口座開設 三菱。 【法人口座開設完了】三菱東京UFJ銀行の審査は厳しくない。

任意団体でも銀行口座を開設できる!! 必要な書類等を紹介します。

口座開設 三菱

www. mufg. jp 祝日でも手続きできるのは大きいですね。 さらに、「ホームページ事前受付」で前もって必要事項を記入しておくことでスムーズに開設できるそうです。 他の銀行の導入は未確認 調べた限り、他の銀行では土日祝日の窓口サービスはないようです。 みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行では、現在のところやっていません。 地方銀行はすべて調べていませんが、見当たりません。 ネット(郵送・アプリ)での口座開設が常識になりつつあるので、 土日祝日の窓口開設へのニーズがどのくらいあるのか不明です。 わざわざコストをかけて土曜窓口サービスをリリースするのは、大手銀行にとどまると思われます。 土曜日に窓口開設するメリット 平日に銀行窓口に行けないなら、ネット(郵送・アプリ)で口座開設すればいいじゃないか。 そう感じる人が多いはずです。 しかしながら、窓口開設には大きなメリットがあります。 手続きをしたその場で口座を開設できることです。 いわゆる即日開設ですね。 ネット(郵送・アプリ)ではどうしても開設までに1週間ほどの期間を見ておく必要があります。 土曜日になってから、「今日中にどうしても銀行口座が必要!」というときは、上記の2つの銀行を試してみてください。

次の

口座開設のお申込み:三菱UFJ信託銀行

口座開設 三菱

三菱UFJ銀行の法人口座を選んだ理由 事業的には利用している楽天銀行のみの利用で全く問題なかったのですが、今回日本政策金融公庫での融資申請を行う過程で、『ネット銀行の楽天銀行では融資が出来ない』ということもり、メガバンク・地銀での口座解説が必要になりました。 (日本政策金融公庫の融資は通りました。 ) 住んでいるのが渋谷なので、以下の大手銀行は全て近くにあるので正直法人口座開設するのはどこでも良かったです。 みずほ銀行• 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行 敷いて言うのであれば、『近い』という点と三菱東京UFJ銀行の法人口座解説の『難易度が高い』と言われているので、そこで開設できればその後何か合ったときに楽かなと考えて、開設を決めました。 三菱東京UFJ銀行の法人口座で必要な書類 三菱東京UFJ銀行のホームページで、法人口座開設のインターネット予約をするのですが、以下を事前準備する必要があります。 履歴事項全部証明書• 印鑑証明書(法人)• 公的な本人確認書類 履歴事項全部証明書・印鑑証明書は法務局で取得が必要で、発行から6ヶ月必要なので期限切れがないかはチェックしましょう。 (提出時はコピーを取られるので、原本は返却されます。 ) インターネット経由で申込手続きをすると銀行に訪れる来訪日を選んで、指定された申込書をダウンロードして提出することになるのでそこも合わせて準備をします。 僕の場合は、インターネットで申込みをした数時間後に三菱東京UFJ銀行から電話がかかってきて、簡単な事業内容と上記の書類以外にも以下を持ってくれるように説明されました。 事業概要書(どんな業務をしているかわかるもの)• 請求書、領収書のコピーなど• 直近の確定申告書• 賃貸契約書 僕の場合はフリーランス(個人事業主)からの法人成りをしたことを電話で説明したところ確定申告書を持ってくるように言われたのと、登記住所が新宿(住所のみ)で法人で借りている社宅が渋谷なので、渋谷支店で希望をしたので、『営業所の最寄り支店でないと口座開設が出来ない』とのことで、賃貸契約書を持ってくるように言われました。 新設法人だと売上がしっかり立っていることを証明する必要があるので、できるだけ多くの資料を持っていた方が口座開設がしやすい傾向にあるのかなという印象でした。 僕の場合は法人成りなので、売上を証明が容易で1期目の売上予測も付けやすいのである程度の書類で良いのかなと。 三菱東京UFJ銀行での面談の流れ 法人口座で選んだのは三菱東京UFJ銀行の渋谷支店。 予約時間に行くとそのまま3分程度待ってそのまま席に通されて、課長代理の名刺を持った方と面談になりました。 『どこまで聞かれるのかな?』と思ってたのですが、事前に持ってきた書類+その他の書類記入が10分程度で面談は5分程度で終わりました。 僕が今回持参した書類は必須で持参の書類以外は以下の5つです。 お取引確認記録表(ネット申込時の案内からダウンロード)• 楽天銀行の取引明細• 賃貸契約書• 事業概要書(事業内容が分かるもの)• 個人事業主時代の確定申告書 質問された内容は下記の通りです。 事業内容について 日本政策金融公庫に事業概要を説明するために作成した事業概要書をもとに、どんな事業をしているかの説明を簡単にしました。 実際に僕の会社で行っている事業は以下の5つ。 Webマーケティングコンサルティング• Web制作事業• Webメディア運営(アフィリエイト)• 動画制作事業• 自社サービス運営 詳しく聞かれると思ったのですが、ざっくり質問された程度でそこまで深くまで聞かれることはありませんでした。 正直、そこまで力を入れていない事業もあるのですが、メイン事業を少し聞かれて終わりました。 従業員の数 現在、アルバイトで一人雇用と外部パートナーと事業をしていることを伝えて、『そうなんですね』ぐらいの軽い話で終わり。 とりあえず、聞いておく項目なのかなと思います。 取引先や売上予測 既に事業概要所で事業内容は伝えていたので、法人設立時に口座開設していた楽天銀行の『取引明細書』をコピーして持参していたのでそれをもとに、入金になっているものは全て売上ですと説明をしました。 メディア運営(アフィリエイト)で毎月決まった複数の会社から入金があることが証明できて、コンサルティング・その他の収益も簡単に説明したところ問題なさそうな感じ。 合わせて、個人事業主の確定申告書を見せていたので1期目の売上予測もある程度理解してくれたので、フリーランスから法人成りをする方であれば確定申告書を持参していくのが良いかなと。 正直、銀行からしたら売上がある程度ある会社であればお金の動きもある程度予測できるので、口座開設をしたいはずなので、審査はしやすいポイントだと思います。 口座開設目的と三菱東京UFJ銀行を選んだ理由 口座開設目的を聞かれたので、日本政策金融公庫の融資が降りたからと説明しました。 『楽天銀行』を利用していたけど、融資を受けるために必要で納得してもらえました。 銀行口座開設時に預金をしてくれるお客なので、逃したくはないはずなのでそういったポイントも審査を通りしやすくしてくれるポイントかなと。 ただ、日本政策金融公庫から電話で審査が通ったと言われた翌日に三菱東京UFJ銀行に来ていたので、『申請書』とか『審査が通った通知書』があれば持っていくと良いと思います。 最後に、三菱東京UFJ銀行を選んだ理由を聞かれたので、『通いやすさ』と『ネットバンキングの手数料の安さ』と答えました。 終わりに だいたい質問は5分程度で終わりました。 その後、今後の審査の流れと審査が通った場合は再度来てもらうことを説明されて、終わりました。 しっかりと事業が行われていることが説明できればそこまで審査が難しくなることはないのかな?という印象です。 三菱東京UFJ銀行の法人口座の審査手続きの流れ(まとめ) 実際に三菱東京UFJ銀行での手続きの流れと審査期間は以下の通り。 ネットで申し込み(来店予約)• 来店予約までに必要書類準備• 来店(ネット予約から約3〜5日後・店舗によって異なる)• 審査期間約1週間(僕の場合は7営業日)• 口座開設手続きの来店(通帳発行・各種手続き)• 口座開設後:キャッシュカードの発行等は約1週間後ぐらいに配送 申込みから口座開設まで最短で2〜3週間掛かり、審査に掛かった期間は僕の場合は7営業日ぐらいでした。 その後、口座開設手続き時に通帳受け取りが可能で、キャッシュカードなどの受け取りまでの完了は約1ヶ月程度と考えておけば良いと思います。 口座開設手続きの際に通帳発行もしてくれるので、口座振替の手続きも可能で日本政策金融公庫などの融資用の口座としても即日手続きができました。 最後に:三菱東京UFJ銀行はネット銀行で取引実績があれば法人口座開設は簡単 今回、三菱東京UFJ銀行で法人口座開設にトライして思ったのですが、そこまで難しい作業は一切なく、詳しく質問されることもなかったので審査が厳しい印象は全くありませんでした。 ただ、僕の場合は楽天銀行での取引実績があったのでそこで売上証明ができて、審査のハードルが下がった感はあるので、設立すぐの開設は難しいのかもしれません。 なので、簡単に解説できる楽天銀行などのネット銀行から開設して、取引実績を作って(僕の場合は6ヶ月)から三菱東京UFJ銀行で法人口座申請をするのをおすすめします。 正直、『審査が厳しい』という印象はなかったので、今回の記事を参考にして口座開設の参考にしてみてください。

次の

三菱UFJ銀行の特徴を中学生・高校生(未成年)に分かりやすく解説!

口座開設 三菱

必ず、提出者(または代表者)本人に関する確認書類、会社(法人)に関する確認書類の両方を金融機関に提出しなければなりません。 個人口座の開設であれば、本人確認書類として免許証などの提出だけで、済んだかもしれませんが、法人の口座開設はそうはいきません。 法人は個人と比較すると、利害関係がより複雑になるため、健全であること、公序良俗に反していないことを示すための資料を数多く提出しなければなりません。 では、どんな資料を事前に準備しなければならないのか、どうすればその資料を取得できるのかを見ていきましょう。 履歴事項全部証明書 所謂、会社の会社の謄本と呼ばれる書類で、会社名や住所などの基本的な会社の情報を記載したものです。 履歴事項全部証明書(商業・法人登記簿謄本とも記載されてる場合があります。 )は法務局(本局、支局、出張所のいずれも可)で取得することができます。 ただし、発行日が過ぎていたり、写真がないもの、鮮明にコピーできていないものは無効のものは使用ができません。 委任状 各地方自治体の役所にて身分証明書を提示し、委任状の発行に関する資料を提出すると請求することができます。 しかし、請求方法は各地方自治体によって若干異なるので、登記先の地方自治体の役所のホームページを確認しましょう。 法人番号確認資料 法人番号通知書がこれにあたります。 法人番号指定通知書は、会社の登記を完了後、一週間程度で登記上の所在地宛てに郵送されます。 法人の印鑑証明書 最寄りの法務局にて、取得の手続きを行うことができます。 発行には、 会社の商号、 会社等の住所、 印鑑提出者の資格、 氏名、出生年月日の記入が必要ですので、まだ、把握してない方は上記を控えて法務局に行きましょう。 株主名簿 株主名簿に特に決まった書式はありませんが、株主の氏名、住所、株式数、株式の取得日(会社設立日)を記載する必要があります。 でも取得することができます。 法人設立届出書 法人設立届出書とは、会社が設立されたことと、会社の基本的な内容を各市町村(納税地)の税務署に届け出る書類のことを指します。 法人設立届出書に関しても、で取得することができます。 青色申告の申請をするためには、事前に税務署に届け出が必要です。 新たに会社を創業された方は、原則として開業日から2カ月以内に「青色申告承認申請書」を提出しなければなりません。 青色申告承認申請書に関しても、株主名簿、法人設立届出書と同様に、で取得することができます。 、承認された控えの申請書が税務署から送付された場合は、青色申告承認申請書が受理され、青色申告が承認されたということになります。 必須書類以外に持っていくべき3つのもの 実店舗を持つ金融機関で法人の口座を開設する場合、必須書類以外にも、持って行った方がよい書類が上記の8つ以外にもあります。 金融機関での窓口でのヒアリングに備えて、持っていくべきものは以下の3つです。 ホームページが存在することを示すための電子媒体 1つ目にホームページが存在することを示すための電子媒体。 やはり、現代においては、ホームページは実際に会社が存在していることを示す判断材料として使われています。 ホームページを作った方はそのサイトを審査担当者に見せるべきでしょう。 営業資料 2つ目は法人口座の開設で困らないために、知っておくべきポイントでも述べましたが、営業が行われている事を示すため、営業資料はできるだけ、持って行った方がよいでしょう。 例えば、貴社が営業先に訪問する際に使用する製品やサービス、などのパンフレットやフライヤーなどの営業資料があると審査の際に、役立つでしょう。 又、名刺も会社が営んでいることを示せる書類の一つです。 自社の固定電話番号やFAX番号、メールアドレス、ホームページ先のURL先が記載されていれば、なおよいでしょう。 顧客やクライアントとの契約書 そして、3つ目は顧客やクライアントとの契約書です。 会社を創業された際、多くの場合、会計士や税理士、弁護士、労務士、行政書士の方に相談したと思います。 もしその際、顧問契約をお願いし、契約書を結んだ場合、その契約書も会社の実態を示す書類になります。 そのため、審査の際は、それらの書類も一緒に持っていくべきです。 先ほども述べたように、店頭にて、法人口座を開設する場合は、必須の提出書類の内容に基づいて、事業内容などのヒアリングが行われます。 そのヒアリングに備えて、準備しておいた方がよい書類を紹介します( 三菱UFJ銀行におけるヒアリングの場合、用意しておいた方が良い書類です)。 三菱UFJ銀行のホームページによると、ヒアリングで尋ねられる内容は主に以下の3点だそうです。 三菱UFJ銀行にて法人の口座を開設する目的は何か• 主な会社の事業内容は何なのか(謄本に記載されている事業が複数ある場合は、それぞれ内容について、説明する必要があるそうです。 会社の実質的支配者(主に株主)は誰なのか。 (議決権の25%を超え、支配的な影響力を有すると考えられる方の氏名・住居・生年月日等の個人情報や会社にどのように影響しているのかを尋ねるとのことです。 ) 上記のような3つ点のヒアリングが行われることに備えて、• に関しては、自社が創業するに至った経緯やなぜ、営利法人である必要があるのかをプレゼンするために、パソコンなどの電子媒体を持っていく、ないし、プレゼン資料を印刷して提出できるようにしておいた方がよいでしょう。 に関しては、会社の事業が公序良俗に反していない事を示すためにも、会社案内や製品・サービスのパンフレット、クライアント向け提案資料・見積書、注文書、仕様書などを当日持参した方が良いでしょう。 又、もし、事業内容が各行政機関等の許認可・届出・登録等が必要な業種の場合は、完了済であることを確認できる資料は必ず持参しましょう。 に関しては、会社の実質的支配者(主に株主)は誰なのかを示す株主名簿は必ず持って行った方がよいでしょう。 提出が必須な書類 住信SBIネット銀行にて、法人口座の開設する際には、• 法人としての本人確認書類• 代表者としての本人確認書類 が必要になります。 (1)法人口座開設の際に必要な本人確認書類 下記の2点の同封が必要です。 履歴事項全部証明書(登記簿謄本) 発行日より3ヵ月以内で且つ、「原本」での提出です。 必ず「履歴事項全部証明書(登記簿謄本)」の提出が必要です。 「現在事項証明書」など、履歴を含めた全ての登記事項が記載されていないと受付されないので、注意が必要です。 法人の印鑑登録証明書 発行日より3ヵ月以内で且つ、原本での送付が必要です。 しかし、設立後半年以内の法人に関しては、 下記の4つのうち1点を送付が必要です。 所轄税務署あての法人設立届出書 税務署受付印が押印されたものでなくてはなりませんが、コピーで大丈夫だそうです。 所轄税務署あての青色申告承認申請書• 主たる事務所の建物登記簿謄本(現在事項証明書) 発行日より3ヵ月以内のものでなければいけません。 主たる事務所の建物賃貸借契約書 これに関しては、コピーで大丈夫だそうです (2)代表者としての本人確認書類 下記のいずれか1点を同封する必要があります。 運転免許証のコピー 有効期限内の免許証でなければなりません。 又、裏面に記載がある場合は、裏面のコピーも必要です。 有効期限、公安委員会名称、公安印も確認できるよう鮮明にコピーする必要があります。 住民票の写し(住民票記載事項証明書) 発行日より3ヵ月以内の「原本」を必ず、同封してください。 複数ページある場合でも、全ページを送付する必要があります。 住民基本台帳カード(写真付き)のコピー 有効期限内の住民基本台帳カードでなければなりません。 又、 写真無しタイプの住民基本台帳カードは、受付されません。 必ず、写真付きで送りましょう。 当然ですが、裏面に記載がある場合は、裏面もコピーしましょう。 印鑑登録証明書 「発行日より3ヵ月以内」且つ「原本」での送付になります。 各種健康保険証 共済組合員証や私立学校教職員共済制度加入者証、医療受給者証でも申請は可能だそうです。 しかし、必ず、現在、有効なものの「コピー」でなければいけません。 又、裏面に住所の記載がある場合は、裏面もコピーしてください。 被扶養者に関しては、自身のお名前が記載されているページであれば、その部分のコピーも必要になります。 なので、事前に株主が会社にどのように影響しているかの説明の練習はしておいた方がよいでしょう。

次の