尿道 炎 市販 薬。 尿道炎

尿道炎には市販薬より抗生物質が効きます!通販で買えます!

尿道 炎 市販 薬

お盆前のことですが、手足口病が落ち着き、ホッとしたのもつかの間・・・・ なんと私、 腎盂腎炎(じんうじんえん)になってしまいました。 ちなみに腎盂腎炎とは、 膀胱炎を放置しておいたり、細菌の感染が強かったりすると、細菌が腎盂という部分にまで侵入し、腎臓全体に炎症を起こすようになります。 前述の膀胱炎のような症状と共に、寒気がしたり、発熱することがあります。 また腰背部が痛くなり 左右どちらかのことが多いが両側のこともある 、特に背中の部分を軽く叩くと響くように痛かったりします。 発熱は、朝方おさまり、午後から夜にかけて上がる傾向があります。 抗生物質も経口薬では不十分なことも多く、点滴が必要になります。 さらに、尿検査の他に血液検査が必要になることがあります。 血液検査で白血球数やCRPなどの炎症反応の程度を見て、炎症が強い時は入院治療が必要になります。 引用:医療法人社団 めぐみ会 簡単にいうと 尿道から何らかの原因で細菌が侵入し、それが腎臓で感染症を引き起こす病気です。 ということで今日は、 腎盂腎炎になった私の体験談です。 スポンサーリンク Contents• あれ、膀胱炎がなかなか治らない… 「今回も膀胱炎かな〜」そんな事を思いながら、トイレで排尿後の違和感を感じていました。 実は私、以前一度だけ膀胱炎になったことがあります。 おしっこを出し切った後に感じる、ツーンとした痛み。 そして残尿感と軽い腹部の痛み。 「やっぱりこれは膀胱炎だよね。 」 以前の経験から、膀胱炎で間違いないと勝手に判断。 子供達が夏休み中で病院に行くのが面倒だったため、今回は市販薬を試してみようと、すぐさまドラッグストアーへ向かいました。 この判断を下したことによって、後々後悔する羽目になるとは… ここからは、時系列とともに私の体験を書いていきたいと思います。 膀胱炎の症状が出てから1日目〜3日目 ドラッグストアーで最初に買ったのは、CMでおなじみの ボーコレン。 CMの印象が強く、自分の中では 「膀胱炎にはボーコレン」と刷り込まれていた事もあり、あまり調べずにボーコレンを購入。 ボーコレンを飲んで2日。 治るどころか、むしろ症状が悪化・・・おかしいな。 膀胱炎の症状が出てから3日目〜7日目 おかしいなと思い調べてみると、膀胱炎にはボーコレンよりも 「腎仙散(じんせんさん)」の方が効くらしい。 ここでふと、「病院で薬をもらった方が早く治るんじゃない?」と思うが、やっぱり病院に行くのが面倒くさく、再びドラッグストアーで「腎仙散」を購入。 (これ、もの凄く苦くて、飲むのが憂鬱でした。 ) 飲んで3日目、膀胱炎の症状が若干マシになってきたかな?と思ったが、排尿時のツーンとした痛み、残尿感、腹部の痛みはなくならず。 と思ったら、その日の夕方から腰から背中にかけての痛みが・・・ 筋肉痛かな?ただの腰痛かな? 膀胱炎の症状が出てから8日目 朝から左の腰から背中にかけてが我慢できないくらいに痛む。 その時初めて、これは筋肉が痛むのではなく、内部の痛みなのかもと思い、もう一度膀胱炎の症状について調べる。 「膀胱炎 腰の痛み」とググると、すぐさま 腎盂腎炎という言葉が。 熱を測ると、37. 病院へ行こう。 そう思い、急きょ夫に半休を取ってもらい、その日の午後に 泌尿器科を受診しました。 膀胱炎のような症状が出てから、8日目のことでした。 スポンサーリンク 泌尿器科を受診 病院では、 問診票を書き、 熱を測り、 血圧を測り、 採尿し、 エコーで採尿後の残尿チェックをし、 先生の問診で腰から背中あたりを軽く叩かれ、 念のためにレントゲンを撮りました。 結果、 腎盂腎炎でした。 予想通りだったので、それほど驚きはしませんでしたが、 先生に、「来るのがもう少し遅かったら、入院しなきゃいけなくなってたよ〜」と言われ、ヒヤリとしました。 点滴を打つ 熱もあったので、とりあえず点滴をしてから帰ってね〜と先生に言われ、抗生剤を点滴してもらいました。 30分ほどで終わり、 内服薬で抗菌薬(スオード)と、 整腸剤(ミヤBM)、 頓服(カロナール)を10日分処方してもらい、無事家に帰ることができました。 まさか点滴までするとは思いもしませんでした。 スポンサーリンク 薬を飲み始めてから… 病院で処方された薬を飲み始めて2日目。 劇的に症状が回復してきました。 排尿痛や残尿感はほとんどなくなりました。 腰から背中にかけての痛みも少し和らいできました。 5日目には、背中の痛みもなくなり、排尿時の違和感も完全になくなりました。 ちなみにお薬は頓服以外は、10日間きちんと飲み切りました。 腎盂腎炎になって感じたこと 私、基本体は強い方で、体の悩みなんてほとんどないような人でした。 けれど今回腎盂腎炎になって、もっと自分の体も大事にしなきゃいけないなぁ〜と感じました。 おトイレも、子供の世話や家事などでつい我慢してしまいがちで、それが原因で腎盂腎炎に。 「どんなに忙しくても、トイレは我慢しちゃだめ!」と今回強く自分に言い聞かせました。 もう二度とあの痛みはと辛さは味わいたくないです・・・.

次の

軽度の尿路感染症に対する市販薬

尿道 炎 市販 薬

検査費用 保険診療 診察代とクラミジアと淋菌の検査代が、合計2500円前後になります。 検査費用 自由診療 保険診療を行わない場合には、診察代とクラミジアと淋菌の検査代で合計6000円 税込 になります。 治療法 尿道炎の症状があれば、抗生物質の服用で治療を行います。 水分も十分にとるようにしてください。 抗生物質を服用しても治りがよくない場合は、抗生物質の種類を変更します。 ・何科にかかればいいのか? 泌尿器科におかかりください。 治療費用 保険診療 1週間分の薬代で、1000円前後になります。 治療費用 自由診療 保険診療を行わない場合には、1週間分の薬代で、9000円 税込 になります。 注意点 尿検査において、クラミジアや淋病が陽性であった場合、治療終了後に完治したかどうか再検査する必要があります。 当院泌尿器科の診療内容 新宿駅前クリニックの泌尿器科では、「尿道炎」の検査と飲み薬による治療を保険診療もしくは、自由診療にておこなっております。 尿道炎を疑う症状がでると、クラミジアや淋病に感染している可能性があり、同時におこないます。 保険適応で診療を受ける場合には、検査代や診察代だけでなく薬の処方も保険適用になり経済的です。

次の

膀胱炎・尿道炎 抗生物質 市販薬 人気ランキング:1位「クラビットジェネリック250mg」・2位「アジー1000mg」

尿道 炎 市販 薬

検査費用 保険診療 診察代とクラミジアと淋菌の検査代が、合計2500円前後になります。 検査費用 自由診療 保険診療を行わない場合には、診察代とクラミジアと淋菌の検査代で合計6000円 税込 になります。 治療法 尿道炎の症状があれば、抗生物質の服用で治療を行います。 水分も十分にとるようにしてください。 抗生物質を服用しても治りがよくない場合は、抗生物質の種類を変更します。 ・何科にかかればいいのか? 泌尿器科におかかりください。 治療費用 保険診療 1週間分の薬代で、1000円前後になります。 治療費用 自由診療 保険診療を行わない場合には、1週間分の薬代で、9000円 税込 になります。 注意点 尿検査において、クラミジアや淋病が陽性であった場合、治療終了後に完治したかどうか再検査する必要があります。 当院泌尿器科の診療内容 新宿駅前クリニックの泌尿器科では、「尿道炎」の検査と飲み薬による治療を保険診療もしくは、自由診療にておこなっております。 尿道炎を疑う症状がでると、クラミジアや淋病に感染している可能性があり、同時におこないます。 保険適応で診療を受ける場合には、検査代や診察代だけでなく薬の処方も保険適用になり経済的です。

次の