クレジットカード 現金化 注意点。 クレジットカードの利用上の注意点|金融知識ガイド

カードで現金の魅力と注意点

クレジットカード 現金化 注意点

見出し• カード現金化とは カード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って業者が指定する商品を購入してキャッシュバックを受けることによって、お金を得る方法です。 貯金がなく、クレジットカードのキャッシング枠も既に使い切ってしまったにもかかわらず、急な出費を強いられた時などに利用できる方法であり、使い方によっては大変便利なものです。 どれくらいのキャッシュバックを受けられるかは利用する業者によって異なり、できるだけ高い還元率でありながら不正のない優良業者を利用することや、利用時間はどのようになっているかなど、色々な点から判断して優良業者を利用すれば、困った時の助けとなってくれることでしょう。 ネットバンキングを持っており、なおかつ夜間も営業している業者を利用すれば夜間の振り込みにも対応してもらうことができます。 カード現金化の方法 利用方法を簡単に説明しておきましょう。 利用は申し込みから取引成立まで、全てネットで行うことができます。 1、業者のピックアップ ネットで情報を念入りに収集して優良業者を割り出します。 このとき、間違っても口コミを参照しないようにしてください。 ネットの口コミには悪徳業者による書きこみも非常に多いため、それを避けて本物の口コミを見つけ出すのは経験豊富な人にしか無理なことです。 2、申し込み 優良業者を割り出したら、申込フォームに必要情報を記入し、申し込みを行います。 消費者金融やローンの申請を行った時のような審査が行われることはなく、身分の確認さえ出来れば問題なく申し込みは受け付けてもらうことができます。 面倒な手続きもなく、クレジットカードさえあれば利用することができます。 3、業者の確認 申し込みを受けた業者はカードと身分を確認し、電話連絡を行います。 そこでは利用内容の確認や、希望金額の確認が行われ、そしてサービス利用の意志確認が行われます。 4、カードで商品購入 意志確認ができたならば、業者が指定する商品をカード決済で購入します。 5、キャッシュバック 購入が業者の方で確認できたならば、スピード自慢の業者ならば5~10分でキャッシュバック分のお金を振り込んでくれます。 6、商品の郵送 後日、購入した商品が送付されます。 ここで業者との取引は完結し、その後連絡を取り合う必要はありません。 送料や手数料などはキャッシュバック分から差し引かれているため、別途料金請求があると言うこともありません。 7、商品購入代金の支払 もちろん、購入した商品は、通常のカード支払いと同様の方法で支払いを行い、返済していきます。 入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者• スピードワン• エーキャッシュ カード利用停止にはならないの? クレジットカードの現金化は、全てのカード会社が利用規約で禁止している行為です。 しかし、形態的な部分を簡潔に観てみれば、このカード現金化の方法は業者が指定した商品を購入してキャッシュバックを受けているだけであり、なんら規約違反には当たらず、利用停止になることはありません。 しかし、その他の現金化の方法を行った時には、場合によっては利用停止になることもあります。 それは、カード会社から不正利用の疑いを受けた時です。 返済期日を守っているにもかかわらず、いきなりカードが利用停止になっているときは、ほとんどの場合において不正利用を疑われたときなのです。 例えば、普通は光熱費や携帯料金などといった出費のみをクレジットカードで決済している人が、いきなり高額のブランド物を複数購入した場合等です。 通常は怪しまれた時には急に利用停止になるのではなく、疑いが生じた事象についての説明を要求する電話があります。 そこで、きちんと不正ではないことを説明できれば何ら問題ないのですが、急に利用停止になることもあります。 利用停止になる代表的なケースは、 換金性の高い商品を購入することです。 ゲーム機やブランドバッグ、商品券などは売ることでお金を手にすることができる換金性の高いものです。 また、中古でもすぐに買い取ってもらうことができるため、現金化に適しています。 普段からクレジットカードでそのようなものを買っている人ならば疑われにくいのですが、お金に困った人が急にそれらのものを購入すると疑いを生むこととなります。 《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較• 複数業者を比較してかしこくお得に現金化• 〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了 商品の売却による現金化は注意 冒頭で紹介した、キャッシュバックによるカード現金化の方法は利用規約に違反するものではありませんが、もし業者指定で購入した商品を転売し、それがバレてしまえば利用停止になります。 クレジットカードで購入した商品は、完済するまでは法的な所有者がカード会社になっているため、いくら実際に所有しているのが自分だからと言って、勝手に売り払うことは禁止されているのです。 とはいえ、個人が購入したものを売り払ったとしても、それがバレてしまうことはほとんどあり得ないものです。 したがって、「この人は転売しているに違いない」と確信されるようなカードの使い方をしていた場合に、利用停止になるのです。 たとえば、換金性の高いハードとしてニンテンドーの3DSの最新型のものを複数の店舗で何台も購入するなどしていれば、それはほぼ間違いなく疑いの対象となります。 1台ならまだしも、何台も購入すると言うのは一般的にあり得ないことであり、換金を疑われてしまうに違いありません。 この他、商品券・ギフト券・新幹線の回数券なども換金性が高いため、カード会社は利用に目を光らせています。 例えば、自分居住地区とは全く無関係の新幹線の回数券を購入すれば、これはかなり疑われやすいでしょう。 確かに換金性は高いのですが、ハイリスクな方法と言えます。 【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング• トレンドクレカ• 現金化堂 利用停止にならないために したがって、換金目的でカードを利用するのは控え、冒頭に紹介したキャッシュバックの方法で現金化を行うようにしましょう。 ショッピング枠を利用することで現金を手にしているのは事実であるものの、カード会社の利用規約に違反しているわけではなく、カード会社もこのようなサービスの存在にやきもきしていることでしょうが、利用を停止する事はできません。 しかし、やはりグレーゾーンの換金方法であるには違いなく、カード会社も不正利用として摘発したい想いがあります。 したがって、カード会社によっては、きちんとしたクレジットカード現金化業者に依頼したとしても、不正利用の疑いありとして利用停止に踏み切る可能性もあります。 そのようなことを防ぐためには、 ・普段からたまにネットショッピングなどでカード決済を利用すること ・現金化サービスを連続で利用しないこと などに留意しておきましょう。 最近はネットショップも非常に便利なものが多いので、これまで利用したことがない人も、これを機にヤフーオークションを利用してクレジットカードでの簡単決済をしてみる、アマゾンや楽天などのネットショップで割安で商品を購入してみるなどしてみるとよいでしょう。 まとめ カード現金化によってクレジットカードが利用停止になると、信用情報に傷が付き、住宅ローンや自動車ローンを組む時に不利になり、大変不便な思いをすることとなります。 しかし、支払いの遅延などがない限りは、もしカード会社が不正利用を疑って電話をかけてきたときにも、 「ネットショップで欲しいものを買っただけです」 と落ち付いて対応すればすぐに利用再開となり、何の問題も起きないことがほとんどです。 情報化社会の現代、現金を手にする方法も非常に多様化しています。 その中には、カード現金化を始め、便利な利用方法はたくさんあります。 これらを上手に活用していくことによって、より充実した人生を送ることができるのです。

次の

【公式】クレジットカード現金化の真実|知っておきたい業界の裏

クレジットカード 現金化 注意点

JCBのクレジットカードで現金化をするときの注意点 はじめまして。 元現金化業者の神崎智也 です。 突然ですが、あなたのお手元にあるクレジットカードの銘柄は何ですか?• VIZA• AMSTER• JCB• AMEX• DinersClub 日本にはこのようなさまざまなクレジットカードが普及していますので、あなたもこのどれかのクレジットカードを持っているのではないでしょうか。 そして、この中でもっとも発行数が多いのがJCBです。 他のクレジットカード会社が海外にあるのにも関わらずJCBのみは国内発行の現金化業者となりますので日本での普及率が高いのです。 そのため、JCBのクレジットカードで現金化を利用しようと思っている人もいるのですが、知っていましたか? 実はJCBの現金化は利用停止のリスクがとても高いものだったのです。 もし、あなたが今まで知らなかったのだとしたら危険ですよ! 今回は、 JCBカードで現金化を利用する危険性についてお話します。 「どうしてもJCBで現金化を利用したい!」 「今すぐにお金が必要だ!」 という方はJCBカードでも安全に現金化を利用するための対策も一緒にご紹介していますので、JCBカードを持っている方は念のためにこちらの記事を確認しておいてくださいね。 JCBのクレジットカードは現金化できるの? 「JCBのクレジットカードで現金化をしたいけど、できる?」 とあなたは不安に思われていることでしょう。 せっかく現金化を利用しようと思ったのに、自分のクレジットカードのせいで利用できなかったら悲しいですよね・・・。 ですが、安心してください。 JCBのクレジットカードでも問題なく利用することができます! 以前まではクレジットカード端末(決済する機械)を持っていなかった現金化業者が多く存在していたため、利用することができない場合もありました。 ですが、現在ではほとんどの現金化業者が日本全国のクレジットカードに対応するようになりましたのでJCBのクレジットカードでも現金化ができるようになったのです。 JCBのクレジットカードでも利用できるなら安心ですよね。 しかし、ここで注意点があります。 実はJCBのクレジットカードで現金化を利用することはできますが、他のクレジットカードでの現金化より利用停止になりやすい銘柄となっているんです。 JCBカードの現金化は対策で安全に利用しよう いかがでしたか? JCBのクレジットカードでも現金化を利用することは可能ですが、利用停止や高い手数料などのデメリットも存在します。 そのため、JCBはクレジットカード現金化には向いていないカードとなっているのです。 JCBで現金化をしたい場合は、利用停止を避けるためにも対策を立てておくことがとても大事になりますので、注意してくださいね。 また、JCBカードでの現金化は利用停止のリスクのほかにも手数料が高いというデメリットもあります。 その問題を解決したいなら 手数料が無料の優良店を利用するのがオススメです。 手数料無料を宣言している現金化業者なら手数料は高くなりませんので、手数料のデメリットを完全に解消することができます。 こちらに手数料無料の現金化業者をご紹介しておきますので、JCBで現金化をしたい方はこちらを利用してくださいね。

次の

クレジットカード現金化の4つの注意点【2020年最新版】

クレジットカード 現金化 注意点

キャッシュバック式• 商品買取式 それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。 キャッシュバック式:あくまで商品購入のキャッシュバック ある商品を購入すると、あとでお金がいくらか戻ってくるキャンペーンを聞いたことがあるのではないでしょうか。 こういったキャンペーンを キャッシュバックキャンペーンという名目で行われていることが少なくありません。 そういったことをクレジットカード現金化業者が行っているのです。 あくまで商品を買ってくれた見返りに、キャッシュバックという形で現金を振り込んでくれるという仕組みのため違法でないという見方です。 つまり、キャッシュバックキャンペーンをいつもやっているお店で、 クレジット決済をしただけで違法性がないというのが理由になります。 商品買取式:商品を購入する業者と買取業者が違う クレジットカードで商品を買って、 別の買取業者が買い取ってくれるため違法ではないという理由です。 例えば、バッグをクレジットカードで決済して、デザインが気に入らないからとすぐに買取業者へ売ったという行為がこれに当たります。 ネット通販で、あるいは実店舗でクレジットカード決済によって商品を買い、たまたま近くにあった別業者やネットの買取業者が買い取ってお金を渡してくれたり、振り込んでくれるという仕組みです。 あくまで別の業者なので違法性はないというのが理由という考えになります。 クレジットカード現金化業者以外でも同じ手法を行っているところがある 上記で挙げた方法は、クレジットカード現金化業者以外でも行われています。 例えば、キャッシュバックはスマートフォンの購入による手法やキャッシュバックキャンペーンなどがありますし、三店方式はパチンコ店の現金化などで黙認されています。 違法性があれば、これらの手法を取る業者が摘発されるでしょう。 パチンコ店・景品交換所・景品問屋の3つの業者、および、パチンコ遊技者が特殊景品を経由することで、違法性を問われにくい形でパチンコ玉の現金化が行われる。 出典: クレジットカード現金化業者でこれらのいずれかのルールで現金化を行っている場合も摘発されてはないのです。 他の業界でも行われている方法で摘発されてないため違法性はないのです。 クレジットカード現金化が違法であるという主張 クレジットカード現金化が違法であると言っている弁護士さんもいます。 業者側ではなく、 利用者側のお話です。 また、現金化のためにクレジットカードで商品を購入する行為は、クレジットカード会社からお金を詐取する行為として、「詐欺罪」に該当する可能性があります。 現金化業者を利用することは、犯罪にもあたる違法な行為となります。 出典: グレイゾーンだからこそ、「違法である」、「違法でない」どちらの見解も存在するのが現状です。 ただし、今の時点(2020年6月時点)で業者を通したクレジットカード現金化を行った利用者が逮捕されたという事例はありません。 クレジットカード現金化のリスクが高い理由 違法性はないものの、クレジットカード現金化は とてもリスクが高いのです。 そういった業者を利用してしまうと先ほど触れた詐欺や犯罪に巻き込まれてしまうのです。 そんな業者を誤って利用した事例について紹介していきましょう。 クレジットカード情報が盗まれた事例 クレジットカード現金化業者を利用すると、当然 クレジットカードの情報を提示する必要があります。 この時、クレジットカード現金化業者が スキミング行為などを行い、クレジットカード情報を盗んだという事例があります。 そして知らず知らずのうちに不正利用が行われ、現金化で利用した以上の金額が請求されるという事例です。 被害者もクレジットカードの不正被害を受けたことが分かり、会社に連絡してもクレジットカード現金化が発覚するリスクもあることから、なかなか連絡できないという面もあります。 お金が正しく振り込まれない お金が振り込まれないという事例は多くみられます。 商品を買っても買取業者がいないといわれたり、決済だけ済んで現金が受け取れないということがあるのです。 つまり対価となるものが得られず 使用したという履歴だけがついてしまいます。 これもクレジットカード会社に連絡しようにもクレジットカード現金化がばれてしまうので、被害を連絡できなかったというジレンマが起きた事例でもあります。 事前に利用するクレジットカード現金化業者をリサーチしておくことが大事ですが、換金率の高さに騙されて下手な業者を利用するとこういったケースに陥ることが多いのです。 換金率が不当に低い事例 クレジットカード現金化業者のホームページに書いている換金率よりも、 かなり低い金額で振り込まれるという事例です。 例えば、換金率98%と書かれているのに実際は40%だったというようなことです。 サイトや店舗に表記された換金率とは、大幅にかけ離れた金額が振り込まれるということが少なくありません。 なので、クレジットカード現金化の際は信用できる業者を利用する必要があります。 【関連記事】 日雇いのパートなどを利用して稼ぐ 日本は不況とはいうものの、募集している仕事はゼロではありません。 日雇いのパートも実はたくさんあります。 そのため一日時間が無くなりますが、日雇いのパートをして一日頑張ればある程度のお金を手にすることができます。 こういった方法を使って現金を何とか手にすることが可能なのです。 たしかに 働けないというケースもあるかもしれません。 そういった場合は、今回紹介するほかの二つの手段を使って現金を手にすることをおすすめします。 行政や友人や家族から借りる クレジットカード現金化をするくらいなら お金を借りた方がマシです。 友人や家族も事情を話せば、お金を貸してくれるかもしれません。 そんなことはしたくないという場合は、 行政に相談するという方法もあります。 事情を説明すれば、非常に低金利でお金を貸してくれますし、家族などの保証人を用意すれば金利ゼロでお金を貸してくれるのです。 クレジットカード現金化を行う前に、 借りてみるという手段を取ってみるのも良いのではないでしょうか。 クレジットカード現金化は最後の手段|リスクが高いことは忘れずに クレジットカード現金化は違法ではない、そういった見解もあります。 しかし、クレジットカード現金化を行う上でリスクもあり、カードの利用停止や業者による詐欺のような案件にも引っかかってしまう危険性も少なくありません。

次の