子供 耳 掃除。 子供の耳掃除はピンセット&耳鏡で血を見ずにごっそりとれた

子どもの耳・鼻のケア(1)耳のケア

子供 耳 掃除

耳掃除をして耳垢を取った方がいい? 外耳道には、顎を動かすことなどで耳垢を自然に排出させるシステムがあるため、耳掃除は必要ないと主張する医師もいます。 しかし一般的には、耳掃除を全くしないと「耳垢塞栓 じこうそくせん 」といって、耳垢で耳の奥がふさがれてしまう病気になる可能性があると言われています。 耳垢塞栓は綿棒で掃除をする時に、誤って耳垢を奥に押し込んでしまうことが繰り返されることによって起きることもあります。 また耳垢を取り過ぎると、外耳は乾燥しやすくなり、カビや細菌が繁殖することで慢性的に炎症を起こすことがあります。 これを、「慢性外耳炎」と呼びます。 正しい耳掃除の方法を知って、耳の病気を防ぎましょう。 正しい耳掃除の方法。 耳掃除のやり過ぎは禁物! できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。 また、中耳炎や鼓膜が炎症を起こしている場合にも耳が聞こえにくくなります。 耳鼻咽喉科を受診して耳の状態を確認してもらいましょう。 言葉を話せない赤ちゃんが盛んに耳を触っている場合には耳が痛い可能性があります。 また、中には耳掃除が嫌いな人もいるでしょう。 時間がたって固まった耳垢は、素人では取れません。 耳掃除は至福の時間ですが、やり過ぎは禁物。 耳掃除で耳の病気にならないように気をつけましょう。 この部分はインラインフレームを使用しています お役立ち医療コラムについて 【提供元】 お役立ち医療コラムは、株式会社eヘルスケアが提供しています。 【免責事項】• コラムの内容については細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。 また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。 病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。 必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。 【著作権】 お役立ち医療コラムの著作権は、株式会社eヘルスケアに帰属します。 営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止とします。 【その他】 株式会社eヘルスケアでは、病気や治療に関するご相談や各医療機関についての個別のお問い合わせ・紹介などは受け付けておりません。

次の

子どもの耳掃除の正しい方法と注意点。耳垢が気になるなら耳鼻科へ!|医療法人あだち耳鼻咽喉科

子供 耳 掃除

耳かきの正しい持ち方と体勢 耳かきの正しい持ち方は、鉛筆の持ち方と同じです。 軸の真ん中あたりで耳かきを持てば、指が邪魔にならず、耳の中がよく見えます。 そして、耳かきをしていない方の手でしっかりと子供の頭を押さえます。 その点を意識しながら耳かきを行うと良いでしょう。 この持ち方で耳かきをすると、万が一子供が動いても、耳かきが耳の奥まで入りづらくなるというメリットがあります。 耳かきをするとき、親の指示が分かる年齢の子供であれば、「今は動くのやめようね」「じっとしてて」などと言い聞かせることを忘れないようにしましょう。 親が知っておきたい留意点 耳垢は、耳垢線や皮脂腺の分泌物と、はがれた外耳道の表皮などが混じり合ってできたものです。 また、文字に「垢」が使われていることから、体の中でも不要なものと捉われがちです。 しかしながら耳垢には、細菌の増殖をおさえて耳の中を守る免疫グロブリンAが含まれています。 すなわち、耳垢は必要なものなのです。 ほかにも耳垢があることで、小さな虫が耳の奥へ侵入することを妨げます。 また、耳かきをやり過ぎると耳垢が奥に押し込まれてしまい、外耳道にダメージを受ける場合がありますので注意が必要です。

次の

子供の耳掃除のやり方のポイントと、おすすめの耳かきグッズ8選

子供 耳 掃除

イヤイヤ期も真っ只中の子供、3歳前くらいの子供は耳掃除など嫌がってなかなか思うようにさせてくれない、とお困りではないですか? かといって、お耳掃除してみるとさほど汚れてない・・・ かと思えば、久しぶりの耳掃除でごっそり、なんてこともあったり。 はたして幼児の耳掃除の必要性や頻度、やり方はみんなどうしているのかな?今回は幼児の耳掃除についてご紹介します。 耳鼻科の先生の意外な一言も。 幼児の耳掃除は必要? 耳掃除についての必要性は実は耳鼻科の医師によっても意見が様々です。 耳垢は勝手に出ていくものだから耳掃除は不要!という医師もいますが、 一方で耳垢が詰まっていて鼓膜が見えない!ちゃんと掃除してあげないと!という医師もいます。 賛否両論ある耳掃除ですが、 幼児の耳掃除が必要か必要じゃないか?で言うと、 必要です。 なぜ必要かというと、耳垢栓塞 じこうせんそく になってしまう可能性があるからです。 耳垢栓塞は読んで字のごとく、耳垢が耳の中 外耳道 を塞いでしまうことをいいます。 耳垢が詰まって鼓膜が見えない、という状態がまさに耳垢栓塞の状態ですが、特に自覚症状がないと言われています。 しかし、水を含んで耳垢が膨張すると難聴や耳鳴りが起こります。 また、耳垢閉塞が耳の中の皮膚炎 外耳道炎 の原因となることもあります。 その反面、定期的な耳掃除で綿棒で擦ったりすることが外耳道炎を引き起こすことも事実です。 幼児の耳掃除はどれくらいの頻度ですればいい? では、幼児の耳掃除はどれくらいの頻度ですればよいのか。 ですが、耳穴の形や耳垢のタイプ 乾燥タイプかウエットタイプ にもよりますが、 月に1、2度プラス、 耳垢が溜まっていたら掃除する程度で十分です。 また、耳垢は雑菌の繁殖を抑える役割もしてくれます。 ですので、いつもきれいにしておく必要もありません。 また、お風呂上りも、毎回毎回綿棒で耳の中の水気を拭き取るなど不要です。 体温で乾くので表面の水分をタオルで拭く程度にしましょう。 そして、半年に一度程度の頻度で 耳鼻科で耳垢チェックしてもらうと良いですよ。 幼児の耳掃除のやり方とは? 耳掃除の必要性も頻度もそうですが、耳掃除の仕方にも耳鼻科の先生によっていろいろな意見がありますし、子供の耳穴の形や耳垢のタイプでも耳掃除のやり方が変わってきます。 しかし、どちらにしても気をつけたいことが、 子供を座らせた状態で耳掃除をする、ということです。 よくやりがちな、子供を膝に寝かせて耳掃除をする方法ですと耳垢が奥に落ちてしまったり 乾燥タイプの耳垢 綿棒や耳かきを必要以上に奥に入れすぎて仕舞うことがあります。 これは、耳の中を傷つけてしまったり耳垢を奥に押し込んでしまうことにつながってしまいます。 また、耳掃除中に近くでほかの兄弟やペットが遊んでいる、 なんてことがないようにしましょう。 耳掃除中に、ほかの兄弟がぶつかって耳かきや綿棒が奥に入ってしまい鼓膜を傷つけ、耳鼻科を受診するケースも多いといいます。 子供を座らせ、周囲に兄弟やペットがいない状態で耳掃除をしましょう。 そして、 幼児用の細い綿棒を少し水でしめらせて短めに持ち、 見える部分の耳垢をからめるように取り除きます。 ウエットタイプの耳垢は綿棒を湿らせず、 耳の穴に沿ってやさしく拭き取るように お掃除します。 耳穴の奥のお掃除は半年に一度の 耳鼻科での耳垢チェックの際にしてもらいましょう。 家庭での幼児の耳掃除は見える部分の耳垢を綿棒、耳かきで取り除くだけで十分です。

次の