ミルトン 消毒 液。 哺乳瓶消毒はミルトンがおすすめ?メリット・デメリット/使い方/錠剤と液体の違い

雑菌だらけ!?歯ブラシの除菌には哺乳瓶消毒用ミルトン

ミルトン 消毒 液

ミルトンは哺乳瓶などの赤ちゃん用品の除菌消毒に使用されるシリーズ商品です。 キョーリン製薬から製造販売され、錠剤タイプと液体タイプや専用の容器が販売されています。 ミルトンの成分は? ミルトンの成分は液体タイプと錠剤タイプで異なります。 液体タイプの成分は次亜塩素酸ナトリウムです。 次亜塩素酸ナトリウムは殺菌除菌消毒効果のある成分です。 錠剤タイプのミルトンCPの主成分はジクロルイソシアヌル酸ナトリウムですが、錠剤を水に溶かすと次亜塩素酸ナトリウム溶液と変化し、液体タイプと同様に除菌効果を発揮します。 ミルトンは一般的な細菌に対して殺菌効果が期待できます。 界面活性剤を使用していないので、皮膚などへの刺激が弱く赤ちゃん用品の除菌・消毒に適しています。 ミルトンはノロウイルスに効く? ミルトンは特定の菌やウイルスに対する効果・効能は明記されていません。 しかし、ノロウイルスに対し効果が得られる薬液として実際に医療現場等で使用されているケースもあります。 ミルトンはインフルエンザウイルスに効く? ミルトンはインフルエンザウイルスへの消毒効果が期待できます。 ただし、インフルエンザウイルスの主な感染経路は空気中を飛散する咳やくしゃみの飛沫であり、ミルトンは空気中のウイルスの除去には使用できないため、ミルトンの使用でインフルエンザ感染を避けることは難しいです。 ミルトンは液体や錠剤を水で薄めて溶液を作ってから、溶液に容器を浸すなどして使用します。 容器に汚れなどが付いていると、汚れの部分は消毒することができません。 ベビー用洗剤などで容器を洗ってからミルトンの溶液に一時間位上浸けましょう。 浸けたあとは、ミルトン溶液から取り出してそのまま使えますが、においなどが気になるときは、水道水ですすいでも問題はありません。 なお、ミルトンは木や金属を含む容器に使用すると、容器が腐食する可能性があります。 木や金属を含む容器への使用は避けましょう。 液体タイプのミルトン 液体タイプのミルトンは、ミルトン液を水で薄めてつくったミルトンの溶液に容器などを浸して使用します。 哺乳瓶に使用する場合は約80倍、手指や皮膚に使用する場合は約20倍に薄めて使用します。 錠剤タイプのミルトン 錠剤タイプのミルトンCPは、水1リットルに対し錠剤一つを入れて溶液を使用します。 溶液に約1時間以上浸して消毒します。 キッチンハイター(花王) 家庭用漂白剤。 成分は次亜塩素酸ナトリウムのほかに界面活性剤が含まれています。 界面活性剤は汚れを落とす成分で、刺激が強く、赤ちゃんの弱い肌を刺激した場合、かぶれなどが起こる可能性があります。 赤ちゃん用容器などの除菌には、界面活性剤が含まれていないものが適しています。 ミルクポン(ピジョン) 成分は次亜塩素酸ナトリウムの液剤です。 成分・使用方法ともにミルトンとの大きな違いはありません。 ミルトンは液体タイプと錠剤タイプが販売されていますが、どちらがお得なのでしょうか? 下記はミルトン両タイプで、4リットルのミルトン溶液をつくり使用すると仮定し、表を作成したものです 商品 値段 使用可能回数 一回当たりの値段 ミルトン液体タイプ450ml 1,000円 税抜 9回 111. 1円 ミルトン液体タイプ1000ml 1,500円 税抜 20回 75円 ミルトン錠剤タイプ36錠 1,200円 税抜 18回 66. 6円 ミルトン錠剤タイプ60錠 1,900円 税抜 30回 63. 3円 一回使用当たりの値段で比べると、錠剤タイプの方が一回使用当たりの値段が安いことがわかります。 液剤:ミルトン.

次の

哺乳瓶消毒液のミルトンは直接舐めても大丈夫ですか?もちろ...

ミルトン 消毒 液

消毒液の濃度について ミルトンやミルクポンなどの次亜塩素酸ナトリウムを使った消毒液は、使う用途によって濃度を変えて、水で薄めて作ります。 たとえば、室内のドアノブや手すり、家具などの普段触れる場所には、 0. 02%の次亜塩素酸ナトリウム液を作ります。 また、おう吐したものや排泄物などが付いた場所や物を消毒する時は、 0. 1%の次亜塩素酸ナトリウム液を作ります。 ミルトンやミルクポンの次亜塩素酸ナトリウムの濃度は 1%ですが、ハイターやキッチンハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムの濃度は 5%と、濃度が全然違うので気をつけてくださいね。 室内の消毒には0. 02%の消毒液 次亜塩素酸ナトリウム0. 02%の消毒液は、ドアノブや手すり、椅子などの家具やトイレの便座など、直接触れる場所の消毒に使います。 食器や衣類などの消毒も、0. 02%で消毒できます。 ミルトンやミルクポンのように、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が1%のものは、約50倍に希釈すると0. 02%濃度の消毒液が作れます。 頻繁に触れる場所にはミルトンを約50倍に薄める、と覚えておくとよいですね。 消毒液の使い方 布やキッチンペーパーに消毒液を浸して拭き、10分経ってから水拭きします。 食器やスポンジなどの消毒にも使えます。 衣類も、0. 02%の次亜塩素酸ナトリウム液に浸して(30~60分)消毒できます。 おう吐物には0. 1%の消毒液 次亜塩素酸ナトリウム0. 1%の消毒液は、おう吐したものや排泄物などが付いた場所や物を消毒する時に使います。 ペットボトルのキャップで量る場合は、キャップ10杯分になります。 ミルトンのキャップ(25㎖)だと2杯分になります。 ミルトンやミルクポンのように、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が1%のものは、約10倍に希釈すると0. 1%濃度の消毒液になります。 おう吐物の消毒液はミルトンを約10倍に薄めると作れます。 消毒液の使い方 まず、新聞紙やキッチンペーパーでおう吐物を覆います。 その上から消毒液をかけて、おう吐物ごと取りのぞきます。 そのあと、消毒液で湿らせたキッチンペーパーで、もう一度拭いて消毒します。 最後に水拭きをして、きれいに拭き取ります。 カーペットなどの色落ちしたくないものは、熱で消毒するとよいでしょう。 やり方は、水や洗剤、新聞紙などでおう吐物を拭き取ったあと、スチームアイロンをかけます。 洗濯できるものなら、そのあと熱湯で洗い、天日干しします。 消毒液を使用する時の注意点 消毒する時は、消毒液が直接皮膚に触れないように、手袋を使用しましょう。 使用後は、換気もしっかりとしてくださいね。 また、希釈した消毒液は、時間が経つにつれて効果がなくなります。 作り置きしないで、その都度作りましょう。 次亜塩素酸ナトリウムの成分は塩素系漂白剤なので、塩素系漂白剤使用不可のものには使えません。 色柄ものや色落ちが気になるものは、特に気をつけてくださいね。 原則、金属製のものには使えませんが、もし消毒した場合はしっかりと水拭きを。 それから、酸性系の洗浄・漂白剤と混合しないこと。 お酢やクエン酸も「酸」なので気をつけてください。 金属製や木製のものは、変質することがあるかもしれません。 念のため、商品の裏面の使用方法をよく確認されてから消毒してくださいね。 おわりに ノロウイルスの感染予防や、もしも感染してしまったときにも、家にあるミルトンやミルクポンで消毒液が作れると便利ですよね。

次の

ミルトンの使い方を解説!ミルトンの成分・効果は?錠剤と液体の違いも解説

ミルトン 消毒 液

ミルトンcp 水1. 水は1. 100均のスプレーボトル。 また、スプレーしたあとのからぶき用にいらない布を用意しました。 なければキッチンペーパーやぞうきんでもいいと思います。 消毒液の作り方 ミルトンcpのひとつぶを、水で溶かします。 シュワシュワして、あっという間に溶けます。 スプレーボトルに使いやすい量を入れます。 あまった消毒液は、フタ付きの容器(これはホーローのおまる)にとっておくと、カップやハンカチなど、小物を消毒することができます。 【追記】消毒液は、24時間でつくりなおしました。 ミルトンCP(錠剤)のメリット 小さい箱なので保管しやすい。 いつ風邪をひくかわからないし、量は多くなくていいのです。 使用期限も5年と長いため、今年1つぶ使って、あとは来年まで保管しておこう、というときも簡単です。 液状でもキャップで計量できますが、錠剤タイプはそれすらも必要ありません。 袋から出して、ぽいっと水にいれるだけです(水は計量するけど)。 ミルトンCP(錠剤)のデメリット 錠剤は便利なんですが、情報が少ないんです。 手を消毒するとき、頻繁に触れる物を消毒するときなど、具体的に「錠剤1つぶに水どのくらい」とは明記されていませんから、液状タイプでの濃度を錠剤ではどのくらいか、と見当をつけるのが面倒といえば面倒。 また、子供のイラストがついた可愛いパッケージを、お菓子の箱だと勘違いしないか心配ですが、子供には切りにくい袋になっています。 金属には不可、酸性のものと混ぜない 錠剤だから、ではないのですが、このミルトンでの消毒液は、金属には使えません。 指輪につかないように気をつけましょう。 また、酸性のものと混ざらないようにします。 用途によって濃度もひたす時間もちがう ミルトンのホームページの情報では、人が直接手で頻繁に触れる場所は「0. 手指消毒は約20倍。 器具などは約80倍にうすめ、1時間以上ひたす。 約10〜50倍にうすめたら、15分以上ひたす、とあります。 液状のミルトンを使った場合です。 私がスプレーボトルに作ったものは、器具用よりも濃いので、スプレーしたあとは布で拭いています。 床や家具を拭きましたが、変色したりしないか、目立たないところで試してから使うと良かったなと思いました。

次の