はばき かぎ むら。 「無限の住人」の感想・レビュー(ネタばれ有り)

無限の住人(30)(最新刊)

はばき かぎ むら

無限の住人(むげんのじゅうにん)とは、に連載されていたである。 は沙村広明。 概要 をに、奇抜な出で立ちの登場人物が手に戦う。 写実的で精緻な絵柄も相まって「 」ともしばしば評される。 その外連味の強さから・・など、様々な媒体で・されている部分が見受けられる。 『』にてからまで掲載。 、最終巻が発売された。 に 第1化庁祭部門優秀賞を受賞し、 (ade of )がに ナー賞最優秀際作品部門を受賞している。 に化され、で放映。 当時連載中だった為、そのものは途中で終わっている。 においても、より配信され、 第1話のみがで配信されている。 から日、劇団ヘロヘロQカムパニーによるが上演。 全労済/にて演。 、・にて。 より開。 演がという事で色で見られがちだが、での評価は高く、第回の コンペション部門として選出されている。 撮は、太を中心に行われ、の人りの撮中にが脚を折している。 、 『無限の住人-IMMORTAL-』と題し、のにより 全される事が発表。 は『 』を手がけた。 は『』などで知られるが務める。 、にてよりにて独占配信されることが発表された。 においても、有料ながらより配信。 、より、にて放送することが発表された。 また続編の『無限の住人~ノ章~』(:廉治、:陶延)が発売の『』号から連載。 沙村氏は協という形で参加している。 単行本は既刊2巻。 あらすじ 場の一人・ はの客集団「逸流」に両親を殺され、逸流統・ 久を討つことを誓う。 そのために人りの異名を持つ 万次をに頼むことになった。 万次は、 丘尼によっての体を与えられた人物だった。 主な登場人物 変わりな名前が多いが、一部の人物の名前はの種々の名前から取られている。 八丘尼により血仙を埋め込まれ、となっている。 それまでの罪を償うために悪党を千人殺す誓いを立てている。 元は山でのような生活をしていたが、旗本・に拾われ物同心になった。 しかし、の悪行を知って殺し逃亡、お尋ね者となる。 その際追っ手人をり殺したため「人り」の異名を持つ。 この時はまだ血仙は埋め込まれていなかった。 の下に多数のを隠し持ち、たびたび倒した敵や死んだ客から気に入ったを頂戴する。 流統・虎厳の。 祖の代からの因縁により両親を逸流に殺され、敵を討くとして万次を雇う。 場のなので、よりはの心得はある。 自身の不足から開発した(自称)「殺」という投擲術を使い、両腕に数本のをばせている。 また序盤において逸流に持ち去られた宝「」が手元に戻ってくる。 同心・政の妻。 政がお尋ね者となった万次とり合い、万次がそれと知らず彼をり殺したところを撃したため、正気を失い童女の如くなる。 後に万次を狙う客達によって誘拐され、おびき寄せられた万次のの前で殺された。 流の後継問題によって狂死した祖の念をらすため、また形骸化した階級やを変革すべく、一対一のが絶対条件の「逸流」を立ち上げる。 冷静で開明的。 勝てるのであれば素性や性、生まれやさえ問わない至上義的な考えを持っている。 なは、原始的な形状の一対のと直「頭椎(かぶつち)」。 の方は相当な重量だが扱い方にコツがあり、防いだ相手のごと頭蓋を割ることが出来る。 のになった。 ツンツンヘアーが特徴の若いちゃん。 時はで口元を覆う。 山育ちで地の利を生かした闘いを好む。 かつてによって理不尽にを殺されたため、階級を憎んでおり、その変革をして逸流に参加した。 は西洋の厚両直「」。 細身の片直が内蔵している仕込みでもある。 某ののになったとかならないとか。 久を幼少の頃から知る。 のを殺した本人で、兜に身を包んだ巨。 言動は的で歌を詠むだが、「への究極の情表現は死」という倒錯したを持つ。 またそれを実現すべく、自らの身体におぞましい手術を施している。 は二枚一組で大ののような「(からす)」。 万次と同じく体内に血仙を埋め込まれ、200年以上生きている。 はとある武将に仕えており、今までに殺した人数は千人以上。 かつてをしていた時に見つけた血仙を殺す秘「血仙殺」を持っており、秘をになじませる為峰に毛をした「殺(しんかいこさつ)」と共に用いる。 本来はをなじませて使うらしい。 のにあたり、彼にとっての「揺籃の師」。 の腕はをして「」と言わしめるほどの実で、遠くからの立ち振る舞いだけで吐鉤群を恐れさせた。 恐らく作中の女。 は三節棍の両端に物が付いた「翁(おきな)」。 普段はの中に畳んでしまってある。 新(かわかみ あらや) - :(版)、(版) 逸流。 のをした一人。 普段は素性を隠し、の練造と共に面屋を営んでいる。 自分の正体に気づき単身乗り込んできたの口封じをしようとする。 手でも状況を利用して万次のを奪い応戦するなど、実は高い。 逸流衆の一人。 にペングすることで奮する。 不在時は統代行を務める。 歳のせいかを考えているようだが、知、ともに未だ衰えぬ実者。 は片手でも扱えるよう作ったのような形状の短「断身九印(だんしんくいん)」。 やら鈎状の枝やらの柄に両端がになってる異様な得物。 命名は名の「」の代表曲「・」からではないかと思われる。 狙った敵をいたぶりながら殺すことに愉悦を覚える残虐な性格の持ち。 特にに対しては、犯しながらにを突き立てて殺すことをの快楽とするという、的を持っている。 は峰が状になっている直「ホトソギ」。 状のはり殺すためにわざと切れ味を落としている。 を当てると「女陰削ぎ」。 のドスい部分を凝縮して出来たらしい。 高での。 肌で面倒見もよく、にちょくちょくしている。 なは地毛ではなく、のを使って色を落としている。 っ向勝負するほどの実はないので、地の利を生かしたり、路と組んで搦め手を使って逸流を行っている。 のせいで立つのを避けているのか、変装もよく行う。 は手首に装着するの折り式小矢「群踏(ぶらふま)」。 がっていて、相手を刺すこともできる。 矢なので致命傷にならずとも数分で死に至る。 元は問屋の丁稚だったが、店のに手を付けて死罪になりそうなところを拾われる。 冴えない男で大概はと行動を共にしている。 に想いを寄せているが相手にされていない。 に丸という、時代を先取りした見たの男。 冷静で寡黙で生面で敵には容赦いが、情婦をってを洩らした逸流の士を見逃すなど、人情を解する。 また、たびたびを気遣う場面が多い。 は柄の付いたのような「錦連・三途ノ守(かねつら・みとのかみ)」。 部分の内側がになっており、柄の先に鎖がついている。 のように投げつけて相手の首をし尋問(そのまま首を刎ねる事も可)、を絡め取るなどの使い方ができる。 剛健な気を持つ武人らしい性格をしているが、幕府に対する忠義は半ば妄信的で、非人的な行為だろうと幕府のためなら行う冷さも持つ。 作中格の一人で、較的っ当なを使う。 術は、万次が痛みで気付くまで攻撃されたことがわからなかったほど。 はの「(あろ)」。 柄にはの紋様が入っている。 宗理(そうり) - :(版)、(版) 町のだが、実は儀隠密での達人。 のの親友。 絵の腕を磨くための腕を磨き、色々なものを手に入れやすい儀隠密になった。 をにげており、熱中すると他の事がに入らなくなる。 のと二人暮らしで事全般をに任せっきり。 としては富からなようで持ちらしく、ちょくちょく万次&に路などを融通している。 作中格の一人。 にをに出来るほどの実を持つ。 自身にも血仙を埋め込んでおり0年以上生きている。 両親の墓前で討ちを誓うに万次の事を教え、にするよう促した。 のを食べてとなったの人物、八丘尼が。 主な楽曲• 『』 版曲 歌:• 『 OF 』 版曲 歌: テレビアニメ よりにおいて放送。 スタッフ• - 喜• 得物 - 肥塚• 設計 - 喜子• 特殊効果 -• 美術 - よしみ• 撮 - 慎一、仁• - なかのとおる• 協 -• - 場復会 各話リスト 話数 第一幕 罪人.

次の

無限の住人とは (ムゲンノジュウニンとは) [単語記事]

はばき かぎ むら

そんな私が今回記事にするのはやっぱり!? 血どころか 五臓六腑の舞い散る作品、 「無限の住人」です。 2017年に 木村拓哉氏の主演により実写映画化されたことで「無限の住人」を知った方も多いかと思います。 映画化で初めて「無限の住人」という作品の名前を知った方には、• 映画を観て原作に興味を持ったので、原作の内容か知りたい!• 興味はあるけれど観るまでには至らず、まずは原作が面白いかどうか知りたい!• ただ斬り合いするだけなの? 他にどういう魅力があるのかを知りたい! という方も多いのではないかと思います。 また、映画化で興味を持った方だけでなく、 存在は知っていて興味はあったけれど読んだことはなかったという方もいるかと思いますので、そんな方たちのために「無限の住人」の、• 基本情報• あらすじ• おさえておくべき3つのポイント• 4人の主要登場人物• 「無限の住人」を読む上で注目すべき4つの魅力 を、大紹介します! なお、斬り合いが主の漫画ですので作中では 結構エグイ描写もありますので手に取る際は少々ご注意ください(記事内の画像は、これでも控えめにしています(汗)) とはいえ、 その手の描写も魅力の一つであり、オススメ作品であることに変わりはありません! 著者 沙村広明 出版社 講談社 掲載雑誌 月刊アフタヌーン 掲載期間 1993年 — 2013年 単行本巻数 全30巻 ジャンル ネオ時代劇 「無限の住人」は 沙村広明氏により月刊アフタヌーンに20年近くに渡って連載されていた 「ネオ時代劇」です。 なぜ「時代劇」ではなく「ネオ時代劇」と評されているかというと、• 主人公は不老不死• 金髪ミニスカ、グラサン、ハリネズミヘアーなどなどパンクな外見のやつらばかり• 剣士なのに普通の剣で戦うやつが殆どいないほど、多種多様な武器での戦闘 と、登場人物設定、戦い方、描写などが 既存の時代劇から明らかに一線を画していたからです。 そんな「無限の住人」は、• 1997年に第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞• 2008年にテレビアニメ化 「無限の住人」 3巻 沙村広明/講談社より 引用 3-3 『無骸流(むがいりゅう)』:反幕府組織である『逸刀流』を撲滅するために作られた暗殺戦闘集団 『逸刀流』を抹殺するために作られた組織です。 その実態は、幕府の新番頭である 吐鉤群(はばき かぎむら)が死罪人達を集めたゴロツキ集団です。 多くの流派を傘下におさめて増大する『逸刀流』の行為を幕府に逆らうものと考え、作り出しました。 『逸刀流』の剣士一人を殺すと一両二分で、 五十両を上納することで無罪放免される代わりに逸刀流狩りをやらされています。 『無骸流』の逸刀流狩り、および幕府の策略により『逸刀流』は窮地に陥ることになります。 バックに幕府がついている『無骸流』 「無限の住人」 6巻 沙村広明/講談社より 引用 「無限の住人」という作品を彩っているのは以下の2点です。 物語 戦闘において、主人公である万次と凛は 「不老不死」であることを最大限に活かして戦闘相手と渡り合います。 また物語は、途中から 『逸刀流』を中心とした物語に変化します。 復讐のため『逸刀流』を追いかける万次と凛、幕府の命で『逸刀流』を追う『無骸流』。 『逸刀流』が何を目指したのか、なぜ『逸刀流』を追い、そして『逸刀流』は追われるのか。 それこそが 物語全体の「肝」なのです。 そして物語の最後は、 万次が「不老不死」だからこその結びを迎えます。 「無限の住人」を読む際は、 ぜひ、説明した3つのポイントを頭に入れてお読みください! 4、正義や悪ではない。 復讐、理想、思いのため、不器用でも自らの手を汚して生を駆け抜ける、四人の主要登場人物を紹介 「無限の住人」には非常に沢山の人物が登場しますが、ここでは 物語の中心にいる四人を紹介します。 4-1 凛の用心棒、不老不死の体を持つ「百人斬り」・万次(まんじ) 本作の主人公です。 凛に用心棒として雇われた 隻眼の剣士です。 元は旗本の腰物同心でしたがお尋ね者となり、追手を百人斬ったことから 「百人斬り」の異名をとるようになります。 宿主が傷を負った際に現れて即座に患部の再生を行う 「血仙蟲」を身体に移植され、 不老不死の肉体を持つようになりました。 額を撃ち抜かれても大丈夫! 「無限の住人」 29巻 沙村広明/講談社より 引用 5、『無限の住人』のココが見どころ!4つの魅力を全力で紹介! それでは無限の住人の魅力を4点、力いっぱい紹介していきます。 5-1 漫画の魅力は絵の魅力!表現、流れ、女性、美しい絵に吸い寄せられる! 無限の住人の一番の魅力は、作者・沙村広明氏により描かれる 「絵」そのものであり、画力の高さです。 単に絵が上手い、画力が高いというだけではありません。 魅せる絵、読む人を惹きつけずにはいられない、 「高い画力」と「センス」 の組み合わさった絵です。 現代漫画家においては唯一にして随一の絵を描く力を持っていると思います。 特筆すべきは、しばしば用いられる 鉛筆画による表現の深さです。 とにかく見ていただきたい 「無限の住人」 14巻 沙村広明/講談社より 引用 「無限の住人」は剣士達の戦いが主です。 命を賭けた迫力のある戦いが繰り広げられ、しかも高い画力で描かれるのですから目を離せません。 そんな剣士達はどいつもこいつも、 見た目も性格もクセが強いやつばかりです。 そして見た目が個性的なら 武器も個性的です。 異形な剣士が、普通の日本刀ではない異様な武器を手に持ち、殺し合います。 どれだけ異形で異質かは、見てもらえば分かります。 女性賛美が行き過ぎ、 自分の妻と凛の母親の生首の剥製を両肩にセッティングしてしまいました! 変態ハゲ入道・黒井鯖人(くろい さばと) 「無限の住人」 26巻 沙村広明/講談社より 引用 こんな、 ファンキーでパンクな剣士達が次々と出てきては、単純な 剣vs剣では到底見ることの出来ない戦いを繰り広げてくれます。 様々な戦いは 異種格闘技戦を想像させ、 どのような戦術を立てるのか、どんな力を見せてくれるのかが楽しみで仕方なくなります! まさに、「ネオ時代劇」と言うにふさわしいのです。 5-3 ドS、スプラッタ、エロティック!特異な描写に目が離せない! 作品の中、 各所で目をひかれるのが、 サディスティック・スプラッタ・エロティックというような 特異な描写です。 光るというか、むしろ滲み出ています。 女性キャラは決して多くはありませんが、女性キャラが時に見せる肌にドキリとさせられます。 特に、 背中側からわき腹とか見える角度が良いと思います。 百琳が見せてくれる横乳とか、 槇絵の見せる太ももとか、 凛や瞳阿が見せてくれる未成熟ながら大人になりかけている柔肌とか、残酷な戦いの中で光ります。 なんというか、 カラダのラインがたまらんです。

次の

無限の住人(30)(最新刊)

はばき かぎ むら

無限の住人(むげんのじゅうにん)とは、に連載されていたである。 は沙村広明。 概要 をに、奇抜な出で立ちの登場人物が手に戦う。 写実的で精緻な絵柄も相まって「 」ともしばしば評される。 その外連味の強さから・・など、様々な媒体で・されている部分が見受けられる。 『』にてからまで掲載。 、最終巻が発売された。 に 第1化庁祭部門優秀賞を受賞し、 (ade of )がに ナー賞最優秀際作品部門を受賞している。 に化され、で放映。 当時連載中だった為、そのものは途中で終わっている。 においても、より配信され、 第1話のみがで配信されている。 から日、劇団ヘロヘロQカムパニーによるが上演。 全労済/にて演。 、・にて。 より開。 演がという事で色で見られがちだが、での評価は高く、第回の コンペション部門として選出されている。 撮は、太を中心に行われ、の人りの撮中にが脚を折している。 、 『無限の住人-IMMORTAL-』と題し、のにより 全される事が発表。 は『 』を手がけた。 は『』などで知られるが務める。 、にてよりにて独占配信されることが発表された。 においても、有料ながらより配信。 、より、にて放送することが発表された。 また続編の『無限の住人~ノ章~』(:廉治、:陶延)が発売の『』号から連載。 沙村氏は協という形で参加している。 単行本は既刊2巻。 あらすじ 場の一人・ はの客集団「逸流」に両親を殺され、逸流統・ 久を討つことを誓う。 そのために人りの異名を持つ 万次をに頼むことになった。 万次は、 丘尼によっての体を与えられた人物だった。 主な登場人物 変わりな名前が多いが、一部の人物の名前はの種々の名前から取られている。 八丘尼により血仙を埋め込まれ、となっている。 それまでの罪を償うために悪党を千人殺す誓いを立てている。 元は山でのような生活をしていたが、旗本・に拾われ物同心になった。 しかし、の悪行を知って殺し逃亡、お尋ね者となる。 その際追っ手人をり殺したため「人り」の異名を持つ。 この時はまだ血仙は埋め込まれていなかった。 の下に多数のを隠し持ち、たびたび倒した敵や死んだ客から気に入ったを頂戴する。 流統・虎厳の。 祖の代からの因縁により両親を逸流に殺され、敵を討くとして万次を雇う。 場のなので、よりはの心得はある。 自身の不足から開発した(自称)「殺」という投擲術を使い、両腕に数本のをばせている。 また序盤において逸流に持ち去られた宝「」が手元に戻ってくる。 同心・政の妻。 政がお尋ね者となった万次とり合い、万次がそれと知らず彼をり殺したところを撃したため、正気を失い童女の如くなる。 後に万次を狙う客達によって誘拐され、おびき寄せられた万次のの前で殺された。 流の後継問題によって狂死した祖の念をらすため、また形骸化した階級やを変革すべく、一対一のが絶対条件の「逸流」を立ち上げる。 冷静で開明的。 勝てるのであれば素性や性、生まれやさえ問わない至上義的な考えを持っている。 なは、原始的な形状の一対のと直「頭椎(かぶつち)」。 の方は相当な重量だが扱い方にコツがあり、防いだ相手のごと頭蓋を割ることが出来る。 のになった。 ツンツンヘアーが特徴の若いちゃん。 時はで口元を覆う。 山育ちで地の利を生かした闘いを好む。 かつてによって理不尽にを殺されたため、階級を憎んでおり、その変革をして逸流に参加した。 は西洋の厚両直「」。 細身の片直が内蔵している仕込みでもある。 某ののになったとかならないとか。 久を幼少の頃から知る。 のを殺した本人で、兜に身を包んだ巨。 言動は的で歌を詠むだが、「への究極の情表現は死」という倒錯したを持つ。 またそれを実現すべく、自らの身体におぞましい手術を施している。 は二枚一組で大ののような「(からす)」。 万次と同じく体内に血仙を埋め込まれ、200年以上生きている。 はとある武将に仕えており、今までに殺した人数は千人以上。 かつてをしていた時に見つけた血仙を殺す秘「血仙殺」を持っており、秘をになじませる為峰に毛をした「殺(しんかいこさつ)」と共に用いる。 本来はをなじませて使うらしい。 のにあたり、彼にとっての「揺籃の師」。 の腕はをして「」と言わしめるほどの実で、遠くからの立ち振る舞いだけで吐鉤群を恐れさせた。 恐らく作中の女。 は三節棍の両端に物が付いた「翁(おきな)」。 普段はの中に畳んでしまってある。 新(かわかみ あらや) - :(版)、(版) 逸流。 のをした一人。 普段は素性を隠し、の練造と共に面屋を営んでいる。 自分の正体に気づき単身乗り込んできたの口封じをしようとする。 手でも状況を利用して万次のを奪い応戦するなど、実は高い。 逸流衆の一人。 にペングすることで奮する。 不在時は統代行を務める。 歳のせいかを考えているようだが、知、ともに未だ衰えぬ実者。 は片手でも扱えるよう作ったのような形状の短「断身九印(だんしんくいん)」。 やら鈎状の枝やらの柄に両端がになってる異様な得物。 命名は名の「」の代表曲「・」からではないかと思われる。 狙った敵をいたぶりながら殺すことに愉悦を覚える残虐な性格の持ち。 特にに対しては、犯しながらにを突き立てて殺すことをの快楽とするという、的を持っている。 は峰が状になっている直「ホトソギ」。 状のはり殺すためにわざと切れ味を落としている。 を当てると「女陰削ぎ」。 のドスい部分を凝縮して出来たらしい。 高での。 肌で面倒見もよく、にちょくちょくしている。 なは地毛ではなく、のを使って色を落としている。 っ向勝負するほどの実はないので、地の利を生かしたり、路と組んで搦め手を使って逸流を行っている。 のせいで立つのを避けているのか、変装もよく行う。 は手首に装着するの折り式小矢「群踏(ぶらふま)」。 がっていて、相手を刺すこともできる。 矢なので致命傷にならずとも数分で死に至る。 元は問屋の丁稚だったが、店のに手を付けて死罪になりそうなところを拾われる。 冴えない男で大概はと行動を共にしている。 に想いを寄せているが相手にされていない。 に丸という、時代を先取りした見たの男。 冷静で寡黙で生面で敵には容赦いが、情婦をってを洩らした逸流の士を見逃すなど、人情を解する。 また、たびたびを気遣う場面が多い。 は柄の付いたのような「錦連・三途ノ守(かねつら・みとのかみ)」。 部分の内側がになっており、柄の先に鎖がついている。 のように投げつけて相手の首をし尋問(そのまま首を刎ねる事も可)、を絡め取るなどの使い方ができる。 剛健な気を持つ武人らしい性格をしているが、幕府に対する忠義は半ば妄信的で、非人的な行為だろうと幕府のためなら行う冷さも持つ。 作中格の一人で、較的っ当なを使う。 術は、万次が痛みで気付くまで攻撃されたことがわからなかったほど。 はの「(あろ)」。 柄にはの紋様が入っている。 宗理(そうり) - :(版)、(版) 町のだが、実は儀隠密での達人。 のの親友。 絵の腕を磨くための腕を磨き、色々なものを手に入れやすい儀隠密になった。 をにげており、熱中すると他の事がに入らなくなる。 のと二人暮らしで事全般をに任せっきり。 としては富からなようで持ちらしく、ちょくちょく万次&に路などを融通している。 作中格の一人。 にをに出来るほどの実を持つ。 自身にも血仙を埋め込んでおり0年以上生きている。 両親の墓前で討ちを誓うに万次の事を教え、にするよう促した。 のを食べてとなったの人物、八丘尼が。 主な楽曲• 『』 版曲 歌:• 『 OF 』 版曲 歌: テレビアニメ よりにおいて放送。 スタッフ• - 喜• 得物 - 肥塚• 設計 - 喜子• 特殊効果 -• 美術 - よしみ• 撮 - 慎一、仁• - なかのとおる• 協 -• - 場復会 各話リスト 話数 第一幕 罪人.

次の