ブルー ノート 福岡。 福岡県 ノート e-パワー X(日産)の中古車

ブルーノート跡に「ビルボードライブ福岡」-プレミアム感打ち出す

ブルー ノート 福岡

エディ・リーダー Eddi Reader ライブ 福岡ブルーノート Bluenote (福岡) '04年7月13日 - The Right Place: Report of '04 Japan Tour Fukuoka Day 2 Eddi Reader 福岡ブルーノート July 13, '04 福岡二日目は、ツアー最終日ということもあってかEddiの歌声に疲れが見えた(話し声もいつもよりややハスキーでした)のですが、ファースト、セカンドともに良好な観客の反応もあって、それに後押しされるようにEddiは一生懸命歌ってくれ、アーティストと観客が一体となって、ともにとても楽しめたコンサートとなりました。 今日は昨日の開場前の様子を考え、あえて少し遅く(20分前)に行ってみたのですが、5番目でした。。 そして今日は入れ替えを行ったセカンドセットもほぼ同じ状況でした。 ファーストステージは7分ほど遅れてEddiたちが登場し、Eddiはいつものようにバンドメンバーの紹介をしたのですが、Booのところは"from the moon"と言った後に"from Heaven"と紹介してました。 そしていつものようにDolphinsでスタート。 でもコーラス部で入れるかけ声がいつもと少し違います。 今日は昨日の予告通りに海に行ってイルカを見たので、鳴き声をまねてみたということでした(ちなみに水には入らずに砂で城を作って遊んだそうです、、)。 この曲と次のPatience of Angelsまでは大丈夫だったのですが、Jamie Come Try Meあたりからは高音部を少し出しづらそうにして、やや声に伸びがないかなと思うようになりました。 それでもファーストではそれほど問題なく歌いきることが出来たのですが、セカンドでは声が(高音部に限らず)思うように出ていないのがはっきりとわかるようになりました(一番つらそうだったのはGreen Glows the Rashesです)。 だけど、ファーストもセカンドも最初のうちからこれまでのどの会場より大きな手拍子や拍手をもらって、Eddi(とBooも)は見るからに機嫌良く、できるだけ観客に話しかけてくれ、精一杯歌ってくれました。 私が今回福岡公演を見ようと思ったのは、最終日を含むからということではなく(最終日の予約をしたのは東京公演の数日前です)、2年前のの福岡公演が他の日とくらべものにならないくらい良かったため、好きなアーティストが福岡でやる機会があれば行ってみようと思っていたからでした(去年はを見に行く予定でした、飛行機が福岡空港上空でUターンしたけど)。 今回は会場がブルーノートとはいえ、Eddiのコンサートで福岡のファンがどんな反応をしてくれるのかを見てみたいと思っていました。 そして、今日のお客さんはその期待に(私がこんなこと言うのもなんですが)十分応えてくれていたと思います。 ファースト、セカンドともにEddiの手拍子に合わせて「パン、パパパ、パンパンパン」と手拍子が入ったPatience of Angels(こういうのはこの日の福岡が初めてです)を初め、Charlie is My DarlingやSwimming Songなどなどでの手拍子も他の会場より大きかったし、Find My Loveで最初から早い手拍子(いつもなら歌が終わった後のインスト部で起こる)となったのも初めてです。 また、ファーストの終演後にBooたちがバーへ向かおうと出てきたところで拍手が起こったのも、福岡が唯一です(これは一日目もそうだった)。 そして、PerfectやFind My Loveのような有名曲でなくても、Eddiに一緒に歌うように促されたときに実際に一緒に歌っている人が多かったのも、福岡のお客さんのいいところだと思いました。 演奏中、Eddiは福岡が気に入った(街がきれいで海もあるし、カラオケバーやデパートなど何でもある)と何度となく話していましたが、今日の観客の反応もきっと気に入ったことでしょう。 それは今日の内容を見れば明らかです。 まずファーストステージでは、今日もEddiがそうとう時間を気にしていたため(それでも時計を観客に見せてあと5分となったところから2曲演奏したけど)、ファーストが1時間20分弱で終了したはずだったのに、演奏が終了したとの場内のアナウンスに続いて会場の照明もついたあとにEddiたちが駆け足で戻って来てFind My Loveが演奏されました。 セカンドステージでも、これが最後の曲と言ってFollow My Tearsを演奏したのに(でも実はこの曲の演奏前にすでに予定終了時間を過ぎていた、とEddiは時計をみなに見せた時に気がついた(笑))、Eddiが会場スタッフの人に「もう一曲いい?」と聞いてFind My Loveが演奏され、さらにそこで味をしめたEddiが :- 、Johnと小声でぼそぼそ話した後にHeaven's Gateまで演奏され、さらにアンコールで帰って来て2曲(しかも最後がSwimming Song!)を演奏してくれて、結局これまでで時間的に一番長い、1時間55分ほどの演奏となりました(終わった時には11時半でした)。 最終日ということもあったでしょうが、いずれもEddiが今日の観客の反応に満足していたことを示すものでしょう。 またセカンドが終わった後もEddiにサインをもらったり一緒に写真を取ったりするのも特に制限なくできて、他のブルーノートの会場(特に名古屋)よりもファンの気持ちがわかる会場だと思いました。 中央で禁煙席、喫煙席が分かれてるのだけは感心しないけど。 終演後Eddiにサインをもらう時、今日の声の調子に触れた上で「でもお客さんからパワーをもらっているのがわかったよ」と言ったところ、「私はいつだってお客さんからパワーをもらっているのよ」と笑顔で答えてくれました。 反応を返せば、Eddiはその分さらに返してくれます。 大阪の二日目や名古屋でのセカンドステージ(二日間とも)、そして今日のコンサートはそのことをはっきりと示していました。 1日2セットずつは正直ややつらい部分もありましたが、Eddiがいろんな面を見せてくれた、いいツアーになったと思います(でも次は違う場所を希望)。 セットリスト - 1st Stage - 1. Dolphins 2. Patience of Angels 3. Jamie Come Try Me 4. Green Glows the Rashes 5. Brose and Butter 6. Charlie is My Darling 7. My Love is Like A Red, Red Rose 8. Allelujah 9. Swimming Song 10. Perfect 11. Wild Mountainside 12. Comedy Waltz 13. Follow My Tears〜Auld Lang Syne〜蛍の光 Encore 14. Find My Love - 2nd Stage - 1. Dolphins 3. Patience of Angels 3. As Time Goes By 4. Jamie Come Try Me 5. Green Glows the Rashes 6. Brose and Butter 7. Charlie is My Darling 8. My Love is Like A Red, Red Rose 9. Allelujah 10. Perfect 11. Hummingbird 12. Wild Mountainside 13. Follow My Tears 15. Find My Love 16. Heaven's Gate Encore 17. Ae Fond Kiss 18. Swimming Song Eddiは山笠祭りのことがよっぽど気に入ったようなので(「男性がほとんど何も履かずに走ってる!」だって)、次回もちょうど祭りの時期に福岡に来てくれるといいですね(その場合、宿が不安だったりするけど)。 に戻る に戻る.

次の

The Travellers@ブルーノート福岡

ブルー ノート 福岡

解説 数々の傑作を世に送り出し、世界中の音楽ファンを魅了し続けるジャズレーベル「ブルーノート・レコード」設立80周年を記念して製作されたドキュメンタリー。 第2次世界大戦前夜のナチス統治下にあったドイツからアメリカに移住したアルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフ。 大のジャズ好きだった2人は1939年のニューヨークで「ブルーノート・レコード」を立ち上げた。 アーティスト主導の録音体制を敷き、妥協することなく理想を求めるライオンとウルフの理念は、ジャズだけでなくアート全般、ヒップホップなど、ブルーノートの歴史に脈々と受け継がれてきた。 ロバート・グラスパーら若手アーティストによる「ブルーノート・オールスターズ」とレジェンド奏者ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターによるスペシャルセッションの模様や、貴重な過去のアーカイブ映像、歴代アーティストや関係者たちの証言からブルーノートの魅力に迫っていく。 2018年製作/85分/G/スイス・アメリカ・イギリス合作 原題:Blue Note Records: Beyond the Notes 配給:EASTWORLD ENTERTAINMENT スタッフ・キャスト ブルーノートと一口に言っても ビバップ以前〜ビバップ期〜ハードバップ期〜ソウルジャズ期〜リバイバル期〜現在 とあってその時々のミュージシャンなどがいるので これを一緒くたに語るのは少々難しいと言うか 無理なんじゃないかなと思う。 保守本流が好きな人達にとってソウルジャズ期なんて洟もかけられないだろうし 現代のラップを中心としたシーンでは ハードバップ期以前はかったるく感じる事もあるだろう。 自分は正直リバイバル期までは理解できるが ラップ中心の今の感じは 説明があってもどうも納得いかない感じ。 言っちゃ悪いがブルーノートと言う御旗を使いたいだけなんじゃないの?とまで思ってくる。 いやラップが嫌いなんじゃない。 でも先輩方の諸作品に匹敵する作品を現在出したのか? アルフレッド・ライオンのセンス、フランシス・ウルフの美的感覚、ルディー・ヴァン・ゲルダーの音作り それらに比肩する物を今の作品群は作っているのか?と言うとなんとも言えない。 映画自体は悪くない。 淡々と歴史を追うだけだから。 でもブルーノートと言う素材自体に昔日の輝きはあるのか?と言うと…。 でもあくまでもコレは自分の意見。 新しいブルーノートに光を見出す人もいるだろう。 故に4までは行かずとも3. 5をつけておく。 ネタバレ! クリックして本文を読む 迫害から逃れた二人のユダヤ人が、社会的評価の低かった黒人ミュージシャンをリスペクトし、友人として助け、アーティストとして世に知らしめた、僕らがよく知るブルーノートの物語は前半。 生き証人として、ハービー・ハンコックとウェイン・ショーターのインタビューとレコーディング・セッション。 彼らを仲介として、ラップ・ミュージシャンも受け容れる新生ブルーノートへの「発展」 といった三部構成。 前半は、非常な早足。 おいおい、マックス・ローチでもムリなテンポだよ。 貴重なエピソードや映像は楽しいけど。 ここまでをじっくり作品にしてくれていたら、5つ星もあった感じ。 御大お二人はお元気で何よりだが、偉大な諸先輩と同等以上にフューチャーしたことで、音楽映画としてはダレてくる。 新しいレーベルは、アーティスト・ファーストのポリシーの復活・再生と言いたいのだろうが、伝わらない。 ショービジネスの臭いがつきまとう。 木に竹を継いだ感が拭えず、星3つには届かない。 レーベルの歴史とかは意外とあっさりしていて、アーティストがメインになっているドキュメンタリーだった。 しかしながら、登場する面々があまりにも多く、しかも一つ一つがショートで連なっているため、まるでコマーシャルをずっと見せられている、もしくは、アーカイブのダイジェスト版を見せられているような印象だった。 だから、知った曲や画像が多く流れてきても、実際にじっくりと音楽を聴いている面白味に比べたら、かなり見劣りしてしまうと個人的には思ってしまったのだが…ハービーの演奏中のエピソードとか非常に興味深かったけれど、エンジニアの思い入れなどはあまり心に響いてこなかったし…。 盛りだくさんの内容を覚えていられなかったし、知らないアーティストも結構出てくる。 だから、パンフとかカタログを買って済まそうと思うが、売り切れ。 まぁ同じ思いの観賞者が多いということなのだろう。 上映館も上映回数も少ないので、頑張ってスケジュール調整までして見に行ったけれど、そこまでする必要はなかったかもしれない。 コンサートで生の演奏を聴くか家でじっくりレーベルの音楽を聴いていた方がいいかもしれない。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ブルーノート

ブルー ノート 福岡

めちゃくちゃ楽しかったです! そしてステージの人達はそれ以上に楽しそうでした。 近いぜ!近すぎるぜ!一番前は鼻血が出ちゃうぜ! ベースがすげーぜ!NARGOさん見るの忘れるくらいすげーぜ! アイツらすげーぜ!みんなすげーぜ! 終始ニコニコご満悦のNARGOさんといつも素敵な北原さんでした (と、とりあえずスカパラファンらしいところも見せる) という事でSFKUaNK!! 8時にブルーノートに行くと数人しか並んでおらずその後ろに5人で並ぶ。 中から1stのステージの音が洩れ聴こえ、テンションが上がる。 何か奇声とか聞こえるんですけど〜大丈夫かしら?8時45分に会場。 まぁ数人しか並んでいないので当たり前ながら端の方であるが一番前の席。 わわわわわ〜…ありえねぇ〜!ほんの先にフリューゲルホルンが置いてある。 アレ?ドラムのところに黒人の人が座っている…。 スタッフ? だってドラムは大坂昌彦さんのはずでは? 途中NARGOさんと北原さんが楽譜を置きにいたりしてビックリしたり トラヴェラーズの顕さんが来店されてビックリしたり。 9時半に開演。 ベースの塩田さんは「08」と書いたTシャツだし、 北原さんもいつものバーバーリーにベストのスタイル。 おい!ドラムはやっぱり黒人じゃね〜か!大坂さんは何処へ? スウィングジャーナル9年連続人気投票ドラム部門一位は何処へ? コレが結構楽しみにしてた1つだったのでちょっとガッカリ。 でも素敵なドラマーでした、トミーさん。 背番号01 NARGOさんのシャツがフレペの新作で、しかもそれは私が 3月に東京に行く妹にお願いしていた半袖のシャツではないか? まぁ悲しい事に多分私と同じサイズなんでしょ、それ?(笑)メンズのSでしょ? んでその上に同じくフレペのカーディガンを着用。 そんな塩田 哲嗣(Ba)NARGO Tp 北原雅彦 Tb 大田 剣 Sax クリヤ マコト Key 石成 正人 G とドラムがトミーさんというメンバー。 1曲目はオリジナル曲「SFKUaNK!! 」このベースは凄かったですよ。 すんごいバシバシ鳴ってましたもん、エレキのクセに。 アレはベースというより最早打楽器?カッコ良かった〜! それぞれソロのある勢いのある素敵な曲でした。 NARGOさんは自分の出番がない時は後ろの方に下がって楽しそうに眺めていたり ニコニコ踊っていたり、 楽器を吹いていない時も素敵で もうずっと眺めていたいのだけれど如何せん近すぎて恥ずかしいのでチラチラ見る。 北原さんに関しては全然見てません…すいません。 2曲目はちょっと中国的な雰囲気の可愛い曲だったっけかな? コレはまたベースが弾けそうなラインで可愛かったです。 すいません、またベースしか見てません。 ホーンズ3人が真ん中で吹いてたのが可愛らしかったです。 3曲目はもう何はなくてもNARGOさんですよね。 NARGOさんのミュートの音大好きです。 4曲目は私の大好きなパルプフィクションのテーマで有名な「Misirlou」 パルプフィクションという映画自体が大好きなんですけども この「Misirlou」はホントいっとき出勤の時に毎朝聴いてました。 すんごい気合が入ってやる気が出るの。 入りすぎて朝から疲れる気もするけど。 でもあのテケテケがベースだったなんて思いもしなかったのでショック!(笑) この曲は塩田さんさすがにピック弾きでした。 もう絶対あのテケテケ弾きたい!(単純なヤツだね) 華々しいペットフレーズの時に北原さんと大田さんが NARGOさんを手をかざしてヒラヒラしてたのがおかしかった。 あとは手を波のようにするダンスなどを披露。 ココで塩田さんMC。 さぁみんな立ちって踊りませんか? うぉい、トラヴェラーズでもPE'Z立たなかったのに〜嬉しいなぁ。 「DRF」というオリジナルの新曲ですと言ってたんだけど どう考えても聴いた事ある…これドリフの早口言葉ん時のフレーズだよね? と思って「あぁDRFってドリフって事なのね」と分かったのは最終日の2ndの時でした。 そしてこのベースのフレーズも是非弾きたい1曲です。 ホーンズは吹いてないときはあの踊りを踊ってて可愛かった。 何でNARGOさんは何をする時でもそんなに照れてるんですか?可愛すぎます。 ベースってやっぱり凄い楽器だよね(やっぱりベースしか見てないらしい) 明日はもっとNARGOさんを見れれば…無理かな? 早く寝なければいけないのに寝れそうもない興奮な事実発覚。 スフォンクが終わって外に出るとチラシが配られる。 何だか見た事のある4人の写真……ブラックベルベッツ!! う〜ぎゃ〜!! ハッキリ言ってスフォンクの素敵なステージが 頭から吹っ飛ぶくらい驚きました。 漫画のように腰を抜かしました。 そしてOちゃんと何度も抱き合いました。 ヲデ様が4月に福岡行くかも〜ってのはBBSに書いてましたが まぁ来てくれたら嬉しいなぁくらいの半信半疑だったし しかもまさかブルーノートって!コレはいくつかの理由で驚き。 だってね、まず多分東京とかでも小さなカフェとかでやってるんだと思うんですよ。 それがいきなり福岡でブルーノート2DAYSの4ステージってのがあり得ないって事と。 私達がブルーノートのアンケートに何度も「ブラックベルベッツ」と書いていたから。 トラヴェラーズやらsembelloやらPE'Zの時に必ずベルベッツって書いてたから。 大なり小なり結構アンケートって参考にするんだなぁっていう驚き。 私ら以外にあんまり書く人はいないだろうと思うし、 ブラックベルベッツってアンケートで何度も見かけるけど 人気なんだろうか?ってブルーノートの人もちょっと思ってくれたんではないかと。 トラヴェラーズの時にsembelloって書いたらすぐ来たしねぇ。 アンケートって書いてみるもんだなぁ。 ってのは嘘で…もうホントに大好きなんですよ、ベルベッツ! わわわ〜もう信じられないよ、ホント! 神様、頑張ってれば良い事があるのですね!(EZO貯金はどうした…) さ、ではNARGOさんとヲデ様の笑顔を思い浮かべながら寝ます…寝れない。

次の