プロセッサ 比較。 CPU性能比較表【2020年最新版】

iPadの性能比較!全20モデルのベンチマーク一覧まとめ【2018】

プロセッサ 比較

パソコンを選ぶ際に大事なのがCPUの性能比較ですが、CPUの2大メーカーであるIntelとAMDの現行CPUだけを見ても数多くのラインアップがあり、スペック表の数値を比較しただけではどれを選べば良いのか悩むこともあります。 また、比較的CPU負荷の高いゲーム用途やマルチメディア系の編集処理をしたい、あるいはホームPCとして静音で省電力なお手頃価格のCPUを選びたいなど、パソコンの使用目的や設置環境によっても選ぶCPUは変わってきます。 本ページではデスクトップ向けCPUのベンチマークをもとに様々なデータをグラフ化により視覚化して、各CPUの性能差や世代間での比較をしやすくしています。 INTEL Ultra HighEnd Core X 10000~ Core X 9000~ Core X 7000~ 6000~ 5000~ 4000~ 3000~ 900~ INTEL Core i9 第10世代 第9世代 INTEL Core i7 第10世代 第9世代 第8世代 第7世代 第6世代 第5世代 第4世代 第3世代 第2世代 第1世代 INTEL Core i5 第10世代 第9世代 第8世代 第7世代 第6世代 第5世代 第4世代 第3世代 第2世代 第1世代 INTEL Core i3 第10世代 第9世代 第8世代 第7世代 第6世代 第4世代 第3世代 第2世代 第1世代 INTEL Pentium G5000~ G4000~ G3000~ G2000~ INTEL Celeron G4000~ G3000~ G1000~ CPU性能比較フォームの解説 【CPU選択チェックボックス】 CPUベンチマークや性能比較グラフに表示したいCPUを、世代やアーキテクチャごとにグループ分けした単位で選択、または非選択にします。 これは表示するCPUの数が多過ぎて比較グラフが見づらい場合や、特定のCPU世代やアーキテクチャにターゲットを絞ってベンチマークと性能比較を行いたい場合に使用します。 このCPU選択チェックボックスで選んだCPUのみが、ベンチマーク比較グラフ/消費電力とワットパフォーマンスの比較グラフ/価格とコストパフォーマンスの比較グラフ/CPUスペック比較データに自動的に表示されます。 未選択のCPUや選択したベンチマークのデータがないCPUは非表示となります。 【CPU選択ボタン】 上記のCPU選択チェックボックスに対し一括で処理します。 「全て選択」--- CPU選択チェックボックスを全て選択(ON)します。 「全て解除」--- CPU選択チェックボックスを全て未選択(OFF)にします。 「最近のCPUだけ選択」--- 古いCPUを非表示(OFF)とし、最近のCPUだけを表示(ON)します。 【CPUベンチマークを選択】 CPUの比較で用いるベンチマークを選択します。 CPUの性能を比較するベンチマークには、CPU総合性能やシングルコア/マルチコアでの性能、整数演算/浮動小数点演算性能、内蔵グラフィックス性能など多くの種類があり、重要視したいパソコンの用途(ホームユース、ゲーム、マルチメディア、クリエイター、エンジニア向けなど)により比較するベンチマークを選びます。 例えば、CPU内蔵グラフィックス機能も含めたCPU総合性能の比較ならPassMark、シングルコア/マルチコアでのCPU性能比較ならCINEBENCHがおすすめです。 【性能比較表示モードの選択】 【割合表示モード】 CPUの性能比較の表示モードとして、ベンチマークスコア自体の表示( 数値表示モード)と、選択したCPU(ターゲットCPU)のベンチマークスコアを100%として比較したパーセント表示( 割合表示モード)が出来ます。 右図の『数値表示』『割合表示』ボタンを押すと、各モードへ切り替わります。 比較の元となるCPUを ターゲットCPUと呼び、ベンチマーク表示テーブルの 行をクリックするとターゲットCPUとして選択出来ます。 ターゲットCPUに選択中のベンチマーク情報が登録されていない場合は、割合表示モードでは0%と表示されます。

次の

インテル® Core™ i9 プロセッサー・ファミリー

プロセッサ 比較

intel. - Turbo Boost Freq. GHz Turbo Boost Freq. Size GB Max Mem. 00 10. 4 3 205 1536 2. 00 10. 4 3 205 768 2. 00 10. 4 3 165 1536 2. 00 10. 4 2 173 768 2. 00 10. 4 3 165 768 2. 00 10. 4 3 165 1536 2. 00 10. 4 3 165 768 2. 00 10. 4 3 205 768 2. 00 10. 4 3 150 768 2. 00 10. 4 3 150 768 2. 00 10. 4 3 150 1536 2. 00 10. 4 3 160 768 2. 00 10. 4 3 150 768 2. 00 10. 4 3 150 768 2. 00 10. 4 3 105 768 2. 00 10. 4 3 125 768 2. 00 10. 4 3 200 768 2. 00 10. 4 3 165 768 2. 00 10. 4 3 165 768 2. 00 10. 4 3 160 768 2. 00 10. 4 3 150 768 2. 00 10. 4 3 165 768 2. 00 10. 4 3 150 768 2. 00 10. 4 3 150 1536 2. 00 10. 4 3 160 768 2. 00 10. 4 3 150 768 2. 00 10. 4 3 140 1536 2. 00 10. 4 3 140 768 2. 00 10. 4 3 125 768 2. 00 10. 4 3 135 768 2. 00 10. 4 3 125 768 2. 00 10. 4 3 150 768 2. 00 10. 4 3 130 1536 2. 00 10. 4 3 130 768 2. 00 10. 4 3 140 768 2. 00 10. 4 3 125 768 2. 00 10. 4 3 135 768 2. 00 10. 4 3 125 768 2. 00 10. 4 3 115 768 2. 00 10. 4 3 125 768 2. 00 10. 4 3 135 768 2. 00 10. 4 3 125 768 2. 00 10. 4 2 105 768 2. 00 10. 4 2 105 768 2. 00 10. 4 2 105 768 2. 00 10. 4 2 85 768 2. 00 10. 4 2 105 768 2. 00 10. 4 2 113 768 2. 00 10. 4 2 105 768 2. 00 10. 4 2 85 768 2. intel. - Turbo Boost Freq. GHz Turbo Boost Freq. Size GB Max Mem. 00 9. 6 2 85 768 2. 00 9. 6 2 85 768 2. 00 9. 6 2 85 768 2. 00 9. 6 2 85 768 2. 00 9. 6 2 85 768 2. 00 9. 6 2 85 768 2. 00 9. 6 2 70 768 2. 00 9. 6 2 85 768 2. 00 9. 6 2 85 768 2. 00 9. 6 2 85 768 2. 75 MB cache c Non-default 16. 5 MB cache d Non-default 19. 0 動作時の倍精度浮動小数点数(Double-precision floating-point format ) 理論ピーク性能(GFLOPS)は、以下の式で計算しています。 AVX-512 ターボモード最大コア周波数時 [AVX-512 Max. 0 ターボモード最大コア周波数時 [AVX 2. 0 Max. 0 コア周波数時 [Base AVX 2. Core Frequency in turbo mode] で動作させるためには、プロセッサを充分に冷却する必要があります。 液冷冷却装置 にするか、又は 空冷の場合、冷却ファンの回転数をフル回転にする等の対策が必要となります。 通常の環境では、[Base AVX-512 Core Frequency] で計算するのが、実際の性能に近い値となるはずです。 お取り扱い不可能なプロセッサであっても、納期が長くなったり、保証期間が短くなったり(トレイ製品は、メーカー保証期間 1年間)することがありますが、お取り寄せ可能な場合もございます。 Processor とは、専用の PCI Express x16 で接続。 IFP(Internal Faceplate-to-Processor) という専用のケーブルにより、 で接続。 Socket-P FCLGA3647 は、Skylake-SP、Skylake-F の両方に対応。 2 から 最大 3倍 になっているものがあります。 , , , , , , , , , , , 等 (これらのプロセッサは、Core あたりの Cache 量が多いため、マルチコア、マルチ・スレッドに対応していないアプリケーションに適していると推測されます。 4, 8. 0, Max 9. 8 DIMM 搭載しますと、4 CH 動作となります。 PCI Express Revision 3. 0 3. 0 Max of PCI Express Lanes 40 48 (8 Lanes 増加) Sockets Supported FCLGA2011-3 Socket R3 FCLGA3647 Socket P3 (パッケージは FC-LGA14B) Package Size 45. 0mm x 52. 5mm 76. 0mm x 56. 浮動小数点演算の演算幅が128ビットから、2倍の256ビットとなり、1命令で4つの倍精度浮動小数点演算が可能。 コードネーム Haswell プロセッサより導入されたため、「Haswell New Instruction」 とも呼ばれる。 16 個の新しい 512 ビット SIMD レジスター(ZMM16 ~ ZMM31)をサポート ZMM0 ~ ZMM31 の合計 32 個 Knights Landing では、11種類の AVX-512 命令がサポートされていたが、Skylake-SP ではそれらを全部サポートしておらず、Knights Landing の AVX-512 と同じものではない模様。

次の

iPhone 11はどれだけ高速? 歴代iPhoneのプロセッサー性能を比較

プロセッサ 比較

CPU名称:CPUの名称。 スコア:性能の指標となるベンチマークスコア。 本記事では「PassMark」「Cinebench R15 Single」「Cinebench R15 Multi」の3種類を掲載。 定格クロック:CPUの定格の周波数。 TB時 最大 :CPUのターボーブースト TB 時の最大周波数。 それぞれのコアで最大周波数が設定されており、全コアが表記の数値まで上昇する訳ではないので注意。 TDP:熱設計電力のこと。 大体の消費電力の目安となる。 コア:CPUのコアの総数。 スレッド:CPUのスレッドの総数。 価格:大体の市場価格。 Amazonや価格. comを主に参考とした最安値価格。 コスパ:1円あたりのPassMarkのスコア。 小数点第3位を四捨五入。 とねりん:管理人 コメントありがとうございます。 1600AFの価格の安さとマルチスレッド性能の高さは魅力ですが、おっしゃる通りゲーミング性能が低めなので、格安6コア12スレッドにどれだけ価値を感じるかというところですね。 追記:Ryzen 5 1600 AFは第3世代Ryzenシリーズと同じソケットAM4が採用されています。 旧モデルのものと勘違いしていました。 お詫びして訂正いたします。 挙げられた3つのRyzenの中では、個人的には3300Xが一番良さげな印象です。 シングルスレッド性能が同価格帯では頭一つ抜けて高く、ゲーミングパフォーマンスも高いです。 ただ、10世代のCore i3もついにハイパースレッディング採用で4コア8スレッドとなり、マルチスレッド性能も上がってくるでしょうから、嬉しくも悩ましい状況となりそうですね。

次の