七夕 短冊 飾り方。 七夕飾りの種類と意味!七つの願いを込める『七つ飾り』って何?

七夕の笹は終わったらどうする?七夕飾りの処分は神社?いつまで飾る?

七夕 短冊 飾り方

五節句の1つに数えられる七夕は、日本古来の年中行事である「棚機(たなばた)」と、中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」が由来していると考えられています。 古代日本の禊の行事・棚機 棚機(たなばた)は古代日本における禊(みそぎ)の行事、つまり 穢れ(けがれ)を清める行事です。 毎年稲の開花時期に合わせて、主に農村部で盛んに行われていたと言われています。 棚機行事では、まず村の乙女が水辺の小屋にこもり、着物を織って棚に供えます。 神様を迎えて豊作を祈り、村の人々の穢れを清めるのです。 着物を織る際に使用されたものが、棚機という機織り機でした。 やがて日本に仏教が伝えられ、棚機はお盆を迎える準備のための行事として旧暦7月に行われるようになりました。 機織りや裁縫の上達を祈る中国の行事・乞巧奠 乞巧奠(きこうでん)は、織姫にあやかり 機織りや裁縫の上達を祈る中国の行事です。 7月7日に庭先の祭壇に針や五色の糸を供え、星に祈りを捧げます。 後の世には、機織りや手芸だけではなく芸事や書道といった手習い事の上達を願う行事となりました。 棚機と乞巧奠が融合し、七夕へ 乞巧奠が奈良時代に日本に伝わると、日本にあった棚機と融合し、七夕(しちせき)と呼ばれる宮中行事になりました。 七夕(しちせき)は、織姫と彦星の逢瀬と詩歌・裁縫の上達を願って星に祈りを捧げ、五色の糸や金銀の針、山海の幸を供える行事です。 供物の祭壇の左右には笹が立てられ、五色の糸がかけられたと言われています。 また、梶の葉に和歌をしたため祀りました。 この五色の糸と梶の葉が、笹飾りの始まりと伝えられています。 室町時代になると、宮中行事である七夕、そして織姫と彦星の物語が民間に伝わりました。 そして、 農村で古来より広く行われていた棚機にちなみ、七夕(たなばた)と読むようになったと言われています。 七夕飾りの意味 七夕飾りに込められた願いは、それぞれの形により異なります。 飾り1つ1つの意味や願いを知ると、より七夕を楽しく過ごせるかもしれません。 折鶴(千羽鶴) 長寿を表す鶴を折り紙で折り、長生きできるように願います。 吹き流し 吹き流しは、織姫に供えた織り糸を表しています。 紙風船やくす玉に五色のテープを貼り付けたものです。 折り紙を輪にし、等間隔に切れ込みを入れて作る場合もあります。 織姫にちなみ、裁縫が上達するように願います。 網飾り 網飾りは魚を捕る漁網(ぎょもう)を表し、大漁を願います。 財布(巾着) 折り紙を財布や巾着の形に折って飾ります。 また、本物の財布を下げることもあります。 金運の上昇を願います。 神衣・紙衣(かみこ) 神衣・紙衣(かみこ)は、紙で作った人形、もしくは着物を飾ったものです。 裁縫が上達し、着るものに困らないように願います。 人形に災いや穢れの身代わりになってもらう意味もあります。 くずかご 七夕飾りを作るときに出た紙くずを、折り紙で折ったかごに入れてつるします。 整理整頓や倹約の心を育む意味があります。 短冊 五色の短冊に願い事を書いて飾ります。 七夕はもともと機織りや裁縫の上達を願う行事のため、物が欲しいという願い事ではなく手習い事の上達を願う方が良いとされています。 五色の短冊の意味 初めは五色の糸を飾っていたことから、江戸時代に転じて五色の短冊が使われるようになりました。 五色は、 「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」のことを指し、古代中国の陰陽五行説に基づいた色です。 陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち、 「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とする説です。 「木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)」を表しています。 この五色を短冊や吹き流しに使用することにより、魔除けの意味を持たせたと言われています。 江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれました。 また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともありました。 おわりに 現在では、七夕は季節の変わり目を祝う年中行事として広く知られています。 しかし最近では、伝統的な方法で四季の移ろいを愛でることは少なくなってきました。 夏の訪れを感じる七夕の夜に七夕飾りと短冊で彩を添え、夜空を見上げながら星に祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。 この記事もチェック• 関連特集•

次の

七夕の短冊の書き方・折り紙飾りの作り方・インスタ映えするグッズも!

七夕 短冊 飾り方

「お姉さんパンツになれますように」 「歯磨きが上手になりますように」 「パパとママとたくさんお話できますように」 パパとママがそれぞれで、 お子さんへの気持ちを短冊に書いてみてください。 七夕の言い伝えには、 機織りが上手な織姫にならって お願いごとをしたというお話があります。 それを思うと、 何かを上達したいことを お願いごとにするのが七夕らしいのかもしれません。 短冊の色に合わせて、 お願いごとの内容を変えるというお話もありますね。 陰陽五行説にもとづいて、 黒(紫)・赤・白・黄・青(緑)の それぞれの意味に合わせるというものです。 この考え方は、 占いや風水、引き寄せの法則などが好きな人は 取り入れてみたら良いと思います。 短冊の飾り方 短冊は、飾りやすくするために穴を開けます。 作り方は、 こちらの動画を参考にして作ってみてください。 星飾り 「星が願いをかなえてくれますように」 菱飾り(ひしかざり) 「菱飾りは、天の川(あまのがわ)を表しています」 紙衣(かみごろも)・吹き流し・三角つなぎ・四角つなぎ 「織姫のように裁縫が上手になりますように」 鶴 「家族の長生きを願って」 提灯(ちょうちん) 「人々の心を明るく照らしてくれますように」 投網(とあみ) 「大漁祈願」 貝飾り・魚 「海の恵みに感謝」 ナス・スイカ 「豊作祈願」 巾着(きんちゃく) 「お金がたまりますように」 屑籠(くずかご) 「お部屋をきれいにできますように」 輪つなぎ 「願いがつづきますように」 折り紙で作れる伝統的な飾り 先ほどの七夕飾りは、折り紙で作ることができます。 動画を集めましたので参考にしてください。 菱飾り(ひしかざり)の作り方 Amazon・楽天で購入できるインスタ映えする今風な飾り お部屋の壁に絵を書いたように見える 「 ウォールステッカー」は、 ご存知でしょうか。 「ウォールステッカー」には、 七夕飾りバージョンもあるんです。 貼ったあとは、 きれいに剥がすこともできます。 「Amazon. jp」と「楽天市場」から3つずつ紹介します。 パーツごとに分かれていて、 レイアウトも自由にできるものを選べば 楽しく飾り付けができます。 また、七夕シーズンは短いもの。 貼ってはがせるタイプなのでササっと準備して 終わったらすぐに片付けることができる点が ママにも嬉しいポイントですね。 まとめ 七夕の言い伝えには、 機織りが上手な織姫にならって お願いごとをしたというお話があります。 短冊には、 「お子さんに上手になってほしいこと」 を書いてみてはいかがでしょうか。 飾り付けの意味を見てみると、 きれいなだけで飾るわけではないようです。 それぞれの家族にとって、 必要な何かを祈願できるような七夕飾りにしてみてください。

次の

【ダイソー100均七夕グッズ】笹や短冊・飾りセット2020!インテリア実例&レシピも

七夕 短冊 飾り方

そのままポイではダメ?七夕の短冊の処分方法は3つある!! 七夕本来の風習では、7月6日に短冊や飾りを付け、翌7日の夜には処分するとされています。 七夕の短冊や笹を処分していいのか迷う方も多いと思われますが、七夕飾りや短冊は、処分して然るべきものなのでご安心を。 処分というと聞こえは悪いですが、「片付ける」ことで、願いを神様に持って行ってもらうという意味があるのです。 七夕の短冊の処分方法としては、大きく分けて3つあります。 次に挙げる処分方法で、行いやすいものを選んでみてくださいね。 神社などで焼いてもらう 神社によっては七夕祭りを催しているところもあり、手近にそういう場所があれば、そこでまとめて焼いてもらうことが出来ます。 「どんど焼き」や「お焚き上げ」と呼ばれる処分方法です。 七夕の短冊を焼くのは、煙に乗って、短冊に書いた願いが天に届けられると考えられているためです。 そう考えると、燃やすことにも抵抗を感じなくなるのではないでしょうか。 そういう習慣のない神社であっても、相談があれば応じてくれる場合もあります。 七夕のシーズンを前に、一度相談してみてもいいでしょう。 神社で燃やしてくれないとなれば、最終的には自分でやるという方法もあります。 周りに迷惑がかからないのであれば、家の敷地内で燃やしてしまうことも可能ではあります。 自分でやるという処分方法は、実際にはあまりおすすめできません。 煙はどこに流れていくのか分からないので、隣家と距離があっても迷惑になる可能性もあります。 住宅密集地、集合住宅ではもっての外です。 飛び火の可能性もありますし、火事と間違われて通報される恐れもあります。 燃やすという処分方法を取りたいなら、神社で焼いてもらうのを念頭に置いておきましょう。 それが叶わなければ、他の2つの処分方法を検討してみてください。 川に流す 地域によっては、「七夕流し」という行事がある場所もあります。 これは、7月7日の夜に、七夕の短冊や飾りを海や川に流すという行事です。 海や川に流すことで、短冊を神様に持って行ってもらうという意味が込められた処分方法だと言われています。 火と水は真逆の存在ですが、どちらの処分方法にも同じ意味があるのは興味深いですね。 こちらの場合も、七夕流しのイベントがある場合にのみ行うことをおすすめします。 そういう風習があるからといって個人的にやってしまうと、ごみの不法投棄として捉えられてしまうかもしれません。 特に最近は環境問題が騒がれていますので、七夕流し自体も少なくなってきていると言われています。 七夕流しのいわれは素晴らしいものではありますが、自分たちの住む場所の環境を守ることも重要ですね。 燃えるごみとして処分する 個人的に燃やすもダメ、個人的に流すのもダメとなれば、一体どうすればいいのか途方に暮れてしまいますね。 その結果、泣く泣くゴミに出すという方も多いのではないでしょうか。 実はそれ、やってもいい処分方法のひとつだということをご存じでしょうか。 昔ながらの処分方法を行えない場合には、燃えるごみとして処分する方法もあるのです。 ごみならばと、適当に捨ててしまうのは忍びないですね。 燃えるごみとして捨てる場合にも、七夕の短冊に相応しい処分方法があります。 まず、短冊や飾りを付けた笹は、コンパクトにまとめます。 そのままではゴミ袋から突き出て危ないですし、ごみ収集の方にも迷惑をかけてしまいます。 スポンサーリンク 場所がなくても大丈夫!手作りで七夕を楽しむ3つの方法をご紹介! 七夕というイベントを楽しみたくても、場所がなくてできないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 小さなアパート住まいだと、家の外に笹を飾るのも大変になってきますよね。 また、七夕飾りや短冊を燃えるゴミに出したくない!ということもあるでしょう。 そういう人は、七夕を諦めるしかないのでしょうか。 特に小さな子がいる場合、七夕などの伝統行事を教えていくのは意味のあることです。 こちらでは、 笹なしでも七夕気分を味わえる、3つの方法をご紹介しちゃいます! 笹を飾れなくても、七夕に挑戦することはできるのです! 壁をデコレーション 意外と見逃しがちなのが、 壁を使って七夕らしいデコレーションをすることです。 七夕をモチーフにした壁飾りなども市販されていますが、実はもっとお手軽でオリジナル感のある飾りつけができるんです。 その一例としてご紹介するのが、 マスキングテープを使うやり方です。 マスキングテープは粘着力が弱いので、壁に貼っても簡単にはがせるのがメリットです。 そんなマスキングテープを使って、壁に笹を作ってみましょう。 やり方は、さほど難しくはありません。 マスキングテープを、笹に見立てて壁に貼っていくだけです。 まず軸となる部分を貼り、それを元に枝分かれした部分を貼っていくとバランスよく仕上がります。 太めのマスキングテープで星を作ったり、七夕にちなんだ飾りを再現して、笹を飾りましょう。 短冊を書いてその笹に吊るしているかのように貼りつければ、本物の笹はなくても、立派な七夕飾りの完成です。 壁に貼って楽しむアイデアとして、このようなものもあります。 七夕らしい包装紙を用意し、そこを好きにデコレーションするのです。 特に子どもがいる場合には、好き勝手に飾らせることが出来るのでおすすめですよ。 包装紙をベースに、折り紙で作った飾りを飾ったり、絵を描いたりしても楽しいでしょう。 ハンドメイドの笹 手先の器用さに自信があるなら、 ハンドメイドで笹を作ってみてはいかがでしょう。 ミニチュアにすれば作業時間も短縮できますし、飾るにも場所を取りません。 針金で幹や枝の部分を作り、笹の葉部分は紙で作るといいでしょう。 この時に和紙を使うと、より笹らしい仕上がりになりますよ。 笹が完成したら、土台にそれを挿します。 粘土で作ってもいいですし、箱などに重しを入れてもいいでしょう。 ミニチュアの笹が完成したら、そこに思い思いの飾りつけをするだけです。 小さく作られた七夕飾りは、インテリア性も高いことでしょう。 しっかりした材料で作れば、翌年以降も使えます。 処分する七夕飾りの量も減って、一石二鳥ではないでしょうか。 粘土細工 もっともっと器用さに自信がある方は、思いきって 粘土細工で七夕風の飾りを作ってみてはいかがでしょう。 織姫と彦星の他、星や天の川など、七夕をモチーフにした置物を作って飾れば、笹がなくても七夕気分が盛り上がります。 七夕を演出できるような雑貨を探すのは、意外と難しかったりします。 可能なら、自分で作ってみるというのもありですよ。 作るということから既に、七夕が始まっているとも考えられます。 そういう意味では、長く七夕を楽しむことが出来るでしょう。 手先の器用な大人が本格的に造形するのもいいですし、子どもにやらせてみるのもいいですね。 親子共に楽しめる、新しいタイプの七夕飾りと言えるでしょう。 このように、本物の笹がなくても、七夕は十分楽しめます。 小さな子どもと一緒でも楽しめるアイデアですので、たまにはこういう方法で七夕をやるのもおすすめですよ。 まとめ 子どもにとっての季節の行事は、成長していく上で大切なものだと考えています。 息子の保育園でも七夕をやるようで、毎年、本人の作った飾りと短冊の付いた笹を一枝持って帰ってきます。 近所でお焚き上げや七夕流しはやっておらず、何となく疑問に思いながらも、可燃ごみとしてそれらを処分していたという人も多いでしょう。 次からは、白い紙に包むようにするといいですね。 同じ「処分する」という行為でも、そのひと手間をかけるかどうかで感じ方が変わるはずです。 どうしても処分に抵抗のある方は、飾りや短冊を残しておくという方法もありますよ。 アルバムやファイルなどに入れてとっておけば、後から見返すことも出来ます。 小さい頃はやけにファンタジーなお願い事をしていたのに、大きくなったら現実的なお願いになった。 というように、子どもの成長を七夕の短冊を通して感じるのも面白いですね。

次の