終息 収束 の 違い。 「終息」と「収束」の違いとは?分かりやすく解釈

終息と収束の違いとは?|Shinpei Anzai|note

終息 収束 の 違い

まず「終息」についてお話しします。 「終」は文字どおり「終わる」という意味ですが、「息」という漢字にも「止<や>む」という意味があります。 つまり「終息」は、似た意味の漢字を2つ重ね合わせて「完全に終わる」という意味になっていると考えることができます。 次に「収束」について説明します。 これは「収まる」「束ねる」ということから、「(状況・事態などが)ある一定の状態に落ち着く」という意味になっています。 ふつう、「(例えば新型肺炎の)問題・感染状況」などについて使うことが多く、「新型肺炎」といった病気自体が「収束する」という言い方(書き方)は、あまりしません(なお、似たことばとして「集束」というものもありますが、これは「光の束が一か所に集まること」を意味する物理学の専門用語です)。 ここから、新型肺炎の「完全制圧」の場合には「終息」、(完全制圧ではないにしても)新型肺炎に関する(社会的)状況などがかなり落ち着いてきた場合には「収束」、ということになります。 「宣言」する場合には一般に「完全制圧」でしょうから、「新型肺炎終息宣言」なのです。 いっぽう次のような場合には、表記としては「終息・収束」のどちらもあり得ます(意味はそれぞれ異なることに注意)。 「A国では感染の広がりがシューソクに向かっている。 「(新型肺炎の問題が)シューソクすればA国を訪問する。 「(新型肺炎の問題が)早くシューソクしてほしい。 」 もうおわかりかと思いますが、「終息」は「完全制圧」であるのに対して、「収束」の場合には、ほぼ事態が収まっていることを意味します。 例えば音声コメントにスーパーをつける場合、その人が「終息」と「収束」のどちらの意味で発言したのか、注意が必要でしょう。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大).

次の

コトバ解説:「終息」と「収束」の違い

終息 収束 の 違い

目次 結論• 新型コロナウイルスによる混乱が 「収束」する• 新型コロナウイルスの感染が 「終息」する 新型コロナウイルスに関して、収束と終息の言葉を使うとすれば、上記のようになります。 「収束」と「終息」、どちらの言葉の方が正しいというわけではありません。 使い方によって、どちらも正しいです。 「収束」と「終息」の意味とは それぞれの意味を見てみましょう。 収束とは 収束とは「物事が収まる」という意味です。 混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 「終わる」というよりも、「落ち着く」とか「鎮まる」といった意味で使われます。 使用例: ・混乱が収束する ・争いが収束する 終息とは 終息とは、 「物事が終わる」という意味です。 文字通り「終わる」という意味で使われます。 「息」という漢字があることからも「終わる」という意味を強調しています。 「息の根を止める」という言葉もありますね。 使用例: ・インフレが終息する ・感染症の流行が終息する 新型コロナウイルスが「収束」した後に「終息」へ向かう 今回の新型コロナウイルスのように感染症が流行した時に使う言葉としては、 「収束」も「終息」も、どちらも正しいです。 新型コロナウイルスの影響で経済が落ち込んだり、イベントが中止になったり、といった「混乱」が落ち着いてきたら 「収束した」と言えますし、 新型コロナウイルスの流行が終わり、感染者がほとんど出なくなってきたら、 「終息した」と言えますね。 世界保健機関 WHO が出す「終息宣言」にも 疫病の流行が「終わった」ことを示す宣言なので、終息という漢字が使われていますね。 終息宣言とは 感染症などの流行が収まり、被害拡大の懸念がひとまずなくなったと判断された場合に出される宣言。 終息宣言が出される基準は場合によっても異なるが、例えば感染症の最大潜伏期間を十分に経過しても新たな感染例が出なかった場合などは、流行が終息したと判断する目安となり得る。 まとめ 「新型コロナウイルスの影響による混乱が収まる」 という意味で使うなら 「収束」 「新型コロナウイルスそのものの流行が終わる」 という意味で使うなら 「終息」 新型コロナウイルスによって、世界中が大混乱になっています。 日本でもまだまだ「収束」することはなく、その先の「終息」することも、見通しが立っていない状態です。 せめて個人レベルでは、新型コロナウイルスへの対策をしっかりとしておきましょう。

次の

【終息】と【収束】の意味の違いと使い方の例文

終息 収束 の 違い

目次 結論• 新型コロナウイルスによる混乱が 「収束」する• 新型コロナウイルスの感染が 「終息」する 新型コロナウイルスに関して、収束と終息の言葉を使うとすれば、上記のようになります。 「収束」と「終息」、どちらの言葉の方が正しいというわけではありません。 使い方によって、どちらも正しいです。 「収束」と「終息」の意味とは それぞれの意味を見てみましょう。 収束とは 収束とは「物事が収まる」という意味です。 混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 「終わる」というよりも、「落ち着く」とか「鎮まる」といった意味で使われます。 使用例: ・混乱が収束する ・争いが収束する 終息とは 終息とは、 「物事が終わる」という意味です。 文字通り「終わる」という意味で使われます。 「息」という漢字があることからも「終わる」という意味を強調しています。 「息の根を止める」という言葉もありますね。 使用例: ・インフレが終息する ・感染症の流行が終息する 新型コロナウイルスが「収束」した後に「終息」へ向かう 今回の新型コロナウイルスのように感染症が流行した時に使う言葉としては、 「収束」も「終息」も、どちらも正しいです。 新型コロナウイルスの影響で経済が落ち込んだり、イベントが中止になったり、といった「混乱」が落ち着いてきたら 「収束した」と言えますし、 新型コロナウイルスの流行が終わり、感染者がほとんど出なくなってきたら、 「終息した」と言えますね。 世界保健機関 WHO が出す「終息宣言」にも 疫病の流行が「終わった」ことを示す宣言なので、終息という漢字が使われていますね。 終息宣言とは 感染症などの流行が収まり、被害拡大の懸念がひとまずなくなったと判断された場合に出される宣言。 終息宣言が出される基準は場合によっても異なるが、例えば感染症の最大潜伏期間を十分に経過しても新たな感染例が出なかった場合などは、流行が終息したと判断する目安となり得る。 まとめ 「新型コロナウイルスの影響による混乱が収まる」 という意味で使うなら 「収束」 「新型コロナウイルスそのものの流行が終わる」 という意味で使うなら 「終息」 新型コロナウイルスによって、世界中が大混乱になっています。 日本でもまだまだ「収束」することはなく、その先の「終息」することも、見通しが立っていない状態です。 せめて個人レベルでは、新型コロナウイルスへの対策をしっかりとしておきましょう。

次の