レトリバー 本。 RETRIEVER(レトリーバー) 50%OFF

ゴールデンレトリバーは抜け毛が多い!お手入れ方法から抜け毛対策までを解説!|docdog(ドックドッグ)

レトリバー 本

ゴールデンレトリバーの被毛の構造 アメリカンタイプ、イングリッシュタイプどちらのゴールデンレトリバーも上毛(トップコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造のダブルコートが特徴です。 ゴールデンレトリバーの場合、1つの毛根から1本のトップコートと複数本のアンダーコートが生えていることも特徴の一つです。 また、羽毛のような長い飾り毛(フェザーリング)が、首回り、足の後ろ側、下半身、尻尾についています。 この飾り毛が、ゴールデンレトリバーをより優雅に見せる役目を担っているのです。 トップコートは、外側に生えている被毛でツヤのあるゴールドやクリーム色の被毛のことを指し、撥水性のある被毛が密集して生えています。 水を弾く被毛は、鳥猟犬として水鳥の回収を行うことを使役として誕生したゴールデンレトリバーの特徴のひとつとも言えます。 下毛と呼ばれているアンダーコートは、トップコートの内側に生えている被毛のことで、トップコートに比べ柔らかく密に生えていて、冷たい水による体の冷えを防ぎ、また気温変化や害虫から皮膚を守る役目を持っています。 アンダーコートの特徴は、季節によってその量が変化することです。 寒い季節には、アンダーコートがより密生し体を冷えから守ります。 また、暑い季節には必要のないアンダーコートは抜け落ち、必要最低限のアンダーコートが気温変化や害虫から皮膚を守ります。 こまめなブラッシングがポイント ゴールデンレトリバーの抜け毛対策に最も有効なのがブラッシングです。 ブラッシングによって、必要のないアンダーコートを抜き取ることができるため、毎日のブラッシングはかかせません。 特に、春と秋の換毛期は、1日に数回こまめにブラッシングをすることで、家中に抜け毛が散らばることを防げます。 ゴールデンレトリバーのブラッシングにおすすめのグッズは、抜け毛を取るために有効なスリッカー、ホコリ取りに加え艶出し効果のあるピンブラシ、顔周りや耳周りなどのグルーミングに役立つコームの3種類。 ブラッシングのポイントは、まずピンブラシで汚れやホコリ、抜け毛を取り除き、スリッカーで細かい部分の抜け毛を取り除くこと。 シャンプーの前にもピンブラシで入念にブラッシングをすると、シャンプー後の抜け毛対策になります。 ゴールデンレトリバーにおすすめのメニュー トリミングサロンでは、デザインカットの他にシャンプー、爪切り、肛門線絞り、足回りのカット、耳掃除などを基本メニューとして行っています。 ゴールデンレトリバーの場合は、この基本メニューだけで十分。 基本メニューを年に数回、施術してもらうことで美しい被毛を保つことができます。 最近では、サマーカットをオーダーする飼い主さんも多く見かけますが、ゴールデンレトリバーにとってサマーカットはかえってマイナスです。 全身の被毛を刈り取ってしまうカットは、熱中症をはじめノミやダニをつきやすくしてしまいます。 また、その後に生えてくる被毛は、生まれつきの被毛とは違い硬めであることが多く、元の通りに伸びない可能性もあるため注意が必要です。

次の

ゴールデンレトリバーの子犬の値段や選び方は?里親やブリーダーから購入?しつけや寿命は?

レトリバー 本

都道府県 :• 全国のレトリバー• 秋田 0• 山形 0• 富山 0• 山梨 0• 鳥取 0• 島根 0• 高知 0• 宮崎 0• 11 カテゴリ :• 全ての里親募集• 258• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のレトリバー• 秋田 0• 山形 0• 富山 0• 山梨 0• 鳥取 0• 島根 0• 高知 0• 宮崎 0•

次の

ラブラドールレトリバーの子犬を無料でGET!値段や格安販売で注意することは?

レトリバー 本

第1特集 ご長寿の秘訣 「少しでも健康に、長くそばにいてほしい」愛犬家なら、誰もが抱く想いに、ライフスタイル、情報、HOW TO、さまざまな角度から応える特集。 シニア期を迎えた愛犬と暮らす方はもちろん、レトと暮らす人すべてに役立つコンテンツを満載します。 アクティブに楽しむ時期を終え、ともに過ごす時間を大切に過ごす家族のライフスタイルを紹介。 〇シニアレトの飼い主100人に聞く、リアルライフ Before After本誌にしかできない、シニアレトの暮らし調査。 散歩の時間や食べる量など生活にまつわることから、休日の楽しみ方、身体的な変化、疾病歴、お金のかかり方などまで、徹底調査します。 ゴールデン、ラブ、フラットそれぞれに「食べる」「寝る」「遊ぶ」という基本欲求への応え方、 注意点などを紹介。 愛犬の写真を使ってオリジナルアイテムをつくる。 写真集をつくる。 SNSのアイコンにする。 その利用範囲はアイデア次第で無限に広がります。 そこで今回は、素材としての写真に注目。 撮り方、加工の仕方、楽しむアイデアなどを紹介します。

次の