札幌大谷中学校。 札幌大谷中学校・高等学校

札幌大谷中学校

札幌大谷中学校

特色 [編集 ]• 生徒数は1106人、教職員数は72人、事務職員数は16人である。 元々は女子校だったが,中学校が2008年度に,高校が2009年度に共学化。 中学校共学化に合わせ道内中学校では初となる硬式野球部が発足。 英数選抜コースが2008年から導入。 高校サッカー部はに出場経験はないが、2012年に初出場を果たし、2013年に初出場を果たした。 高校硬式野球部はに出場経験はないが、2018年に高校の部決勝でを破って初出場初優勝を果たし 、翌2019年のに出場。 バレーボール部・水泳部・卓球部・フェンシング部は全国大会常連。 沿革 [編集 ]• 1899年(明治32年) - 上人(第23代)来札の際に,学校用地(現・中央区南6条西7丁目)を購入。 1906年(明治39年) - 私立北海創立。 初代校長清川円誠。 70名余入学。 1910年(明治43年) - に昇格。 私立北海高等女学校に組織変更。 1922年(大正11年) - 現校地である仲通(現・東区北16条東9丁目)に移転。 移転を機会に,洋式の制服を採用(北海道では最初)。 1923年(大正12年) - 「私立」を削除して,校名を「北海高等女学校」に改称。 1944年(昭和19年) - 北海高等女学校に組織変更。 1948年(昭和23年) - により,北海高等女学校併置中学校開設(2月)。 北海高等女学校・北海高等女学校併置中学校を「札幌大谷高等学校」「札幌大谷高等学校附設中学校」と改称(4月)。 1951年(昭和26年) - 札幌大谷学園に組織変更。 1993年(平成 5 年) - 附属中学校で,3コース制募集開始。 2001年(平成13年) - 附属中学校を札幌大谷中学校に改称。 2003年(平成15年) - 中学校で,6か年一貫英数コースを設置。 高等学校で,音楽科,美術科設置。 2006年(平成18年) - 札幌大谷学園開校百周年式典挙行。 2008年(平成20年) - 高等学校で,ブレザー型新制服制定。 中学校で,男女共学化,英数選抜コース設置。 2009年(平成21年) - 高等学校で,男女共学化,英数選抜コース設置。 学科 [編集 ] 中学校• 英数選抜コース• 特進コース• 音楽コース• 美術コース 高等学校• 普通科• Gコース• Sコース• 英数選抜コース• 音楽科• 音楽コース• 美術科• 美術コース 学校行事 [編集 ] 中学校• 4月 - 入学式、前期始業式、対面式• 5月 - 合唱コンクール、花まつり• 6月 - 体育祭• 7月 -• 8月 - 登校学習会(英数選抜コース)• 9月 - 宿泊研修、修学旅行、前期終業式• 10月 - 後期始業式、強歩鍛練、別院報恩講• 11月 - 学校報恩講、文化祭、宗祖御正忌日勤行• 12月 -• 1月 - 3ヶ月海外留学(英数選抜コース)、スキー学習• 2月 -• 3月 - 1ヶ月海外研修(英数選抜コース)、卒業式、修了式 高等学校• 4月 - 入学式、前期始業式• 5月 - 花まつり• 6月 - 遠足(5年生のみ)• 7月 - 学園祭、夏期休暇• 8月 - エンパワーメントプログラム(希望者のみ)• 9月 - 体育祭、前期終業式• 10月 - 後期始業式、強歩鍛錬、別院報恩講• 11月 - 学校報恩講、研修旅行(5年生のみ)• 12月 - 冬期休暇• 1月 - スキー学習• 2月 -• 3月 - 卒業式、修了式 部活動 [編集 ] 中学校• 運動部• 硬式野球部• サッカー部• バレーボール部• バドミントン部• 卓球部• 陸上部• 水泳部• フェンシング部• ソフトテニス部• 文化部• 吹奏楽局• 図書局• 養真局• 書道部• ロボット部• 競技かるた部• 同好会・愛好会• 華道同好会• 茶道同好会• マンガ・アニメーション同好会• ESS愛好会• 文芸愛好会• 囲碁・将棋愛好会• チアリーディング愛好会 高等学校• 運動部• 硬式野球部• サッカー部• 女子バレーボール部• ソフトテニス部• フェンシング部• 卓球部• 陸上競技部• 水泳部• バドミントン部• バスケットボール部• 体操部• 文化部• 吹奏楽局• 図書局• 放送局• 養真局• 弁論部• 演劇部• 美術部• 工芸部• 写真部• 書道部• 科学部• 手芸部• ロボット部• 競技かるた部• 同好会・愛好会• マンガ・アニメーション同好会• 音楽同好会• 華道同好会• 茶道同好会• 囲碁・将棋愛好会• 文芸愛好会• ESS愛好会• ディベート愛好会• チアリーディング愛好会 交通アクセス [編集 ] 地下鉄()• 「」2番出口より徒歩5分 バス()• 東17 北光線「大谷学園前」より徒歩1分• 東19 北光・北口線「大谷学園前」より徒歩1分 学校関係者 [編集 ] 教職員 [編集 ]• - 元校長・元教諭,初代学長 出身者 [編集 ] スポーツ• - 選手,4位入賞• 小森芳枝 - 選手,1964年出場• 磯崎直美 - 選手,銀メダリスト• - 選手• - 選手• - 文化• - 芸能• - 元,優勝・東京へ転校• - ミュージカル俳優 脚注 [編集 ].

次の

札幌大谷中学校|札幌市|札幌のプロ家庭教師なら家庭教師プラス

札幌大谷中学校

トップレベルの人材を育成 首都圏レベルの超進学校への道を着実に歩んでいる札幌大谷中学校(札幌市東区、正傳潤映校長)は、受験者数が急減した2009年度の札幌圏中学入試においても英数選抜コースを中心に安定した人気を誇り、昨年度を上回る男女133名が入学しました。 英数選抜コースの実質倍率は1. 8倍 札幌大谷中学校(以下札幌大谷)の2009年度入試結果は、受験者数210名(男100、女110)、合格者数198名(男98、女100)、入学者数133名(男60、女73)。 中でも医学部や一流大学の現役合格を目指す「英数選抜コース」は、受験者数117名(男53、女64)に対し、合格者数65名(男31、女34)で実質倍率は1. 32名(男9、女23)が入学しました。 「英数コース」は合格者数55名(男20、女35)で34名(男13、女21)が入学しました。 入試担当の種市政己教頭が語ります。 「英数選抜・英数では、昨年に続いて学力上位層の生徒が数多く入学しました。 将来的には、優秀な英数選抜一期生が卒業を迎える5年後が、進学校として大きく飛躍する勝負の年と考えています。 英数選抜・英数では6年間かけて生徒の学力を伸ばす指導力に自信をもっています。 現在英数コースに在籍する中3には、ハイレベルな全国模試で上位に名前を連ねる生徒もいます」 宗教的情操教育に基づく個性豊かな人材育成を重視 札幌大谷は進学指導を強化する一方、創立以来、心の教育を重視し、宗教的情操教育に基づく個性豊かな人材育成に力を注いでいます。 「特進コース」では、強化クラブである硬式野球部、サッカー部、バレーボール部、卓球部に在籍し、常に全国大会の頂点を目指し活躍する生徒が多くいます。 また芸術分野の「音楽・美術コース」でも名門の音楽・美術大学へ進学し、芸術分野の第一線で活躍する指導者を数多く輩出しています。 札幌大谷では宗教的バックボーンを通じて、学業、スポーツ、芸術の各分野で秀でた多様な個性を認め、育成する校風が形成されています。 「札幌大谷学園は、親鸞聖人の「み教え」を建学の精神に、素直な心でものごとを見つめ、すべての人や物を思いやることのできる心豊かな人に育つことを願っています。 その四つの道しるべとは、学び知ることの楽しみを味わおう、すなおな心で真実を求めよう、身体をすこやかに鍛えよう、限りなき恵みに感謝しよう。 この四つの道しるべには、21世紀に続く人材育成の基本的な資質が示されていると思います。 社会で人から信頼されて一流の人間として成功するための基本的な特質は、勤勉、素直な心、プラス思考だといわれています。 そして、感謝する気持ちは本来の自分の力を発揮するベースになると思います。 目標を高ければ高いほど自分も成長します。 根本は人間教育です。 人間がしっかりしてないと、大学受験でもスポーツ、芸術分野でも勝てません。 「小学生のうちは、本を浴びるように読んで、文字文化を吸収してほしいと思います。 国語力のある生徒の学力は、中学に入ってから必ず伸びます。 本校の英数選抜、英数コースへの入学を考えている保護者の方には、小学4、5年頃から思考力を育てるしっかりとした塾へ通うことをお薦めします。 勉強することで心も鍛えられます。 小学生の時からしっかりと勉強して鍛えあげたお子さんを預かり、本校の教育力で育てあげます。 スポーツも同様です。 本校の野球、サッカー、バレーボール、卓球部の強化クラブには、ジュニア時代に鍛え上げられ、全道大会で優秀選手に選ばれた生徒が入学し、本校の優秀な指導者によって全国大会で頂点を競って勝負する一流選手に成長していきます。 小学生時代に育てたお子さんを大谷スタイルでさらに鍛えあげます。 芸術分野も同じことがいえます。 将来、専門分野で一流を目指すなら小学生時代のトレーニングが欠かせないと思います。 そして、家庭では、保護者の方とお子さんの共同作業によって早寝早起き、家の手伝い、金銭管理など生活の基本習慣をしっかりと身につけていただきたいと思います。 s-ohtani.

次の

札幌大谷中学校|札幌市|札幌のプロ家庭教師なら家庭教師プラス

札幌大谷中学校

なんで加害者が1週間の停学で被害者が退学なんだろうか? (殴る、蹴る、水筒の水を勝手に飲んで顔に吹き掛ける、シャープペンを太ももに何度も突き刺す、髪の毛を抜く 他 暴行が毎日続いていた)=まさに変態行為以外の何物でもない。 罪もない人を自分達の歪んだ変態的嗜癖欲求を満たすために利用して退学にしておいて、 自分達は変態のまま復学して変態のまま卒業を許すのかい。 道が事実なら、そんな学校にお金払って通わせる意味がありますか。 それこそ今、通う生徒は1人もいないでしょう。 ころすぞしね。 おまえこそ 笑 だったら。 シャーペンはツンツンで血も出ていなかったら。 一方的な殴る蹴るではなく、友達どうしでお互いにやりあっていたら。 ぼう力がひどいなら、その時点で加害者は停学でしょうね。 せっかくの受験。 大切なお子さんを正しく育んでくれる学校。 マスコミの不確かな報道で、お子さんの未来や可能性を奪われてしまうのは勿体無いです。 それを、いじめと言うならいじめでしょうが 自分のお子さんが、ふざけあっていて、ある日いじめだと訴えられたら? 違う違うと思っているうちに、ネットで悪く言われてしまったら? 釈明もせず、いさぎよくいじめがありました。 と認める私立中学校はなかなかないものですよ。 隠蔽もせず、被害者や、保護者に向きあっている教師や学校を見て私立中学校はこうでなきゃとは思いませんか。 お子さんと真実を確かめることをおすすめします。 うちも大谷の受験を考えていましたが、こんなところに高いお金を払うのはもったいない。 子供だけのいじめではなく、保護者でのいじめもあるそうです。 私が直接聞いたのは、いじめていた保護者からの話しです。 呆れましたが。 子供のための部活に保護者のいじめ、そしてそれを誇らしげに話す。 そんな親ばかりだと、その知り合いは楽しそうに話していましたよ。 こんな学校にいけるか。 行けるわけありません。 行かせられません。 いじめ問題があったにも関わらず、まだやるのか。 勘違いをしていることに目をさまして。

次の