盾 の 勇者 の 成り上がり 25。 盾の勇者の成り上がり

【盾の勇者の成り上がり 25話(最終回) 感想】尚文とラフタリアがついに…最後だからね!【アニメ感想】

盾 の 勇者 の 成り上がり 25

異世界の勇者たちが全然憎めない グラス、ラルク、テリスたちは異世界の勇者ということで、尚文達とは敵対関係にある。 尚文達と同様、彼らにも守るべきものがあり、その実力も確かなもの、そして何より勇者としての風格も備わっている。 尚文達は短い間とはいえ、ラルクとテリスの二人とはカルミラ島でともに過ごしたこともあり、彼らの人となりはそれなりに知っている。 それはラルク達も同様。 だから、彼らは敵対関係にありながらも、その間には一切の憎しみはなく、戦いの最中においても相手の力量を認め合うことができるんですね。 同じ世界の三バカ勇者たちよりも、よほど好感度が高い。 というか三バカ勇者に対する好感度はゼロだよ。 むしろマイナスだよ。 三バカ勇者はグラスの爪の垢でも煎じて飲んでむせればいい。 尚文はこの世界で生きていく• 元の世界へ戻るか?• この世界で生きていくか? この2つの思いの間でずっと揺れ続けてきた尚文だったんですけど、結果的に尚文はこの異世界で生きていくことを決意するんですね。 なんだかんだ言って、尚文はラフタリアを放ってはおけないんですよね。 最初は自分がいなくなってもラフタリアがこの世界で生き続けていけるようにいろいろと思いを巡らしていたわけなんですけど、ラフタリアが本当に望むのは尚文とともにあり続けること、ただそれだけ。 なんせラフタリアは尚文の剣ですから。 その思いはどこまでも強く、一貫している。 だから、セーアエット領は自分がいなくなった後のためではなく、ラフタリア達とともに新たに「ゼロ」から始めるための出発点。 尚文はこの世界で生きていく…ラフタリアとともに.

次の

【盾の勇者の成り上がり 25話(最終回) 感想】尚文とラフタリアがついに…最後だからね!【アニメ感想】

盾 の 勇者 の 成り上がり 25

グラスとの戦いの決着は… 扇を持った女性・グラスと戦う尚文。 グラスはテリスの宝石を用いた魔法との合成技でも尚文を倒せないことで、尚文の実力の認識を改めた模様。 SPを吸収するソウルイーターシールドにやけに警戒したグラスを見て、何かを思いついた尚文。 ラルクとテリスはラフタリアたちに任せ、尚文はグラスを誘いだし一騎打ちの状態に。 グラスはラルクたちと同じ異世界の勇者で、扇(おうぎ)の勇者とのこと。 ちょっと勇者の数が多すぎやしませんかねぇ…。 複数の盾のコンボで、ソウルイーターシールドでグラスのSPを吸い取ることに成功した尚文。 普通の人相手に使うとSPを吸い取るだけだが、グラスは体力も吸い取られる模様? ということで優勢となった尚文が休戦を申し出るも断るグラス。 元の世界を救うためにやけに必死になってるみたいだけど、尚文を倒したら救われる世界ってどういう理屈なのよ…。 「この世界を救いたいなら私を倒せ」 とのグラスの言葉に尚文が同様している間に、ラルクから薬を受け取り回復するグラス。 この世界を救う本当に理由が見つからなかった尚文も、ラフタリアの言葉で気付いた様子。 グラスの最後の一撃に対し、自身を犠牲にする覚悟でラースシールドに切り替える尚文。 この世界を救う為、というよりは、ラフタリア・フィーロ・メルティを救う為に覚悟を決める尚文、なかなか熱い。 発動者自身も瀕死となるブラッドサクリファイスを発動させようとした瞬間、メルロマルク女王の指示によってルコルの実が詰まった樽が投下。 ルコルの実全身にを浴びた尚文とグラス。 酒に対して耐性がある尚文だが、グラスはすっかり酔ってしまって、戦闘力はガタ落ち状態。 尚文のお酒強い設定は、これの為の伏線だったのか…。 尚も戦う様子のグラスをラルクとテリスが止めに入り、3人は元の世界に戻った模様。 波も無事終わったけど…槍・剣・弓の勇者の3人はマジで何もしてねぇ…。 新たな仲間、ゲットだぜ! 波も終わり、カルミラ島でゆっくりと過ごす尚文たち。 ラフタリアはイチャつきたい様子だけど、グラスたちや別の世界のことを考えて心休まらない尚文。 プライベートでも仕事のことが忘れられない、社畜の素質があるぜ! と尚文たちが道を歩いていた頃に海から救いあげられた『リーシア』 声:原 奈津子(はら なつこ)さん リーシアは弓の勇者・樹のPTの仲間だったが、PTを追放されたことで将来を悲観して身投げしたとのこと。 ふえぇ~ばかり言いすぎてウザがられたのかな? と思ったら、リーシアが追放された理由は『冤罪』 樹のアクセサリーを壊されたと疑われたらしいけど、波で活躍出来たのはリーシアだからと他の仲間に妬まれたと尚文は推測。 こんな可愛い子を追放するだなんて勿体ない! まぁ戦闘力も弱いらしいから、仕方ないっちゃ仕方ないか…。 尚文「波で俺はお前に助けられた。 その勇気があればお前は強くなれる」 と優しい言葉をかける尚文、あーこれはまた惚れられちゃいますね。 まぁこんな優しくされたら落ちちゃうのもわかりますわ。 尚文の女の子の落とし方は正統派って感じで悪くない。 強さを誇示してるだけでポンポンと女の子がよってくる、そこらのラノベ主人公とは違うぜ! ということで新たなPTメンバー、ゲットだぜ! やっぱラフタリアが正妻なんだなって 天気も収まり、カルミラ島を去る尚文たち。 剣の勇者・錬は相変わらず船の柱にしがみついてるぜ…。 メルロマルク女王に教皇討伐と波を退けた褒章の希望を問われ、何かを思いついた尚文。 ラフタリアには秘密にしたままある場所へ向かう尚文たち一行。 これはきっと…。 尚文たちが到着した場所は…ラフタリアの故郷かな? 現地ではすでにメルティが待機中。 ということで尚文が貰った褒章とは、ラフタリアのような亜人たちの領地の領主となること。 村には尚文が以前薬で救った、格闘術のBBAもいるぜ! フィーロの服を作るために手伝ってもらった魔女っ子お婆ちゃんやら、皆もいるじゃねーか! どうやら尚文が領主になると聞きつけて手伝いに来た様子、最初の頃じゃ考えられないほどの人望だ。 ラフタリアの故郷を拠点にして、勇者と同等の戦力を鍛えようと嬉々として話す尚文。 しかしラフタリアは苦しそうな様子…。 尚文がいなくなった世界のことは考えられねェ!と子供のように泣くラフタリア。 序盤の尚文が精神的にやられてた頃はラフタリアがママみたいに見えたけど、今じゃすっかり尚文がパパみたいだなぁ。 しかし尚文は以前と違い、この世界に留まり盾の勇者を全うする覚悟の様子。 尚文の言葉と説得にラフタリアは感激してキス…してたかな?これ。 丁度いいところにフィーロたちがやってきてよくわかんなかったぜ…。 まぁ尚文が顔を赤らめてたし、きっとしてたな! ということで新たな出発点を迎えた尚文。 盾の勇者の物語はこれからだ! そしてエンディングが流れながら、他の人たちの様子は…。 弓の勇者・樹はどうしようもねーな!今のところこいつが一番クズじゃないか! 剣の勇者・錬は、尚文を上と認めて鍛練に励んでいる様子、よしよし。 槍の勇者・元康は、ヴィッチが尚文をボロクソにいうも、ヴィッチをなだめて領地に遊びに行ってやるかとの発言。 まぁ少しは成長したかな…? といったところで、幸せそうな尚文とラフタリアのショットで〆! 上手くまとまったけど、グラスたちやらの別の異世界の問題が片付いてないし、ぜひアニメ2期も待ってるぜ! アニメ 盾の勇者の成り上がり 25話 最終回 感想まとめ 第25話「盾の勇者の成り上がり」の📺放送はすべて終了しました。 — TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』 shieldheroanime 以上、アニメ 盾の勇者の成り上がり 25話 最終回 の感想でした。 仲間の手助けによってグラス撃退、やっぱり仲間は頼りになるぜ! 褒章の内容にラフタリアは深読みしすぎて一度は悲しい表情を見せるも、満足したようでよかったなぁ。 『盾の勇者の成り上がり』は最初から最後までおもしろいアニメでした。 とくに序盤のラフタリアママには随分と泣かされちまったぜ…最終回の尚文パパの言葉にもちょっと泣きそうになっちゃっいました、危ねぇ危ねぇ。 原作はまだまだ続きがあるということで、ぜひアニメ2期もやってほしいですね!.

次の

『盾の勇者の成り上がり』第25話(最終回)「盾の勇者の成り上がり」感想・作品情報まとめ[ネタバレあり]│Hi.アニ!

盾 の 勇者 の 成り上がり 25

異世界の勇者たちが全然憎めない グラス、ラルク、テリスたちは異世界の勇者ということで、尚文達とは敵対関係にある。 尚文達と同様、彼らにも守るべきものがあり、その実力も確かなもの、そして何より勇者としての風格も備わっている。 尚文達は短い間とはいえ、ラルクとテリスの二人とはカルミラ島でともに過ごしたこともあり、彼らの人となりはそれなりに知っている。 それはラルク達も同様。 だから、彼らは敵対関係にありながらも、その間には一切の憎しみはなく、戦いの最中においても相手の力量を認め合うことができるんですね。 同じ世界の三バカ勇者たちよりも、よほど好感度が高い。 というか三バカ勇者に対する好感度はゼロだよ。 むしろマイナスだよ。 三バカ勇者はグラスの爪の垢でも煎じて飲んでむせればいい。 尚文はこの世界で生きていく• 元の世界へ戻るか?• この世界で生きていくか? この2つの思いの間でずっと揺れ続けてきた尚文だったんですけど、結果的に尚文はこの異世界で生きていくことを決意するんですね。 なんだかんだ言って、尚文はラフタリアを放ってはおけないんですよね。 最初は自分がいなくなってもラフタリアがこの世界で生き続けていけるようにいろいろと思いを巡らしていたわけなんですけど、ラフタリアが本当に望むのは尚文とともにあり続けること、ただそれだけ。 なんせラフタリアは尚文の剣ですから。 その思いはどこまでも強く、一貫している。 だから、セーアエット領は自分がいなくなった後のためではなく、ラフタリア達とともに新たに「ゼロ」から始めるための出発点。 尚文はこの世界で生きていく…ラフタリアとともに.

次の