ツイステ プロローグ。 大好きなディズニーの世界がツイステのせいで曇ってく

【ツイステ】リセマラ方法とガチャあたりキャラクターを解説

ツイステ プロローグ

なぜかというと、目を盗んで料理を食べたからだ。 それはだめだと言われているのになぜかするので、反省の色が見えないので、実弥は呆れかえっていた。 握り飯片手に正座をしているさまはなんともまあ腹立たしい。 実弥はキレそうになったがぐっと堪えて威圧感のある笑顔で聞いた。 「どうして勝手に食べたりしたんだ? ん?」 「そこに料理があったから」 実弥はエースを背負い投げして壁にぶち当てさせた。 エースは目を回して喚きまくるが、実弥はそれ以上にブチギレていた。 「話は戻して、お前には最終選抜試験に行ってもらう」 「えー、オレがっすか」 「あったりめえだ、行けよ」 唇を尖らせて「わかりましたよー」と言って、握り飯を全部食べてから、準備を始めた。 砂柱のところでは。 レオナはあくびをしながら、のんびりと過ごしていた。 ラギーが準備をしているところを見て、眉根を上げる。 「どこへ行くんだ」 「ああ、最終選別があるんすから、俺たちはいかないといけないんすよ」 と、ラギーが答えると、レオナは瞬きをして、少し考え事をしてから短く「そうか」とだけ言って、寝返り打って眠った。 ラギーはシシシと笑いながら毛布をかぶせると、準備が整い向かった。 魚柱のところでは。 「ジェイド、フロイド、今回の件はわかっていますよね。 あの無惨と契約したんですから、忘れずに」 「はぁ~い」 「はい、かしこまりました」 「では、解散」 最終選別の説明を受け、エース、ラギー、ジェイドとフロイドが立っていた。 炭治郎と善逸、伊之助、カナヲ、玄弥もいた。 ジェイドはくすくすと笑い、フロイドも面白そうなものを見るような目で見ていた。 ラギーは余裕そうな表情をしており、エースはげっそりとしていた。 風柱の継ぐ子なのだから当然なのかもしれない。 ラギーは砂柱の継ぐ子で、ジェイドとフロイドは不明。 そして、最終選抜が始まった。 ジェイドとフロイド 「ねぇねぇ、どの鬼から殺す?」 「フロイド、言葉遣いは気をつけなさい」 「だってぇ~、こうやってねーと、つまんねぇじゃん?」 二人は足並み合わせて歩く、そして鬼がフロイドとジェイドを見つけて、食らいつこうとしてきた。 「あっはぁ、いたいた~」 「魚の呼吸・一ノ型 魚群」 ジェイドの刀から美しい魚群のようになにかが大量に現れて、一気に鬼に当たった。 鬼はげほげほとせき込みながら溺れあがいているようだった。 フロイドは舌打ちをして。 「つまんねぇの」 といった。 続きは十一いいねついたら続きかきます。 ちなみに魚はうおと呼びます。

次の

【ツイステ】新キャラSSR狙いでリセマラ! 最短でPU10連回すまで【ツイステッドワンダーランド】

ツイステ プロローグ

なぜかというと、目を盗んで料理を食べたからだ。 それはだめだと言われているのになぜかするので、反省の色が見えないので、実弥は呆れかえっていた。 握り飯片手に正座をしているさまはなんともまあ腹立たしい。 実弥はキレそうになったがぐっと堪えて威圧感のある笑顔で聞いた。 「どうして勝手に食べたりしたんだ? ん?」 「そこに料理があったから」 実弥はエースを背負い投げして壁にぶち当てさせた。 エースは目を回して喚きまくるが、実弥はそれ以上にブチギレていた。 「話は戻して、お前には最終選抜試験に行ってもらう」 「えー、オレがっすか」 「あったりめえだ、行けよ」 唇を尖らせて「わかりましたよー」と言って、握り飯を全部食べてから、準備を始めた。 砂柱のところでは。 レオナはあくびをしながら、のんびりと過ごしていた。 ラギーが準備をしているところを見て、眉根を上げる。 「どこへ行くんだ」 「ああ、最終選別があるんすから、俺たちはいかないといけないんすよ」 と、ラギーが答えると、レオナは瞬きをして、少し考え事をしてから短く「そうか」とだけ言って、寝返り打って眠った。 ラギーはシシシと笑いながら毛布をかぶせると、準備が整い向かった。 魚柱のところでは。 「ジェイド、フロイド、今回の件はわかっていますよね。 あの無惨と契約したんですから、忘れずに」 「はぁ~い」 「はい、かしこまりました」 「では、解散」 最終選別の説明を受け、エース、ラギー、ジェイドとフロイドが立っていた。 炭治郎と善逸、伊之助、カナヲ、玄弥もいた。 ジェイドはくすくすと笑い、フロイドも面白そうなものを見るような目で見ていた。 ラギーは余裕そうな表情をしており、エースはげっそりとしていた。 風柱の継ぐ子なのだから当然なのかもしれない。 ラギーは砂柱の継ぐ子で、ジェイドとフロイドは不明。 そして、最終選抜が始まった。 ジェイドとフロイド 「ねぇねぇ、どの鬼から殺す?」 「フロイド、言葉遣いは気をつけなさい」 「だってぇ~、こうやってねーと、つまんねぇじゃん?」 二人は足並み合わせて歩く、そして鬼がフロイドとジェイドを見つけて、食らいつこうとしてきた。 「あっはぁ、いたいた~」 「魚の呼吸・一ノ型 魚群」 ジェイドの刀から美しい魚群のようになにかが大量に現れて、一気に鬼に当たった。 鬼はげほげほとせき込みながら溺れあがいているようだった。 フロイドは舌打ちをして。 「つまんねぇの」 といった。 続きは十一いいねついたら続きかきます。 ちなみに魚はうおと呼びます。

次の

ツイステッドワンダーランド初心者です

ツイステ プロローグ

前回の続きです。 ここで初めてエースと出会う。 主人公の名前について 「珍しい響きの名前だな。 」という発言。 エースによる『グレート・セブン』の紹介 ハートの女王• 「昔、薔薇の迷宮に住んでた女王だよ。 「規律を重んじる厳格な人柄で、トランプ兵も行進も薔薇の花の色も一切の乱を許さない。 「マッドな奴らばっかりの国なのに誰もが彼女には絶対服従。 「なんでかって?」• 「規律違反は即打ち首だったから!」 スカー• 「これはサバンナを支配した、百獣の王。 「でも生まれながらの王じゃなくて綿密に練った策で玉座を手に入れた努力家だ。 「王になった後、嫌われ者のハイエナも差別せず一緒に暮らそうって提案した。 」 アースラ• 「深海の洞窟に住む、海の魔女。 「不幸せな人魚たちを助けることを生きがいにしてた。 「お代さえ払えば変身願望から恋の悩みまでなんでも解決してくれたらしい。 「彼女の手にかかれば叶わない願いはなかったらしいよ。 ま、お代はちょっと高かったって話だけど。 「なんでも叶うってんなら、当然だよね。 」 ジャファー• 「砂漠の国の大賢者。 「間抜けな王に仕えてた大臣で王子と身分を偽って王女を誑かそうとしてたペテン師の正体を見破った切れ者!」• 「その後魔法のランプをゲットして世界一の大賢者にまでのし上がった!」• 「さらにはその力で王の座まで手に入れたんだって。 」 グリムヒルド• 「これは世界一美しいといわれた女王。 「毎日魔法の鏡で世界の美人ランキングをチェック!」• 「んで、自分の順位が1位から落ちそうになったらどんな努力も惜しまずやったって話。 「世界一の美を保つことへの意識の高さっつーの?ハンパないよね。 「あと毒薬作りの名手でもあったらしーぜ。 」 ハデス• 「死者の国の王!」• 「魑魅魍魎が蠢く国を1人で治めてたっていうから超実力者なのは間違いない。 「コワイ顔してるけど押し付けられた嫌な仕事も休まずこなす誠実な奴でケルベロスもヒドラもタイタン族も全部コイツの命令には従って戦ったんだってさ。 」 マレフィセント• 「魔の山に住む茨の魔女。 「高貴で優雅、そして魔法と呪いの腕はこの7人の中でもピカイチ!」• 「雷雲を操って嵐を起こしたり、国中を茨で覆い尽くしたり、とにかく魔法のスケールが超デカイ。 「巨大なドラゴンにも変身できたんだってさー。 」 私はこの7つの映画の内、リトルマーメイドは何十回も観た事があるのですが、 他の作品は1回か2回観た事があるかないかくらいで、結構記憶がおぼろげなんですよね。 「ヘラクレス」と「眠れる森の美女」に至っては観たことがないです。 この2作品は今後レンタルして観てみたいところです。 「ナイトレイブンカレッジに来る前に幼稚園からやり直すのをオススメするわ。 」 ともエースが言っていて、ツイステッドワンダーランドの世界では グレート・セブンは子供でも知ってるくらいの知識っぽいですね。 エースが来ないので、教室に探しに行くと肖像画が喋ってエースが寮に帰ったと聞いてエースを追いかける。 鍋を出現させてエースを止める。 グリムが窓拭きをサボろうと逃走。 魔法のシャンデリア• 「魔法を動力源とし永遠に尽きない蝋燭に炎が灯る魔法のシャンデリア」• 「伝説の魔法道具マイスターに作らせた逸品です。 「学園設立当初からずっと大切に受け継がれてきたというのに……歴史的価値を考えば 10億マドルは下らない品物ですよ。 」 SSRのフロイドのストーリーで 100マドルでキャンディを買っているシーンがあったりしたので、 大体100マドル100円前後くらいの考えでいいのかなと思いました。 そう考えると10億マドルってすごい金額ですよね。 普通に退学案件で笑いました。 「魔法石に2つと同じものはない。 」 同じものはないけれど、同じ性質を持つ魔法石が手に入れば修理が可能かもということで、 シャンデリアに使われていた魔法石が採掘されたドワーフ鉱山に取りに行くことに。 顔の瓶が割れていて黒い液体みたいなのが漏れ出している状態。 1章から出てくるオーバーブロットした状態と似ていると思いますが、 リドルたちの時とは違って、 前に人の姿がありません。 オーバーブロットしてそのままほっておくと、 この顔のない怪物のような姿になってしまうということなのかな? 服装と持ち物から小人っぽい人ですが、エースたちが結構ビビッているので、 普通の人くらいの大きさなのかなと思いました。 そうなると これって誰なんだろうとなりますが、今のとこ誰かはわかりませんが、 学園長には何があったかをプロローグの最後の方で話しているので、 これからわかったりするのかもしれませんね。 デュースとエースの発言• 「強くイメージ出来なければ魔法は具現化しないんだ。 「大がかりな魔法や複雑な魔法の使用には訓練がいる。 「ぶっちゃけテンパッてるとミスりやすい。 「得意な魔法なら感覚で使えるんだけどねー。 」 得意な魔法というのはユニーク魔法とかなのかな? デュースはよく大釜を出したりしてますが、これが自分のユニーク魔法とかの説明がなかったので、ユニーク魔法ではなさそうですよね。 1年生の中でユニーク魔法が判明してるのは確かジャックだけだった気がするので、 エースやデュースのユニーク魔法も気になるところです。 ユニーク魔法ってそもそも生まれつきなのか、 魔法の練習をして使えるようになるのかとかまだまだ分からないことが多いので、 そこらへんも情報が出てきたら楽しそうですね。 こういうの ノリが高校生っぽくてかわいいですよね。 初登場の黒い石• 「魔法石……?いや、でもこんな石炭のように真っ黒な石は見た事がない。 「なんだかコレ、すげーいい匂いがするんだゾ……」• 「まったりとしていてそれでいてコクがあり香ばしさと甘さが舌の上で花開く……」• 「まるでお口の中が花畑だゾ!」 オーバーブロットして死んでしまって、最後は石しか残らないってなんだかさみしいですね。 退学は取り消しになり、 学園に通えることになったグリムと主人公。 「この私が学園長を務めて早ン十年…」 前回の記事で触れた、 「生徒選定の手違いなどこの100年ただの一度もなかったはず。 」という発言から、 100年以上学園にいるんじゃない?という話ですが、 学園長になる前に教師として学園に務めてたのかなと思いました。 ゴーストカメラを渡される• 「あ、そればーちゃんに聞いたことあるかも。 すっげー昔の魔法道具っすよね?」• 「確かに、君のひいお祖母様か、ひいひいお祖母様が子どもの頃に発明されたものかもしれません。 「このカメラには特別な魔法がかけられていて」• 「被写体の姿だけでなく、魂の一部をも写し取ることができるのです。 「『記憶の断片』とも呼ばれています。 「そしてこの魔法のカメラの面白い点は 撮影者と被写体の魂の結びつきが深くなると写真に写された『メモリー』が飛び出してくるところです!」• 「撮影者が被写体と親しくなることにより写真が動画のように動いたり 実体を伴って抜け出したりするようになるんです。 面白いでしょう?」 ゲーム内で使用しているカードもこのカメラで撮影した彼らの姿という解釈ができそうですね。 授業は同じ生徒を選べないけど、バトルでは同じ生徒でも編成できる点とか。 カードをグルーヴィーすると絵柄が変わるところとか、 写真が動画のように動いたりってとことも関わってそうで、すごく考えられているなと思いました。 学園長室のカーテン 学園長室のカーテンが白雪姫の女王の部屋にあるカーテンのデザインと一緒。 プロローグ全体を通して「白雪姫」のモチーフが結構多いなと思いました。 闇の鏡• 小人の小屋• 学園長の部屋のカーテン• また、ヴィル(式典服)のパーソナルストーリーでは、 「いいこと? ポムフィオーレはこの学園で一番歴史が古く、そして一番美しい寮よ。 」 とも発言されていて、そういった点から学園には白雪姫のモチーフの物が多いのかもしれません。 エースとデュースが名前を呼び合うようになりオープニングが流れてプロローグが終わります。 まとめ 全20話。 プロローグの振り返りが終わりました。 4章までのストーリーを読んだ後に見ると ツイステの世界観に深みが増してきて楽しかったです。 4章の後編を待つ間、一度見返してみてはいかがでしょうか。 ここまで読んでくださってありがとうございました。 motimoti444.

次の