キッチン カー。 キッチンカー(移動販売)の平均年収はどのくらい?経営を成功させる方法

キッチンカー

キッチン カー

この記事を見ているあなたは、移動販売(キッチンカー)を始めている方ですか? それともこれからですか? 移動販売(キッチンカー)のメニューは決めていますか? 今までどこかの飲食店で働いた経験を活かしたメニュー、もしくは、0 ゼロ から考えていますか? 移動販売(キッチンカー)のメニュー、正直、迷いますよね。 「移動販売(キッチンカー)で何を売るのか」は、開業するにあたり一番重要なポイントですし、開業してからも悩まれると思います。 今回は、移動販売(キッチンカー)で儲かるメニューを考えていきたいと思います。 すでにメニューが決まっている方も、一度目を通してみてください。 移動販売(キッチンカー)メニュー まず最初に街で見かける移動販売(キッチンカー)を思い浮かべて見てください。 たこ焼き、クレープ、お弁当にケバブ・・・、最近、ブームなのか?パンケーキや焼き小籠包の移動販売(キッチンカー)も見かけます。 あなたは、どんなメニューが浮かびましたか? クレープ、たこ焼き、コーヒー・・・、色々でてきたと思います。 本当にそれだけでしたか? ランチになると見かける移動販売(キッチンカー)もありませんか? ある季節になると見かける移動販売(キッチンカー)もありませんか? 夏になれば、かき氷やアイスクリーム。 冬になれば、ホットチョコレートやホットワイン、焼き芋。 そうです。 移動販売(キッチンカー)は、時間帯、季節、場所、イベント等によっても出ているメニューが違います。 あなたは、 どんな場所で? いつ? 何のメニューをお客様に提供したいですか? 定番メニューだけじゃない!移動販売(キッチンカー)メニューは日々進化! 移動販売(キッチンカー)の定番メニューとして、 クレープ たこ焼き コーヒー 焼き鳥 お弁当 カレー 唐揚げ ホットドック ケバブ ピザ ・ ・ ・ などなどありますが、 最近では「B級グルメ」や「ご当地メニュー」「お肉系」や「おしゃれなカフェ風メニュー」「レストラン風メニュー」「流行りのフード」を提供している移動販売(キッチンカー)もあります。 またお弁当系の移動販売(キッチンカー)メニューなどは、ごはんと唐揚げとお漬物の入った昔ながらの唐揚げ弁当から、おしゃれにバターライスとチキンの香味焼きやスープをセットにして販売する移動販売(キッチンカー)もあります。 ざっとあげただけでもこれだけの種類があります。 イメージが広がってきましたか? 移動販売 (キッチンカー)メニュー分析 移動販売 (キッチンカー)メニューを大きく分類すると ・定番系 ・シーズン系 ・流行り系 時間帯として、 ・オールタイム系 ・ランチタイム系 ・おやつ系 ・ナイトタイム系 場所としては、 ・イベント会場 ・ビジネス街 ・公園 ・繁華街 ・路地 などになります。 ちなみに、 あなたはこの中でどれが儲かると思いますか? 移動販売の定番メニューは、先ほどあげましたが、流行り系としては、「パンケーキ」「焼き小籠包」「チーズハットク」があります。 流行り系のメリットは、そのブームに乗れば、その時は儲かりますが、そのブームが定番として定着するかどうかは・・・? 以前よく見かけた、白いたい焼きは、絶滅危惧種などと揶揄されています。 ですので、 流行り系を取り扱うのは、見極めがとても大事になってきます。 移動販売 (キッチンカー)メニューと時間帯の関係? あなたはいつ営業する予定ですか? ・オールタイム系 たこ焼き、コーヒー(カフェ)、クレープ・・・。 ・ランチタイム系 お弁当、カレー・・・・。 ・おやつ系 ワッフル、パンケーキ・・・。 どの時間が儲かると思いますか? 例えば、 時間帯や場所としての定番もあります。 ビジネス街で日替わりでお弁当やカレーを販売する。 先ほど紹介したたこ焼きは販売時間が長いのですが、 ランチタイムに短時間で勝負する方法は、効率の良い売り方の一つです。 お弁当を3種類用意し、すべてワンコイン500円だとすると、お客様が商品を選び、お金のやり取りをし、袋に入れたりも含め、一人2~3分で対応ができます。 これがクレープなら、トッピングをし紙に巻き提供するまでに5分以上時間がかかる事を考えると非常に効率的に儲けることができます。 粉ものは本当に儲かるのか? 昔から、よく「粉ものは儲かる!」と言いますが、安易に考えてはいけません! 昔は粉ものメニューだと原価が安かったので儲かるとされていましたが、 現状原価や人件費の関係で、一概に「儲かる!」とは言えない時代になっています。 定番メニューが強い理由とは? 定番メニューはなぜ定番であり続けられるのでしょうか? 例えば、たこ焼き。 元々はお祭りの屋台や移動販売車(キッチンカー)のイメージかも知れませんが、現在では固定の店舗のメニューとしてもあるぐらい定番になっています。 お客様として、 男女を問わず、年齢も子供からお年寄りまで幅広いですし、夏、冬季節を問わないですよね。 そして、 「食テロ」と言う言葉があるように、あのソースの香ばしい香り・・・たまりません。 想像しただけでも食べたくなった方もいるかも知れませんが、時間帯も朝食代わりに・・・とまではなりませんが、比較的ランチでも夜でも買いやすいです。 だから定番になり、廃れないのです。 定番+シーズン系(季節限定メニュー)でプラスアルファの儲け! そして、シーズン系(季節限定)メニュー。 すぐに思いつくのは、かき氷やアイスクリーム、焼き芋、ホットチョコレート、ホットワイン・・・ですかね? シーズン系は、お天気のいい日、悪い日や気温に左右される事が多く、売り上げもかなり変動しやすいのとその時期ごとに商売変更が起きる場合があります。 ですので、それ単品でやるのではなく、 何か定番のメインメニューがあって+1品(シーズン系季節限定メニュー)があると定番の儲けプラスアルファになります。 場所が良くても・・・。 先ほど、ビジネス街でのお弁当の話しをしました。 逆にイベント会場で営業する場合は、そのイベントには何人ぐらいの集客があってどんな人たちが集まるのかを考えなくてはいけませんし、 イベント会場では流行り系のメニューはかぶる可能性が多いので注意が必要です。 さらに 出店料により儲かり度が変わってきますので、事前のリサーチをしっかりしてください。 また、 公園付近や路上の場合、許可書が必要な事が多く、オフィス街で出店する場合は、ビルのオーナーに事前の交渉が必要です。 そこでも場所代が発生する場合があります。 しっかり計算してやらないと、赤字になる場合があります。 【最後に】 今回は、『儲かる移動販売(キッチンカー)メニューとは?』というテーマで書いてきました。 移動販売(キッチンカー)のメニューを決めるにあたり、あなたのこだわりがあるかも知れませんが、 儲ける(長く移動販売を続けていく)ためには、自分の売りたい物という観点よりも、 その場所で? その時間に? 誰が? 何を欲しているのか? これが最も大事になっていきます。 そしてお客様のニーズとマッチした時に、売上げが生まれますし、儲けがでます。 まずは、あなたご自身で移動販売(キッチンカー)で営業している状況を想像し、この時間に、この場所で・・・と見ていくと、作るべきメニューが見えてくるのではないでしょうか? いかがでしたか? メニューを決めるにあたり他の先輩の移動販売(キッチンカー)を視察するのもいいかも知れません。 ぜひ、楽しみながらもあなた自身のステキなメニューを考えてみてくださいね。

次の

キッチンカーの新車なら

キッチン カー

「ものづくり補助金」は中小企業を対象に「ものづくり」「事業革新」「サービス」に特化した事業に国から支給される補助金です。 キッチンカーは料理を作る「ものづくり」と、作った料理を売る「サービス」を提供するため「ものづくり補助金」に申請できます。 正式名称は「ものづくり・商業・サービス革新補助金」 補助金の公募は1年に1回または2回あります。 キッチンカーなら上限は500万円、下限は100万円です。 原則として返済義務はありませんが、もしも収益が上がればその一部から返済もできます。 審査基準は事業の目新しさやニーズに対応しているかなど多岐にわたり、申請には事業計画同様の内容を提出しなくてはなりません。 また、補助金申請が受理された後も中間報告などが必要なため、応募要領を読み込み、しっかりと内容を確認してから応募しましょう。 「地域創造的企業補助金」は、新たな需要を生み、日本経済を活性化させる事業の開業に必要な資金を補助する制度です。 国によって支給され、返済義務はありませんが一定の利益が認めれば、その一部を返済金として返済することを求められる場合があります。 申請に認められる条件は、補助金の使用目的は事業遂行のためであり、補助金交付決定後に発生する経費に補助金が使われること。 また補助金が使用される経費には、支払いが確認できる書類なども必要です。 申請の対象者は新しい事業の開業者で認定市区町村に創業予定であり、従業者は1名以上いること。 認定市区町村は令和元年12月現在、全国に1,443市区町村あり、下記の中小企業庁のサイトで確認できます。

次の

キッチンカー(移動販売)の収支計算|ケータバンク(株)移動販売、キッチンカーの出店依頼、独立開業をトータルサポート

キッチン カー

Contents• 新車の種類は全部で3種類 新車と言っても車両本体と制作部分(改造部分)を分けて考えます。 その組み合わせが3通りに分けられますのでそれぞれの特徴をまとめました。 1新車をフルオーダー 2新車を買って中身は自分で造る 3すでに制作済みの新車を買う 1. 新車をフルオーダー 自分の好みにキッチンカーを制作してもらいます。 提供メニューに合わせた仕様やイメージに合わせた外装デザインなどこだわりはひとそれぞれ。 もちろん費用もひとそれぞれです。 オシャレなキッチンカーはやはりフルオーダーが多いみたいです。 制作の打ち合わせから初めて納車まででおおよそ半年は見ておいた方が いいでしょう。 新車を買って中身を自作 キッチンカーの土台である車両を仕入れ中身を自作します。 中身を制作するにあたっての注意点は営業許可に関係してくる部分です。 給排水の容量とシンクの大きさ、換気設備の有無などです。 もちろん保健所の許認可に適合するように制作することが必要です。 また費用が抑えられるのはこれが一番です。 すでに制作済みの新車を買う インターネット上にある販売業者さんなど車両がほとんどです。 ただしこの場合の多くは車体本体が中古車であることが多く、新車はまれです。 また営業区域の許認可に適合しているかどうかなど不確定要素が高くあまりおすすめしません。 費用を安く抑えたい、中古車でいいという方はこちらを参考にしてください。 内部リンク オススメの車両はこれ ズバリ軽自動車の新車が一番のおすすめです。 またバンなどではなく天井が高い方がよりいいです。 主な理由としては営業場所の問題です。 イベントやランチなどの出店場所などでどうしても車のサイズNGなことがあります。 軽自動車であれば全く問題なくパスできます。 また天井が高いことにより車内空間が広く保てますし、立っての作業ができます。 座りでの仕事ですと腰に負担がかかったりするのでやはり立ちでの仕事ができるのがおすすめです。 費用の面でも普通車や1. 5tトラックより軽自動車の方が安く済みます。 自分好みの車をフルオーダーして見てはいかがですか? 車のサイズはこう選べばok 主には小型か中型の2種類の選択になると思います。 大型トラックやトレーラーなどの大型もありますがそれらは企業プロモーションなどに利用され、価格も一千万円を超えてくるのでここでは割愛します。 小型(軽自動車) 中型(普通車) 小型(軽自動車) ランチ出店や中規模までのイベント出店まで幅広く使えますので スタートアップで始めたい方におすすめです。 提供商品は限られてきますが、自慢の一品で勝負するのもいいかもしれません。 都内での現場は狭いところが多くありますのでサイズが入らないということで出店できない、、、なんてことはまずありません。 初めはどんな現場でも仕事をとりたいものですよね。 また都内で見かけるほとんどがこの小型車両と言えるでしょう。 また軽自動車であれば車検や自動車税、重量税などの維持費も安く済みます。 中型(普通車) 主にイベント出店を中心に仕事をされたい方にいいでしょう。 車内の広さが十分にあるので、2つのメリットがあります。 1つめは営業許可の取得が用意なことです。 給排水タンクの容量やシンクの大きさなどが関わってきますが、スペースに余裕があることで内装の自由さが生まれます。 したがってほぼ全ての都道府県で営業許可が取得できます。 2つめは車内に2人以上入って営業できる点です。 オペレーションを組むことにより商品提供時間を短くすることが可能です。 複数の商品を扱いやすくなりますのでメニューに幅が広がるのがポイントです。 よく見かけるのはケバブサンド、ケバブライスプレート、トルコアイス。 などのイベントで大人気のパターンですね。 オシャレなラッピングしてイベント出店になんて最高に楽しいですね。 費用はこのくらい? 実際にどのくらいの費用がかかるのかは気になるところ。 フルオーダーで制作するとなると一体いくらかかるの? などなどの実態に迫ります! フルオーダーと中古の比較 フルオーダーと中古の違いから考えましょう。 インターネットで検索してみると新車の軽自動車のキッチンカー取得相場はだいたい203万円から225万円くらいです。 あくまでこれは量産型ベースグレードです。 そこから自分のやる商材用にカスタマイズしたり、ペイントしたりする必要がありますがベースグレードでも営業は可能です。 では中古車はどうでしょうか? 中古車情報サイトの相場は乗り出し価格で150万円から200万円です。 手直しが必要な場合がほとんどですのでやはりやはり180万円〜200万円弱はかかってしまいます。 またベースが中古車(特に商業用)ですと結構荒い使い方をされているものも数多く存在し、ハズレを引いてしまうと修理などで大変です。 いい車両はすぐに売れてしまうので掘り出し物を探すには毎日ネット情報をチェックしましょう。 以上のことから新車フルオーダーと中古の価格差が分かりました。 あくまで相場ですのでご自身の予算とタイミングで判断してくださいね。 キッチンカー. トウキョウでは新車キッチンカーを228万円から制作が可能です。 キッチンカー. トウキョウのキッチンカー制作はコチラ 納期は余裕をもって キッチンカーを制作するにはやはり時間は必要です。 打ち合わせの時間を含めて納車までは4ヶ月から6ヶ月は見ておいた方がいいでしょう キッチンカー制作(購入)なら やはり制作するなら安心して任せられるとこにお願いしたい。 また何社か話を聞いてみて考えてから決めたい。 ここではいくつかのサイトをご紹介します。 K-BOX 埼玉県にある制作会社さん 制作事例も多く、ベースグレード価格が安い。 そこからペイント、オプションなど自分仕様にできる.

次の