バニー ガール スピッツ。 新解釈!!スピッツ歌詞「バニーガール」

バニーガール(スピッツ) / コード譜 / ギター

バニー ガール スピッツ

その後、95年に発表したシングル「ロビンソン」(もはやロック・スタンダード!)が大ブレイク。 コアなファンのみならず、一般リスナーからの支持もがっちり獲得した。 ———数々のヒット曲を鑑みると、わりとフォーキーで清潔なギター・ポップ・バンドという印象が強いが、マンチェ・ブーム以降のブリット・ロックを彷彿とさせるナンバーから、アグレッシヴにギターが疾駆するパワー・ポップ・チューンまでを幅広く展開する、懐の深さをもっている。 また、滑らかなメロディを隠れみのにしながら、実は男の「身もふたもない理想(男根主義的妄想?)」を主軸にしている草野の歌詞は、スピッツ最大の妙といえるだろう。 外では優等生で通っているけど、実はものすごい妄想癖を抱えるパンクロッカー………そんな二面性に着目すると、彼らの世界がよりいっそう見えてくるのではないだろうか。 Cycle Hit 1991-2017 Spitz Complete Single Collection - 30th Anniversary Box 2017年07月05日リリース アルバム・45曲• 1 楓• 2 春の歌• 3 チェリー• 4 ロビンソン• 5 空も飛べるはず• 6 ヘビーメロウ• 7 歌ウサギ• 8 ハネモノ• 9 スターゲイザー• 10 正夢• 11 冷たい頬• 12 渚• 13 魔法のコトバ• 14 運命の人• 16 群青• 17 君が思い出になる前に• 18 スカーレット• 19 ホタル• 20 日なたの窓に憧れて• 21 遥か• 22 夢じゃない• 23 愛のことば-2014mix-• 24 ルキンフォー• 25 スパイダー• 26 みなと• 27 つぐみ• 28 青い車• 29 夢追い虫• 30 流れ星• 31 ヒバリのこころ• 32 君は太陽• 34 さわって・変わって• 35 裸のままで• 36 若葉• 37 シロクマ• 38 夏の魔物• 39 雪風• 40 水色の街• 41 タイム・トラベル• 42 魔女旅に出る• 43 メモリーズ• 44 さらさら• 45 惑星のかけら• 1 正夢• 3 8823• 4 空も飛べるはず• 5 トンガリ'95• 6 けもの道• 7 楓• 8 ヒバリのこころ• 9 愛のことば• 10 僕の天使マリ• 11 俺のすべて• 12 恋する凡人• 13 海とピンク• 14 スワン• 15 プール• 16 晴れの日はプカプカプー• 17 ハニーハニー• 18 エンドロールには早すぎる• 19 野生のポルカ• 20 ラズベリー• 21 エスカルゴ• 22 夜を駆ける• 23 バニーガール• 24 フェイクファー• 25 夏の魔物•

次の

バニーガールの歌詞

バニー ガール スピッツ

概要 [ ]• これまでファンタジックな内容の楽曲が多かったのに対し、前年のブレイクによる影響から本作ではリアリスティックな視点からの楽曲が多くなった。 草野曰く「裸足で地面に立ち、真っ直ぐ地平線を見つめるイメージ」。 この頃はバンドとして相当忙しく、歌入れの当日にが出来ていなかったり、レコーディングも徹夜で行なわれることが多かった。 その反作用から、音としては「余裕を見せる」楽曲作りを心掛けたと草野は語っていた。 しかし、三輪はこの頃急にが弾けなくなり(原因は不明、後に回復)、スケジュールにも遅れが生じていた。 最初に決定された発売日(10月23日)が延期されることはなかったが、ミックスダウンにも時間がかかり、アルバム制作は9月初旬まで行なわれることとなった。 こういった経緯から、メンバーは「一番思い出深いアルバム」と語っている。 本作では、久々の作品に加え、初めてのの作品が収録された。 カバーモデルは、本作の約二週間前に発売されたライヴビデオ『』のジャケットも飾った小倉智栄で、アルバムの表題曲のPVにも登場。 また、本作の発売と同時に開始した全国ツアー「JAMBREE TOUR '96-'97」のステージセットに描かれるモデルにも起用された。 プロデューサーとの最後のアルバム。 エンジニアは『』の森山恭行が再び起用された(「チェリー」のみ坂本充弘)。 現在オリジナル盤は廃盤となり、LAのエンジニア、スティーヴン・マーカッセンによりリマスタリングを施して、に再発。 の井上貴子によるライナーノーツが封入されている。 裏ジャケットは、メンバーの目線が異なっている2タイプの仕様がある。 収録曲 [ ]• ナンバー。 草野は「俺には絶対作れない曲」と絶賛した。 本当は30秒程度の曲にしたかったらしい。 当初は「花泥棒〜」と言う箇所を「アパガード〜」と歌っていたため、仮タイトルは「アパガード」だった。 三輪がボーカルを録った音源も存在する。 系『』ののオファーがきた際、メンバーは最初「この曲をして主題歌に」と希望したが、制作側から「どうしても新曲を」と言われ、「」を書き下ろした。 ちなみにこの曲は同ドラマのとして一度だけ使用されている。 間奏ではによる演奏がある。 仮タイトルは「バナ天」。 今作の表題曲で、PVも制作されている。 14thシングル。 表記はないがアルバムバージョンであり、シングルバージョンよりもが長くなっている。 本作のタイトル候補でもあった。 間奏で聴こえる女性の声は、元の半田嘉子(現在は・の夫人)のもので、草野と語り合っている音声のを上げたものだという。 初め女の子の名前は「チカ」だったが響きの問題から「ナナ」になった。 曲中で描かれている女の子は日焼けしていて髪を染め、大きなピアスをしているという少女像。 草野曰く「コギャル賛歌」。 13thシングル「チェリー」のカップリング曲。 本作では森山恭行によってリミックスされている。 オリジナルバージョンのエンジニアは「チェリー」同様、坂本充弘。 作曲は田村明浩。 サビの歌詞がを踏んでいる。 「マフラーマン」とは、草野曰く「正義も悪も超越したヒーロー」。 仮タイトルは「ビーボ、VIBOギター」。 仮タイトルは「ミネソタ野郎」。 13thシングル。 アナログ盤 [ ]• Spitz Analog Disc Collection Vol. 1として、盤がにリリースされた。 オレンジ・クリア・ビニール仕様。 によるオリジナルコミックを収録。 曲順、構成は以下の通り。 Side ONE• 花泥棒• 初恋クレイジー• インディゴ地平線• ハヤテ• ナナへの気持ち Side TWO• 虹を越えて• バニーガール• ほうき星• マフラーマン• 夕陽が笑う、君も笑う• 関連項目 [ ]• - 日本のロックバンド。 このアルバムがバンド名の由来となっている。 脚注 [ ] [].

次の

スピッツ(スピッツ)の情報まとめ

バニー ガール スピッツ

収録曲の中で、シングル曲は【チェリー】と【渚】の2曲ですが、どちらも爆発的なヒットを記録したシングル曲ですね。 全シングルの中で、シングル『チェリー』は第2位(およそ160万枚)、シングル『渚』は第5位(およそ84万枚)の売上枚数を記録しています。 そんな、記録的なシングル曲を含めたアルバム『』は、前アルバム『ハチミツ』に引き続き、チャート1位を記録します。 こちらも、オリジナルアルバムの売り上げ枚数では、『ハチミツ』に引き続き、第2位の作品になっています。 また、この時期のは、自分たちが目指す像と、世間が求める像に、早くもズレを感じ始めていたことも読み取ることができます。 * しかも、が世間から求めれるイメージが、健全でさわやかな青春バンドだということがわかるにつれ、フラストレーションを感じるようにもなっていた。 バンドとしてのはあいかわらずだったけど、周囲のへの目線が変わってきたような気がしていたんだ。 * 書籍「旅の途中」において、田村さんはこのように語っておられます。 この辺りのことは、書籍「」に、三輪さんのインタビューとして載っていました。 * 「う~ん……ちょっとね、今までこんな経験はなかったんだけど、バッターもさ、フォームを忘れてスランプっていうのがあるでしょう? ああいうのになっちゃってギターが上手く弾けないんだよね。 で、自分でも今ほんとどうしたらいいかわかんない状態」 「最近、笹路さんに行きも帰りも迎えに来てもらってさ、『どうしてこうなったんだろうねえ?』みたいな、二人ともいろいろ…だからとにかく今は初心に戻って練習しかない! いろいろ考えたってもうこういう状況になっちゃったんだから、ほんとに基本から練習する地味な作業をやるしかない」 * のスケジュール的な忙しさがあって、そこから肉体的な疲れ、精神的な疲れなどが出て、それらが原因となったことだったのでしょうか。 ミックスダウンとは、予め別々にレコーディングされた楽器やボーカルの音を、ひとつにまとめる作業のことです。 音量のバランス、高音や低音のバランス、音色のバランスなど、バラバラなものを整えて、ひとつの作品に仕上げるための、重要な作業になります。 しかしながら、それでも『』の音作りには、最後まで納得できなかったようです。 具体的には、ライヴの演奏のような、迫力のある音づくりを目指していたようですが、それが実現できなかったようです。 これは実際に聴いてみてもわかると思うんですが、アルバム『』って、全体的に少し音がくぐもって聴こえませんか?まぁ、アルバム『フェイクファー』も同様なんですけどね。 音作りに対しては、はこの時期から、長いこと悩み続けることになるわけです。 これもまた、後のカでのレコーディングや、マイショックなどにもつながっていくのですが、また別のお話で、ということで…。 とにかく、本当に色んな苦労を強いられながら、レコーディングされたのであろう『』については、その苦労などを思い出してのことでしょうか、メンバーにとって、「一番思い出深いアルバム」として語られています。 『』『フェイクファー』『花鳥風月』は、カセットテープに吹き込んで、何度も何度も聴いた作品です。 通称:カセット三部作と、僕だけが呼んでいますが、時期としては、僕が小学生~中学生の頃に出会った作品たちです。 僕がに出会った頃の、最も古いの記憶であり、子ども心にの深い世界観に触れはじめ、少しずつへの愛を育んでいきました。 子どもの頃は、やっぱり明るい曲が好きだったので、【初恋クレイジー】や【バニーガール】や【夕陽が笑う、君も笑う】などがお気に入りでした。 特に、【夕陽が笑う、君も笑う】なんて、どれだけ聴いても飽きなかったですね。 同じ時期に、カセットテープに吹き込んで聴いていたので、オリジナルアルバムとして『』と『フェイクファー』は、何となく2枚セット、双子のような感じです。 『』が夏でイメージカラーは青、『フェイクファー』は秋・冬でイメージカラーは赤やオレンジって感じですかね。 決して、どちらにも季節を感じるような曲はそこまでたくさん入っていないんですけど、そういう風に分類しています。 アルバム『フェイクファー』に関しては、また次回話すとして、アルバム『』については、個人的に「開放的になれるアルバム」だという印象を持っています。 夏というイメージから想起されるところが大きいのかもしれません。 恋する相手に気持ちを懸命に伝えようとしている【花泥棒】 * どうせ一度なら 心が向かうまま 花泥棒 花泥棒 あの娘に似合いそうな花を見つけたぞ 花泥棒 花泥棒 * 初恋に浮かれる様子を描いた【初恋クレイジー】 * 見慣れたはずの街並も ド派手に映す愚か者 君のせいで大きくなった未来 * ひと夏の恋愛を描いているような【渚】 * 柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで 渚は二人の夢を混ぜ合わせる 揺れながら輝いて * 一瞬にして恋に落ちた情景を表している【ハヤテ】 * きまぐれ君はキュートなハヤテ 倒れそうな身体を駆け抜けた * ギャルを口説いている【ナナヘの気持ち】 * 街道沿いので 夜明けまで話し込み 何も出来ずホームで 見送られる時の 憎たらしい笑顔 よくわからぬ手ぶり 君と生きていくことを決めた * などなど、純粋に恋愛を感じる曲は、この辺りですかね。 色んな恋愛の形が描かれています。 やっぱり、こういう曲が多いから、全体的にも明るくて開放的な作品のように感じるんでしょうか。 例えば、草野さん以外が作曲を務めた曲、具体的には、三輪さん作曲の【花泥棒】と、田村さん作曲の【ほうき星】が収録されていることもそうですね。 いかにマンネリ化しないように、色々と挑戦していたのでしょうか。 しかし、作品が大ヒットしたことで、の名前が知れ渡りましたが、先述した通り、世間ののイメージと、自身が目指すのイメージにズレが生じていました。 シングル曲では猫被っていた分、アルバム曲ではちょっと舌を出してみるかって感じですかね、笑。 それでも、初期の頃の作品(例えば『』や『名前をつけてやる』など)と比べてみると、十分分かりやすく、とっつきやすい作品になっていることは事実です。 書籍の中で草野さんは、 * 「目をつぶって遠くに飛んでいけてもね、ほんとに遠くに行ったことにはならないってことがわかってきて。 目を開けて歩いていくことによって初めて遠くへ行けるっていうことだと思うんですよね」 * という風に語っていますが、アルバム『ハチミツ』の記事でも書いたように、要はファンタジーではなく、より現実に近いところを歌うようになってきたということでしょうか。 itukamitaniji.

次の