できちゃった結婚 ネタバレ 最終回。 韓国ドラマ

私の家政夫ナギサさん原作ネタバレ!最終回結末は「それとも俺にする?」

できちゃった結婚 ネタバレ 最終回

姉の代わりに高嶺とお見合いをし、今に至ります。 高嶺との年の差で、周りの人々はいいこと悪いこと、それぞれ思っていることを口にしました。 ですが花は、高嶺の真っすぐな想いをぶつけられ、今は堂々と高嶺の隣に座っていることができるのです。 花は失礼にならないように、高嶺の気持ちに応えるのだと決めました。 そして今日は高校生最後の日、卒業式です。 おかモンを見つけた花ですが、有名人になったおかモンの周りには人だかりができています。 卒業後は、プロサッカー選手として歩んで行くことになっていて、話しかけるのも一苦労でした。 屋上で、花とおかモンは話をしています。 あっという間に終わった高校生活、おかモンは別世界の人になってしまうのだと実感しました。 でもどこで何をしていても、おかモンには違いありません。 花はサポーターとして、おかモンを応援しようと思いますが、おかモンは今までと変わらず友達でいたいと思ってます。 そして、お互いに自分が決めた道に進むため、花とおかモンは拳を合わせて別れました。 結婚式当日、高嶺はイライラしながらタキシードを着たまま乗馬をしています。 式のプランを決めるとき、高嶺と花はかなりぶつかりました。 ウェディングドレス選びには、一切参加させてもらえなかった高嶺。 馬から降りた高嶺は、結婚式の主役が安物のタキシードを着せられていることにご立腹です。 ですが今日の主役は花、ルチアーノは高嶺にそう教えました。 遠目に高嶺を見つめている十和子、高嶺はもう一人じゃありません。 肩の荷がおりた反面、寂しさを感じました。 するとそこへ、会長がやって来て十和子に声をかけます。 二人になり、これまでのことを謝る会長。 娘に苦労をかけてしまい、父親失格だと口にします。 ですが十和子も母親として、会長と同じ気持ちでした。 ずっと会長に会いたかった十和子。 これまでのわだかまりが、少しだけ無くなりました。 花の着替えが終わり、高嶺たちは花の所へ向かいます。 高嶺は、どうせ安物のドレスを選んだのだろうと不貞腐れていました。 自分が選んだドレス以外は、認めることのできない高嶺。 ところがウェディングドレス姿の花を見て、高嶺は度肝を抜かれました。 花に近づき、素直になれない高嶺は綺麗だとは言えません。 普通のドレスを着ているから、普通だと・・・ あまりにも大人気ない高嶺に、花はキレました。 いつまでも拗ねている高嶺に、社会人なのに社交辞令も言えないのかとぶつける花。 花がウェディングドレスを選ぶ代わりに、高嶺がウェディングケーキを選ぶことで同意したはずです。 高嶺の選んだウェディングケーキは、高さ約3メートルの巨大なケーキ。 花はそれを受け入れました。 高嶺のような人が、普通の花嫁と結婚式を挙げるのかと挑発する花。 高嶺はプライドを傷つけられ、仕舞いには花が最高の花嫁だと言います。 花には敵わない高嶺は、真っ赤なバラのブーケを手渡しました。 挙式が始まり、バージンロードを歩く花。 10歳の歳の差は、一生うまることはありません。 だからこそ、二人の時間を楽しんでいこうと決めたのです。 父の手から、高嶺の手に代わった花。 いよいよ、誓いの言葉が交わされます。 ここからは二人オリジナルの誓いの言葉。 高嶺は、日頃の愚痴みたいなことを誓わせます。 花は、毎日バカみたいなことを言って楽しく過ごすことを誓わせました。 そして、指輪交換です。 花は事前に見ていた物より、宝石が大きすぎて驚きました。 これでは指輪に、はめられてる感じです。 その後、二人はちょっとした言い合いになりました。 ルチアーノが二人を止めて、誓いのキスへ続きます。 険悪ムードの二人は、キスをする素振りもありません。 花は、高嶺の全てが自分のものだと独占します。 そして、高嶺の胸を掴んで引き寄せて・・・ あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• 【最終回】高嶺と花101話の感想 ついに最終回です。 ここまで長かったですね。 やっと花の素敵なドレス姿を見ることができました。 まずは、花の卒業式から始まりましたが、おかモンが有名になりすぎていることにビックリです。 みんな、それぞれの道に進んで行くんですね。 結婚式は、二人らしい普通じゃない式でした。 花、ドレスが似合っていてすごく綺麗です。 高嶺は素直になれず、綺麗だと言うこともできませんでした。 どちらかというと、やはり花の方が大人ですね。 誓いの言葉も、二人だけの誰にも真似できないものでした。 二人らしさがすごく伝わってきて素敵です。 こんな誓いの言葉、なかなか聞くことはできません。 高嶺のすべてが花のもの、花最高です。 会長と十和子のワンシーン、最後の最後で二人の溝が埋まったようでよかったです。 花、高嶺、いろいろあったけど楽しかったです。 末長くお幸せに!! スポンサーリンク.

次の

彼女はキレイだった最終回第16話のあらすじ徹底解説!ネタバレ・Twitterの反響 | 【最新】韓国ドラマ恋愛作品おすすめランキング

できちゃった結婚 ネタバレ 最終回

スポンサーリンク たまのごほうび最終回のネタバレ ダブルベッドの部屋で2人きりの夜 雷のおかげで急に距離の縮まったかの子と玉緒は密室 笑 で一晩過ごすことになりました。 もし…なにかの間違いで…玉緒くんを襲っちゃったらどうしよう… お得意の妄想で ドキドキしまくるかの子でしたが、玉緒は意外と冷静です。 「…ベッド、三ヶ田さんが三分の二使って!俺はすみっこに寝るから。 」 そう言ってベッドに入った2人でしたが、 本当に何もなかったことに急に落ち込み泣き出すかの子。 そんなかの子の様子に気付いた玉緒は、かの子の気持ちを黙って聞きます。 本当は玉緒とそういう関係になっても良かったこと、玉緒はそんな気がなさそうなこと…自分ばかりが考えちゃって恥ずかしくなったこと…。 「…襲ってもいいの?」 そう言ってかの子に長い長いキスをします。 かの子はかの子で不埒な妄想をしていたのですが、玉緒は玉緒でちゃんとかの子の事を考えていたのです。 「早く寝落ちしないと三ヶ田だんに何かしそうで…正直水着の時点でやばかったです。 こわい思いさせてごめん。 」 そして、 かの子に迷いのある内は手は出さないこと、ゆっくり進んで行こうということ、いつか自然にそういう流れになったらしようと言ってくれる玉緒。 「玉緒くん…大好き!!」 ちょっとだけ残念な気持ちと玉緒の気づかいが嬉しかったかの子。 触れ合えなくても心はしっかり繋がっている2人なのでした。 2人が出会えたことは神様からのごほうびなのです。 家族になったかの子と玉緒が子供たちと幸せそうに手を繋いで歩く姿がありました。 最後は家族になって終わり…と言う形でしたが。

次の

情熱のアレの結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

できちゃった結婚 ネタバレ 最終回

「消えたママ友」登場人物 4人のママ友とその子どもを中心にストーリーが展開します。 <主人公・春ちゃん>• 4人の中で一番普通で人情に熱い• 息子はコーくん、やんちゃだけど意地悪ではない <有紀ちゃん>• ある日突然、子どもを置いて失踪する• バリバリのキャリアウーマン、いつもキレイ• 子どもは義母さんが面倒みてくれる• 息子はツバサくん、ママがいなくなってから不安定に <ヨリちゃん>• 夫の実家を手伝ってる• 本当は有紀ちゃんみたいにバリバリ外で活躍したい• 有紀ちゃんが羨ましくてたまらない• 娘は2人目のリオ、お姉ちゃんの影響でちょっと意地悪 <友ちゃん>• 出来ちゃった結婚したのでみんなより若い• 子どものためにがんばってママ友付き合いしてる• 娘はすぅ、おっとりしで内気な性格 「消えたママ友」あらすじ 子どもを置いて家を出た有紀ちゃん 主人公の春ちゃんは、ヨリちゃん、友ちゃん、有紀ちゃんとママ友仲間。 その中の一人、有紀ちゃんがある日突然幼稚園の送り迎えに来ない。 子どもを置いて家を出たらしい。 あの優しくていつもキラキラしてた有紀ちゃんが、夫さんと優しい義母さんが育児を手伝ってくれて幸せそうだったのに。 信じられない春ちゃんたち。 ママ友だからって本当のことを話せるわけじゃない… 有紀ちゃんがまだいた時のこと。 すぅちゃん(友ちゃんの娘)の靴がなくなった。 それをリオちゃん(ヨリちゃんの娘)が「コーくん(春ちゃんの息子)がやったんだよ」と言う。 息子が悪く言われてショックな時に、 「コーくんはそんないじわるしないよ。 いつも見てるからわかる。 」 有紀ちゃんがそう言ってくれてうれしかったと思いだす春ちゃん。 リオちゃんはママがいないと意地悪で、ママが来た途端にいい子のフリをする。 でもそれを春ちゃんも友ちゃんもヨリちゃんに言えない。 ヨリちゃんは2人目育児で、春ちゃん友ちゃん1人目育児組みたいに必死に子育てしてられないと思う。 娘のリオは1人目育児の人から見たら意地悪に見えるかもしれないけど、成長するといろいろあってあの人たちにはわからない、と内心思ってる。 子どものイザコサでママ友関係にヒビが… すぅちゃんが大事にしてるキラキラペンがない。 「リオちゃんにキラキラペン持ってこないと遊んであげないって言われた」と聞いた友ちゃん。 もしかして靴がなくなったのもリオちゃんが…? 娘がいじめられていると感じた友ちゃんは、意を決してそれをヨリちゃんに伝える。 それがきっかけで友ちゃんとヨリちゃんは仲違い。 春ちゃんも友ちゃんから誤解をされて3人はバラバラに。 そんな時、春ちゃんは出かけた先で偶然有紀ちゃんに会う。 移動販売車の店員をやっていたのだ。 だけど話しかけても無視されてしまう。 3人は仲直り、そこへ有紀ちゃんから連絡が… すぅちゃんの失くした靴がひょっこり出てきた。 ツバサ君が紙を丸めてプレゼントしてくれた「おいも」の工作の中に入っていた。 幼稚園の先生に報告し、子どもの発想って面白いですねと話す。 ツバサ君はぼそっと「バレたか」。 すぅちゃんがリオちゃんと遊びたいと言う。 「いい子だから友達になるんじゃないよね」と気付いた友ちゃん。 ヨリちゃんも他のお母さんが「あの子は意地悪だから遊んじゃ駄目」と言っているのを聞いてしまい、友ちゃんに「リオが意地悪なのに仲良くしてくれてありがとう」と言う。 2人が仲直りしたことで春ちゃんも公園に誘ってもらう。 有紀ちゃんを見つけた移動販売車の紙袋を2人に見せようとしたら、そこに紙が貼ってあり、 「連絡する」 と有紀ちゃんからのメッセージが。 しばらくして有紀ちゃんからヨリちゃんの店に電話があり(携帯を置いてきたから連絡先がそこしかなかった)、夜の公園に呼び出される。 「消えたママ友」の結末(最終回) 有紀ちゃんが消えた理由 お義母さんに育児を手伝ってもらいバリバリ働いて充実しているようにみえた有紀ちゃん。 実は、本当はもっと子どもと触れ合いたいのに、お義母さんにそれを取り上げられてしまっていた。 子どもに買ってきたお土産のおもちゃは捨てられ、作った弁当も捨てられて作り直した義母の弁当を持たされる。 そして夫は常に義母の味方。 息子はすっかり義母になつていて、自分の存在価値がわからなくなってしまった。 春ちゃんたちママ友と遊んでる時だけが、自分が母親でいられる時間。 スッピンで子どもを追いかけまわし、大声で子どもを叱りつけるみんなが羨ましかった。 そのストレスでパチンコにはまり、いつの間にか多額の借金。 夫にバレ、お義母さんに借金を払ってもらい、家から出て行けと言われる。 息子のツバサを連れて行こうと思ったら、お義母さんにしがみついて離れない。 それが何よりも悲しかった。 それぞれの生活がはじまった おばあちゃんに工作の箱をプレゼントするツバサ君。 中には頭を取った虫の死骸が入っていた…。 有紀ちゃんはパチンコ屋で知り合った若い男と、その男の小さい娘と暮らしてる。 お金はないけど幸せ。 そして呟く、 「私がいちばん勝ちだ」 実は有紀ちゃんがパチンコ屋にいるのを見かけたことがある友ちゃん。 でも人違い、知らなくていいこともある、と考える。 引っ越しを考える春ちゃん。 ママ友には会えなくなるけど、それぞれの人生、しょせんママ友。 いつものように店番をしてるヨリちゃん。 私も逃げたい、と呟く。 「逃げちゃいます?」と宅急便の男。 「消えたママ友」の感想 正直言って、雑誌に連載されている時はあまり興味をそそられませんでした。 メインのママ友が4人にそれぞれの子どもと登場人物が多く、それに月刊誌だからストーリーの進展が遅くて…。 単行本をまとめて読んだらめっちゃ面白い! 「こういうのあるよね」っていうエピソードの積み重ねが秀逸です。 2人目育児のママは1人目育児のママを見下してて1人目育児ママは2人目育児ママを雑だと思ってる、この子意地悪だなって思ってもそのママには言えない、自分が先に意地悪してたのにママが戻ってきた途端に「〇〇君に意地悪されたー」と泣き出す子…。 全部私が見たり経験してきたことと同じです。 あまりにもリアルで、ゾクゾクしました。 最後は救いのない結末…。 ママ友3人は仲直りし、ヨリちゃんとも会えて話しを聞くことができたけど…。 春ちゃんは引っ越すかもしれないし、友ちゃんはドライで、ヨリちゃんは有紀ちゃんみたいに今の生活から逃げ出しそう。 有紀ちゃんは年下男とその娘と、新しい生活をはじめる。 え?ツバサくんは?あんなに執着してたはずなのに取り戻さなくていいの? って思うけど、きっとこれが現実。 ツバサ君はすっかりおかしな子(虫の死骸を集めたり)になってるし(有紀ちゃんはそれを知らないけど)。 家族も、ママ友との関係も、子どもの性格も、一度壊れたら元に戻らない。 借金を自分で返すのも、すっかり義母に懐いてしまった子どもを引き取るのも、簡単じゃない。 それよりも、自分に懐いてる他人の子どもの育てた方がよっぽどマシだ。 あーリアル過ぎて怖い! まとめ 私が書いたあらすじや感想じゃ伝わらない面白さが、この漫画にはあります。 ぼそっと呟くセリフ、急に暗くなる背景。 ぜひ漫画の方を読んでほしいです。 野原広子さんの作品に外れなし!.

次の