エースバーン キョダイ 育成論。 エースバーン

エースバーン育成論 : リベロダイマエースバーン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

エースバーン キョダイ 育成論

そのうちしれっと入れ替わってる可能性もあります。 「ふぶき」の枠はロマンなので「冷凍ビーム」でもいいです。 特性はワンチャン起こす「雪隠れ」、砂嵐で削れたHPを戻せる「アイスボディ」お好みで! ダイマックス前提だと「どろかけ」もありますが、普通に打つ相手いないので技構成としては完成されているかと思います。 きあいのタスキ持ちと対面することがあんまりなかったので、氷の礫は変えてもいいかも。 ヒートロトム、リザードンなどに対しても「お願いミラーコート」が出来るのは偉く、先発で出しやすい型です。 ミラーコートはダイマックスすると「ダイサイコ(威力100)」になるので絶対覚えておきましょう。 ダイウォール使えないぞ!• フリーズドライの火力が絶妙に足りない• バンギラス• 普通はダイマックスギャラドスを倒せませんが、メガネを持てば確定一発です。 フリーズドライの欠点にダイマックスして打てないというものがあるのでメガネとの相性は抜群ですね。 ただ、過剰火力になりがちなので特攻はもっと削っても良いかもしれません。 特化しても無振りダイマックストゲキッスは6. 注意点として、特攻を削れば削るほど無振りドリュウズをダイマックス吹雪で倒せなくなります。 初手対面警戒するならこのままの調整でどうぞ。 他、技に関しては「どろかけ」「ミラーコート」の枠は自由です。 破壊光線 ダイアタック/素早さダウン も候補ですし、凍える風や冷凍ビーム入れてもいい。 ダイアタックが使えるので、もう少し素早さを振ってリザードン抜きとかにしても良いかもしれない。 特防の個体値を31にしていますが、0でもいいです。 ただし「これ、特防下げてなかったら熱湯2耐えしたよね?」「ステロ食らったあとにマジシャ耐えたよね?」みたいなリスクもあります。 意外なところとしては「こおりのつぶて」の火力もびみょ~~~~~に上がっています。 HP振りは知らない。 実際のところ、キョダイラプラスに対して圧倒的な強さを見せた。 ただし「きあいのタスキ」型や「じゃくてんほけん」型と比較したときに、苦手な相手に対する回答が「あくび」しか無いので基本勝てない。 パーティのパワーを必要とする構成でもあるので、イーブイズパーティだとちょっとしんどかった。 あと、たべのこし、貴重やからな。 最速ぶっぱの反省を活かし、耐久調整。 控えめにしたことで火力も微増し、良いことづくめだ。 エースバーンとかアイアントとか抜いてもしゃーないから、欠点はインテレオン抜けないぐらいだ。 アイアンヘッド怯みの恐怖もなく、安心してドリュウズ対面で勝つことができる。 「あくび」とか入れたいんですけど、氷技4つが凄くステキなのでこれにしました。 もし入れるなら「こおりのつぶて」の枠ですかね。 理論上絶対強いのですが「火力不足」「キッスが悪巧み積んでこなくてミラコしても倒せない」「特防高すぎて普通のポケモンに対してミラコの火力が出なさすぎる」などたくさんの問題を抱えております。 選出はできるけど活躍を見せることが少ない、非常に微妙な型でした…。 エースバーンからは「ダイジェット」を打ちづらい(耐えられると弱点を突かれる)ため、ダイアタックによる素早さ逆転がほぼ決まる。 「ダイスチル」を持つエースバーンもいるところだけ注意が必要。 元々「こごえるかぜ」だった枠を後半に「あくび」へと変更したのですが、ダイウォール使えるのが便利すぎてもっと早く変えておけばよかったと思いました。 シーズン8より「キョダイカキュウ 威力160 」が登場したため調整が崩れた。 ひどい話だ。 対面前提なのに壁や晴れ状態、相手の型想定が固定化されているというのがよくわかりません。 その状況はレアケースなので、「この状況は頻繁に発生するかどうか」というのを考え直したほうが良いと思います。 リザードンの型自体、今はキョダイマックス個体のほうが多い環境ですからね。 グレイシアでリザードンを処理したいなら対面での「弱点保険ダイアタック ジェットのリスク有 」や「気合のタスキミラーコート 物理のリスク有 」が無難だと思います。 チョッキグレイシアを運用する上でリザードンに対する回答がほしい!ということであれば、少し特防に振ってオーバーヒートを元にしたキョダイ技を耐えるくらいの調整をしておけば、ラムリザードンなどは返り討ちにできる可能性があります。 仰られてる状況(壁を貼っているが晴れ状態でサンパワーが発動しており命の珠を持っているリザードンとグレイシアの対面)だと特防特化しても乱数で倒されるので、チョッキグレイシアで勝てるパターンはほとんど無いと思います。

次の

【ポケモン剣盾】新ポケモン一覧と特性【ソードシールド】

エースバーン キョダイ 育成論

キョダイガンジンの効果 技名 キョダイガンジン 効果 キョダイマックスしたカジリガメの繰りだすみずタイプの攻撃。 鋭い無数の岩をばらまく。 入れ替わったポケモンにダメージを与える キョダイマックス専用技のキョダイガンジンは、ステルスロックの追加効果を持つ攻撃技。 対面先にダメージを与えた上に以降の交代をしづらくし、タスキも潰すことができる。 可能な限り早い段階で使って、交代戦を有利にしよう。 すいすい中は圧倒的な速さ 特性「すいすい」なら、 発動中の最速カジリガメはすいすいルンパッパのSをも超える。 ただしダイストリームを使えないため、他のポケモンで雨を降らす必要がある点に注意。 かつ、努力値はASベースになるので耐久力が落ちる。 ただし物理耐久はそれなりに高く、カウンター持ちの可能性もあるため、特殊技で攻めるのがおすすめ。 どちらか一方でも半減できるポケモンなら戦いやすい。 回復技を持っていないので、タイプ有利で殴り合えば倒せる。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

エースバーン

エースバーン キョダイ 育成論

ついでにステロが撒かれてるはずなのでタスキも頑丈も死。 基本ムーブは初手ダイジェットでS上げて上からサンパワーで殴るだけ。 半端な返しの2倍弱点程度なら耐えるので弱点保険が発動してしまってヤバい。 こいつと対面して生きていられるのはミミッキュとバンギラスだけかもしれない。 りゅうのはどうとソーラービームはきあいだま、げんしのちから辺りと選択。 ただバンギが死に出しされると天候が奪われ、H4バンギですらダイナックルで落とせず、こっちはダイロックどころかいわなだれで死なので、出来ることなら先に処しておきたい。 同じ理由でギガイアスも死。 カバルドンはこっちがダイマックスしてればいじっぱりA252ストーンエッジでも低乱数1(18. 7%)なので安心してダイソウゲンしよう。 たぶんあくびしてくるけど。 サンパワーの性質上、相手がダイマックス技使って天候変えてくることがたいへん多い。 ただダイストリームは既に晴れてる前提なので、実質等倍だから弱点保険発動させてくれるこっちにとってすごく都合がいい択。 こっちの最終ターンでダイストリーム撃たれてダイマ切れてもぼうふうが必中になってすごくいい。 ダイアイス使ってくるのはほぼ氷タイプだから焼けるから大丈夫。 氷技持ちの水タイプだとダイストリーム使ってくるからね。 ダイロックは死。 天候の取り合いに弱くなるけど万が一ステロ撒けなかった場合のタスキ対策になるのでパーティと相談。 サンパワーキョダイリザードンの入手難易度もあるしね。 サンパワーリザードン単体で動くとなると1ターン目でサンパワー効いてないダイバーンで晴らしてから本気出す感じになるので遂行速度が遅くなってしまう。 キョダイ個体じゃなくてもサンパワー晴れダイバーンの威力はすんごいので出来ることなら晴れ状態でダイマックスしよう。 キョダイゴクエンはダイバーンでも威力は同じ。

次の