あおり 運転 逮捕。 高速道路であおり運転した疑い 45歳会社役員を逮捕:朝日新聞デジタル

あおり運転は逮捕につながる重大違反!該当する罪と罰則を解説|交通事故弁護士ナビ

あおり 運転 逮捕

この記事のもくじ• | どうせなら欠格期間も延長して欲しい | さて、世の中ではさんざん報道が行われているにもかかわらず、減る気配を見せないのがあおり運転。 今回はトラック運転手の男(42)が道路交通法違反(あおり運転)容疑で東京地検に書類送検されたと報道されていますが、これは6月30日に施行された「あおり運転(妨害運転)罪」の初適用。 読売新聞オンラインによると、6月30日午後5時半(施行当日か・・・)に環状7号を運転中、会社員(24)の運転する軽自動車との車間距離を4. 5メートルまで詰めて約1. 3キロも走り、2分間クラクションを鳴らし続けた上、さらにその軽自動車の前に割り込ませた、と報じられています。 なお、このトラック運転手の男は「後ろから来た軽乗用車に車間距離を詰められ、カッとなった」と語っており、軽自動車を停めて路上で男性を怒鳴りつけるなどし、目撃者が110番通報してくれたようですね。 あおり運転(妨害運転)罪とはどういった際に適用されるのか そこで6月30日から適用された「あおり運転(妨害運転)罪」ですが、これは(交通事故等に比較しても)相当な厳罰。 ただし「意図的に相手に攻撃を加える」という点においては「(起こす気がないのに)事故を起こしてしまった」のとはまったく異なる次元の悪質さを持っていて、よって厳罰も当然だと考えています。 ここでその内容をおさらいしてみたいと思いますが、概要は下記の通り。 他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反行為(下記参照)を行うことは、交通指導取締りの対象となります。 違反した場合、下記が科せられます。 ・3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 ・違反点数25点 ・運転免許の取消し(欠格期間2年、前歴や累積点数がある場合には最大5年) さらに、上記違反行為によって著しい交通の危険を生じさせた場合、下記が科せられます。 なお、前歴がナシの場合は6~8点で30日の免停、9~11点で60日の免停、12~14点で90日の免停、そして15点以上になると運転免許「取り消し」。 つまり、今回のトラックドライバー(42)は有罪になれば一発免停となり、欠格期間(再度免許を取得できるようになるための期間)は最低でも2年(前歴によってはさらに長くなる)。 そして職業がトラック運転手ということは、同時に「職を失う」ということを意味し、一瞬の怒りが人生をも台無しにしてしまったということになりますね。 あおり運転は身近にある なお、ぼくは過去には何度かこういったあおり運転を「された」ことがあり、多かったのは日産パオ、そしてBMW i3。 いずれもコンパクトカーということになりますが、経験上コンパクトカーやエコカーは煽られやすいように思います。 つまり、他人に対して敬意を払えない人間があおり運転を行うのだと考えていますが、バイクに乗る身としては、「ライダーはお互いに敬意を払っているので」バイク同氏のあおり運転は(ゼロではないけれど)ほぼ無いんじゃないか、とも考えています。 なお、日本だと女性ドライバーがあおり運転を行うことはまずないと思われ、しかもクルマを降りて相手ドライバーをなじることはないと認識していますが、中国ではポルシェに乗ったセレブ風女性が大衆車に進路を邪魔され、その大衆車のドライバーに歩み寄って平手打ちを食らわせた、という事件も発生しています。 参照:, ,.

次の

あおり運転で逮捕されるケースとは?厳罰化は効果ある?

あおり 運転 逮捕

茨城県守谷市の常磐自動車道であおり運転をした後、停車させて男性会社員を殴りけがを負わせた事件で、県警は18日、傷害容疑で指名手配していた会社役員の宮崎文夫容疑者(43)=大阪市東住吉区桑津1丁目=を大阪市内で逮捕し、発表した。 捜査関係者によると、宮崎容疑者は殴ったことを認めているという。 県警はあおり運転の際に同乗していた交際相手の会社員喜本(きもと)奈津子容疑者(51)=同=も、犯人蔵匿・隠避の疑いで逮捕した。 県警によると、宮崎容疑者は10日午前6時15分ごろ、守谷市大柏の常磐自動車道上り線の守谷サービスエリア付近で、前方を走っていた男性会社員(24)=茨城県阿見町=運転の乗用車をあおった後、前方に割り込み無理やり停車させた上で降車。 男性に対して「降りてこいや。 殺すぞ」などと怒鳴りつけ、運転席の窓から拳で男性の顔面を複数回殴打し、顔などにけがを負わせた疑いがある。 宮崎容疑者はその後行方がわからなくなっていた。 18日に大阪市内で身柄を確保され、19日未明、茨城県警取手署に移送された。 男性は現場から110番通報し、11日に傷害罪で被害届を提出した。 一方、県警によると喜本容疑者は、宮崎容疑者が指名手配中であることを知りながら自室マンションにかくまい、食事を購入して提供した疑いがある。 捜査関係者によると、喜本容疑者は、守谷市の事件現場にいたことを認めているという。 宮崎容疑者が乗っていた車は、….

次の

【動画あり】常磐道あおり運転、逮捕の男「自分から出頭させて」最後まで抵抗

あおり 運転 逮捕

「あおり運転」が原因で発生した死亡事故のニュースを受け、全国的に警察によるあおり運転取り締まりがより強化されたことは、ご存じのとおりです。 車社会である新潟には、北陸道、日本海東北自動車道をはじめとした高速道路や新潟バイパスなど、交通量が多い道路が多数存在しています。 急いでいたせいで、ついあおり運転のような運転をしてしまった……という経験がある方もいるかもしれません。 日常的に運転する中であおり運転をしてしまったら、どのような罪で逮捕されるのか、ご存じでしょうか。 今回は、あおり運転で逮捕される可能性や、暴行罪で重く処罰されるケースなど、あおり運転によって逮捕されてしまったときの対処法などを、弁護士が解説します。 あおり運転とは、特定の車の運転手に自分の車を前に出させるように強要したり、わざと運転を妨害したりする行為を指します。 具体的に、どのような罪に問われる可能性があるのかを知っておきましょう。 (1)事故にならなくても逮捕されるあおり運転行為とは あおり運転は、重大事故を引き起こす可能性がある危険運転です。 そのため、交通事故を引き起こさなくても、あおり運転とみなされる運転行為をしただけで「道路交通法違反」や刑法の「暴行罪」に問われる可能性があります。 さらに、あおり運転の結果、事故が起き、相手が負傷したり亡くなったりした場合には、「危険運転致死傷罪」や「殺人罪」といった非常に重い刑罰が科される可能性もある犯罪類型です。 (2)道路交通法違反にあたるあおり運転行為とは 道路交通法では、車両の運転者が守るべきルールを定めた法律です。 「あおり運転」に関しては、「あおり運転罪」などの設定があるわけではありません。 しかし、 あおり運転とみなされる個別の運転行為が、そもそも既存の「道路交通法」の規定に違反することになります。 実際に、よくあるあおり運転の行為から、道路交通法で定められたルールと罰則をご紹介します。 具体的には、一般道で「時速40キロで走行中のときは25メートル」、「時速60キロで走行中のときは45メートル」、高速道で「時速80キロで走行中の車の安全な車間距離は80メートル」です。 意外に広いと思われた方もいるかもしれませんが、この距離よりも接近した場合は、車間を詰めすぎたあおり行為とみなされることがあります。 車間距離を詰めすぎる運転行為は、道路交通法第26条に定められた「車間距離不保持違反」として取り締まりの対象となります。 <警音器使用制限違反(法54条)の罰則> 5万円以下の罰金 <減光等義務違反(法52条)の罰則> 5万円以下の罰金• (3)暴行罪にあたるあおり行為とは 「暴行罪」は、刑法第208条に定められた犯罪で、「不法な有形力の行使」を行い、相手が負傷しなかったとき、問われる罪です。 ここで示される「暴行」は、実際に相手を殴る蹴るという暴力だけではありません。 直接、相手に触れなくても、「わざとぶつけないように石を投げる」など、 相手に不法な力を加え、相手がケガをする可能性がある行為であれば暴行にあたるとみなされることになります。 あおり運転は、相手の車にぶつからなくても車間距離の接近、幅寄せ、威嚇といった行為が、「有形力の行使」にあたります。 そのため、あおり運転行為によって交通事故となり、相手がケガをしたり死亡したりするような危険を招く可能性があるケースでは、暴行にあたるとみなされることになるのです。 昨今のあおり運転の事故の増加をふまえて、平成30年の1月に警察は、あおり運転について積極的に暴行罪などの刑法を適用するよう通達が出され、取り締まりが進んでいます。 次のようなあおり運転行為が、たとえ事故に至らなくても暴行罪にあたると判断される可能性があります。 前を走る車の前に急に割り込み、相手車両を減速させた• 高速道路で前を走る車に急接近やパッシングをし、割り込みや急減速で相手の運転手を追い越し、車線で急停止させた• 高速道路で右側の車線を走る車に至近距離まで接近して嫌がらせをした• 高速道路を走る特定の車に対して、嫌がらせ目的で大型トラックが幅寄せした• 前方を走る車との車間距離を詰める、蛇行運転をするなどした 道路交通法違反による取り締まりを受けたときは、反則金を支払い、免許の点数制度で加点されることになります。 しかし、反則金で解決できれば前科がつくことはありません。 もし、刑法犯である暴行罪で有罪となれば、たとえ罰金刑であっても前科がつく点が大きな違いになるでしょう。 過失運転致死傷罪にあたると判断されると、7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金が科されます。 相手が負傷した場合は15年以下の懲役、相手を死亡させた場合は1年以上20年以下の懲役にあたる重い罪です。 実際に、平成30年7月には、大学生の被害者が運転するバイクに追い抜かれたことに立腹し、約1キロにわたりあおり運転を続けた挙げ句時速100キロ近くで追突して殺害した事件で、加害者の運転手は殺人罪で起訴されています。 詳しくは以下のコラムをご覧ください。 2、新潟のあおり運転の実態とは あおり運転行為は、現行犯で取り締まりを受けたり、被害者の被害届が提出されたりすることによって、逮捕される可能性があります。 近年は、ドライブレコーダーなどの普及によって、被害者本人だけでなく目撃者からも通報されることもあります。 時折、加害状況がSNSで拡散されてしまうこともあり、そうなれば取り返しがつきません。 もし、あおり運転で逮捕されてしまったときは、どのようになるのか、どう対処すべきかを知っておきましょう。 (1)あおり運転で逮捕された場合の手続きの流れとは 逮捕後、あおり運転をした運転手は「被疑者」として、最長48時間以内の警察の取り調べを受けることになります。 その期間に警察官は事件を検察庁に送致します。 検察へ事件と身柄を送致されると、再び検察官による捜査を受け、引き続き留置場に留めおき捜査を行う「勾留(こうりゅう)」の必要があるかなどを、送致から24時間以内に判断します。 勾留が必要と判断し、裁判官も認めた場合は、10日間から最長20日間、身柄を拘束され続けることになります。 一般の会社員や学生の場合、勾留を免れる、あるいは、勾留後直ちに釈放されれば、会社や学校に逮捕の事実を知られないで済む可能性もあります。 しかし、10~20日の勾留となれば、仕事への影響を避けることは難しくなるでしょう。 (2)あおり運転で裁判になる場合 検察官は勾留期間満了までに事件を裁判にかけるかどうかを決定します。 裁判にかけることを「起訴」と呼びます。 起訴されなければ「不起訴処分」として前科もつかず、すぐに釈放されて事件は終了します。 起訴された場合は、正式裁判になる「公判」か、罰金を払って終わる「略式裁判」かのどちらかになります。 日本では、起訴されると99. 9パーセントが有罪になり、前科がつきます。 罰金を払う略式裁判でも、前科がつくことに変わりはありません。 (3)新潟のあおり運転で弁護士を頼むメリット 逮捕されてしまったとき、日常への影響を最小限に抑えるためには、まずは「身柄の長期拘束」と、「起訴」を回避することを目指すことになります。 勾留が決定するのは、逮捕から72時間以内となるため、早急な対応が求められます。 逮捕から勾留までの間、家族であっても面会は制限され、逮捕された人と面会できるのは弁護士だけとなります。 取り調べに対応するプレッシャーや、早期対応の必要性を考えると、弁護士から取り調べのアドバイスを受けておくことは精神的に大きな助けになります。 また、被害者に対する弁護活動は弁護士しかできません。 特にあおり運転の被害者との示談はとても大きな意味を持ちますが、加害者やその家族が自ら示談交渉しようとすると、脅迫と捉えられてしまい、事態が悪化する可能性もあります。 弁護士を頼むことによって、早期釈放や罪の軽減に向けた活動まで、すべてを任せられるメリットがあります。 4、まとめ あおり運転と、該当する可能性がある犯罪と、逮捕されてしまったときの対応方法を中心に解説しました。 車を運転する以上、誰しも安全運転を心掛けなければなりません。 あおり運転は、大きな事故につながる危険な行為です。 もししてしまった場合は、十分反省をする必要があります。 万が一、新潟であおり運転をして逮捕された場合は、できるだけ早く弁護士に相談し、対応を検討してください。 深く反省していることが加味されれば、日常生活への影響を最小限に抑えられる可能性が高まります。 あおり運転によって逮捕された、もしくは、逮捕される可能性があるときなどは、まずはなるべく早いタイミングでベリーベスト法律事務所・新潟オフィスへ相談してください。 刑事事件対応の経験が豊富な弁護士が、適切な弁護活動を行います。

次の