ハッピー デス デイ 着信 音。 「Busy Day Birthday」ハッピー・デス・デイ 2U KinAさんの映画レビュー(ネタバレ)

殺される日を繰り返す『ハッピー・デス・デイ』続編が決定!

ハッピー デス デイ 着信 音

彼女はパーティー会場に向かう途中、大学のマスコットのお面をつけた人物にトンネル内で殺害されてしまう。 2 だが彼女は再び目を覚まし、「8月18日」を何度となく繰り返すのだった。 彼女は殺されまいと行動に気を付けるのだが、同様の犯人に何度も殺害されてしまう。 そのループの中で、彼女は連続殺人犯のジョゼフ・トゥームズが入院先の病院から脱走していることを知る。 3 ツリーは、トゥームズが自分を殺害する犯人であると考え、なんとかお面をつけた犯人を倒すのだが、カーターが殺害されてしまったため、自ら首を吊って再び18日の朝に戻る。 その中で犯人の襲撃をかわすのだが、彼女はルームメイト・ロリからもらったカップケーキをを食べて死亡してしまう。 4 ロリは、ツリーが教授と不倫関係にあることに嫉妬していたのだった。 ツリーはロリの襲撃を回避し、ついに被害を受けず19日を迎える。 朝、誕生日用の着信メロディーが流れたため、また18日を繰り返すはめになるのかと思いきや、それはツリーから話を聞いて事情を知っていた、カーターのイタズラであった。 2人は笑い合い、キスをする。 その日は、ツリーの誕生日だったが、二日酔いで体調が悪かった。 そんな彼女は、つい父親とのレストランでの食事をすっぽかしてしまう。 ツリーは、ルームメイトのロリが作ってくれたカップケーキを捨て、不倫関係にあるグレゴリー・バトラー教授と寝た。 その後、パーティー会場に向かう途中、大学のマスコットのお面をつけた人物にトンネル内で殺害されてしまう。 ツリーは再び、カーターの部屋で目を覚ます。 彼女は、前と同じ8月18日に、誕生日用の着信メロディーで目を覚ましたのだった。 ツリーは、同じ失敗をしないように、穏やかに過ごそうと試みる。 さらには、パーティー会場に向かう途中にあるトンネルを迂回するのだった。 だが、ツリーがクラスメイトのニックといると、同じく大学のマスコットのお面をつけた人物によって2人は殺害されてしまう。 8月18日を再び繰り返すツリーは、自室から出ないことを選択する。 だが、再び浴室にいたマスコットのお面をつけた人物に殺害されてしまう。 ツリーはカーターに相談すると、冗談であると思われてしまうのだが、彼は「繰り返している中で、誰が犯人なのか分かるんじゃないかな」とアドバイスする。 ツリーは、容疑者である1人1人を注意深く見るようにするのだが、それでも犯人は誰なのか分からなかった。 そんな中、彼女が再び8月18日に目を覚ますと、カーターの部屋で倒れてしまう。 病院に運ばれた彼女は、犯人から殺されまいと病院から抜け出す。 途中、警察官に助けを求めようとするのだが、犯人は警官を追い払い、車に火をつけて彼女を殺害する。 ツリーは状況をなんとか打開すべく、カーターに必死で話をした。 ツリーは3年前に母親を亡くし、さらには父親と離れて暮らしているため、同じ誕生日を一緒にカーターと過ごしていた。 そんな中、連続殺人犯のジョゼフ・トゥームズが大学の附属病院に運ばれたとのニュースがテレビから流れ、ツリーはトゥームズこそが犯人だと考える。 犯人は、ツリーを殺害しようとするのだが、カーターが彼女を助ける。 カーターは犯人に殺害されるが、ツリーはバールで犯人を撲殺し、「これで終わった」とほっと胸をなでおろす。 だが、それではカーターが死んだままになってしまうため、ツリーは自ら首を吊るのだった。 ツリーは、不倫関係にあるグレゴリー・バトラー教授との関係を終わらせ、さらには父親と会い、友人たちに親切にする。 さらに、トゥームズの凶行を止める準備をする。 トゥームズがキャンパスの停電を利用したことを逆手にとり、トゥームズを倒すのだった。 ツリーは安心して部屋に戻り、ロリがくれたカップケーキを食べる。 だが翌朝、彼女は再び8月18日に目を覚ました。 トゥームズを倒したにも関わらず、タイムループが止められなかったことに、ツリーは混乱する。 だがそこで、ロリがカップケーキに毒を盛っていると気付くのだった。 ロリは病院で働いていたため、トゥームズを逃がすことができた。 ツリーは、ロリの机にあったマスクを見つけ、犯人はロリであると確定する。 ロリは、バトラー教授に気に入られているツリーに嫉妬していたのだった。 ツリーは、ロリの口にカップケーキを放り込み、窓の外に蹴りだしてロリは死亡する。 ツリーとカーターは、レストランで一緒に過ごし、そこでカーターは、彼女の状況を「映画『恋はデジャ・ブ』のようだね」などと言うが、その映画をツリーは知らなかった。 ツリーは翌朝、誕生日用の着信メロディーで目を覚まし、「またループに入ってしまったのか」と思うのだが、それはカーターの悪ふざけであり、ツリーは19日を迎えていた。 2人は笑い合い、キスをするのだった。

次の

ビッチ女子大生の1日(ハッピーデスデイ 1&2感想)

ハッピー デス デイ 着信 音

【ネタバレ】 ハッピー・デス・デイのお面の犯人は誰? 犯人は誰? ツリーの誕生日に何度も彼女を殺していたのは、ルームメイトの ロリでした。 最初はカップケーキに毒を仕込みツリーを殺そうとするも彼女が食べなかったため、自身がお面をかぶり殺害します。 犯人の動機は? ロリがツリーを殺した理由は、自分の彼氏; グレゴリー医師とツリーが性的な関係にあり嫉妬していたからでした。 1回目の犯行の前に、病院のエレベーターでグレゴリーに会いに行くツリーに対し、ロリが「そういうの続けていると、後で取り返しのつかないことになると思う」と言います。 これはロリの殺害予告だったようですね。 ここで注目したいのは、グレゴリー医師には奥さんがいたということ。 つまり、ツリーと同様 ロリも不倫をしていたことになります。 ツリーが何度も殺されることになった理由はグレゴリー医師でした。 そして、グレゴリーは奥さんがいるにもかかわらず、同時に二人の生徒に手をだしていたということです。 連続殺人犯は犯人ではない? 途中、ツリーはお面をかぶった連続殺人犯の男に殺されかけました。 しかし、彼はそれまでツリーを殺害したいた犯人ではなく、あの場面だけ病棟にいた人物。 ロリは自身が勤務する附属病院に連続殺人犯が運び込まれたことを利用し、彼をツリー殺害の犯人にしたてあげたのです。 ただ2回目のときに、ツリーが誕生パーティに向かう途中で1回目と同様お面をかぶった集団に遭遇します。 このときツリーに見つめる最後尾にいた人は、おそらく連続殺人犯の男。 というのも、 彼が集団から遅れそうになったときに男性の声を発していたからです。 ロリはこの列にいた仮面をかぶった人物ではなく、別の場所でツリーを待ち伏せしてたように思われます。 ハッピー・デス・デイのあらすじ結末 ここからはロリが犯人だったことを踏まえて、ツリーが殺された場面を振り返っていきたいきましょう。 始まりは毎回同じ、カーターの部屋でツリーが目を覚まします。 そして、自分の部屋にもどりルームメイトのロリからカップケーキをもらいます。 ところが、毎回ツリーが毒入りのカップケーキを食べません。 この時点でロリは直接ツリー殺害を決めていたのでしょう。 殺害現場を振り返えると次のようになります。 トンネルを出た直後に芝生で刺される• 誕生パーティで刺される• ツリーとロリの部屋で刺される• ティム家の側で刺される• グレゴリー家の側で溺死• ダニエルと取っ組み合うところでひかれる• バットで殴られる• 爆破するパトカーのなかで死亡• 時計台から首吊り自殺• 毒入りカップケーキを食べて死亡 ツリーはトータルで10回死亡しました。 9回目に殺人犯の存在が明らかになりますが、おそらくロリは毎回、連続殺人犯に薬を投与し拘束を解いたあとに犯行に出ていたと思われます。 2回目で誕生パーティで殺されたため、3回目では自分の部屋にひきこもることにします。 ところがなぜかお面の犯人が… この時点でルームメイトのロリが犯人である可能性は高かったですね。 この時点で自分に好意を抱いていたティム、女子グループのダニエル、ジェシカ、それからグレゴリー医師の嫁さんが白であることが判明。 9回目では、助けてくれたカーターを生き返らせるためツリーは自ら死を選択します。 6回目と9回目はロリは直接ツリーの死に関わっていませんね。 10回目でロリが計画していた毒入りケーキを食べるのでした。 11回目の誕生日の朝、自分がケーキを食べた後再びループしたことを思い出し、ケーキに毒が入っていると確信、ロリが犯人であると気づきます。 二人は取っ組み合いの末、ツリーがロリを窓から突き落とし彼女は死亡。 次の日、今までと同様カーターの寮で目を覚ました。 ループしたときと同じ電話の着信音がなりツリーは心配になりますが、今日は19日で誕生日の翌日。 カーターのいたずらでした。 なぜループするのか 映画「ハッピー・デス・デイ」は、主人公のツリーだけ誕生日をループするという設定。 しかし残念ながら、なぜツリーだけループするのか、どうしてループするのかについては説明されていません。 ループする理由については、今作の続編「 ハッピー・デス・デイ 2U」で明らかになりました。 まだみてない方はぜひU-NEXTでご覧ください! ここをクリック.

次の

【ネタバレ】 ハッピー・デス・デイのお面の犯人は誰?あらすじ結末やループする理由を調査!

ハッピー デス デイ 着信 音

今作の1と2どちらも監督されています。 参考程度にRotten Tomatoesの評価を載せておきます。 批評家評価 71% 観客評価 66% 続編の方は、 批評家評価 70% 観客評価 58% どちらも似たような感じの評価ですね。 実際日本でもfilmarks評価がどちらも3. 8となっており評価はそこまで変わりません。 予告編 感想(1&2) 携帯の着信音が頭から離れない.....。 ライトに観れる、まさに娯楽映画!! 注意 ここからの感想核心をつくネタバレはないですが全く情報を入れたくないという方はお気をつけください 気軽に観れるという点でとても良い映画でした。 アマゾンプライムで配信されており映画自体の長さも100分程度、内容も重く無い、笑って楽しくハラハラできる、自宅で観るには最適な映画でしょう。 話題になるのもなんとなくわかります。 普段映画をあまり観ないという人でもホラー映画は観るという方、結構いると思います。 ドキドキしながら観れるシーンがあり、犯人はしっかり不気味、主人公の後ろから現れるシーンには思わず声を上げてしまう。 けど、面白くて笑える部分の方がどちらかといえば多い。 ホラー好きはもちろんですがホラーが苦手な方でもおそらく観れるライン、万人に向けたという意味ではホラーとコメディのバランス、比率が取れた映画なのでは無いでしょうか。 みんなでワイワイ観るのに適した映画だったと思います。 良かった点から話します。 最初のオープニングロゴ、1も2どちらにも一芸仕込まれており好印象でした。 どちらもそうですがあの演出一つでこの映画がタイムリープ物であることが伝わり、ホラーって言ってるけどそこまで怖く無いよ、気軽に観れるよっていう雰囲気がこちらに伝わってくるので良かったのでは無いでしょうか。 細かな部分ですが映画が好きな身にとってはサービス精神溢れる演出であったと思います。 映画全体のテンポがとてもいいですね。 この映画一日を繰り返す、1日の最後に主人公が殺されて戻されるという設定がすぐわかる、つまり最初のループが起こるまでグズグズせず必要なことやって物語を次の展開に移行させる部分は良かったです。 特に最初の一周めでいかに主人公がこれからの犯人探しが難航するか、いかに主人公が他人に恨みを買っているか、どんな性格なのかまで無駄なくスピーディーに、なんなら始まってすぐの行動で観客に理解させる辺り素晴らしいと思いました。 にしても なかなかの主人公のクズっぷり こんなやつに共感できるんかと最初は思っていましたが、今作観客から共感を得るという意味でのタイムリープの使い方がとても上手かったと思います。 誰にも過去に戻りたいと思うことはあると思います。 それは主人公も同じです。 タイムリープを何度も繰り返すうちに主人公は何度も試行錯誤をします。 その中で彼女は人として成長し、その上である1日の最初から繰り返す時映画の始まりとは真逆の行動を取ります。 彼女自身もその1日よりも前に戻ることはできません。 だから過去に犯したことを変えることはできません。 しかし、1日の行動を変えるだけで未来は大きく変わる。 そんなメッセージが映画に含まれており、こんなぶっ飛んだやつでも親近感が湧いて共感してしまったのでは無いでしょうか。 続編である2の方では映画全体で、過去を引づらず未来を見よう、というようなニュアンスのメッセージがありますが、1の物語のメッセージがうまくこちらに活かすことができたのでは無いでしょうか。 この映画最大の見せ場と言っていいでしょう、主人公の死ぬシーンが良かったです。 ハラハラするシーンもありますが主人公が何度も、次々と殺されていく様子は観ていて笑ってしまう演出になっており面白かったです。 このシーンは映画の中盤あたりです。 映画後半の病院でのシーンはなかなかハラハラしましたが中盤からの流れといいジェットコースターのような映画の流れでアクセントが聞いていたのでは無いでしょうか。 続編2ではもはや自分から死ににいく、しかも随分と楽しそうにバライティにとんだ死に方するもんだからとても面白いです。 ここから個人的に悪かったと思う部分に入ります。 ホラー演出が単調だったように感じました。 結局音で驚かそうとしてくる。 というかこの映画全体的にBGMが多くてうるさい。 確かにその方がテンションが上がるかも知れないけど、わざわざ追い詰められるところまでBGMを多用しなくても。 ギャーギャーうるさかったという印象が強いです。 大きな音が鳴れば驚きます。 当たり前です。 驚きはしますけどそれは怖くは無いんですよ。 もう少し何か工夫されてても良かったのでは無いかと思います。 このブログで何度も言ってますが大きな音で驚かせる演出はスポンジボブのハッピーセットのCMとやってることは一緒です。 いやでしょ、これと一緒は。 こちらでも同じようなこと言ってるのでよければどうぞ 物語の部分ですがタイムリープという要素をもう少し活かせなかったのかと感じてしまいました。 キャラクターに感情移入させる、キャラクターを魅力的に見せるということにはうまくいっていたと思います。 ただ1の最後の展開といい、2の物語の持ってき方といい正直、 突拍子無いは ご都合主義、その場しのぎが少し多すぎな気がします。 死に過ぎると体調に影響が出る割には随分と元気に動くし、逃げたり相手倒すのももう少し計画的に動いた方がいいのではないかと思いました。 何度も死んで死にまくって細かく計画立てていく、タイムリープ映画の醍醐味はそこではないでしょうか。 行き当たりばったりな部分は残念でした。 続編の2について最後に触れます。 2は1に比べてSF要素が増えて逆によりホラー要素が減ったような印象です。 観たことでなんとなくわかりましたが、1と2の評価が一緒なことに納得しました。 物語の流れがほとんど同じ。 一ヶ月経ったらあのシーンが1と2どっちのシーンだったかわからなくなるんじゃ無いかって位一緒。 個人的には2は1が好きだった人向けの後日談ぐらいの勢いなんじゃ無いかなって思ってます。 もちろん2にも好きなシーンはありましたが、わざわざ2を作る意味があったかと言われるとわからないです。 1で締めても良かったんじゃ無いかな、と個人的には感じました。 このご時世外に出れない中、気軽に家で観るには持ってこいぼ映画なのでは無いでしょうか。 コロナが無かったらみんなでワイワイ言いながら観たい映画だなって思いました。 下に「ハッピー・デス・デイ」を観た方におすすめの映画を貼っておきます。

次の