クラゲ 待ち受け。 食用クラゲは6種類/くらげ普及協会

食用クラゲは6種類/くらげ普及協会

クラゲ 待ち受け

『Wallpaper Engine』の購入&インストール Steamをインストールし、アカウントを作成したら、次に『』を購入します。 決済を済ませ、ダウンロードが完了すると、Steamメニューバーの 「ライブラリ」 > 「ソフトウェア」からWallpaper Engineを起動することができます。 Wallpaper Engineを起動すると、初期セットアップメニューが表示されます。 次に背景の動く画像のクオリティ 画質など の高さを選択します。 高すぎても無駄にPCのメモリを食ってしまうので「Medium」を推奨します。 次のウィンドウ。 「Adjust Windows color」にチェックを入れると、壁紙の色合いに合わせて様々なウィンドウのラベル色などが自動で変更されるようになります。 また「Auto Start」にチェックを入れると、PC起動時にWallpaper Engineも自動で起動するようになります。 この2つはお好みでチェックを入れてください。 最後に「All done」をクリックすると、Wallpaper Engineを使う準備は完了です! 『Wallpaper Engine』の使い方&壁紙の追加方法 初期設定が終わると、以下のようなWallpaper Engineのインターフェースが表示されます。 すでにいくつかの「動く壁紙」が選択できるようになっています。 ためしに好きなものを選び、右下の『 OK』をクリックしてみてください。 PCの背景に「動く壁紙」が適用されると思います。 またWallpaper Engineでは初期に選べるものの他に、ユーザーが作成した10,000を超える「動く壁紙」を、Steamから無料でダウンロードして使用することができます! Wallpaper Engineの左下にある『 Browse Workshop』をクリックしてみてください。 すると、Wallpaper Engineの壁紙をダウンロードできるページが出現します。 このページの右上にある検索窓にキーワードを入力することで、好きな壁紙を検索することができます。 気に入ったものが見つかったらサムネをクリックし、壁紙ページの『 サブスクライブ』をクリックすることで壁紙のダウンロードが開始されます。 ダウンロードが完了したものは、動く壁紙として背景に選択することができます。 ちなみにダウンロードしたものを消したい場合は、右の『Unsubscribe』をクリックすることで削除できます。

次の

【クラゲ】クラゲって動物なの?不思議な生態と奇妙な成長方法!│ジャングルタイムズ

クラゲ 待ち受け

Contents• 亀岩の洞窟は心が浄化されるパワースポット この亀岩の洞窟はSNSで拡散されてとても話題になったパワースポットです。 洞窟の中を川が流れていて滝のようにも見えるとても不思議な美しい眺めになります。 このトンネルは自然に出来たものではなく、人工的に岩を削りなが作られたもので、その削った岩肌が亀のように見えることから「亀岩の洞窟」と呼ばれるようになりました。 画像を見てもらうとわかりますが、とても神秘的な光景が広がっています。 見ていると自然に心が浄化されるような不思議な感覚を覚えます。 心が澱んでいては何をしても開運にはつながりません。 そのため、本格的に開運の待ち受けを設定する前に亀岩の洞窟の画像で心を浄化しましょう。 清らかな心になればより一層開運の効果が高まります。 心の浄化の意味を込めて、まず最初に亀岩の洞窟を待ち受けに設定して毎日眺めてみてはいかがですか。 縁起がいいといわれる末広がりの富士山の待ち受け 縁起がいいといわれる末広がり。 「八」という数字は聖数という特別な意味を持つものといわれていて、末が広がる事で先が開けるようになるという意味があります。 そのため全体的に運気を上げる効果があり、未来が明るくなる数字ともいわれています。 そんな末広がりの「八」にそっくりなものがありますよね。 「富士山」です。 特に末広がりに見える富士山を待ち受けにしておくと、全体の運気が上がっていくといわれているので、ぜひ待ち受けにしてみてください。 富士山はみなさんご存知の通り、日本では最大級といわれているパワースポットになります。 昔から神様や仏様を祀っている山として、そして、山そのものが御神体ともいわれています。 穢れのない物として多くの人に崇められてきた場所です。 そのため、富士山の周辺にはたくさんの神社が建ち並んでいますし、日本人だけでなく、海外からも一目富士山を見ようとたくさんの方が参拝に訪れる観光地となっています。 富士山が持つパワーはどれぐらいなのかというのはとても計り知れないものですが、強力なのは間違いないです。 富士山の画像を仕事で使うパソコンの壁紙に、携帯の待ち受けにすればきっと運気が上がるでしょう。 ちなみに富士山は宇宙からもエネルギーを受け取っているといわれている霊的なパワースポットでもあります。 写真のとり方や角度によって火山の噴火口を見ることもできます。 火口が写った画像は大地のパワーだけでなく、マグマのエネルギーも持っているので、普通の富士山の画像よりも大きな力を持っているかもしれません。 モアイ像も運気を上げるのに効果抜群! モアイ像といえばイースター島が思い浮かぶと思います。 とても有名です。 1度は実物を目にしてみたいものでさが、そう簡単に本物のモアイ像を見にイースター島へ行けるものではありません。 モアイ像については色んな学説や意見があり、歴史的にもとても優れた建物物です。 今なお、明確な科学的な根拠も少なく、全てが謎に包まれているもののひとつといわれています。 日本にもモアイ像のオブジェがあります。 宮崎県のサンメッセ日南に存在しています。 「観光目的とか話題作りのためのモアイ像なんでしょ?」と思うかもしれませんが、1度見た人ならわかるとは思いますが本物のモアイ像のような貫禄があります。 サンメッセ日南は日南海岸を見下ろすことのできる大きな敷地にあるテーマパークですが、それをバックに7体のモアイ像が並んでいます。 このモアイ像はイースター島から正式に許可を貰い復元されたもので、世界で初めての事だそうです。 「へぇ~そうなんだ~」と軽く受け流してしまうかもしれませんが、他のどの国を探してもイースター島から直々に許可を貰って作られたモアイ像は存在しません。 本家同様パワーがないわけがありません。 霊魂などに関わりがあるといわれているモアイ像は運気が上がる待ち受けと言われています。 旅行で宮崎に行ったらぜひモアイ像をバックに写真を撮って待ち受けに設定しちゃいましょう。 宮崎に行く予定がない人でも、モアイ像そのものに大きなパワーがあるので、ネットで画像を拾ってきて待ち受けに設定してみてください。 神の目は強力な開運パワーを発揮する 突然質問ですが、神様って信じますか? 神様を否定する人もいると思います。 もちろん直接神様には会えません。 どんな姿をしているのかなど、服装や髪型も全てが憶測や妄想でしかありませんので、信じろって言われてもなかなか難しいところもあるでしょうね。 しかし、運気がいい人というのは基本的に神様を信じている人だと思います。 自分の周りにも運気がいい人と悪い人がいると思いますが、その2人には決定的な違いがあります。 それは「普段目に見えないものを信じているかどうか」ということです。 今目に見えていることだけが、世界の全てではありません。 運が良い人、上昇している人は普段目に見えない世界も大切している方が多く、運気が悪い人は今見ている世界だけを大切にしている傾向があります。 つまり運の悪い人は視野がとても狭いのです。 運の悪い人生を抜け出して運のいい人生を送りたい思うなら目に見えない世界を大切にすることがとても大事です。 そこで、おすすめしたい待ち受けというのが、「神の目」と言われるNASAが撮影した天体写真になります。 目のような形をしているため、計り知れないパワーがあるといわれています。 その姿から神の目という名前が付きました。 神の目を待ち受けにしておけば、待ち受けの画面を見る度に目に見えない大きな世界を意識できるようになるはずです。 きっとどんどん視野が広くなり、徐々に開運へと向かっていくでしょう。 バラの花は女性におすすめの開運の待ち受けです バラは人間の魅力を最大限に引き出してくれる花です。 恋愛運を上げてくれる素晴らしい花になります。 特に女性の方はバラの花を待ち受けにしておくと恋愛運だけに留まらず、全体運が良くなるといわれています。 特にオススメなのが紫色のバラです。 紫色のバラからは多方面から一目置かれる存在になれるパワーを授かることができます。 さらに魔よけの効果もあります。 そしてバラには悪いことを回避して、いい方向へと導いてくれる力もあります。 ぜひバラの画像を待ち受けにして開運してください。 鷹は運気を上昇させてくれる鳥 昔から鳥というのは、幸せを運んできてくれる生き物といわれています。 特に鷹は縁起がいい鳥として有名です。 日本には「一富士二鷹三茄子」という言葉がありますよね。 新年初めての初夢に登場するとご利益があると言われています。 そんな鷹を待ち受けに設定すると運気が上がると言われています。 鷹は大きな羽を広げ、空を自由自在に飛び回る鳥です。 それにはどんな人とでも上手くやっていけるという意味があります。 そのため、鷹の待ち受けは「人間関係」や「仕事」の面にとてもいい効果をもたらすといわれています。 男性女性問わずに仕事をバリバリこなしたい人にオススメしたい待ち受けになります。 幸運を運ぶといわれるイルカと運気をあげる海を待ち受けに イルカは水族館などでも見ることができる大人から子供にまで大人気の生き物です。 イルカはとても高い知能を持っているといわれています。 脳の大きさもとても大きいそうです。 そんな愛らしいイルカですが、幸運のシンボルともいわれています。 平和の象徴ともいわれています。 自分を取り巻いている環境が平和であることを意味している存在であるため、待ち受けに設定しておくとトラブルに巻き込まれる事がなくなります。 ひいては自然と運気を上げてくれることになるのです。 また、綺麗な海も運気を上げる効果をもっているため、綺麗な海で泳ぐイルカを待ち受けにすればきっと開運できるはずですよ。 全体運アップに力を発揮する龍の画像 開運や幸運をもたらすといわれているのが「龍」になります。 実際には存在しない神話などに登場する伝説上の生き物ですよね。 龍というのは縁起物といわれていて、全体運を上げてくれる大きな力を持った存在です。 風水でも「龍」の置物などは開運のアイテムといわれています。 ちなみに、中国では龍は皇帝のシンボルにもなっています。 日本では干支に「辰」として存在しています。 そして龍は「気」ととても深い関係がある生き物といわれています。 私たちはたくさんの「気」に囲まれて生活しています。 気が集まる場所と言われているのが「龍穴」、そしてその気が流れを「龍脈」といい、龍と気は切っても切れない関係であることがわかります。 運が良くなるということは、気の流れを正しい方向に持っていくということなので、気をいい方向に持っていってくれる龍は全体運を上げてくれる存在なんです。 もちろん龍自体も大きなパワーを持っている存在であることは間違いありません。 そんな龍を簡単に手元に置いておけるのが龍の待ち受けです。 龍を待ち受けに設定しておけば全体運が上昇していきますよ。 龍は「全体運を上げたい」と思っている方にオススメの待ち受けです。 鯉は出世する縁起物 龍の待ち受けを紹介しましたが、龍の鱗は鯉のものだといわれています。 鯉がグレードアップしたものが龍だともいわれています。 中国ではこんな伝説が残っています。 全長が5400キロ以上あるといわれている黄河を鯉が登っていったそうです。 そこから天まで上った鯉が龍になったといわれています。 このことから鯉は出世のためのとても縁起のいい魚として知られるようになりました。 日本でも子供の日には鯉のぼりを上げますよね。 これは出世の象徴と言われる鯉のぼりを上げることで、鯉が黄河を登ってったように将来立ちはだかる困難を突破していけますようにという願いが込められているそうです。 また、鯉は一度にたくさんの卵を産むといわれているため、女性が鯉の夢を見たり、待ち受けにすると子宝に恵まれるといわれています。 さらに鯉の掛け軸をお店に飾ると商売繁盛の効果があるといわれていたりします。 男性でこれから自分でお店を開店しようと思っている方、また自分で会社を立ち上げようと思っている方は、待ち受けを鯉に替えるだけで運気が良くなるでしょう。 仕事で成功したいという男性、赤ちゃんを授かりたいと思っている女性は鯉の待ち受けを設定してみてはいかがでしょうか。 「ハートたま」は幸運の待ち受け 幸運の待ち受けとして知られている「ハートたま」。 ゴールドのハートが浮かんでいるようなイメージで、ハートから発せられるゴールドの波と、ハートへ打ち寄せるゴールドの波がシンクロしているような感じがします。 このハートたまは開運の画像としては非常に人気が高く、待ち受け画像に設定するとあなたの心をしっかりと守ってくれるようになります。 それと同時にゴールドの波があなたに寄ってくるようになるので、不運から守ってくれるだけではなく、常に幸運が訪れて幸せに満たされるようになります。 いつも幸運や癒しの波動を浴びたいと思っている方にはとてもオススメの待ち受け画像です。 実際にこの待ち受けにされている人からは「元気になる」「守られてる感じがする」「ご利益を感じる」などの声が上がっています。 ハートたまは不運やあなたにとって嫌なものを浄化する効果が高く、あなたにとって本当に必要な運を引き寄せてくれる働きがあります。 開運効果はバッチリです。 たかが待ち受けに何故こんなに効果があるのかは定かではありませんが、その効果はクチコミを見てもらえばわかるかもしれません。 また、「ハートたま」には何らかの呪力が取り込まれているとも言われています。 そんな力を秘めた「ハートたま」はあなたの恋愛や人間関係、その他にも色んな開運に効果をもたらしてくれるでしょう。 開運の中でも特に仕事運が上がるのが日の出の待ち受け 一日の始まりといえば日の出です。 朝起きてすぐに日の光を浴びたり、カーテンを開ける人ならわかるかと思いますが、朝の澄んだ空気の中で輝いている朝日は見ているだけで爽やかな気持ちになります。 朝起きてすぐに浴びる日の光は活力やエネルギーを与えてくれます。 朝日は人間にとって間違いなくプラスのパワーになっています。 理想的といわれているのが毎朝欠かさず、日の光を浴びることです。 時間にすると大体20分~30分ほど朝日を浴びることで、チャレンジ精神ややる気が満ち溢れてくると言われています。 そして仕事運が上がるといわれています。 とは言っても、仕事の関係上夜勤などの仕事をしている方はどうしても日の出を見ることができないと思います。 普通の仕事をしている人でも早起きして20分~30分も朝日を浴びることはきついと感じるかもしれません。 そんな人は、スマホの待ち受けを日の出の画像に設定しておくのはいかがでしょうか。 携帯の画面は1日に何度も見るはずなので、見るたびに自然とパワーをもらえるようになります。 仕事中に時々見ることで仕事の運気がどんどん上がっていきまよ。 人間関係などの開運に導いてくれる灯台のお昼と夜バージョン 道を切り開いていくためには色々なことを頑張らなければいけないと思います。 仕事をしている人も、専業主婦をしている人もどんな人にも共通する悩みの種といったらおそらく人間関係ではないでしょうか。 仕事をしている人なら、自分がどんな会社に行きたいか、どんな職種につきたいかというのを自分で選ぶことはできます。 しかし、一緒に仕事をする仲間や上司までは自分で選ぶことはできません。 せっかく自分のやりたい仕事に就けたとしても、泥沼のような人間関係では自分の運気もどんどん低下していきますし、仕事に身が入らなくなります。 そうなると最悪辞職という結果に繋がってくるかもしれません。 子育てをしている主婦の方でも人間関係は大変です。 例えば子供が幼稚園に通っているとします。 幼稚園は自分の家から近いところなどを選ぶことができますが、ママ友との関係にギクシャクすることがあるかもしれません。 そんな人間関係を改善してくれるといわれているのが灯台の待ち受けになります。 晴れた昼間の灯台の画像には心をスッキリさせる効果があります。 そのパワーが浄化作用へと変わっていくため、心の中のモヤモヤした感情が自然と改善されていくようになるでしょう。 そうすると、新たな気分で職場の人やママ友との人間関係に向き合っていけるようになります。 ちなみに、夜の灯台は一刻も早く問題を解消したい人にオススメです。 その場合は海に向かって明かりを放っている画像をチョイスしてください。 夜の灯台の画像は問題解消のための道を照らしてくれます。 何か解決への糸口が見つかるはずです。 待ち受けよりも確実に 開運したい人はコレ!! 待ち受けは「待ちの姿勢」です。 待ち受けにも効果はありますが、 「待ちの姿勢」ではなく「行動」することでもっと確実に開運することができます。 でも、間違った行動をとると逆効果になる恐れが…。 「じゃあ、正解の行動ってどうやって調べたらいいの?」ってなりますよね? 正解の行動は千差万別です。 他の人が開運できた方法で自分も開運できるとは限らないのです。 「正解の行動が知りたい!」「絶対に開運したい!」という人のために 正解の行動を導き出してくれる人がいます。 それは、 宿命や運命、運勢をしっかり読み取れる占い師さんです。 宿命、運命、運勢をしっかり読み取ってくれるので アドバイスも秀逸です。 開運できる方法を詳しく教えてくれます。 強力に開運に近づけますよ! 本当に当たるのはこの人! 地域別厳選占い師【全国版】 北海道から沖縄までの占い師さんを調べつくし、実体験や口コミ、評価などから 特にオススメの占い師さん(お店)を厳選しました。 都道府県別はもちろん、市町村別でも紹介しています。 あなたの近くにいる凄腕の占い師さんはこの人です!.

次の

心理テスト|好きなクラゲで分かる!あなたのコミュニケーション力診断

クラゲ 待ち受け

名称と対象 [ ] クラゲといわれる動物は門の ヒドロ虫綱、 十文字クラゲ綱、 、 鉢虫綱 にわたって存在する。 広義には門()も含まれる。 は、かつては腔腸動物として刺胞動物と一緒にまとめられていたが、刺胞を持たない、雌雄同体である、刺胞動物とは異なる水管系を持つなど、全く体制が異なることから、20世紀初頭には別のに分けられた。 刺胞動物、有櫛動物以外にも、クラゲの名前を持つ生物が複数の門にわたって存在する。 門のは刺胞動物と同様、質で浮遊生活である。 、は、はである。 また、クラゲは刺胞動物における基本的体制の名としても使われる。 対になる語はである。 これについてはを参照。 基本的特徴 [ ] 一般的なの生活環 クラゲは、通常は浮遊生活をするである。 体はで柔らかく、透明。 体全体は、多くのものでは傘のような形をしている。 多くの場合、傘の下面の中心部に口がある。 ヒドロクラゲでは傘から柄が伸びてその先に口があるものや、口の周囲に触手が発達するものもある。 鉢クラゲの旗口クラゲ類、根口クラゲ類では、口の縁が長く伸びて口腕となる。 根口クラゲでは口腕が複雑化して口は口腕の先端部に小さな吸口として開口するだけで、中央の口は閉じてしまうものもある。 肛門はない。 多くの種類では傘の縁に触手がある。 また、ヒドロクラゲ類では触手の付け根にを持つものがあるほか、傘の縁にを持つものもある。 箱虫類、鉢クラゲ類では、傘の縁に感覚器があるが、平衡胞のみの場合と、眼点を有する場合がある。 箱虫類では非常に発達した眼を持つ。 十文字クラゲ綱のものは、構造的にはクラゲに近いので、クラゲと呼ばれるが、口の反対側に短い柄があって、これによってなどに付着して生活している。 形態的に大きく異なるのが管クラゲ類で、多数の個体がを形成し、全体では傘の形には似てもにつかないものが多々ある。 巨大になるものでは、長さが10mを越えるようなものも知られる。 基本的に雌雄異体である。 多くのクラゲでは、卵から(プラヌラ)が生まれると、幼生は基質上に定着してというのようなものになる。 新しいクラゲは冬季になるとポリプが御椀を重ねたような「ストロビラ」になり出芽、エフィラ幼生となって泳ぎ出す。 また、ストロビレーションなどによっても生じる。 ポリプはによって増殖するので、これを無性世代、クラゲを有性世代と見なし、をおこなうものという場合がある。 カラカサクラゲやオキクラゲはプラヌラからポリプにならずそのままエフィラとなる。 ヒドロ虫綱のクラゲでは、ポリプがよく発達し、群体となるものがあり、その場合はクラゲは特に分化した生殖個虫から作られるものもある。 全くポリプを形成しないクラゲもある。 生活 [ ] クラゲは一般にはとして生活している。 全く遊泳能力がないわけではなく、多くのクラゲは傘周囲に環状筋があって、傘を開いたり閉じたりすることで、口が開いているのと反対方向に進行することができる。 しかし、常時泳ぎ続けているものは少なく、多くは時折泳いで水中を漂っている。 水槽中で飼育する場合、水流を作ってやらないと、次第に水底に沈む。 沈みかけると泳いで浮き上がってくるが、これを繰り返しながら、次第に弱ってしまい、死に至るという。 ヒドロ虫綱のやなどは気体を含んだ浮きを持っていて、水面から若干上に出て浮かんでいるが、これは例外的なものである。 逆に、沈んで生活するものに、サカサクラゲがある。 名前の通りに、傘面を下にして水底に沈んでいる。 他に、先に述べたように十文字クラゲ綱は固着して生活している。 他にも、固着ではないまでも、の表面を這うように生活するクラゲなどもある。 などにあるには、獲物に注入するをもっている。 これを用いて動物性の餌を採る。 一部にを持ち、藻類の産物をエネルギー源として利用するものがある。 一方、クラゲの捕食者については、従来、クラゲは水分が多く栄養価が低いため捕食されることはまれと考えられていた。 しかし、2017年に米生態学会の学術誌に掲載された国際研究グループの南極での研究報告によるとクラゲはに頻繁に捕食されていることが分かった。 分類 [ ] ネクチクラゲ目(カラージェリー) 食用など利用 [ ] とでは、一部の種類(やなど)を食用にする。 中華料理では「海蜇」といい、傘の部位は海蜇皮(海折皮)、口腕部は海蜇頭(海折頭)として加工される。 細切りにして乾燥させ塩蔵したものを、水で戻してやなどにする調理のほか、加工食品とする。 日本では、中世文書から武士の献立にもクラゲが記されている(五味文彦 『中世の日本』 財団法人放送大学教育振興会 第2刷1999年(1刷98年) p. 63)。 文化としては、「クラゲ桶」といって、くらげをにするがあり、近世期の『』にも記述が見られる。 科学的な研究 [ ] 近年オワンクラゲより発見された Green Fluorecent protein というを発するとそのが、の分野において広く利用されている(参照:)。 エチゼンクラゲを畑の保水材として使用する試みもある。 飼育・展示 [ ] クラゲの飼育・展示は、多くので人気がある。 ショップでも売られるようになり、家庭や飲食店などで観賞用に飼育されることも多くなった。 クラゲ用の飼育セットも売られている。 クラゲの癒し効果を測定する試みでも、クラゲを鑑賞することにより、が低下する可能性が指摘されている(広海 2006 『クラゲのふしぎ』参照)。 被害 [ ] ミズクラゲの集団 海水浴などの際、クラゲに触れるとヒトも刺されることがある。 クラゲの毒の人体への作用は、クラゲの種類によって大きく異なる。 ほとんどのものではなにも感じないが、触れるとちくちくする程度のものから、激しい痛みを与えるもの、呼吸困難やなどの全身症状を引き起こすものまである。 や、などは、場合によっては命に関わるとして非常に恐れられる。 では過ぎにに泳ぎに行くとクラゲに刺されると言われることが多いが、これは主に(腔腸動物門・立方クラゲ目)による被害である。 による刺傷は、刺された部分の痛みは強くないことが多いが、刺されて1時間ほどしてから、筋肉痛や呼吸困難等の症状を起こすことがあり、特にのやで恐れられている。 その症状は、オーストラリアのイルカンジクラゲが引き起こす、に似ている。 対処法はを参照のこと。 他に、一部のクラゲが急に大発生することがある。 大量発生したエチゼンクラゲが漁網にからまって破るなどの被害は現在、上深刻な問題である。 大発生したがや、の取水口に詰まるなどの被害を出す場合もある。 なお、このクラゲの大量発生により、世界各地で漁業被害などが発生している。 この原因は人間による水質汚染や魚の乱獲、あるいはの放出によるものではないかと指摘されている。 の報告書によれば日本において毎年2000万ドルの漁業被害が発生しているという。 文化 [ ] クラゲときゅうりの和え物 「くらげ」の語源については、目がないように見えることから「暗気」に由来するとの説あるいは丸い入れ物「輪笥(くるげ)」に由来するとの説など諸説ある。 「海月」や「水月」は海中あるいは水中の月のように見えるとの意味であるが、「水母」の由来についてはよくわかっていない。 日本では、クラゲは古来より骨のないものの代表として扱われた。 『』には、中納言隆家が見たことのない扇の骨を異様にほめるのに対してが「それではクラゲの骨のよう」と冷やかす場面がある。 珍しいことやあり得ない物事のたとえとして、「クラゲの骨」という語があり(『広辞苑』)、12世紀の『』にも見られる表現であり、13世紀の『』(下)にも、上田刑部という武士が、「人の身には、命ほどの宝はなし。 命あればクラゲの骨にも申すたとえの候なり(命があれば、クラゲの骨にも会うだろう)」といった場面がある。 また、民話にの病気の際に亀がサルの生き肝を取りに行く話があり、その中ではクラゲが余計なことを言ったために土壇場でサルに逃げられ、罰として骨を抜かれたということになっている。 日本最古の歴史書『』では天地開闢を「久羅下(クラゲ)如ス漂ヘル国」と表現している。 展示 [ ] 1984年にアメリカ合衆国のモントレー湾水族館が開館し、その際の展示の目玉がクラゲで、クラゲ専用の独自に開発した円盤型のクラゲ水槽を用いていた。 この展示によりクラゲ飼育展示の輪が世界に拡がった。 日本においては、クラゲを飼育している水族館は、全国に数多くある。 はクラゲ30種を飼育し、うち21種の飼育で2005年にギネス記録に認定されている。 それまでの1位はモントレー湾水族館の17種であった。 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2013年5月)• 久保田信・上野俊士郎監修、jfish著 『クラゲのふしぎ』 技術評論社 〈知りたい!サイエンス シリーズ〉 2006年、256頁。 並河洋著、楚山勇写真 『クラゲガイドブック』 TBSブリタニカ(現:阪急コミュニケーションズ) 〈ネイチャーブックシリーズ〉 2000年、118頁。 シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所・日本海洋学会編 『続・海のトリビア』 日本教育新聞社、2006年、112頁。 岩間靖典著『クラゲ—その魅力と飼い方』 誠文堂新光社、2001年、111頁。 脚注 [ ].

次の