慢性 膵炎 完治。 肝臓・膵臓内科の病気:慢性膵炎

膵炎(急性膵炎・慢性膵炎)

慢性 膵炎 完治

肝臓・膵臓内科の病気:慢性膵炎• 膵臓細胞の線維化が進行 さまざまな原因(アルコールの長期多飲など)によって、膵臓に持続性の炎症が起こり、膵臓の細胞がこわれ線維が増えて硬くなる病気です。 日本では約6万7,000人の発症者がいると推定され、人口10万人あたり約50人となります。 慢性膵炎では腹痛などの症状が出現することや、膵機能が低下し栄養障害や糖尿病になることがあります。 また膵がんのリスク因子にもなることが報告されています。 慢性膵炎は進行した場合は不可逆的とされていますので、診断された時点でそれ以上進行しないようにすることが重要になります。 原因の7割がアルコールの長期多飲 最も多い原因はアルコールの長期多飲で、全体の70%になります。 膵機能の低下に伴い腹痛が弱まる 代表的な症状は腹痛になります。 その他、膵臓は消化器吸収に関連する外分泌(消化液である膵液を産生)と種々のホルモンを産生する内分泌(代表的ホルモンは血糖を下げるインスリン)の機能を有していますので、外分泌の障害により栄養障害、内分泌の障害により、特にインスリンの低下により糖尿病になります。 慢性膵炎は下記の3つの期間に分類され、それぞれの時期で症状は異なります。 代償期:膵機能は保たれるが腹痛発作を繰り返す時期• 移行期:進行性に膵機能が低下し始めるが、膵液が減少するため腹痛は軽くなる時期• 非代償期:膵機能が9割以上低下し、糖尿病と低栄養となる。 腹痛はほとんどみられない 画像検査の主な所見は膵臓の萎縮・石灰化 症状、血液検査、画像検査などの所見から判断する診断基準がありますので、これを用いて判断します。 血液検査では、膵臓の細胞破壊を反映してアミラーゼが上昇します。 また、低栄養を反映して、アルブミン、ヘモグロビン、コレステロールなどが低値となる場合もあります。 腹部の画像検査では超音波、CTなどが代表的な検査ですが、膵臓の萎縮と、膵内の石灰化が代表的な所見とされます。 またMRIでは、特に膵管に焦点をあてて撮影することが可能ですが、膵管の不均等な狭窄と拡張が特徴的とされます。 これらは比較的負担の少ない検査ですが、確定診断がつかない場合には、EUS(超音波内視鏡)やERCP(内視鏡的膵胆管造影検査と組織検査)といった特殊な内視鏡検査を用いることで、診断を行うことがあります。 基本はアルコールや高脂肪食の制限 まずは内科的治療法(生活習慣と投薬)が基本となりますが、アルコールや高脂肪食など、原因が明らかな場合はそれらの制限が第一となります。 薬物療法としては、腹痛に対する鎮痛薬の投与や、消化酵素の補充療法、タンパク分解酵素阻害薬などを行います。 また、脂肪を制限した成分栄養剤の投与により症状の改善が図れるという報告があります。 なお、膵管の中に発生した結石が腹痛などの症状の原因となる場合がありますが、その場合は結石に対する治療が必要になります。 侵襲の低い治療としては口から内視鏡を用いて結石を除去する方法がありますが、大結石の場合は、レーザーや水圧での破砕や、ESWLという体外衝撃波装置による破砕を行ってから、結石を除去します。 結石の除去が困難な場合や膵管に狭い部分がある場合は、流れをよくするための管(ステント)を膵管内に挿入して症状の緩和を図る方法もあります。 内視鏡治療が無効な場合や再発を繰り返す場合には、外科手術(膵管減圧術や膵切除)を考慮することもあります。 平均寿命より10歳以上短く膵がんの高リスク群 予後に関しては、わが国の全国調査では慢性膵炎の方の平均寿命は67歳とされており、通常の平均寿命よりも10歳以上短いことが知られています。 慢性膵炎の発症には生活習慣における原因があることが多いため、予防するためには前述のようなアルコールや高脂肪食の制限など、日々の生活習慣の見直しが重要となります。 一度発症してしまった場合には根治は難しいため、それ以上の進行を予防することを目的とした生活習慣の改善が必要となります。 また、慢性膵炎は膵がんの高リスク群であることが知られており、1年に1回は画像検査をうけることが推奨されます。

次の

急性膵炎の入院期間や予後は?完治まではどれくらい?

慢性 膵炎 完治

更新日時:2017年7月7日 急性膵炎 とは 急性膵炎とは、膵臓の急性炎症で、他の臓器にまで影響を及ぼし得るものです。 急性膵炎の2大原因は、アルコールと胆石です。 急性膵炎の最も多い症状は、上腹部痛ですが、背部まで痛みが広がることもあります。 ほか、嘔吐、発熱などの症状や、状態が悪化すると、意識障害やショック状態など重症化することもあります。 急性膵炎は、血液データと造影CTにより診断、さらには重症度判定が行われます。 急性膵炎の治療は、絶飲食による膵臓の安静と、十分な量の輸液投与を行います。 腹痛に関しては、鎮痛剤を適宜使用し、膵酵素の活性を抑える目的で蛋白分解酵素阻害薬も使用します。 重症膵炎においては、集中治療が必要ですので、対応可能な部署や施設に、患者さんを転送し、輸液管理に加え、臓器不全対策、感染予防、栄養管理などが必要となります。 急性期が過ぎると、しばしば膵仮性囊胞(膵液などの液体が入った袋状の貯留物)が発症したり、膵臓や膵臓周囲の組織が壊死化し、感染が生じることがあります。 仮性囊胞は、感染や出血が生じた場合、囊胞の内容液を吸引するドレナージが必要です。 また、感染した壊死組織は、壊死組織を除去するネクロセクトミーが必要です。 近年、内視鏡的治療の向上により、両治療とも内視鏡的に行われることがほとんどですが、内視鏡的治療が困難あるいは難渋した場合は、外科的治療が必要なこともあります。 慢性膵炎とは 慢性膵炎とは、膵臓の正常な細胞が壊れ、膵臓が線維に置き換わる病期です。 慢性膵炎の原因は、男性では飲酒が最も多く、女性では原因不明の特発性が多くみられます。 慢性膵炎では、膵液の通り道である膵管が細くなったり、膵管の中に膵石ができたりして、膵液の流れが悪くなり、痛みが生じると考えられています。 慢性膵炎の初期段階では、膵臓の機能は保たれており(代償期)、腹痛が主な症状です。 慢性膵炎が進行すると、次第に膵臓の機能が低下し(移行期)、さらに進行すると、膵臓の機能は著しく低下し(非代償期)、消化不良をともなう下痢や体重減少、糖尿病の発症や悪化が生じます。 慢性膵炎の治療は、禁酒、禁煙を行い、腹痛に対しては鎮痛剤や蛋白分解酵素阻害薬を使用します。 膵管が細くなっている場合は、内視鏡を用いて膵管を広げたり、膵石がある場合は、内視鏡による除去や体外衝撃波結石破砕術を併用することもあります。 これらの治療を行っても、痛みが治まらない場合は、手術を行います。 慢性膵炎に対する手術は、膵管ドレナージ手術と膵切除術に分けられます。 膵管ドレナージ手術は、拡張した膵管を切開して腸管とつなぎ、膵液を腸管に流して膵管内の圧を下げる手術です(下図)。 また、膵管の拡張がない場合は、膵管の狭窄が最も強い部位の膵切除術を行うこともあります。

次の

慢性膵炎の診断基準とは?

慢性 膵炎 完治

慢性膵炎とは 慢性膵炎とは、膵臓で作られる消化酵素(膵酵素)が活性化されて、自分の膵臓組織をゆっくりと溶かす慢性的な炎症です。 最も多い原因は、長期間の大量飲酒ですが、原因がよくわからない慢性膵炎もあります。 膵臓で作られた消化酵素は食べ物を消化しますが、通常は活性をもたない不活性型として作られます。 しかし、飲酒などが原因で膵液中のたんぱく質の内容が変化したり、膵液が粘っこくなったりして、その結果、膵液の流れが悪くなることで、消化酵素が活性化され、自分自身の膵臓組織を消化してしまいます。 そして、正常な細胞が破壊されて、代わりに線維化が起こり徐々に膵臓の機能が低下していきます。 慢性膵炎は徐々に進行する病気で、気づかないうちに病気が進行して、消化吸収不良や糖尿病などではじめて慢性膵炎と診断される患者さんもいます。 慢性膵炎の膵臓 慢性膵炎では、膵石が膵管を詰まらせ、不規則に膵管が拡張しています 慢性膵炎の原因はなんですか? 男性では、飲酒が原因のことが最も多く、女性では、原因不明の特発性が多いといわれています。 慢性膵炎の原因としては、約半数はアルコールが原因とされます。 飲酒量に比例して、慢性膵炎を発症する危険性が高くなります。 一日の飲酒量が純エタノールで換算すると80g以上(日本酒で4合弱、ビールで中瓶4本)を摂取する多飲者は特に注意が必要です。 アルコールが原因の急性膵炎になった人は、禁酒することが慢性膵炎の発症を予防するために必要不可欠です。 遺伝性膵炎という病気がありますが、この異常があると約半数の人が慢性膵炎になります。 しかし、家系内で慢性膵炎の人が多い場合を除いて、その頻度はまれですので、慢性膵炎が遺伝することを心配する必要はないと考えます。 慢性膵炎の症状はどのようなものがありますか? 慢性膵炎の典型的な症状は、上腹部痛や腰背部痛です。 腹痛は、食後数時間して現れ、前かがみになると軽くなる特徴があります。 慢性膵炎が進行するとどうなりますか? 膵臓は、消化の働きをする膵酵素を分泌する(外分泌機能)働きと、血糖値をコントロールするインスリンというホルモンを作る(内分泌機能)2つの働きを持っています。 慢性膵炎が進むと、これら2つの機能が次第に低下してきます(移行期)。 さらに進行すると、膵臓の組織が線維に置き換わり、膵臓の機能が著しく低下し機能障害が体の症状として現れてきます(非代償期)。 膵外分泌の機能障害では、消化不良に伴う下痢、脂肪便、体重減少、また、膵内分泌の機能障害では、糖尿病の悪化、それに伴う口渇や多尿などの症状が現れます。 慢性膵炎を放置しておくと、消化不良により栄養状態が悪化し、糖尿病と相まって免疫機能が低下していくといわれています。 慢性膵炎は膵がんのハイリスク 慢性膵炎を放置しておくと、消化不良により栄養状態が悪化し、糖尿病と相まって免疫機能が低下していくといわれています。 厚生労働省の研究では、慢性膵炎の患者さんの癌による死亡は、一般の人と比べ2倍と高率で、特に、膵がんによる死亡が7. 84倍と著しく高いことが報告されています。 慢性膵炎と最初に診断されてから2年以内は、検査でははっきりと見つからない膵がん(潜在する膵がん)によって慢性膵炎と診断されている可能性があります。 したがって、慢性膵炎を治療することは、膵がんを防ぐことにもつながります。 慢性膵炎の診断と治療 慢性膵炎の診断はどのようにするのですか? 腹痛や背部痛などの症状に加え、血液検査や膵機能検査、画像検査を行い総合的に診断します。 血液検査や尿検査では、アミラーゼ、リパーゼなどの膵酵素の異常が診断の手掛かりになります。 画像検査では、CT、MRI、腹部エコーなどで、膵臓の委縮や膵管の拡張、膵石などの存在が診断につながります。 慢性膵炎の治療は? 腹痛を主な症状とする時期の治療は、禁酒と脂肪制限が基本となります。 消化吸収が悪い場合は膵消化酵素剤の内服、それに加え糖尿病の治療、特にインスリンを使用した治療を行います。 慢性膵炎は経過が長い病気で、一生付き合っていくつもりで治療をお願いしています。 さらに、喫煙も慢性膵炎の進行を早める危険因子として知られており、禁煙も重要な治療となります。 禁酒や食事制限で改善しない場合は、内視鏡的な治療や外科手術によるドレナージ治療を行う場合があります。 アルコールは、少しは飲んでもいいでしょうか? 慢性膵炎は膵臓の炎症を繰り返す病気のため、長い目で治療していく必要があります。 治療を受けている患者さんは明らかに病気の進行が抑えられますので、がんばって治療を継続してください。 慢性膵炎は、アルコールが原因のことが多いですから、一般的な治療に加え、禁酒を守ることが大変重要です。 慢性膵炎の内視鏡治療とは? 膵管の中にできた膵石を内視鏡で除去する「内視鏡的膵石除去術」と、慢性の炎症で狭くなった膵管を広げる「内視鏡的膵管拡張術」などの治療があります。 いずれも膵液のうっ滞をとり、膵臓に炎症を少しでも抑えることを目的としています。 膵石は、膵管内に充満していることが多く、内視鏡では完全に膵石がとり切れないことが多いのが問題です。 慢性膵炎の外科手術とは? 慢性膵炎の外科治療は、薬による治療や内視鏡治療でも膵炎に伴う腹痛などの症状が治まらない場合や、膵臓機能の温存を目的に行われます。 また、膵がんとの鑑別が付かない腫瘤を形成するような慢性膵炎もあり、その場合には、手術が選択されることもあります。 慢性膵炎の治療は、原則内科的な治療です。 ところが、断酒や薬物治療を十分に行っているにもかかわらず、慢性膵炎が進行している状況では、外科手術も選択肢となります。 外科手術の治療の目的は、膵管のつまりをとり(膵管ドレナージ手術)、膵臓の炎症を少しでも抑えて糖尿病の進行を防止し、くわえて、膵外分泌機能を温存することにあります。 慢性膵炎を治すための治療ではありません。 そのため、禁酒を含めた内科的な治療は並行して行う必要があります。 また、慢性膵炎の患者さんは膵がんのリスクが高いことが知られていますが、膵切除、又はドレナージ術を行うことで、膵がんの発生を低下させる報告されています。

次の