問題 ありません 敬語。 「問題ございません」の言い換え表現・正しい用法・ビジネス文例

「今のところ」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

問題 ありません 敬語

ビジネスパーソンなら毎日使う、敬語。 でも、本当に正しい敬語が使えていると言い切れますか? 社会人経験の長い方でも、間違った敬語を使っている人は少なくありません。 そして、メールで敬語を間違うと、ミスが永遠に残り恥をかいてしまいます。 そこで、間違いやすい敬語と、その改善方法をご紹介します。 社会人と、これから敬語を使うことになる就活生も、恥をかかない正しい敬語をマスターしましょう。 敬語とは 敬語とは、言語表現の一つで話に出てくる人物や話し相手に対する敬意を示すために用いられます。 日本語における敬語は尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類に分類されます。 尊敬語と謙譲語は、話の主題になっている人に対して敬意を示すために使われます。 現代では、敬語は家族や友人などとの会話の中ではほとんど使用されません。 職場で上司や先輩、また顧客に対して使われることが多くなっています。 日本語の敬語は種類や使い方が多い上に、とても複雑ですので日本語を母国語としていても、使いなれていないと間違うことが多いものです。 正しい使い方ができるように準備しておきましょう。 尊敬語 尊敬語は、話の主題になっている人に対して敬意を示すときに使われる言葉です。 主な尊敬語には、「いらっしゃる」「おっしゃる」「お話くださる」「指導くださる」「先生」「〇〇様」などがあり、相手の行動について述べる言葉に対して用いられたり、呼び方や名称について述べるときなどにも使われます。 「あなた」「先生」などの尊敬語は、『体言』と呼ばれます。 名詞そのものが相手を尊敬する言葉になっています。 また、「なさる」「いらっしゃる」「おっしゃる」「召し上がる」「くださる」などのように、相手の行動に対して動詞を変化させて使われる表現は『尊敬動詞』です。 さらに、「お二人」「親御さん」「〇〇様」などのようなものは『尊敬の意味を示す接頭語や接尾語』などもあります。 謙譲語 謙譲語とは、言葉を発する人が、自分自身または自分側にいる人 身内など に関して、へりくだりゆずる表現をするときに使われる言葉です。 謙遜語とも呼ばれます。 自分や自分側にいる人を低めることにより、相対的に相手や話の中に出てくる人を高めて敬意を表す目的で使われます。 謙譲語は主に2つの種類があります。 1つ目は、「伺う」「いただく」「参ります」などのように特別の言葉を使うものです。 これらは謙譲語としてのみ使われる言葉で、尊敬語や丁寧語にはない言葉です。 2つ目は、接辞を付加する場合につかわれます。 主な使い方として、「てまえども」「弊社」などがあります。 あなたの就活力はどのくらい? 就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。 就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。 ぜひ、「」で今の自分の就活力を診断してみましょう。 無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。 敬語で注意すべき点 敬語を使う時に注意すべきことを知っておきましょう。 敬語だと思って使用していたけれど、実は敬語ではなかった言葉や、二重敬語について紹介します。 社会人として正しい敬語の使い方ができないと、常識がない・マナーが身に付いていない、などのように相手に印象を持たれ兼ねません。 営業などで外部の人と接する場合は、個人的な評価が下がるだけでなく、会社全体の印象も悪くなってしまいます。 社会人ならば敬語はきちんと使えるようにしておきたいものです。 敬語に当たらない実は失礼な表現 何気なく使っている表現には、実は少し失礼にあたるものがあります。 敬意のこめられていない表現をやめ、正しい敬語を使いましょう。 以下のような間違いに気をつけてください。 「ご多忙のところ〜」と相手をきづかい、「〜の件、いかがでしょうか?」と要件をソフトに伝えましょう。 ケース別メールのテンプレ 敬語が必要になる場面は、面接や電話でのやり取りなど、実際に口に出す言葉だけではありません。 まだお会いしていない人とメールで連絡を取る場合や、企業の担当者とメール連絡を取る場合など、就活中は敬語をさまざまな場面で使うことが多くなってきます。 ここでは、メールでの敬語にスポットを当てていきます。 「OB訪問のアポイントをとる際のメール」「OB訪問をした後のお礼のメール」「採用試験の選考結果を尋ねる際のメール」の3つのケースについてピックアップしてみました。 代表的な内容のサンプルをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 件名や宛先、就活生の大学名、名前などは省略しメールの内容のみとします OB訪問のアポイントをとる際のメール 例文 「初めてメールをお送りさせていただきます。 先日、大学の就職課で〇〇様のことを知り、本日はOB訪問のお願いでご連絡を申し上げました。 私は現在就職活動中で、マスメディアにかかわる仕事に大変興味と関心を持っています。 御社が製作されて放映された多くの番組に対し、大変感銘を受けて拝見しておりました。 そこで、この度ぜひ〇〇様に御社のお仕事についてのお話をお伺いしたく、メールをお送りさせていただいた次第です。 日々お忙しい中で大変恐縮ですが、お話をお聞きする時間を頂けるようでしたら幸いです。 もし可能であれば、今月の最終週の月曜日か水曜日までの間で、〇〇様のご都合のよい日時をお知らせいただけませんでしょうか。 また、上記でご調整が難しい場合は、大変お手数ですが、〇〇様の都合がよろしい日程を2つ~3つほど候補日として教えて頂けますでしょうか。 メールでの突然のお願いとなり大変恐縮でございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 Point このメールの最初のポイントは、最初にどこでOBの連絡先を知ったのか、ということを明確にしているところです。 自分の後輩だとしても会ったことのない人からの連絡ですので、初めにメールアドレスや名前をどこで知ったのかを明確にすることは、とても大事です。 そして次に、日時の候補はこちらからいくつか提示する、ということです。 遠慮して全く相手任せということでは、相手にかえって気を使わせてしまうことになります。 そして、都合が悪い場合は、それ以外で可能な日程を教えてもらうという方法をとっているところがポイントです。 そしてこのメールにもあるように、最後に今一度、「突然のお願いに関してのお詫びと今後のお願いでしめる」ということを忘れずに書きましょう。 OB訪問後のお礼のメール 例文 「本日は大変お忙しい中、貴重なお時間を頂き誠にありがとうございました。 〇〇さんからお話をお聞きして、就活をする上で学生に求められる事柄や心構え、自分の強みをどのようにアピールすべきかなどについて学ぶことができ、私にとって大変貴重な経験をさせて頂くことができました。 また同時に、就職活動中のことだけでなく、〇〇さんのお話から「将来どのような企業人として働きたいか」という将来像も自分なりに描くことができました。 これらを参考にさせて頂き、今後就職活動に励みたいと考えております。 改めまして、本日は大変お世話になりました。 そして誠にありがとうございました。 それでは、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 」 Point このメールのポイントは、最初の文章で実際に時間を作ってくれたことに対して、感謝の気持ちを伝えていることです。 社会人は毎日がとても忙しいスケジュールで動いていますので、その合間を縫って会ってくれたことへのお礼を忘れないことが大切です。 そして2つ目は、OB訪問を通して得られた学びや気づきを伝えている点です。 OBの話のどこが自分の役に立ったのかを素直に、そして具体的に書くとそのOBは、「この学生に会ってよかった。 役に立てたようだ」と思ってくれるのではないでしょうか。 そして、最後は「再度のお礼と今後のお願い」でメールをしめている点もポイントです。 ビジネス文章はほとんどがこの形式ですが、OB訪問のお礼の場合もこのようにお礼とお願いの言葉でしめるようにしましょう。 選考結果を尋ねる際のメール Point まず、メールの書き出しで先日の面接に対してのお礼を述べているところが1つ目のポイントです。 ここで人事担当者も、先日面接をした応募者だということが判断できます。 そして次に、このメールで合否結果を直接聞く形ではなく「合否の連絡の期日や予定を伺う」内容で書かれている点です。 同じように見えるかもしれませんが、直接的に聞くのではなく、このように「合否の連絡の日程」のような遠回しの表現を使うことが望ましいでしょう。 そして3つ目は、メールで問い合わせることで催促じみた内容になっていることへの侘びを述べている、という点です。 本来ならば、面接当日に直接伺うべきことなので、それを忘れてしまったことで、担当者の業務をさらに増やしてしまっています。 素直にこの事への謝罪内容も必ず入れて送りましょう。 敬語は面倒ですが、一度使えるようになれば一生ものです。 敬語程度が使えないことで相手からの悪印象をかっても仕方がありません。 人生のできるだけ早い内に、敬語をマスターしておきましょう。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の

【敬語クイズ 厳選20問】ビジネスで役立つ!!敬語の問題にチャレンジしよう!

問題 ありません 敬語

新社会人が戸惑う1つとして、言葉遣いがあげられます。 中でも敬語に関しては、学生生活の間に使う頻度が少ないのもあって、苦手意識を持っている人が多いようです。 直接の会話ではなくても、電話やメールで敬語が必要なケースもあります。 覚える敬語がたくさんあって余裕のない日々かもしれませんが、なるべく早く言葉遣いにも慣れていきましょう。 敬語を過剰に使うのも良くない 正しい言葉遣いで表現しようという思いが強すぎると、過剰に敬語を使ってしまう場合があるので注意が必要です。 例えば「ご覧になられますか?」という言葉には、「ご覧になる」という尊敬語に加えて、同じく尊敬語である「れる」が使われており、二重敬語になっています。 「ご覧になりますか?」というシンプルな形が正解となるのです。 細かいなと思う人もいるかもしれませんが、このような小さなミスが重なると、信頼問題に関わってくるケースもあります。 特にメールだと文字で残り、読み返していないと判断される場合もあるので注意が必要でしょう。 「問題ありません」を伝えるシチュエーションは3つに分類できる 「問題ありません」という内容を伝える場面は、ビジネスシーンでは頻繁に訪れます。 メールや電話、対面形式での営業など、伝える手段もさまざまです。 「問題ありません」という言葉を使うシチュエーションは、「連絡に対しての言葉」「提案に対しての言葉」「心配に対しての言葉」という3つに分類できます。 次項からは、これらのケースを1つずつ考えていきましょう。 オーソドックスな敬語は、「問題ありません」ではなく「承知いたしました」です。 例えば、会食の日程が決まったと連絡があったとき、 「承知いたしました、ご連絡ありがとうございます」 と文章に入れると、自然な文章になります。 「承知いたしました」は「わかりました」という意味の敬語ではありますが、了承することでこの日程で「問題ありません」という内容を伝えているのです。 例えば、いっしょに仕事をしているデザイナーさんから提案があったとき、「その案で問題ない」という言葉をしっかりと伝えないといけないので、「問題ございません」や「差し支えありません」といった敬語が適切です。 文章の終わりに「よろしくお願いいたします」とつけると、「問題ありません」という意味で自然な流れになるでしょう。 特に相手がお客さんの場合、不安を継続させないような配慮が必要になります。 「支障はないかと存じます」や「ご心配には及びません」といった敬語を使って、丁寧かつ安心感を与えられるような言葉を選ぶ必要があるのです。 場合によっては謝罪の必要もありますが、謝罪に終始するのではなく、なぜ心配がいらないのかといった説明をして、安心を与える必要があるでしょう。 「問題ありません」の敬語は「承知いたしました」などビジネスシーンによって使い分ける 「問題ありません」という言葉を敬語でどのように表現すればいいのか、という点についてまとめてみました。 「連絡に対しての言葉」、「提案に対しての言葉」、「心配に対しての言葉」といったように、シチュエーションによってふさわしい敬語を選ぶ必要があります。 新社会人にとっては覚える要素が他にもたくさんあり、敬語にまで頭が回らない場合もあるものです。 手本となる先輩の真似をしながら、少しずつ身につけていきましょう。

次の

【敬語クイズ 厳選20問】ビジネスで役立つ!!敬語の問題にチャレンジしよう!

問題 ありません 敬語

大丈夫です 読み方: だいじょうぶです• 賛成です・肯定します• 了解です・• お断りします• 問題ないです このように、数多くの意味が存在する「大丈夫です」という言葉ですが、特に注意して欲しいのが3番の意味で使うときです。 断るつもりで使った「大丈夫です」が「問題ない」という肯定の意味で伝わることはビジネス以外の場でもよくあります。 このような事態を避けるためにも、「大丈夫です」を状況に応じて適切に敬語に変換できることが大切です。 そこで、次は「大丈夫です」の状況ごとの敬語表現を確認していきましょう。 2.状況別:目上の人に使える「大丈夫です」の敬語表現 つい「大丈夫です」と使ってしまう場面ってありますよね。 ですが、敬語としてはふさわしくない表現です。 そこで、 「大丈夫です」のかわりに目上の人に使える敬語表現を、以下の4つの場面から紹介します。 結構です(「余計なお世話です」という強い拒絶のニュアンス)• 構いません(「別にどちらでも構いません」と曖昧かつ上から目線なニュアンス) それぞれ確認していきましょう。 「結構です」は強い拒絶のニュアンスを持つ失礼な表現 「結構です」は目上の人に対して使うのは失礼とされています。 何故なら、「結構です」は強い拒絶を示す言葉だからです。 例えば、相手の行為に対して、遠慮の意味で「結構です」と言えば、 それが「余計なお世話です」という意味で伝わる可能性があります。 他にも、冷たい印象を与えてしまい、にせよ、ビジネスで目上の相手に使うには偉そうな態度に見えてしまいます。 そのため、目上の人に「結構です」を使うのは不適切なのです。 「結構です」と言いたいときは次のように言い換えてみてください。 <例文> お客のご要望は弊社では承りかねます。 「~かねます」は「~できません」の遠回しな表現で、ビジネスで目上相手に使える言葉です。 しかし、便利な反面、次で説明するようなニュアンスを含むことに気をつけてください。 「~かねます」には曖昧なニュアンスも 「~かねます」は「~できません」というお断りに使える表現です。 しかし、的な言い方であることから、相手に「もしかしたらできるかもしれないけど~」と期待をさせてしまう恐れもあります。 そこで、どうしても無理な場合は、はっきりと「お受けできません」と伝えることが大切です。 厳しく感じられる場合は、次のように頭にクッション言葉を入れて、 表現を柔らかくしましょう。

次の