赤 髪 の 白雪姫 21。 赤髪の白雪姫(第2期)

「白雪姫」はもともとドイツの民話ですが、「髪は黒檀のように...

赤 髪 の 白雪姫 21

ゼンのプロフィール 基本情報 出典: ゼン・ウィスタリア・クラリネス(CV逢坂良太) 年齢・19歳 肩書き・ クラリネス王国第二王子 好きなもの・パイ、タルト、赤色・銀色 苦手なもの・香水 クラリネス王国第二王子でありながら 気取らず、誠実な性格。 街への用事も人を遣うより自分で足を運ぶことが多い。 よく城を抜け出して、自分の目でクラリネス王国を見に行く。 市民とも親しく接しており、滅多なことがない限り剣を抜かない。 側近に木々とミツヒデを従え、部下ながら 友人のように接している。 毒薬に体を慣らすため毒を投与されていた過去がある。 作中での立場・活躍 出典: ある日ゼンは木々、ミツヒデを連れお忍びで森を散策していたところ、 赤髪の少女白雪に出会った。 そこで白雪に対して剣を向け、 冷たい態度をとったゼンに対し、白雪は腹を立てながらもゼンの怪我を治療することを優先する。 「白雪が持っている薬が毒ではないという保証がない」と治療を拒否するゼンに対して、白雪は自分を傷つけ薬を塗り、毒ではないことを証明した。 ゼンはそんな白雪に好感を持ち、ラジ王子から追われる身であった白雪に手を貸し助け、白雪はクラリネス王国へ住まうことになった。 城内にはゼンと白雪が仲良くすることをよく思わない者もいたが、ゼンは 白雪を傷つけようとする者から守ろうとする。 二人の協力で白雪の城内出入り禁止は免れた。 薬剤師である白雪は「宮廷薬剤師」試験を受け見事合格。 城内に立ち入るためのれっきとした資格を手に入れた。 こうして ゼンと白雪の二人の城での生活は始まった。 そんな イザナ王子をゼンは心から尊敬していました。 ゼンが上を目指すことにはそんな理由があったのですね。 剣 出典: イザナ王子に用事があると声をかけたゼン。 すると「剣の相手をしながらでもどうだ」と言われ、ゼンはそれを受けます。 白雪の話をしながら立ち回るイザナとゼン。 一国の王子ということは、二人とも幼い頃から鍛錬を重ねてきたのでしょうね。 すごい迫力ですね! 王子である責任 出典: ゼンが幼い頃、よく城を抜け出して会っていた少年の正体は逆賊で、やがてその仲間がゼンを狙って殺しにやってきました。 そこでミツヒデに斬られた少年は 「お前が王子なんかじゃなければ良かったのに」と言い残して死んでしまいました。 これがゼンが民への思いやりに溢れた王子になったきっかけなのでしょうね。 そこでは奇妙な病が流行っていて、フラフラになりながらも一人で頑張った衛兵を、ゼンは頭を撫でて褒めます。 自分は王子であるにも関わらず、 身分に関係なく相手を尊重する姿勢がかっこいいですね…! 「国は、クラリネスは、城の外に広がっている。 俺はそれが好きだ」 出典: ゼンがすぐ城から抜け出そうとする理由を、「城の中にいてはクラリネスのことが分からない」からだと言います。 本当に クラリネスを愛しているからこそついつい抜け出してしまうのでしょうね。 「信じるからな、俺は。 自分の目と、味方の目と、ついでにお前をだ。 」 出典: ゼンのオビに対する一言。 周りを見下すのではなく信じるということを心掛け、そしてその信じられるものの積み重ねによって王子として成長しようとしている姿がありました。 そんな 絶体絶命のピンチから白雪を救いに来たのは、ゼンでした! 白雪病 出典: 執務室に篭もりきりで仕事をするゼン。 側近たちに「寝ろ」と言われても 「寝てる暇があるなら白雪と会う」などと言い休もうとしなかったそう…。 木々とミツヒデはこのままだと「書類の署名に白雪と書きかねない」「すべての受け答えが白雪になる」と、 白雪病を発病する寸前?!(笑) 「ばか…」 出典: ゼンの判断で白雪に無茶をさせてしまい、怪我を負った白雪。 そんな白雪の元に駆け付けたゼンは、白雪の怪我と困ったような笑顔を見て思わずキスをしてしまって…。 これまでもナチュラルに恋人のような2人でしたが、ついに 友人と恋人の一線を超えてしまいます!.

次の

赤髪の白雪姫最終回の結末ネタバレ予想|ラストのその後も解説

赤 髪 の 白雪姫 21

「白雪姫」はもともとドイツの民話ですが、「髪は黒檀のように黒い」白雪姫が世界で一番美しい、となっているのに違和感があります。 ドイツでは同じ顔なら金髪の方が美人とみなされそうに思っていたのですが、 黒髪は美しいと思われているのでしょうか? 初期版では髪は黄色だったようですが、それでも途中から黒髪に変わったからには「黒髪の方がよい」とされた理由があるかと思われるのですが。 白雪姫のお母さんも「黒檀のように髪が黒い子が生まれて欲しい」と言っていますよね・・・ 黒髪ってそんなにいいと思われているのかな? ちなみに私のドイツ系のアメリカ人の友達たちは、「私はブロンドよ!」と、殆ど茶色に近い髪や赤毛でも、 自分はブロンドだと言い張る子が多いです。 これって、自分がブロンドだと思いたいからだろうと受け取っていたのですが・・・ だとしたら、やっぱりブロンドの方が美人だと思っているからだと思うんですが・・・ 確かに黒髪は全くいないから希少なのかもしれませんけど。 ドイツ史やドイツ文学史、ドイツ人の生活や感情に詳しい方、教えてください。 白雪姫の冒頭の記述ですが、下記のようになっています。 「むかしむかし、真冬のころ、鳥の羽のような雪が空からふっていたとき、 ひとりの女王さまが黒檀の窓わくにこしかけて、ぬい物をしていました。 女王さまは窓から雪をみた拍子に針で指をさしてしまい、三滴の血が 雪のうえにおちました。 赤い血は白い雪のうえでとてもきれいに見えたので 女王さまは思いました。 『雪のように白く、血のように赤く、黒檀の木の ように黒い髪をした子がほしいわ』。 それから間もなく女の子がうまれました。 」 つまり赤・白・黒のコントラストの鮮やかさを描くために黒髪にしたというのが、 最も納得できる理由だと思います。 この赤・白・黒のコントラストですが、 昔のドイツの国旗 1867年-1871年の北ドイツ連邦時代の国旗 にも、 この三色を用いた三色旗があります。 国旗については下記を参照ください。 単純に美人の髪の色ということでは、美人はブロンドというのが一般的です。 グリム童話に収録された他の童話においては、殆どすべて美人= 黄 金色 になっています。 つまり、白雪姫は例外と考えるべきなのです。 たまたま、この話が 世界的に有名になったに過ぎません。 ブロンドや童話での髪の色に関しては下記を参照ください。 グリム童話はグリム兄弟の創作じゃなくてグリム兄弟が当時ドイツ一体に広まってた民間伝承を集めたものですよね。 お婆さんの口から古いお話を聞いて回ったのでした。 だからドイツがルーツの話ばかりじゃありません。 フランスのペローが書いた童話シンデレラも「灰だらけ」で収録されてます。 白雪姫もドイツ語で書かれてるけどルーツは異国かもしれません。 黒檀のような黒髪の美女っていますね。 エリザベス・テイラーがそうです。 ハリウッドが誇る美女達。 ジーン・シモンズ、ミリー・パーキンス、ビビアン・リー、オードリー・ヘプバーンとか黒髪です。 エリザベステイラーみたいな黒髪を「アイリッシュブラック」と言うのだそうです。 アイリッシュの人たちに黒檀みたいな黒髪で雪のような色白、目がスミレ色で華奢な体つきのすごい美女をしばしば見かけます。 本当に白雪姫のお姫様そっくりです。 古代にギリシャかどっかから渡ってきた人たちなのか? グリム童話の頃も黒檀みたいな黒髪の子にすごい美女がいると信じられてたのかもしれません。 ドイツは金髪が威張ってるのでしょう。 スウエーデンなんか髪が黒いだけで差別されスエーデン語が喋れると出稼ぎ労働者と思われレストランにも入れてもらえず差別されるそうです。

次の

赤髪の白雪姫

赤 髪 の 白雪姫 21

ゼンのプロフィール 基本情報 出典: ゼン・ウィスタリア・クラリネス(CV逢坂良太) 年齢・19歳 肩書き・ クラリネス王国第二王子 好きなもの・パイ、タルト、赤色・銀色 苦手なもの・香水 クラリネス王国第二王子でありながら 気取らず、誠実な性格。 街への用事も人を遣うより自分で足を運ぶことが多い。 よく城を抜け出して、自分の目でクラリネス王国を見に行く。 市民とも親しく接しており、滅多なことがない限り剣を抜かない。 側近に木々とミツヒデを従え、部下ながら 友人のように接している。 毒薬に体を慣らすため毒を投与されていた過去がある。 作中での立場・活躍 出典: ある日ゼンは木々、ミツヒデを連れお忍びで森を散策していたところ、 赤髪の少女白雪に出会った。 そこで白雪に対して剣を向け、 冷たい態度をとったゼンに対し、白雪は腹を立てながらもゼンの怪我を治療することを優先する。 「白雪が持っている薬が毒ではないという保証がない」と治療を拒否するゼンに対して、白雪は自分を傷つけ薬を塗り、毒ではないことを証明した。 ゼンはそんな白雪に好感を持ち、ラジ王子から追われる身であった白雪に手を貸し助け、白雪はクラリネス王国へ住まうことになった。 城内にはゼンと白雪が仲良くすることをよく思わない者もいたが、ゼンは 白雪を傷つけようとする者から守ろうとする。 二人の協力で白雪の城内出入り禁止は免れた。 薬剤師である白雪は「宮廷薬剤師」試験を受け見事合格。 城内に立ち入るためのれっきとした資格を手に入れた。 こうして ゼンと白雪の二人の城での生活は始まった。 そんな イザナ王子をゼンは心から尊敬していました。 ゼンが上を目指すことにはそんな理由があったのですね。 剣 出典: イザナ王子に用事があると声をかけたゼン。 すると「剣の相手をしながらでもどうだ」と言われ、ゼンはそれを受けます。 白雪の話をしながら立ち回るイザナとゼン。 一国の王子ということは、二人とも幼い頃から鍛錬を重ねてきたのでしょうね。 すごい迫力ですね! 王子である責任 出典: ゼンが幼い頃、よく城を抜け出して会っていた少年の正体は逆賊で、やがてその仲間がゼンを狙って殺しにやってきました。 そこでミツヒデに斬られた少年は 「お前が王子なんかじゃなければ良かったのに」と言い残して死んでしまいました。 これがゼンが民への思いやりに溢れた王子になったきっかけなのでしょうね。 そこでは奇妙な病が流行っていて、フラフラになりながらも一人で頑張った衛兵を、ゼンは頭を撫でて褒めます。 自分は王子であるにも関わらず、 身分に関係なく相手を尊重する姿勢がかっこいいですね…! 「国は、クラリネスは、城の外に広がっている。 俺はそれが好きだ」 出典: ゼンがすぐ城から抜け出そうとする理由を、「城の中にいてはクラリネスのことが分からない」からだと言います。 本当に クラリネスを愛しているからこそついつい抜け出してしまうのでしょうね。 「信じるからな、俺は。 自分の目と、味方の目と、ついでにお前をだ。 」 出典: ゼンのオビに対する一言。 周りを見下すのではなく信じるということを心掛け、そしてその信じられるものの積み重ねによって王子として成長しようとしている姿がありました。 そんな 絶体絶命のピンチから白雪を救いに来たのは、ゼンでした! 白雪病 出典: 執務室に篭もりきりで仕事をするゼン。 側近たちに「寝ろ」と言われても 「寝てる暇があるなら白雪と会う」などと言い休もうとしなかったそう…。 木々とミツヒデはこのままだと「書類の署名に白雪と書きかねない」「すべての受け答えが白雪になる」と、 白雪病を発病する寸前?!(笑) 「ばか…」 出典: ゼンの判断で白雪に無茶をさせてしまい、怪我を負った白雪。 そんな白雪の元に駆け付けたゼンは、白雪の怪我と困ったような笑顔を見て思わずキスをしてしまって…。 これまでもナチュラルに恋人のような2人でしたが、ついに 友人と恋人の一線を超えてしまいます!.

次の