門松 飾り方。 門松の飾り方 門松を飾るのはなぜ?マンションの場合の門松の飾り方

門松の飾り方 門松を飾るのはなぜ?マンションの場合の門松の飾り方

門松 飾り方

門松の正しい飾り方 基本的に門松は玄関か門に飾ります。 そして2対1体で飾ることが多いです。 もちろん1体のみで飾っても問題はありません。 2対1体となっている門松は左右対称に飾りますが、この時 気をつけなければならないのが門松の左右です。 門松の中心は竹であることが多いですが、竹の周りに飾られている松には黒いものと赤っぽいものの2種類があります。 これは 松に雄と雌があることを表します。 黒っぽい松は雄松で玄関や門から見て左側に飾ります。 そして赤っぽい松は雌松で反対の右側に飾ることになります。 また、松だけでなく周りに飾る葉牡丹にも雄雌があります。 白い葉牡丹である男雛は左側に、紫っぽい紅い葉牡丹である女雛は右側に飾ってください。 いつからいつまで飾る? 門松は 12月13日から飾ることができます。 これは大掃除の始まりとされた「すす払い」という行事が12月13日に行われていたことから由来します。 すす払いをすると正月の準備をすることになるので、かつては今の感覚ではかなり早い12月中旬より門松を飾っていたことになります。 しかし、これはクリスマスを祝う習慣がなかったころの話です。 現在は多くの家庭でクリスマスをお祝いするので、 クリスマスの飾りを片付けた後に門松を飾るのが一般的です。 そして 片付ける日は1月7日か1月15日です。 なぜ2日候補があるかというと、地方によって異なるからです。 実は12月13日から1月7日、または1月15日までを「」といい、門松を出している期間を意味します。 門松を出している期間とはすなわち 正月です。 この松の内の終わりが地方によって異なり、 基本的に関東地方は1月7日まで、関西地方は1月15日までとされています。 ですのでその日に片付けるようにすると門松についてよく知っている家庭ということになりますね。 門松を飾る理由 正月に門松を飾るには理由があります。 それは 年神様をお迎えするためです。 年神様とはお正月に私たちの元にやってきて1年の健康や幸せを授けてくれる神様です。 この年神様はしっかりと正月の準備ができている家庭や場所にやってきます。 その目印となるのが門松やです。 特に門松は降りてきてくださった年神様の依り代ともなります。 玄関や門に門松を飾るのは、 この家は年神様をお迎えすることができますよということを示す目印になるからです。 また、門松自体にもとてもおめでたい木などが使われています。 松は神を祀るという意味もあり、さらにずっと緑で枯れないことから強い生命力を表します。 そして竹もまっすぐ伸びる強い生命力を表す縁起の良い木です。 この縁起の良い門松を飾ることで自分たちの家や商業施設などに年神様をお迎えすることができるのです。 飾ってはいけない日はいつ? 先ほど、12月13日から門松を飾ることができるとご説明しましたが、実は飾ってはいけない日、飾らないほうが良い日があります。 まず絶対に避けたほうが良いのが 12月29日です。 29、つまり二重苦を表します。 そのため、おめでたい年神様をお迎えする門松や正月飾りを飾るにはふさわしくない日となっています。 さらに 12月31日も避けてください。 年神様をお迎えするのに準備して1日しかたっていない正月飾りでお迎えするのは失礼にあたります。 これは「一夜飾り」と呼ばれ、29日ほどオススメしない日ではありませんが、好ましくな日となっています。 同様に 12月30日も避けてください。 12月30日は旧暦の大晦日です。 そのため、一夜飾りと同じ扱いになってしまうので注意が必要です。 つまりは28日までに門松を飾るのが良いということになります。 特に28日は末広がりで縁起の良い日とされているのでぜひこの日に飾るようにしてください。 門松の処分の仕方 では松の内の期間、飾っておいた門松はどのように処分すべきなのでしょうか。 門松やをゴミとして出すのはかなり気がひけますよね。 実は全くダメなやり方というわけではありません。 門松や正月飾りも塩や酒で清め、他のゴミと分けておけばゴミとして出すことも可能です。 とはいえ、これはお住まいの地域によるので収集所などに確認するようにしてください。 ただし、私たち日本人の気持ちとしてあまり良いものではないのですよね。 そこで最もオススメの方法が「」に出すことです。 どんど焼きは左義長など地域によって呼び名が様々ありますが、神社などで行われる火祭りの行事です。 一般的に小正月である 1月15日に行われます。 このどんど焼きの火と共に年神様は空へお帰りになります。 この時に門松も一緒に焼いていただくのが最も良い処分方法になります。 まとめ いかがでしたか? 最近はあまり門松を飾るご家庭も減りましたが、とても縁起の良いものです。 今回の記事を読んで興味が出て下さったら嬉しいです。 日本の伝統である門松。 しっかりと残していきたいですね。

次の

門松の正しい飾り方を解説、雄松と雌松は左右どちら?飾る期間は?略式の場合は?

門松 飾り方

デカすぎるという事もなく、小さすぎる事もない大きさです。 用意するもの 用意するものは以下の 8 点になります。 ・真っ直ぐな竹 ・ノコギリ(竹を切る時に使用) ・20リットルの缶 ・藁(わら)を布状にしているこも、藁 ・縄 ・松 ・梅 ・土、砂 玄関先に並べるために、2セット分を用意しましょう。 藁や縄の長さですが、 20リットル缶は一周1m前後なので これを目安にしておくと良いかもしれません。 材料はこれぐらいなので、実際に作っていきましょう。 そして、20リットル缶に藁(わら)を巻いて 門松鉢を作ります。 藁は三カ所に巻くのですが、 それぞれ7巻き、5巻き、3巻きで巻いて下さい。 そこで、先ほど作った門松鉢に松や梅を含めた、 自分の好みの物も入れていきましょう。 いつもと違った聖夜を楽しみたい 今年のクリスマスは 「本場の料理で家族や恋人をもてなしたい」 人気のクリスマスケーキを予約しよう 毎年クリスマスが近づくと、 スイーツ店やデパート等で、さ 彼氏との始めてのお花見デートにて、絶対に手作りお弁当で彼氏に、 「すごい料理上手なんだね」 クリスマスを彩ろう 家族で楽しいクリスマスを華やかにするために、 飾りを用意してみてはどうで 入園式はもちろん子供たちが主役ですが、 ママの服装もとっても大切になります。 カテゴリー• 100• アーカイブ•

次の

門松の正しい飾り方は?松に雄雌がある?次の年も使って良いか?

門松 飾り方

お正月を迎える準備の1つに門松があります。 各家の前に門松が飾られると、一気にお正月が近づいた感じを受けます。 そんな門松の由来や意味、飾り方や処分の仕方までまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。 Sponsored Link 門松の由来 門松の由来は平安時代にまで遡ります。 その年の初めの子の日(ねのひ)に小さな松の木を長寿祈願の為に引き抜いてくる、小松引きという宮中の儀礼が始まりです。 最初は松だけを飾っていましたが、縁起の良い竹も一緒に飾るようになったのは室町時代です。 2つが一対ですが、片方は黒松で作られる雄松、もう一方は赤松で作られる雌松で、左に雄松、右に雌松を飾る決まりがありました。 しかし最近はどちらも黒松で作られています。 左右に違いがあったのですね。 門松の意味 お正月は、それぞれの家にその年の歳神様が新しい年の運や豊かさ、幸せを運んできます。 そんな歳神様ですから、ちゃんと迷わずに我が家にも来ていただきたいですね。 門松は、歳神様が迷うことなく我が家にたどり着くための目印として立てられたと考えられています。 神様が宿ると言われている樹木、その中でも祀る(まつる)に繋がる樹木として松が使われるようになりました。 真ん中に位置して目立つのは竹ですが、主役は竹ではなくて松ですから門松と言われるのですね。 門松の作り方.

次の