ワールド トリガー 最 新刊。 【ネタバレ】ワールドトリガー 16巻 あらすじ、ネタバレ

【漫画】ワールドトリガー最新刊(23巻)発売日と収録話数を調査|漫画大陸

ワールド トリガー 最 新刊

今日はちょっと最新号のジャンプについて語りたいと思います。 ワートリ読者にとってはすごくショックな知らせがありましたよね、葦原先生の体調が相当まずいことになっているようで 急遽連載を中断することになり、ワートリはしばらく長期休載に入ると…再開時期も不明ということで、 ツイッターでもこのことで嘆きのツイートをしていた人が大勢おり、月曜は 「葦原先生」がトレンドに入るぐらいの騒ぎになってました さらにはこれほどワートリの影響力って大きかったんだと俺も驚きました これだけ多くの人が葦原先生の体を心配しているわけですが… そもそもなぜ葦原先生の体はそんなに悪くなってしまったのか? という点について今日は語っておきたいと思います。 アニメ化の波に乗ってワートリの存在感をアピールするためだったのでしょう、ただ… この2ヶ月連続刊行は 葦原先生にすさまじい負担をかける結果となり、今なお続く体調不良の引き金となってしまったわけです 実際に、この2ヶ月連続刊行を行ったあたりから、葦原先生がちょくちょくジャンプの連載を休むようになりました そんな休載をするようになってしまったある日、ジャンプに掲載された作者コメントがこれです 2ヶ月連続刊行で首と肩がおかしくなってしまったというやつですね… ここで故障してしまった首が問題なわけですよ。 首の異常については葦原先生も病院で診断を受けたようで、 別の休載の時にその結果も明かされていました。 その時の文章がこれです 頚椎症性神経根症の治療のため休載します。 頚椎症性神経根症…この言葉で書くといまいちピンとこないかもしれませんが、 要するに 首の神経に負担がかかっていて、首を動かそうとすると激痛が走るという症状のようです 一般的には、実生活に悪影響が出たりもするらしく、首を動かすことができないから たとえば 缶ジュースなどを飲む時に 飲む干すような動作ができないだとか、 道ばたを歩く時に とっさに左右や後方を振り向くことができないといったような弊害があるみたいですね そして漫画を描く仕事についても相当な弊害が出ているようです。 なんだかアニメ開始のプッシュのために、葦原先生がとことん振り回されてるって感じがしてしまいます そして葦原先生自身も、この時の過度の負担や、特に2ヶ月連続刊行については相当うんざりきていたようです それについては単行本8巻の作者コメントで触れられていますね もう二度と2ヶ月連続刊行なんてやらないというのがそれでして… こんな宣言をしたくなるくらい、この時はさんざんな思いをしたってことのようです。 もはや2ヶ月連続刊行が、ワートリを取り巻く悲劇における すべての元凶 って気がしてきますね… ともかくこの2014年の夏〜秋にかけて、葦原先生は体を壊してしまい、数話に1度は休載を挟まなければ 連載を続けていくことのできない状態になってしまったわけで…その後しばらく時間が経ってどうなったかというと これは故障から数ヶ月後の様子。 2014年の終わりに書いていた作者コメントです。 この中に混ざれなかった葦原先生はけっこう疎外感あったでしょうね ともかく2015年が始まったわけですが、この年の葦原先生は 「数話に1度は休載を挟んで連載する」というペースを ずっと続けていました。 そういう意味では大崩れすることは少なく、定期的に休みを取っている効果が出たのか 首の容態について語ることも減っていったわけで。 こちらとしても、ちょっとは回復に向かってるのかな?と思っていたわけですが… しかしその期待もむなしく、 2015年の年末で再び不穏な状態であることが語られてしまいます そう、この2015年末、葦原先生は調子を崩して連続休載してしまい、 そのことを謝りながら病院に行ったり 「早く治ってくれおれの首」と嘆きのコメントを書いたりと かなりの悲壮感を漂わせていました。 すでに故障から1年数ヶ月が経過したわけですが それでもまだ全然状態は良くなっていなかったようですね… そして年が明けて2016年。 この時期の葦原先生は、 「新しくもらった痛み止めがかなり効いてる」ということを 何度か繰り返し語っていました 痛み止めっていうのがなんだか不安ですが、しかし本人としては「この薬があればいける」という実感があったようで、 ここからは休まずに連載を続けるという意欲を見せていました。 そして実際に、言葉通りここからは休載をしなくなった葦原先生は 2016年の前半をそのままの勢いで駆け抜けたんですよね 休載をせずに半年間を乗り切った葦原先生ですが、これを今後も続けていけるのか?と思ったのもつかの間、 やはりまた首の状態が悪化してしまったようです これは2016年の中期ごろの作者コメント。 「首の調子が思わしくなくなってきた」と再び首の調子が悪化してきたことを明かし、 「また休みを挟みつつやらせてもらいます、申し訳ない」と、やはり休載が必要なことを実感してしまった葦原先生。 そしてこの後は、また定期的に休載を挟みつつ、2015年のようなペースで連載を始めた葦原先生ですが… しかし、そのペースでもキツイぐらいに首が悪化してしまったのか、 とうとう最新のジャンプで限界が来てしまい、長期休載をすることになってしまったということです これがワートリが長期休載になるまでの一連の流れですね…今回のこの話をまとめていて思ったんですが、 とにかく あの2ヶ月連続刊行さえなければ…ってことばかりずっと考えてました あれで首を故障しなければこんなことには…編集部にはそのことを本当に反省して欲しいです 2ヶ月連続刊行って、結局は 短期的な利益のために作家に無茶をさせるってことなわけで、 そんな目先のことのために作家に過度の負担を強いるなんて、あっちゃいけないことだと思うんですよ。 プロ野球でたとえるなら、 大谷翔平に「2日連続でピッチャーやって完投しろ」と言ってるようなものじゃないですか。 大谷は普段から野手として試合に出てて、それだけでも大変なんだからピッチャーをやらせるなら きちんと負担を考えて間を空けるべきなんじゃないのかと。 実際、大谷は中6日ぐらいに間を空けて登板してますよね そんな大谷が2日連続でマウンドに上げられたりしたらどうなるか。 ファンは大谷の連投を喜ぶどころか 大谷の体が心配で心配で仕方ないと思いますよ。 選手をそんな使い方するなって絶対に抗議が来ますよ それぐらいファンの心理としては、無駄な負担をかけないでほしいと思ってるし、こんな短期的に無茶なんかするより もっと健康な体で長期的に活躍をして欲しいって思ってるわけですよ。 しかもこんな無茶をした結果、 大谷が体を壊して今までのように活躍できなくなりましたってなったら ファンの人達はどう反応すると思います?こんなのはもう、 「大谷をこんな使い方して壊しやがってふざけんな!!」って 責任者に対して暴動みたいなものが起きてもおかしくないと思いますよ これは大谷でたとえた話でしたけど、 ジャンプ編集部は これと同じようなことを実際にやってしまったということを自覚して欲しいです。 葦原先生に 「お前ちょっと2ヶ月連続刊行しろ」と指示して大きな負担をかけてしまったんだから。 そのせいで葦原先生の体を壊してしまったんだから。 本当にこんなのはファンとしては許せないことだと思いますよ ちなみにジャンプ編集部としては、今回の長期休載は 葦原先生は連載をしたがってるけど、今の体調でそれは無理だから編集部の判断で休ませたと言っているので それが本当なら、以前よりは作家の負担を考えてくれるようになったのかなと思うわけですが でもね…ひとつ言わせてもらうと、 体を壊した後に負担を考えても遅いんですよ! まず何よりも予防してくれなきゃ困るんですよ、もしも大谷翔平が体を壊してしまったら、 後になってから負担をいくら軽くしたって 今さら遅すぎるんですよ! そのことをジャンプ編集部には分かってほしいとつくづく思います。 何しろ2ヶ月連続刊行は ワールドトリガーの後にも 食戟のソーマがアニメ化した時もやってたからね… 葦原先生が体を壊した後なのにそれをやるのかっていうね… 不必要な負担をかければどうなるかっていうことに、もっと敏感になって欲しいです。 壊れてからじゃ遅いんですよ、人間の体は一度壊れたら簡単には元に戻らないんですよ… [PR].

次の

漫画『ワールドトリガー』の魅力を最新21巻までネタバレ解説!【アニメ続編決定】

ワールド トリガー 最 新刊

掲載から発売日までの期間 16巻 最終話5月掲載 9月2日発売 17巻 最終話7月掲載 12月2日発売 その巻の最終話が掲載された月から4ヶ月から5ヶ月後に発売されていました。 ストックに余裕があっての3ヶ月周期の発売日でしたから 今回は刊行作業がどのくらいの期間必要になるかで発売日も変わってきます。 『ワールドトリガー』はおまけページがみっちり書かれているため刊行作業も2ヶ月くらいは必要になると予想します。 作者のご回復を心より願っています。 7巻のあらすじ 雨取千佳を遠征部隊に参加させることでヒュースの入隊が許可された。 千佳の参加によりB級からも数隊が近界への遠征に参加できることになり 玉狛第二は遠征部隊選抜まであと3試合、B級2位以内を目指す。 155話 王子隊 ・移動する千佳を梶尾が見つける ・千佳を狙っていることに気付いた遊真は三雲と通信 ・生駒隊が合流しそうなところにワイヤーを張ってあるから遊真に北へ向かえという ・千佳を迎えに行く三雲 ・王子はそれに気づいて梶尾に気を付けるよう指示 ・梶尾は千佳が鉛弾攻撃できないように追尾弾を撃つ ・梶尾から飛び越えるような仕草で走っていく千佳 ・-今の動きは……?-(梶尾) ・ワイヤーを匂わせた動きで千佳と梶尾の距離が離れる ・突然現れた三雲に気をとられた隙に鉛弾からのスラスターで梶尾を落とし玉狛2点目 ・ 現時点でのポイント、王子隊は二人落ちて1点、生駒隊は0点 ・宇佐美から王子がレーダーから消えたと連絡を受けた矢先、三雲の前に現れた王子 156話 王子一彰 ・王子は右手の追尾弾で千佳をけん制し三雲には左手しか使っていなかった ・ー左手一本なら止められる……!-(三雲) ・「片手間の僕となら勝負できると思ったかい?」(王子) ・-……!!-(三雲) ・「侮るつもりはないけど君はそこまで強くない」と三雲の右腕を切り落とす ・王子に首を刺され伝達系切断で三雲はベイルアウト ・追いかけてくる王子に千佳は鉛弾じゃない『素』の追尾弾を撃とうとする ・実況も三雲も王子も驚く ・-打てないね はったりだ-(王子) ・千佳は視線誘導で地面を撃ちワイヤー地帯に逃げ込むことに成功 ・遊真もワイヤー地帯に到着 ・ 「さあ 得点は生駒隊0対玉狛第二2対王子隊2!」(国近) 157話 玉狛第二18 ・遊真と戦っている生駒 ・ログより速くなっている遊真の動きにワイヤー地帯攻略に動く ・遊真がグラスホッパーで瓦礫を飛ばし水上に命中させると千佳が鉛弾を打ち込む ・そこへ王子が水上の首を落とした ・その王子の足を生駒旋空が襲う ・千佳も王子たちをめがけて鉛弾を撃つ ・隠岐が千佳を捕捉、千佳からの狙撃が止まったことで王子は遊真を狙いに行く ・ 王子の足にワイヤーを引っ掛けた遊真の連撃炸裂で玉狛3点目 158話 玉狛第二19 ・遊真も深手を負いトリオンが漏れる ・三雲からの指示で隠岐に向かって構える千佳 ・千佳と隠岐が撃ち合い隠岐に鉛弾が当たると遊真が斬りつけ隠岐は緊急脱出 ・そこを構えていた生駒に遊真は斬られてしまう ・生き残った千佳も自発的に緊急脱出したところで試合終了 ・ 生き残った生駒隊に生存点が追加されるが最終スコア4対3対3で玉狛の勝利 159話 ヒュース3 ・ヒュース、入隊試験へ ・各種訓練で個人ポイントを4000点以上にすればB級に昇格できる ・ヒュースは「目立ってるやつ」と他の訓練生から狙われるが次々と簡単に倒し4000点を超える ・笹森「今日入隊……?じゃあ一日……いや0日で…!?」 ・C級から上がったばかりのヒュースはトリガー1個とシールドもないとあって小荒井たちが勝負を挑む。 仲間に加わり、19巻ではヒュースの活躍が見られそうです! 古株メンバーが現れて三雲たちに何をもたらしてくれるのか、楽しみですね。 まとめ 19巻発売は連載再開してから約半年後の発売になりそうです。 また新たなことがわかりましたら追記したいと思います。 以上、『ワールドトリガー最新刊19巻の発売日と18巻のネタバレ紹介』でした。 ワールドトリガーのあなたの感想を下のコメント欄から教えてもらえるとうれしいです。 最後まで読んでくださってありがとうございました。

次の

ワールドトリガー 本誌&単行本感想

ワールド トリガー 最 新刊

ワールドトリガーの最新刊発売日周期 14巻:2016年3月04日 15巻:2016年6月03日 16巻:2016年9月02日 17巻:2016年12月02日 18巻:2017年3月03日 19巻:2018年12月04日 20巻:2019年6月04日 21巻:2019年12月04日 22巻:2020年6月04日 2016年は安定して3ヶ月のペースで発売されてましたが作者の病気で不定期発売に2017年からなってますね。 ワールドトリガー23巻の発売日は 2020 年12月04日から2ヶ月以内になる予定だと思います。 なぜなら、 ジャンプSQに移籍したこと、週刊少年ジャンプで連載していたストックがないのが理由です。 (作者さんの病気の再発は加味はしてません。 入れたら予測できないので…) そこで、続いてワールドトリガー最新刊(23巻)に収録されるだろう話数のジャンプSQでの連載状況を調べてみました。 ワールドトリガー197話以降の連載状況 漫画「ワールドトリガー」22巻の続きである197話以降の連載状況を調べてみたところ、このような結果になりました。 ワールドトリガーの197話以降連載状況 197話:ジャンプSQ2020年7号 198話:ジャンプSQ2020年8号 予定 199話:ジャンプSQ2020年9号(予想) 以下未定 ・ ・ ・ 最新刊(23巻)に収録されるであろう話数分については、1話のみ掲載されてます。 そして、 ジャンプSQに移籍したことで月1配信になり、2020年6月現在ではまだ 23巻の収録話が197話のみ掲載になります。 ジャンプSQ作品の テニスの王子様の最新刊がいつも9~10話収録していること、そしてワールドトリガーの最新刊(22巻)も9話収録されてること 尚且つ、 ジャンプSQは2話同時掲載など人気作品はする場合があるのでそれをワールドトリガーもあると加味した私の結果は… 僕のワールドトリガー最 新刊(23巻)の発売日は 2020年12 月04日 から2ヶ月以内で予想します(少し猶予ください汗) となる予想です。 続いて、 「 ワールドトリガーの最新刊が発売されるのを待てない」 という方のために、22巻の続きである197話以降を読めないか調査してみました。 漫画ワールドトリガーの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。 次に紹介しますね! ワールドトリガーのアニメとワールドトリガーの最新号をチェック! 現在(2020年6月)ジャンプSQはU-NEXTで電子書籍しております。 U-NEXTの電子書籍サービスを使えば• 月額 1990円(税別)が 31日間無料!• 登録時に 600P付与!無料期間後は毎月 1200P付与!• 雑誌読み放題サービス付き!• アニメや動画見放題サービス付き!• 付与される 1200P以上の漫画購入費用は 40%ポイントバック! という特典があり、この特典を使えば 週刊少年ジャンプ作品の漫画や気になる漫画の単行本を1巻分無料で読むことができます。 勿論、見逃したワールドトリガーも読めます! あとU-NEXTは動画配信サービスもしており、「ワールドトリガー」をはじめ、その他の人気のある週刊少年ジャンプ作品などのアニメが見放題です。 2014年に公開された「ワールドトリガー」のアニメも見放題対象ですよ! そのため、U-NEXTに登録すれば漫画もすぐに無料で読めて、アニメが1800作品も見放題になりますよ。 なので、もしもこれを機に ・色々なアニメを観たい ・週刊少年ジャンプ他漫画作品やあの気になる作品を試しに1冊丸々読みたい という場合は、U-NEXTをチェックしてみることをおすすめします。 もしも自分には合わないな、と思えば解約すれば問題もありませんので。 まとめ 以上、漫画ワールドトリガーの最新刊(23巻)の発売日情報と収録話数についてでした。 あらためて、 ワールドトリガー 最新刊(23巻)の発売日予想は2020年12月04日から2ヶ月以内かなと思います。 作者さんも読者さんに早く読んで欲しいという気持ちもあると思いますから。 22巻の続きである収録話数はワールドトリガー197話〜205話(予想) 漫画の最新話はこの機会にジャンプSQで読むのもありだと思います。 U-NEXTなら『ワールドトリガー』最新話が掲載されているジャンプSQの最新号が無料になります。 ぜひこれを機にチェックしてみてはいかがでしょうか?.

次の