あいち トリエンナーレ 2019。 「あいちトリエンナーレ」、2022年から名称変更へ。仮称「新・国際芸術祭」でイメージ一新狙う(美術手帖)

論争呼ぶあいちトリエンナーレ 焦点の「表現の不自由展・その後」には何が展示されているのか: J

あいち トリエンナーレ 2019

経緯 [ ] 主催側の主張では、「国民からの猛反発を受けて一部が展示中止され、未だに責任の所在や事実の検証、展示再開是非で迷走を続けるに対抗する日本人のための芸術祭として企画・開催された」 芸術祭である。 あいちトリエンナーレがやなどからの税金、県や複数企業からの後援を受けたうえで開催されていたのに対し、こちらは全て個人個人からの資金により開催され、県や企業からの後援を一切受けていない。 また、一時停止後に再開されたでは撮影などが禁止されていたが、こちらでは参加者の顔を映さない限りは撮影や中継はほぼ可能としていた。 内容 [ ] 桜井誠によるについての講演と、同氏制作の芸術作品「ベトナムの子供」の展示、「不自由」と大きく書かれたバッグ、ベトナム戦争時の韓国軍兵士の蛮行を表現する紙粘土製「ライダイハン像」 、「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタなどが展示された。 芸術監督は日本第一党副党首、会場責任者は日本第一党愛知県本部長。 開催にあたっての行政側の判断 [ ] ウィルあいちの設置条例と管理運営要綱には、差別的言動が行われる恐れがある場合に施設を使用させないとの規定がある。 これに基づき反差別を標榜する市民団体が施設側に展示会の中止を申し入れた。 これを受けウィルあいちは主催者の日本第一党に事前に確認をとったが、主催者側は差別的言辞を取らない旨の回答を行った。 結果的に施設の管理者は「中止を判断できない」として催しを許可している。 開催にあたって主催者と愛知県との話し合いにおいて、主催者は県による後援をもとめたが、これに対して県側は手続き上の不備および過去の実績がないことを理由に却下した。 これに対し同会合において主催者側は県側が意図的に受理を遅らせたことが手続きの不備を生じさせた原因であると主張したが県側は意図については否定している。 これを受け主催側は、今後も継続して展示会を開催する意向を示した。 愛知県の大村知事は、「内容からしてヘイトに当たると言わざるを得ない。 (内容を確認した時点で)中止を指示すべきだった」と述べた。 主催者側代表のは「私はチマチョゴリを着てライダイハンの説明をしただけで、ヘイトなんて全くやっていない」「かるたは売っている物。 それがヘイトというのは検閲じゃないですか」と主張した。 展示会開催にあたっての主催者と行政との意見の対立 [ ] 本展示に対しは「明確ににあたるのではないかと思います。 その時点で中止を指示すべきだった」と明言し 、催しを開いた政治団体へのも視野に対応を考える方針も明らかにした。 これに対し2019年10月19日も逆に大村知事を提訴するとアナウンスした。 これら主催者と行政との対立に対し「企画意図は理解できても芸術としては受け入れられない」とする大村への賛意と、「トリエンナーレで表現の自由を強調した大村知事が、今度はヘイトだと言う。 それは芸術に対するでは?」という批判も向けられている。 2つの展示会によって表現の自由論争が引き起こされたかたちとなった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2019年10月27日閲覧。 東スポWeb. 2019年10月28日. 2019年11月25日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年10月27日. 2019年11月25日閲覧。 中日新聞. 2019年10月29日. の2019年10月29日時点におけるアーカイブ。 2019年12月11日閲覧。 東スポWeb. 2019年10月30日. 2019年11月25日閲覧。 Business Jouranal. 2019年10月29日. 2019年11月25日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年10月29日. 2019年11月25日閲覧。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる。

次の

「あいちトリエンナーレ2019」~メディアが報道しない“問題の本質”

あいち トリエンナーレ 2019

今話題のあいちトリエンナーレこの展示会の目的は、ごちゃごちゃ御託並べてるけど反天皇、反米じゃんww 因みに展示物の説明してるのは岡本有佳。 … — 亜人 Hanatue124 おはよう、しゃしゃ。 8月になった。 残暑まであと少しだ。 さて愛知県であいちトリエンナーレという芸術祭が開かれ、 芸術館長の津田大介さんを筆頭にいろんな展示物を置いている。 ニュースになった展示物として 慰安婦像の設置がある。 慰安婦像は芸術館長が津田大介さんと知って「ああ……」思った。 慰安婦像よりびっくりした展示物があった。 昭和天皇の画像を破り、燃やしている光景だ。 天皇が日本の象徴である以上、日本全体がバカにされて不愉快だ。 同時に思った。 韓国KBS公式が報じた昭和天皇を燃やすところ あいちトリエンナーレで、何故慰安婦像が展示されているのですが?韓国ではかの国のKBSが取り上げています。 これが、愛知県の芸術ですか? 頭おかしいのでは? — Ikuko SAKAMOTO IkukoSAKAMOTO 昭和天皇が燃やされている画像はKBSの動画にあった。 韓国だからこそ報じられるわけであり、日本だと絶対にやらない。 動画をきちんと見るとアメリカの旗を下地においてテント型にしているもの、 円錐型のドームでありしめ縄でくくっていたよ。 アメリカにも敵意を抱いているなあと考えた。 他には岡本太郎さんのような絵柄の作品もあるのだけど、 全体的に理解不能な展示物が多いね。 「慰安婦」像の撤去で矮小化されてはいけない、むしろこの展示会の最大の問題点です。 ムンと書かれた口にハイヒール 2. 津田大介の写真を燃やす映像 3. ライダイハンの像 これに置き換えても 「芸術の自由」なんだろうか 「芸術」がどんどん腐ってく — ShounanTK shounantk あいちトリエンナーレは国際芸術祭の一つだ。 金額は愛知県、名古屋市と文化庁の助成事業の一環であり、 国も思いっきりかかわっている。 あいちトリエンナーレを調べると、 毎年芸術監督が変わる。 今年は津田大介さんでありテーマは「 情の時代」だ。 ほかにも表現の不自由をもテーマに掲げている。 表現の不自由において展示物に慰安婦像が置いてある! 私たちが知ったきっかけはハンギョレ新聞だ。 記事:タブー破り日本最大の芸術祭で展示される少女像 headlines. yahoo. 慰安婦像を作った人物が キム・ウンソンとキム・ソギョン夫妻だ。 一応こちらのサイトによると平和の少女像であり慰安婦像ではないそうだ。 とはいえ韓国での反日集会ではよく見る像であり、見苦しい言い訳だ。 キム夫妻を解説している人が岡本有佳さんという方であり調べたら、 慰安婦像 平和の少女像 について本を執筆しているのね。 参照: 本: 表現の不自由なのに感動を伝える自由を制限! リベラル気取りほど表現の自由を制限するのはよくあることだが、ネット炎上防止って 笑。 「表現の不自由展」、写真投稿ダメ 「炎上」の波及懸念:朝日新聞デジタル — 田中秀臣 hidetomitanaka あいちトリエンナーレの表現の不自由展はSNSの使用を禁じている。 ただ 写真の私的目的なら収めてもいいそうだ。 ツイッターを見ると一部で不自由展に関する画像があるけどさ。 表現の不自由なのに「 感動を拡散する自由」を与えないとは。 朝日新聞の記事だと「炎上したら困るから。 実物を見てほしいから」 書いてあるが、炎上につながるネタをなぜ載せるのか? あいちトリエンナーレは、「展示をやめろ!」という抗議が殺到して、「これが表現の不自由です」というストーリーだから、電凸とかは相手の思う壺。 最初から当たり屋思考だよ。 — 令月院トーナス居士 akegarasu11 上記ツイートが一番しっくりきた。 抗議殺到によって展示物をしまう。 結果、日本は表現の不自由にあふれていると。 私から見て慰安婦像は10万歩譲ってまだいいとして、 さすがに昭和天皇を燃やす作品はいけないと考えるの。 昭和天皇を愛している日本人はたくさんいるのだから。 いくら当たり屋だからといって炎上する人たちを楽しむ光景は、 まさに愚かな行為としか言いようがないよ。 日本とアメリカを見下す感じの作品が多い一方、 表現の不自由で有名なチャイナや北朝鮮、ロシアを批判する展示物はない。 結局「日本」だから出しても作品を引っ込めろという抗議で済むのであり、 他国でやらかすとどうなるのか? 全く予想もできない展開になるよね。 [拡散希望]ライダイハン像 — Skyline SkylineMh 一方で ライダイハンの像はないみたいだ。 政治的なイベントでない芸術祭だから置かない理由もわかるけれど、 私としては少女像の隣においてもいいんでねえのと、思ったよ。 これじゃ逃げてるのと一緒。 卑怯極まりない。 条件として大村知事側はいろいろ注文を付け、検閲をしているよ。 あの大変な状態の時にさ。 後は岡本太郎さんの絵に余計な付け足しを行い問題にもなった。 — vanilla vanillove アートといいながら問題を作る集団の作品であり、 円陣を組んで放射能最高といったのも納得できたよ。 日本だからこういうのが許されるのね。 河村市長は知らなかったと述べているが、本当だろうか? 津田大介さんが記者会見を開いた。 NHKニュースを読んでいると、 「行政が展覧会の内容について隅から隅まで口を出し、表現を認める認めないを決めようとするのは、憲法21条の『検閲』に当たる。 nhk. html 津田「憲法21条の『検閲』に当たる」という単語に呆れた。 今回、あいちトリエンナーレは国からお金をもらっている。 津田さんの言い方だと「国よ、検閲などやめろ」におわせている。 うまく表現できないがダブスタを感じたよ。 行政が金を出し 国の顔に泥を塗る行為をやっておきながら、 よくぬけぬけと「検閲 国を敵対視 」という単語が使えるものだ。 津田大介がこんなこといってますけど。 — 中村清 kiyoshinakamur5 あいちトリエンナーレが私費でやるなら大ごとにならなかっただろう。 国から補助金をもらっておきながら国にあっかんべーをする態度が解せない. 慰安婦像や昭和天皇を燃やす作品を引っ込めなくていいから、 トリエンナーレにかかわった連中は今後、芸術分野にかかわってほしくない。 芸術が 気味の悪いプロパガンダに変わり面白くない。 天皇を燃やすなど 「子供のいじめ」感覚にしか見えず幼稚だ。 アドバイザー東浩紀のツイッターが鍵垢なのに 東浩紀が鍵垢で逆ギレしてて完全に面白くなってる。 — ロ mouth0717 あいちトリエンナーレでアドバイザーでもある東浩紀さんが、 鍵垢のツイッターでいろいろ述べていたよ。 鍵垢は基本、親しい人しか公開できない。 鍵垢なので思いをつづったところ、まさか切り取る人が出てくるとは! 本当に鍵をかけるなら秘密を墓場まで持っていかねばならぬ。 上記ツイートを通して私は思ったよ。 人間、秘密ほどしゃべりたくなるんだよね。 一つは「自分のすべて」を認めてもらいたいからだ。 全てというのはいいことだけでなく悪いことも含まれる。 自分からすべてを暴けば強くなった気がする。 精神的に一歩、外へ出られるような気分になる。 何より 自分が抱える罪や苦しさに悩まなくていい。 東浩紀さんは津田大介さんとのニコ生で酒を飲みながら、 「ほらほら、吐いちゃえよ、秘密を出しちゃいなよ」をやっていた。 相手を気持ちよくさせる達人だなあと思ったね。 日韓友好の定義って何だろう? 昭和天皇を焼く映像も展示されている、あいちトリエンナーレ。 日本国内でこんな愚行は断じて許す事はできない。 知事は説明責任がある。 主催者も許可した側も異常である。 愛知トリエンナーレ事務局 052-971-6111 愛知県知事室 052-954-6000 — 星野 夢実 yumemihoshino23 日韓友好ってそれぞれ定義が異なるよね。 しゃしゃは友好という言葉からどんな状況を思い浮かべるだろう? 基本はお互い手をつなぎ、にっこにこしている状態である。 現実は親しき仲にも礼儀ありなうえ、いくら親しい人物でも思想の相違はある。 違う部分を折り合わせながら仲良くできる妥協点を見つける。 フッ化水素の件から日本は韓国に対し、 経済産業省が中心となって輸出管理 厳格化 を目指す。 韓国にとって大変衝撃だったらしく、不買運動 セルフ経済制裁 をはじめ、 日本メディアが虚報を垂れ流すなど、一部で混乱が生まれた。 同時に「日本はホワイト国除外をはずして元に戻せ」 といった形で日本でも小さい運動が起きた。 一部の知識人に見る日韓友好の定義を捉えると「友達」でなく、 「支配する側とされる側」の関係にしか見えない。 日本は黙って韓国に頭を下げていればいいのだ。 韓国が何をしようとも黙って金を出せばいい。 韓国だって日本にいろいろ旨味を与えているのだから。 今回のあいちトリエンナーレにおける連中の考えも同じで、 日韓友好を「友達」でなく「支配」関係にしか見えない。 支配という言葉すら不適当で「 奴隷」がぴったりだ。 日韓友好でなく韓日奴隷と見れば、 韓国側が見る友好の定義とは「日本は黙って従え」になる。 日韓普通でいいのではと。 普通の関係だから特に親しくなる必要もない。 ただ商売上など最低限の関係を築いていけばいいだけだ。 国際間において間柄が悪いと関係も変わるよね。 ホワイト国除外を閣議決定 先ほど、輸出貿易管理令の改正が閣議決定されました。 これにより韓国向け輸出には、一般包括許可が適用出来なくなるとともに、キャッチオール規制の対象となります。 今後7日に公布、28日に施行されます。 — 世耕弘成 Hiroshige SEKO SekoHiroshige 2日の午前10時を過ぎて、ホワイト国除外の閣議が決まった。 韓国は確実にキャッチオール規制の範囲内になり、 フッ化水素などの輸出物を日本がきちんと調べたうえで輸出できる。 例外があるとしたら 経済産業省職員らに大量のわいろを贈り、 見逃してもらえるような対策をとるくらいだろう。 韓国や日本のメディア、知識人の一部は閣議決定ならぬよう工作を行った。 大規模に騒ぎ、不買運動を起こしたが無駄だった。 【反対意見は1%】ホワイト国から韓国の除外についてのパブリックコメントについて、世耕弘成経済産業大臣「4万666件の意見提出があった。 賛成が95%超、反対が1%、残りは判別不能。 私もパブコメを送り「賛成」を記した。 4万666件のうち、反対が1% 406件 だよ。 韓国は敵なのかという署名を集めた連中やメディア関係者をはじめ、 経済産業省の対応に不満を抱く人々はきちんと意見を送ったのか? ツイッターやメディアがいくら反対と叫ぼうが、 パブリックコメントに意見を送らないと無意味だ。 送ったところで9割が賛成な事実を見ると、無駄だけどさ。 ホワイト国除外の閣議決定のせいか、KOSPIが2000を割った。 韓国はぜひ日本からの信頼を再び勝ち取るよう、輸出入の厳格化及び日本にきちんと事情を説明し、頑張ってくれ。 韓国にとって「工作」は簡単でも「信用を勝ち取る」行為ほど難しいものはないだろうけれど。 — せんけん megabi0 市場は正直であり、KOSPIが2000を割ったよ。 韓国のために思えて実は違う行為 今あいちトリエンナーレ2019行ってきました。 芸術性の全くない政治色真っ黒の展示コーナーでした。 表現の不自由がテーマなのに写真撮影、SNS投稿禁止の看板。 それこそが表現の自由を妨げる物。 慰安婦像の他に僕からすれば不敬としか言いようがない昭和天皇の絵画もあり。 大村知事の責任は重大。 — ひらひら ajlee1960 あいちトリエンナーレにおいて慰安婦像はまだ1万歩譲るとして、 昭和天皇を燃やす動画を「芸術」と捉えるのは違う。 芸術でなく 単なる罵倒であり憎悪を呼び覚ます行為だ。 友好なら最低でもやっちゃいけない行為がある。 行為の一つが「相手の大切にしているもの」を、 堂々とバカにする行動であり、空気を読まねばならぬ。 空気よりも自分の優越感を第一に置くと、後で取り返しのつかない状態につながる。 よく「日本と韓国はもっと話し合うべきだ」など言えるなと。 むしろ 「友好になったら困る」ために、 わざと日韓敵対を煽っているのではないかとすら考えるよ。 友好に見えた敵対工作でどんなメリットを得る? に電話繋がりました。 質問内容 1. 慰安婦像が展示してあるのは本当か。 昭和天皇の御真影を燃やした作品を展示しているのは本当か。 事務局回答 1. 2共に本当。 2に関しては映像作品でその中の一部。 2共に芸術作品である事。 表現の自由だと主張。 今回は初めから敵意を抱く人を省く。 一件 「あなたの味方ですよ」と見せかけて実は別な何かをたくらんでいる。 気になるのが「 友好をうたう対立工作活動」を行う連中だ。 愛知県美術館に「あいちトリエンナーレ2019」の一貫として展示された「慰安婦像」。 今、こんな時に、よくもまあこんなことができると思ってこのトリエンナーレの実行委員事務局長主幹の朝日さんという人に話を聞いた。 芸術監督はあの津田大介。 日本はもちろん韓国ですら好きではない。 日本と韓国が争った結果、漁夫の利という形で利益を得る第三国はどこか? 思い浮かんだ国々がチャイナ、北朝鮮、ロシアだ。 他には西欧やアメリカの反トランプ側かな。 一部で話題を集めている 「国際金融資本団体」という、 もっと多くの金を得るために争いを作りたい勢力がいて、 団体の頼みで間接的にトリエンナーレへ日韓戦争工作を行う。 主宰側なんて口でいくらでも「これは自発的です」といえる。 裏にある関係をインタビュー一つでいくらでもごまかせられる。 何よりお金の流れは税務局が徹底的にやらないと分からないくらい、 親会社、子会社、孫会社……下請け、下請け、下請けと足がつかぬようにして、 お金を振り込んでいるだろう 元ネタはオレオレ詐欺と反社会的組織。 日本で「慰安婦」騒動を広める画策をしてきた「希望のたね基金」理事の岡本有佳。 この女が、あいちトリエンナーレの「慰安婦像」を誘致した。 単なる反日運動ではなく、北朝鮮の工作が背後にあると見るべき。 希望のたね基金のサイト — FORCEPS FORCEPS4 韓 国の側に立つ人や団体が必ずしも韓国応援のためにするのでなく、 むしろ 韓国と日本の対立を「面白がる」からこそやっている。 地政学目線で考えると、国民同士の対立が深くなり、 経済はもちろん政治にも影響を与える。 戦争は第三国にとって領土や資源が増えるチャンスだ。 領土は領海や領空を含み、資源は人や金、物資を含むよ。 今の日本は歴史の見直しブーム 韓国がフッ化水素を大量に横流ししたことが、日本でも韓国でもほとんど報道されていない! 10日ほど前の記事なのですが、本当に報道されません もう、韓国が「テロ支援国家」なのは確実です 日本も米国も、知っているのですから、戦略として、もっと言うべきだと思います — Buzz Buzzxb 日本人は日本の歴史に無知ではなく、昨今でも• 日本国紀• 経済で読み解く日本史• その他の日本史ドラマ 日本史に関する見直しと再勉強が盛んである。 だからこそ韓国側の考えに立てず反発する。 反発は友好からほど遠くなり、 観光客の治安悪化などに大きな影響を与える。 あいちトリエンナーレの行動は友好や芸術を装った、 日韓対立工作の一環であり、かなりえげつないと考えている。 甘利さんステキ。 一気に好感度アップです(笑) 日本の報道では見られないけど、あちらの報道では昨日の面談で8月15日光復節のムンの日本に対するメッセージまで待って欲しいという要請があったらしい。 しかし、謝罪するわけない。 先送りして状況が変わるのを待っている。 — ちなみに(FYI) ForYourInforma 本当、今回のあいちトリエンナーレを含む慰安婦像及び、 昭和天皇を燃やす映像を見ると 韓国の自尊心を満たすように見せて、 実は日韓対立工作からの第三国による漁夫の利作戦が見えるのだね。 韓国としては「韓国から見る日本の立場」を明らかにしたうえ、 日本を侮蔑させるというメリットを得る。 背後でほくそ笑んでいる団体 漁夫の利 は気づいていないだろう。 日記:男をきれいに描く作家を見て インスタグラムにイラストを上げています。 男をきれいに描く女性作家のイラストを見て、対描いた作品。 男のきれいさってどこにあるのだろうと思ったら、 髪の毛が整っているんだよね。 私は結構バラバラに髪の毛の先端を描くので、 きれいな描き方を見て大いに反省させられたよ。 また韓国の話に戻る。 韓国のイラストレーターの話を一つ。 韓国のイラストレーターを見ると、 塗りが薄くて透き通っている。 透き通った配色バランスは見事であり、私はマネできない。 一度マネをしてみたのだけど、肌色一つでも白と黄色に近い肌であり、 「感覚が違うなあ」と模写しながら思ったよ。 あの完成は素晴らしいんだよね。 さてもう一つ、夏だからこんな記事をnote に書いた。 ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。 プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。 雷が苦手で、光を見ると頭が固まる 元から固い。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。 暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい 3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる 8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。 なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。 12歳:学校で給食委員長になる。 委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。 また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。 18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている 妻となる人にははっきり言えてよかった 21歳:大学在学中、アルバイトを始める。 実家でとことん自分を責める日が続く。 「何をやっても駄目だな、お前は」など。 自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。 寝るのも怖かった日々。 28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。 高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。 29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。 でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。 35歳:人生初の交通事故 物損 に出会う。 冬道の運転で車を上下に大回転 スピンではない を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。 自分の生き方はすべて自分が握っている。 わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

次の

あいちトリエンナーレ

あいち トリエンナーレ 2019

— 2019年 9月月14日午前12時25分PDT トリエンナーレ triennale とは、イタリア語で3年に一度、3年ごとという意味になります。 つまりトリエンナーレは、「3年に一度開催される大規模な芸術祭」のことを指しているのです。 世界的にみるとトリエンナーレの開催数はビエンナーレに劣りますが、日本ではトリエンナーレの数の方が多いです。 最近だと話題のあいちトリエンナーレや、来年には横浜トリエンナーレが開催予定になっています。 ちなみにトリエンナーレと一緒によく聞くビエンナーレ biennale は、イタリア語で2年に一度、2年周期という意味です。 いわゆる隔年制で、2年に一度開催される大規模な芸術祭のことを言います。 二つの祭典、まとめると「国際的な芸術作品の展示会・芸術祭」のことを指します。 ビエンナーレと同様、トリエンナーレも世界各地で開催されていますので、是非調べてみてください。 あいちトリエンナーレの見どころ さて、今年大きな話題になった「あいちトリエンナーレ」。 まずは分かりやすく見どころを紹介していこうと思います。 あいちトリエンナーレは、2010年から3年ごとに開催されている国内最大規模の国際芸術祭です。 2019年の今年で4回目になります。 名古屋市と豊田市の美術館を中心とした4エリアにて、国際現代美術展のほか、映像プログラム、パフォーミングアーツ、音楽プログラムなどを実施しています。 国内外から90組以上のアーティストを迎え、様々な表現を横断する最先端の芸術作品を見ることができます。 そして今回のあいちトリエンナーレのテーマは「情の時代」。 マスメディアでは取り上げることのできない、かなりセンシティブな、刺激的なメッセージを持つ作品が多く展示されています。 テーマがテーマなので、全ての作品が非常に強いメッセージを持ちそこに存在しています。 見る人の感情や神経を逆撫でする作品がほとんどではないでしょうか。 私たちが日常的に多くの情報に左右される中で普段は感じないように制御している感情が、ドッと溢れ出てくる作品がかなり多いです。 見終わるころには疲労感とは別の類の疲れがきます。 — 2019年10月月1日午前3時30分PDT しかし、それでも「感情を揺さぶられること」こそが、アートを鑑賞する醍醐味であり非常に大切なことなのです。 この作品の中の人物は何を考えているんだろう、作者はどういった思いでこの作品を作ろうとしたのだろう、何を伝えたかったのだろう、などの様々な考えが展示作品全てに対して浮かんできます。 あいちトリエンナーレ2019は 作品とその作品が持つメッセージを、その場で直に、生きているこの瞬間に、感じることができる祭典になっています。 観るタイミングによって、感じ方が全然違ってくることも魅力のひとつ。 また今回のあいちトリエンナーレは、芸術監督者にも注目していただきたい。 ジャーナリストである津田大介さんが芸術監督を担っています。 テレビや雑誌などでよく見かけますよね。 政治や災害、戦争、地域課題の解決に対し真摯に向き合ってきた方なので、今回の「情の時代」という強いメッセージが込めらていることに期待が高まります。 ジャーナリストを起用することに意味があるように思います。 次に会場別の見どころを紹介していきます。 展示会場となる4エリアは以下になります。 【愛知芸術文化センター】 — 2019年10月月1日午前3時32分PDT 名古屋駅から一番近いエリアになります。 外のエリアとは一変し、舞台は街中。 民家や蔵での展示といった、アートと街が一体となった作品展示となっています。 街中アートなので展示場所がいくつもあります。 街を散策しながら楽しむことができるので、愛知での開催を一番実感できるエリアになっていると思います。 それぞれの作品は、やはりテーマに沿ったものばかりなので、終始「楽しく」鑑賞するというのは難しいかもしれません。 それでも人間の葛藤の味わう作品や、交通事故を題材とした作品、戦争による街の再現作品など、「目を背けてはいけない」と訴えてくるような作品が数多く展示されているので、このエリアは是非オススメです。 【豊田市美術館・豊田市駅周辺】 — 2019年 8月月7日午前1時55分PDT みなさん、もうご存知の方もいるかと思います。 あいちトリエンナーレのうち、《平和の少女像》などを展示した企画展『表現の不自由展・その後』が、開催から3日間で中止に追い込まれました。 愛知芸術文化センター8階の奥まった場所に、『表現の不自由展・その後』は設けられていました。 この『表現の不自由展・その後』では、さまざまな理由から国内の美術館での作品展示が不許可になった作品を展示していました。 撤去された作品の実物とともにその経緯を鑑賞することで、「議論が分かれる『表現の自由』という現代的な問題について議論するきっかけを作る」ことを目的としていたようです。 参加作家は16組。 慰安婦問題を扱う作品のほか、憲法9条、昭和天皇や戦争、米軍基地、原発、人種差別などのテーマ性を含む作品が展示されていました。 この企画展は初日はとても穏やかに賑わいを見せていました。 《平和の少女像》はインスタレーション的な作品となっており、空席になっている少女像の隣に座って自撮り写真を撮る人もいました。 しかし開催2日目から状況が一転します。 《平和の少女像》をはじめとした慰安婦や、昭和天皇を題材にした作品がネット上で「大炎上」し、2日目には名古屋市長の河村たかし氏が同展を視察するなどの騒動に発展。 作品への苦言や批判、反日作品に対しての過剰なコメント、ついにはあいちトリエンナーレの運営に対して脅迫行為を行う人まで出てきました。 来観者を守るためにも、批判に対する苦渋の決断で企画展を中止し、作品の撤去を行いました。 以降、入り口は扉で仕切られ、照明も消され、入り口の手前には作者のコメントと共に展示中止の注意書きが提示されています。 昨今の社会情勢から私たち人類が直面している問題について、「情」をもってして今一度、アート本来の領域や世の中の現状を見つめ直す大切な展示会になっています。 会場:名古屋市と豊田市の4つのエリア• 会期:2019年8月1日(木)~2019年10月14日(月・祝)• 最寄り:• [愛知芸術文化センター] 地下鉄:東山線または名城線「栄」駅下車、徒歩3分(オアシス21から地下連絡通路または2F連絡橋経由)• [名古屋市美術館] 地下鉄:地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車 5番出口から南へ徒歩8分、地下鉄鶴舞線「大須観音」下車 2番出口から北へ徒歩7分、地下鉄名城線「矢場町」下車 4番出口から西へ徒歩10分• [四間道・円頓寺] 地下鉄:桜通線「国際センター」駅下車 徒歩約5分、桜通線・鶴舞線「丸の内」駅下車 徒歩約5分 名古屋駅から徒歩約15分• [豊田市美術館・豊田市駅周辺] 豊田市美術館 徒歩:名鉄豊田市駅または愛知環状鉄道新豊田駅より約800m、約15分• 【名古屋駅へのアクセス】 東京からJR東海道新幹線「のぞみ」で約1時間40分 新大阪から約50分 中部国際空港セントレア・県営名古屋空港から約30分• 企画概要:国際現代美術展、音楽プログラム、パフォーミングアーツ、映像プログラム、ラーニング ほか 芸術監督:津田大介 ジャーナリスト/メディア・アクティビスト 主催:あいちトリエンナーレ実行委員会 作品展示数も展示会場の数も多いため、しっかり見て回るには2~3日間必要になります。 また、会場間シャトルとしてラッピングカートが運行しています。

次の