アイフォン バックアップ。 パソコンなしでもOK!いまさら聞けないiPhoneのバックアップ術

iPhoneのバックアップは暗号化するべき?した方がいい理由を紹介!

アイフォン バックアップ

あなたは、最後にいつiPhoneのバックアップを取りましたか? やり方がよくわからない、失敗した経験があるから取らなくなった、そんな方もいるのではないでしょうか。 iPhoneのバックアップをこまめに取っていないと、iPhoneを紛失した時や故障した時に大事なデータを失うことになりかねません。 そこで今回は、バックアップの基本である パソコンを使ったiPhoneのバックアップ方法と併せて、 パソコンが無くてもiPhoneのバックアップを取ることができる方法とグッズをご紹介します。 その理由の9割が「やりかたがわからない」「面倒くさい」というもの。 世の中の人たちは、iPhoneのバックアップに対して苦手意識があることが分かります。 はじめに、バックアップとは何か、バックアップを取ることのメリットについてお伝えします。 バックアップとは?iPhone以外の場所にデータを保存すること バックアップとは、iPhoneの中に保存されている写真や音楽、動画、連絡先、アプリなどをiPhone以外の場所に保存しておくことです。 iPhone以外の場所としては、3パターンあります。 バックアップを取ることのメリット バックアップを取ることの最大のメリットは、なんといっても 大事なデータを失わずに済むことです。 iPhoneの中には、思い出の写真や、購入した音楽データや、連絡先など色々入っていますよね。 バックアップを取っておかないと、iPhoneの紛失・修理・機種変更などした時に、それらが一気に消えてしまう可能性もありますが、バックアップさえ取っておけば、ほとんどのデータをiPhoneに戻すことができます。 まずは、iPhoneバックアップの基本である「iTunes」を使った方法と、「iCloud」を使ったバックアップを取る方法をご紹介します。 iTunesにバックアップを取る方法 まず1つ目、パソコンを使ってiTunesにバックアップを取る方法からです。 初期設定のままならパソコンにつないだ段階で自動的にiTunesが起動しますが、起動しなかった場合はデスクトップのショートカットから起動してください。 バックアップに必要な項目が表示されます。 バックアップ欄にある「このコンピュータ」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが開始されます。 この間、iPhoneをケーブルから抜いてしまうとバックアップが中断されるので気をつけましょう。 りんごのマークが表示されたらバックアップ完了です。 iTuneでバックアップ取るにはパソコンが必要ですが、「パソコンは高価だから手が出しづらい…」という方もいるのではないでしょうか。 そんな方には、「リサイクルパソコン」がオススメです。 新品より安い上に、中古よりも性能が良いので気になる方は是非チェックしてみてください。 iCloudにバックアップを取る方法 次に2つ目、 パソコン無しでiCloudにバックアップを取る方法です。 まずはiPhoneのWi-Fiをオンにしておきましょう。 寝る前に充電できるようにしておくだけで、朝にはフル充電されている上に、バックアップまで済んでしまうという優れものです。 ACアダプターが同梱されているので、箱から出してすぐに充電とバックアップを開始できます。 iXpand ワイヤレスチャージャーの専用アプリを使用して、バックアップ済みファイルをスマートフォンから削除し、メモリー不足を解消することができます。 また、いつでも簡単に、写真をスマートフォンに復元できます。 また、 iTunes ミュージックのバックアップにも対応しています。 iTunes Storeで購入したデジタル著作権(DRM)フリーのコンテンツ、CDから取り込んだ楽曲ファイルを、写真や連絡先と同じように充電と同時にバックアップします。 iPhoneの紛失や故障はいつでもあり得ることです。 「自分のiPhoneだけは大丈夫」なんて思わずに、万が一のデータ消去に備えてバックアップはこまめに取っておきましょう。 いままでなんとなく、バックアップは難しいと思って避けていた方も、是非試してみてくださいね。 以上、「 パソコンなしでもOK!いまさら聞けないiPhoneのバックアップ術」でした。

次の

「iPhoneのバックアップ未作成」の通知がウザい…表示を消す方法はコチラ

アイフォン バックアップ

iPhoneのデータのバックアップ方法は、Appleが提供するクラウドサービス「iCloud」を使う方法と、パソコンにインストールした音楽管理ソフト「iTunes」を使う方法があります。 それぞれでバックアップ方法やバックアップ項目が異なりますので、自分に合った方法を選択しましょう。 しかしそれぞれバックアップ方法や、バックアップを保存しておく場所が異なります。 iCloud iCloudでは、端末に保存されているほぼすべてのデータと設定情報がバックアップできます。 ただし、パソコンで取り込んだCDの音楽データなどはバックアップ対象外のため、パソコンで直接管理する必要があります。 設定>iCloud>書類とデータで表示されていないアプリのデータは保存されないので注意してください。 iTunes iTunesバックアップでは、端末のほぼすべてのデータと設定情報がバックアップ可能です。 ポイント:バックアップを暗号化して保存しよう iTunesの場合は標準設定だと暗号化されず、暗号化するよう設定する必要がありますが、iCloudで保存したバックアップは常に暗号化される仕組みです。 暗号化することで、通常ではバックアップできないデータもバックアップできるようになります。 暗号化することでバックアップできるようになるのは、以下の情報です。 ・保存したパスワード ・Wi-Fi設定 ・Webサイトの履歴 ・ヘルスケアデータ ・一部のアプリのデータ(LINEのトーク履歴など) iCloudでバックアップをとる.

次の

簡単!確実!iPhone のバックアップ & 復元方法を画像付きで解説

アイフォン バックアップ

写真や動画、ウェブサイトのお気に入り、遊んだアプリのセーブデータなど、iPhoneにはたくさんのデータが入っています。 しかし故障や紛失、データを間違って消してしまったなど、不測の事態が起きてしまった場合、データも一緒に失われてしまいます。 でもバックアップを取っていれば安心、簡単にデータを復元できるのです。 そして機種変更する際にもバックアップを取っておけば、新しい機種へのデータ移行が楽に行えるでしょう。 iPhoneのバックアップ方法には主に、パソコンで「 iTunes」というソフトを利用して行う方法と、Appleのサービス「 iCloud」を使ってiPhoneだけでできる、2つの手段があります。 万が一に備えて、定期的にiPhoneのバックアップをとるようにしましょう。 「iTunes」と「iCloud」のバックアップ、どう違うの? iPhoneやiPad、iPod touchの中のデータをコピー・保存するには、「iCloud」または「iTunes」を利用しますが、それぞれバックアップの方法や、バックアップできる方法が異なります。 特徴として、「iCloud」は Wi-Fiが使える環境であればどこでもバックアップできること、「iTunes」は MacまたはWindowsパソコンが利用できる環境であればバックアップできることが挙げられます。 また、バックアップできるファイルやデータの種類も異なります。 それぞれの バックアップできる項目は以下の通りです。 iCloud iCloudでのバックアップは、端末に保存されているほぼすべてのデータと設定情報がバックアップできます。 ただし、例えばパソコンで取り込んだCDの音楽ファイルなどはバックアップ対象外のため、パソコンで直接管理する必要があります。 音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴• iOS デバイスの写真とビデオ• デバイス設定• ホーム画面とAppの配置• iMessage、テキスト SMS 、MMSメッセージ• 着信音• Visual Voicemailのパスワード• 動作状態データ• ホームキット構成• 設定>iCloud>書類とデータで表示されていないアプリのデータは保存されないので注意してください。 iTunes iTunesバックアップでは、端末のほぼすべてのデータと設定情報がバックアップ可能です。 カメラロールの写真と動画• 連絡先• カレンダー、Safari、マップ、メモ、メールアカウント、通話履歴、メッセージ、ボイスメモなどのAppデータ• ネットワーク設定• App Storeで購入したAppデータ• Appの設定、環境設定、書類などのデータ• App内で購入したもの• そのほか、例えばiPadのバックアップでiPhoneを復元するなど、別の種類のデバイスのバックアップから復元する場合は、「写真」「メッセージ、メッセージに添付したファイル」「ボイスメモ」「設定しようとしているデバイスと互換性のないアプリ」は転送されません。 バックアップって暗号化ってなに?したほうがいいの? iCloudのバックアップでは常に、iTunesのバックアップでは選択すれば可能になる「バックアップの暗号化」ですが、バックアップの暗号化は通常のバックアップとは違い、「 保存したパスワード」「 Wi-Fi設定」「 ウェブサイトの履歴」「 ヘルスケアデータ」もバックアップできます。 そのほか、メッセージアプリ 「LINE」のトーク履歴なども引き継げるようになります。 ただし、バックアップに少し時間がかかることと、バックアップデータから復元する際に専用のパスワードが必要となります。 この専用のパスワードは、暗号化の解除にも利用します。 このパスワードを忘れてしまうと、バックアップを復元できなくなってしまうほか、iPhoneのデータを消去して新しいデバイスとして設定するしか、バックアップの暗号化を解除する方法がないため、注意が必要です。 もし暗号化されたバックアップをとったあと、バックアップのパスワードを忘れてしまった際、iPhoneのデータの消去をしたくない場合は、回避策としてiCloudバックアップでバックアップを作成・復元しましょう。

次の