長靴 ワークマン。 ワークマンでみつけた!コスパ最高!【防水シューズ】がおしゃれで使える!|ギアブログ

【人気】折りたたみ長靴(レインブーツ)おすすめ5選!夏フェスに携帯したい軽くて持ち運びに便利なパッカブル仕様

長靴 ワークマン

2児の母として子育てに励むライターママ。 生活を快適にするグッズ、おしゃれな最新商品に常に目を光らせている。 子どもの頃から釣りが好きで、アウトドア系の商品もリサーチ中。 物欲を抑えるためにものすごいパワーを使っている。 通常の長靴よりもオシャレなイメージがあるレインブーツ。 雨の日だけでなく、ガーデニングなどの趣味でも活躍してくれますよね。 しかし、なかなか自分に合ったレインブーツに出会えないという方も多いのでは? デザインを重視するあまり、機能性がイマイチというパターンも少なくないはず。 そこで今回は、機能性が高いレインブーツの選び方をご紹介していきたいと思います。 レインブーツで大切なことと言えば、まずは浸水しない構造。 履き口に紐などがついた縛れるタイプなら、レインブーツ内への浸水を防いでくれますよ。 どうしても通気性が悪くなるレインブーツですが、中にサラサラとした生地が使われているだけで不快感は半減するはず。 できれば速乾性の高い裏地を使ったレインブーツをおすすめします。 履き口にカバーのついた、デザイン性の高いレインブーツです。 試しに歩いてみると、表面の合成ゴムが柔らかいおかげでかなり歩きやすい印象。 歩く際に「ガボッ」としてしまうイメージのレインブーツですが、フィット感と柔軟性のおかげでストレスを感じません。 履き口の紐を縛れば、足にレインブーツがよりフィットしてくれます。 歩いてみて驚いたのは、ソールのグリップ力。 靴底が地面に吸いつくような感覚で、路面が滑りやすい日でも安心して歩けそうです。 実際に商品を購入した人からは、「ワークマンのレインブーツはかわいいデザイン多いから嬉しい。 今度フェスに履いていこうかな」「とても寒い日に履いたんですけど、指先が冷えなくてビックリした」「このデザインで2000円しないならいい買い物だと思う。 作りもかなりしっかりしているし、今度からリピートしよう」「とにかく色がかわいい! 機能性もあるし、本当にこの値段で買えるなんて信じられない」「このレインブーツを履き始めてから、雨の日にお出かけするのが楽しくなった」など絶賛の声が相次いでいます。

次の

ワークマン長靴 イージスデッキブーツBT750

長靴 ワークマン

長靴が活躍する季節に「Workman ワークマン 」で買える 高品質・ 高機能・ コスパ良しの レインシューズが、雨の日の防水シューズ・レインブーツとして優秀! 靴に水が染み込んだり、濡れてしまうとせっかくのコーディネートも台無し。 本格的な長靴の機能性もおさえて、なおかつ普段使いもできそうな お洒落なデザインのレインシューズを探している人も納得のアイテムが揃っています。 ワークマン女子にもおすすめのレインシューズ5選 今回は、「これぞ最高のレインブーツ!」と話題の人気防水シューズのおすすめを紹介します。 マンダムプログリップシューズ 圧倒的機能性の高さとデザイン性で、一足は持っておくべき 防水スニーカー?! via Workman ワークマン マンダムプログリップシューズ 価格: 1,500円 税込 商品番号:57 カラー:全3色 シロ、クロ、カーキ サイズ展開:23. 0cm〜28. 0cm 長靴・レインブーツとは違う スニーカースタイルの「マンダムプログリップシューズ」は、雨上がりのまだ地面が濡れているときやデイリーユースとしておすすめ。 耐油底、耐滑底、静電、そして完全防水、さらにそれだけでなく脱ぎ履きも簡単にできるスリッポンスタイルが人気の秘密。 via Workman 汚れにくい撥水機能を備えていますが、丸洗いも可能なのでお手入れも簡単。 シンプルで細みのスタイリッシュなフォルムは、きれいめスタイルからストリートまでどんなコーディネートにも合わせやすいデザインで、一足持っているだけでもコーディネートの幅がぐんと広がりそうです! via Workman ワークマンには、他にもお洒落なスリッポンタイプのスニーカーが沢山あります! こちらの関連記事も合わせてチェックしてみて下さい。 ワークマン PVC防水シューズ スター・トレーディング 爆発的人気を誇る防水シューズに新色が登場! photo via : workman公式サイト 商品名:ワークマン PVC防水シューズ 価格: 1,500円 税込 商品番号:6525 カラー:全2色 クロ、グリーン サイズ展開:23. 0cm〜28. 0cm ユニセックス 「驚くほどの高機能!コスパの良さ!」と SNSでも話題になった人気レインシューズ。 水が染みない素材でできていて、シャワーを正面やかかとなど全方向から浴びせましたが、すべて水滴となって弾いてくれました。 頼もしいです! または、 上から水滴をかけたのではなく、一度足首あたりまで水中に沈めた結果、水を弾いていて、もちろん靴下も完璧に乾いたままで無事でした!! という声も多数上がる、撥水機能のあるポリ塩化ビニール使用で 安心の防水性! photo via : Tsurihack また、コンバースのハイカットスニーカーのようなステッチ加工が再現され、靴ヒモや自然なマットな表面のデザインなど、とにかく可愛いですよね! photo via Workman 公式サイト 普段使いとしてカジュアルなコーディネートとの相性も良し。 アウトドアはもちろん、雨の日にもおしゃれを怠りたくないという方には持ってこいの一足です! 4. ワークマン 防水フィールドブーツ スタイルを選ばない「万能ブーツ」に防水機能を搭載した注目モデル。 via Workman ワークマン 防水フィールドブーツ 価格: 1,900円 税込 商品番号:FC030 カラー:全2色 ベージュ、ブラック サイズ展開:M〜3L 24. 5cm〜28. 0cm 「防水フィールドブーツ」はアウトドアや釣りで「最高のコスパ」と話題を集めたことをきっかけに、ファッションアイテムとしての人気を急上昇させた一足。 作業服の枠を越えたデザイン性を追求するワークマンオリジナルブランド「FildCore フィールドコア 」から出ている防水シューズを紹介します。 via Workman 高さ24cmで水が入り込んで浸水する心配もない安心のフォルムと、濡れた地面でも 滑りにくいようにしっかりとグリップ加工がほどこされたソールデザインがポイント。 内側には固めの布が重ねられているので、夏でも蒸れにくく雨の日の肌寒い気候でも快適に履くことができます! 5. ワークマン フィールドブーツ ガーデン ガーデニングだけに収めておくのはもったいない!機能性抜群の防水ブーツをおすすめ。 via Workman ワークマン フィールドブーツ ガーデン 価格: 1,500円 税込 商品番号:BT410 カラー:全2色 クロ、ライムイエロー サイズ展開:S〜3L 23. 5cm〜28. 0cm 「フィールドブーツ ガーデン」は、とにかく軽いのが最大の特徴。 片足 210g Lサイズ という超軽量デザインで、1日中履いていても疲れにくいのが魅力的。 アッパー部分とソールに継ぎ目がない一体成型の設計が水漏れしにくく、ミニマルな印象はカジュアルなスタイルにもぴったりです。 via Workman 長靴は固定感がなく歩きにくいという問題がありがちですが、足首部分がしぼってあるので脱げにくくしっかりとホールドしてくれるのもポイント。 凹凸のあるソールは、ぬかるみや滑りやすい地面でも安定感のある歩きをサポートしてくれそうです! ワークマンの防水シューズは梅雨や雪のマストバイ! 最近のおしゃれ好きはかなりチェックしているキーワード「 ワークマン」。 手軽に履けてデザイン性も意識された、高機能で低価格、そんな完璧なレインブーツに出会えるのが「ワークマン」だからなのです! 雨の日はもちろんアウトドアでもキュートなコーデが楽しみたいけど、毎日履くものではないからお手頃価格なのは高得点。 ハイカットスニーカーのようなカジュアルなデザインのものから、長靴の定番スタイルにモダンなデザインを組み合わせたモデルまで、さまざまなスタイルがラインアップされていますよね。 作業着専門店の経験や知識を持つワークマンならではの機能性と、デザイン性も追求された商品は他とは一線を画す抜群の存在感で、今後も新商品などの発売に期待したいところです。 今回の記事では、雨の日でもおしゃれを楽しめるおすすめ「レインブーツ・長靴」を厳選して紹介しました。 是非お気に入りを見つけて、ゲットしてみてください! 出典:.

次の

【釣り/長靴】これって釣り用?ワークマンの防水シューズのグリップが良い!

長靴 ワークマン

Contents• ワークマンのレインシューズ「PVC防水シューズ TC」 ほら、みてください。 普段履きできそうですよね? 「雨の日の靴」といった感じで使用をためらうような長靴感はありません。 見た目も長靴というよりは普段も履けるタウンシューズといった感じ。 コンバースのオールスターにも通ずるシンプルなデザイン。 普通に履いていたらレインシューズだとは気づきませんよね。 ワークマンの店頭で見つけた際に思わず即購入してしまいました。 ちなみに私が使用しているのはグリーンの方。 さらにこの防水シューズ、1足 1500円と リーズナブルなので大変気に入っています。 車に常備しており、泥汚れも簡単に洗い流せるということで、畑仕事の際にも使用していますが、何より 釣りの際に意外と大活躍しています。 安い長靴ながらにもこの グリップ力がすごい! このワームマンの防水シューズ、もしかして釣り人のためにリリースされたのかも!? グリップ力がものすごい 安いからといって侮るなかれ。 そのグリップ力が只者では無かったのです。 実際に釣りに使用するまでは気がつかなかったのですが、濡れたテトラを踏んだ瞬間「おお!」と感動。 滑らないのです! 長靴だから、安いから、きっと滑るだろうな〜と注意しながらテトラを踏んだのですが、これがよく食いついてくれました。 ワークマンのホームページを見ても、「コックシューズ」や「ノンスリップシューズ」といった他のシリーズの靴は「滑らない!」という謳い文句で売り出しているのに、この「PVC防水シューズ TC」は普段履きもできますよといった見た目推し。 そのため何故滑らないのかといった説明書きは見つかりませんでしたが、とにかく滑りませんでした。 見た目はそれほど特殊な加工があるようには思えないのですが、ソール面は柔らかめの素材になっているので接地面の形状にグリップしやすいようです。 また、このミドルカットなネックの長さもちょうど良い! 長靴より短いので動きやすいです。 この自由度はテトラを移動する際にはありがたいですね。 ちなみに、浸水時に防水機能を発揮するのは下のシューレース穴から3個目あたりまで。 その上は写真のようにベロと分離しています。 このおかげで足首の自由度が上がり動きやすい。 まとめ さすがに海藻ヌルヌルの磯ではスパイクシューズほどの威力は発揮しませんが、潮が引いて濡れたテトラ上くらいならそのグリップ威力を遺憾無く発揮します。 長くないから場所も取らない。 車に1台積んであるといざという時に活躍しますよ。

次の