、ほぼ完成品に近い状態で出てきます。 1本の糸が一筆書きの要領で編み上がるのです。 最新のホールガーメント横編み機はシンプルなセーターであれば、1枚30分ほどで編み上がります。 そのメリットの一つは省力化です。 従来のニット製品は基本的に、前身ごろ、後身ごろ、袖、襟といった個別のパーツを別々に編んだ後、それらを縫い合わせて完成させます。 ニット特有の縫い合わせの手法は「リンキング」と呼ばれ、生地を重ね合わせてニットのループを一つずつつないでいく緻密な作業です。 無縫製のホールガーメントではリンキングがいらない分、製造コストは大幅に下がり、工程のリードタイムが短縮されて生産量が上がるのです。 ホールガーメントによるニット製造の様子 島:加えて、環境面やデザイン性でもアドバンテージがあります。 さらに、パーツを縫い合わせる必要がないので、縫いしろも発生しない。 この縫いしろだけで、セーター1着につきA4サイズ程度のロスが出ます。 これがなくなった分だけ軽く、縫い目のゴワつきもなくなり、ニット特有の自然な伸縮性が生かされて格段に着心地が良くなるのです。 また、フレアスカートやワンピースなどの三次元の形状も一気に縫わずに仕上げることができるので、デザインの自由度が極めて高いという特徴もあります。 島:ホールガーメントを発表した当時は、海外からも驚きを持って受け止められ、「東洋のマジック」だと高く評価されました。 でも、実は、初号機はそれほど売れなかったんです。 機械が高価なうえに、編み上げる時間もかかり、1着当たりのコストが合わなかったようです。 それに手袋編み機の仕組みをベースにしていたため、Tシャツのような表面も裏面も同じ型紙を合わせただけの単純なニット製品しか作ることができませんでした。 これでは店頭価格が安くなり、なおさらコストに合いません。 コンピューター横編み機を製造する作業員。 島精機では、ホールガーメント横編み機以外のコンピューター横編み機も出荷台数が伸びている 島:ホールガーメントは、いまも進化を続けています。 これまでに取得した特許は累計2000件を超え、現在も年間100件程度を新しく申請しています。 同じ機械でまったく方向性の違うニット製品が作れるのは驚きです。 島:機械は同じでも、使用する素材、デザイン性、編み方などの組み合わせは無限大です。 私たちのデータベースには50万通り以上の編み方があり、それを顧客に提供しています。 さらにハイブランドでは、彼ら自身が独自の編み方を開発して、非常にマニアックな使い方で、誰も見たことがないような製品を生み出しています。 ハイブランドは、素材や編み方など一つひとつに莫大なコストをかけて研究し、高いデザイン性やクオリティを生み出しているのです。 島:日本のファッション業界が今後進んでいく方向性の一つとして、オンデマンド販売があります。 2018年9月にパリで開かれたニットの展覧会でファーストリテイリング会長兼社長の柳井 正さんは、オンデマンドについて「将来的には、お客さまの注文に応じて一つずつの商品を作れるようになる。 極論すれば、工場から個々の人々に商品を送ることができる」と、その展望を語りました。 島:ユニクロだけでなくファストファッション業界は少しずつ、「消費者が買いたいものを買いたい時にすぐに届ける」というオンデマンドの世界をつくっていきたいと考えています。 それは人件費の安い地域での大量生産では対応できないし、輸送コストも時間もかかる。 そのとき、ホールガーメントの出番があるのかなと思っています。 これも、オンデマンドの方向性と関連するのですか? 島:これはニット服のデザインから生産まで、一貫したシステムの中で完結させるというコンセプトで、オンデマンドの方向性とも合致しています。 弊社では横編み機を開発する一方で、時代はだんだんとファッションの多様化・個性化の方向に進んでいくと感じていました。 そこで横編み機で生産するニット服を効率よくデザインするために、コンピューターグラフィックシステムの開発を進めて誕生したのが、1981年に発表した「SDS-1000」というデザインシステムです。 デザインシステムはその後も進化を続けていますが、いまでは柄作成だけでなく、配色や生地の素材選びをすべてシステム上で行い、それを画面上のリアルな3Dシミュレーションで確認することができます。 さらに現在、そこで完成したデザインデータをホールガーメントとリンクさせて、生産まで自動的に直結させるシステムの開発を進めています。 今後、あらゆるモノがインターネットでつながるIoT化が進めば、たとえば、店頭の売れ行きからシステムが自動的に工場でいつ何をどれくらい作るのか判断するような時代がくるでしょう。 そのとき、デザインから生産まで一貫して管理できる弊社のシステムは大きな強みになるといえます。 島:最近ではアパレル業界以外で、スニーカーのアッパー(ソール以外の部分)素材にも使われています。 それまでのシューズアッパーは、いくつかのパーツを縫い合わせて作っていましたが、ホールガーメントならば一体的に作ることができる。 1グラムでも軽いシューズが欲しいというスポーツ選手はもちろん、靴下感覚で履くことができるので、一般ユーザーにもニーズが広がっています。 宇宙では体液の循環が変わるため、体形が変化して地上で着ていた服が着られないこともあるが、ホールガーメントで作られた製品であれば対応可能 将来的には、もっと意外な分野でもこの技術を活用できるのではないかと考えています。 たとえば、グラスファイバーやカーボンファイバーなどのハイテク素材も糸状にすれば編み機で使用できます。 これを自動車のパーツなどに使えば、軽量化につながり、燃費改善による二酸化炭素(CO2)の削減など新たな社会貢献につながるのでは、と構想しているところです。 日本のものづくりは、ずっと守り続けていかなければなりません。 私たちの顧客にも、生産コストの安い海外に出て行かずに日本でものづくりをしていきたい、というメーカーが少なからずあります。 ただ、先進国は普通のセーターを作っているだけでは無理でしょう。 そこでは、より付加価値の高い製品を作る必要があります。 たとえば、服にセンサーを縫い込んだ「スマートウェア」などです。 センサーは肌にピタリとついていないと正確に動作しないので、オンデマンドと同様に細かな個対応が求められます。 日本のアパレルメーカーのものづくりが、究極的には個対応に向かうべきなのは間違いありません。 尖ったアイデアを積極的に取り入れ、ほかにはない製品を作るところだけが生き残っていくのだと思います。

次の