筋トレ オムライス。 筋トレの効果MAXにするための食べ物と食事メニュー

筋トレ女子必見!美BODYトレーナーのガチな3食+間食メニューを大公開

筋トレ オムライス

筋トレ民のための1週間ささみレシピ「ささみオムライス」【木曜日】 こんにちは。 筋トレ栄養士のカトジュンです。 トレーニーは、みんなささみを食べている。 そんな都市伝説がいつしか世間に広まってしまいました。 その一方で、 「ささみはもう飽きた……」 トレーニーたちからはそんな声もちらほら聞こえてきます。 安心して下さい。 私、カトジュンが 飽きずに食べられるささみアレンジレシピを皆さんに伝授します! お米のかわりにささみを使う 今回はなんと、みんなの大好きな「アレ」を作っちゃいます。 減量をしている時には禁断と言われている「アレ」を使ってしまうつもりです。 そんなにもったいぶらずに早く教えろって? そのアレとは「オムライス」です。 え、嘘でしょ? と思ったあなた。 本当です。 嘘ではありません。 食べてもいいんです。 減量中でも食べられるんです。 減量中でも食べられるささみオムライスとは一体なんなんでしょうか? その正体は、お米の代わりにささみを使ったレシピです。 油は使いますが、バターも使いません。 「ライスじゃないじゃん!」と思った皆さま。 謝罪します。 オムライスというより、ささみオム、かも知れません。 でも、今回はささみオムライスと名乗らせて下さい。 気分だけでもオムライスを味わっていただきたいのです。 オムライスを自分で作るなんて無理だよ……と思ったあなた。 安心して下さい。 作れますから。 一見難しそうに思えますが、今回は簡単に作れてしまいます。 ではさっそく、作り方をみていきましょう。 今回は包丁を使わず行うため、冷凍のミックスベジタブルを使いました。 洗いものも少なくなり、調理時間の短縮にも繋がります。 ミックスベジタブルが苦手な場合は、ささみの量を増やし、玉ねぎや他の野菜をライス代わりにしてもいいでしょう。 本物のオムライスにはかないませんが、減量中でも「オムライスを食べた気分」になれます。 ローファット(脂質制限)というよりもローカーボ(糖質制限)向きのメニュー オリーブオイルや卵を使うので、合計脂質量は少し高くなります。 そのため、ローファット(脂質制限)には向かないレシピであり、ローカーボ(糖質制限)向きのメニューです。 お肉、卵、野菜が同時に摂取でき、栄養も満点。 1食でタンパク質をなんと30g以上も摂取でき、低カロリー、低糖質。 減量中のトレーニーにもぴったりの一品です。 今回、お米の代わりにささみとミックスベジタブルを使って代用しました。 この代用法を使えば、食べられなかったご飯モノを食べた気になれるかも知れません。

次の

【筋トレむき豆腐のオムライス】米を使わず高タンパク質低カロリーなダイエットレシピ

筋トレ オムライス

筋トレ民のための1週間ささみレシピ「ささみオムライス」【木曜日】 こんにちは。 筋トレ栄養士のカトジュンです。 トレーニーは、みんなささみを食べている。 そんな都市伝説がいつしか世間に広まってしまいました。 その一方で、 「ささみはもう飽きた……」 トレーニーたちからはそんな声もちらほら聞こえてきます。 安心して下さい。 私、カトジュンが 飽きずに食べられるささみアレンジレシピを皆さんに伝授します! お米のかわりにささみを使う 今回はなんと、みんなの大好きな「アレ」を作っちゃいます。 減量をしている時には禁断と言われている「アレ」を使ってしまうつもりです。 そんなにもったいぶらずに早く教えろって? そのアレとは「オムライス」です。 え、嘘でしょ? と思ったあなた。 本当です。 嘘ではありません。 食べてもいいんです。 減量中でも食べられるんです。 減量中でも食べられるささみオムライスとは一体なんなんでしょうか? その正体は、お米の代わりにささみを使ったレシピです。 油は使いますが、バターも使いません。 「ライスじゃないじゃん!」と思った皆さま。 謝罪します。 オムライスというより、ささみオム、かも知れません。 でも、今回はささみオムライスと名乗らせて下さい。 気分だけでもオムライスを味わっていただきたいのです。 オムライスを自分で作るなんて無理だよ……と思ったあなた。 安心して下さい。 作れますから。 一見難しそうに思えますが、今回は簡単に作れてしまいます。 ではさっそく、作り方をみていきましょう。 今回は包丁を使わず行うため、冷凍のミックスベジタブルを使いました。 洗いものも少なくなり、調理時間の短縮にも繋がります。 ミックスベジタブルが苦手な場合は、ささみの量を増やし、玉ねぎや他の野菜をライス代わりにしてもいいでしょう。 本物のオムライスにはかないませんが、減量中でも「オムライスを食べた気分」になれます。 ローファット(脂質制限)というよりもローカーボ(糖質制限)向きのメニュー オリーブオイルや卵を使うので、合計脂質量は少し高くなります。 そのため、ローファット(脂質制限)には向かないレシピであり、ローカーボ(糖質制限)向きのメニューです。 お肉、卵、野菜が同時に摂取でき、栄養も満点。 1食でタンパク質をなんと30g以上も摂取でき、低カロリー、低糖質。 減量中のトレーニーにもぴったりの一品です。 今回、お米の代わりにささみとミックスベジタブルを使って代用しました。 この代用法を使えば、食べられなかったご飯モノを食べた気になれるかも知れません。

次の

筋トレの効果MAXにするための食べ物と食事メニュー

筋トレ オムライス

おすすめ!筋トレの食事【超かんたんレシピ】写真付き 具体的なレシピを紹介しつつ、筋トレ中の食事についてポイントをご紹介します。 前提:食事は継続が大事。 レシピは簡単に まず、前提なのですが、食事はメニューを変えたからといって、すぐに効果はでません。 そのため、 「継続」することが最重要 です。 早くても1ヶ月は続けなくては、効果を感じることができません。 自分の場合は、 にそったメニューを1ヶ月続けたところ 「 あれ、なんかお腹の肉が減ってきたぞ・・腹筋が割れてきた?」 という状態になりました。 そこからさらに1ヶ月続けると、完全にお腹の肉は減り腹筋が姿を現しました。 継続の効果は偉大です。 なので、 これから紹介するレシピは超簡単 です。 継続しなければ意味がないので。 わかいアボカドを買うと、硬いし、ぜんぜん美味しくない・・!要注意です。 マグロは、価格の安い「赤身」を使用しましょう。 タンパク質が豊富です! 味付けが甘めなのでトロだと、すこししつこいです。 トータルでみると、コスパがいいです。 お店で買ったり、外食すると、味を調節できないんですよね、、 ムダに塩分や糖分が多い味付けになっているものが多く、筋トレを頑張る人にとっては、なかなか悪です。 上記のレシピを参考にし、好きな味にアレンジしてみてください。 筋トレの食事で大切なこと【レシピとセットで知りたい基礎知識】 タンパク質が最重要 筋トレをして、負荷を与えると筋肉が傷つきます。 人間の体は、その負荷に耐えられるようにと、筋肉を回復させます。 その際に 最も必要なのが「タンパク質 」 です。 主に 肉や、魚、豆 などから摂取します。 2〜2. 0g 必要なタンパク質の量は、上記の通りとされているのですが、 食事でこれらを摂取するのは大変です。 だから、筋トレする人たちは食事でとれなかったタンパク質の不足分を補うために、プロテインを飲みます。 プロテインはあくまで補助です 筋トレ=プロテインとイメージされるかもしれませんが、上記で述べたとおり、タンパク質が補給できていたら「プロテインは不要」です。 あくまで補助です。 たまにプロテインだけ飲んでいる人もいますが、あまり意味がありません。 なぜなら、 タンパク質は単体では、体に吸収されにくいからです。 ごはんなど、炭水化物と一緒にたべることで、効率的に筋肉を回復させてくれます。 ちなみに僕の愛用プロテインは「 」です 控えめにいって、プロテインで一番うまいと思います。 セールの戦利品が来ました。 MY PROTEIN のプロダクトデザインは個人的には好き。 集めたくなる イギリスらしい上品なデザイン。 味、コスパも最高。 プロテインはこれ買えば間違いない。 僕に広告収入は入らんけど、買ってほしい。 ザバスだったり、ゴールドスタンダードだったり、たくさん試しましたが これがベスト。 水割りで飲んでいます。 牛乳割は胃腸への負担が大きいです。 こういうやつですね。 安くていいですよ。 アマニ油には「オメガ3」がたくさん入ってます。 アマニ油入りドレッシングとかも、普通にスーパーに売られています。 これをサラダとか、ヨーグルトとかにかけて食べればOK。 あと脂質が必要といっても、 コンビニやスーパーの揚げ物は、絶対に避けましょう。 なぜなら、これらは油を何回も使いまわしており、体に入れると・・・ 分かりますね。。 食事のタイミングはそこまで重要ではない 実は 食事のタイミング はそこまで重要ではありません。 勉強をしている人だと、筋トレの体作りを効果を最大化するためには、タイミングも重要とおもっている人も多いと思います。 しかし「 でも詳しく紹介しましたが、重要なのは タイミングより食事の質 です。 それと繰り返しになりますが、 規則正しい食事を 継続すること が何より大切 です。 僕の考えですが、なんでもそうですが、 カンタンでなければ継続できないですよね・・? 食事は毎日食べるので、何よりも簡単で有ることが重要だと思っています。 僕も筋トレごはんを作ろうと、いろいろ調べていました。 すると、わりとネットや雑誌で紹介しされているレシピは、難しくて萎えました。 なので、今回は 非常にカンタンに作れるレシピを紹介 しました。 筋トレやダイエットを頑張るみなさんの参考になると幸いです。

次の