女性 ソイプロテイン 比較。 女性におすすめのプロテインベスト3!ソイプロテインならダイエット・美容にも効果的!|筋トレブログ.com

女性におすすめのプロテインベスト3!ソイプロテインならダイエット・美容にも効果的!|筋トレブログ.com

女性 ソイプロテイン 比較

そもそも「プロテイン」とは、「たんぱく質」のことで、たんぱく質を効率よく摂取できるように加工されたサプリメントです。 プロテインにはいくつかの種類があります。 代表的なものとしてはホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインが挙げられますが、その中でもソイプロテインはダイエットに効果的なプロテインといえます。 最近では飲むタイプのものだけでなく、CMなどでも宣伝されているような大豆を使ったプロテインバーも、ダイエットのための健康食品として多く発売されていますね。 プロテインを発売している各メーカーが、ウエイトダウンという商品名でソイプロテインを発売していることからも、ソイプロテインがダイエットに効果的であることがわかります。 ソイプロテインがダイエットに効果的なのは、植物性たんぱく質であるということが関係しているのですが、この植物性たんぱく質と動物性たんぱく質にはどのような違いがあるのでしょうか。 動物性たんぱく質と植物性たんぱく質は、構成されているアミノ酸に違いがあります。 たんぱく質はアミノ酸が集まってできたものです。 たんぱく質が分解されるとアミノ酸になるのです。 動物性たんぱく質は人体で合成できない必須アミノ酸のすべてがバランスよく含まれていますが、植物性たんぱく質はいくつかの必須アミノ酸が含まれていなかったり含まれている量が少なかったりします。 必須アミノ酸は一つでも不足している場合、一番低い部分に合わせて働きが制限されるという特徴があります。 一つの必須アミノ酸量が少なければ、他の必須アミノ酸がどんなに多く摂取できていても使うことができないのです。 この考え方を「アミノ酸の桶の理論」といいます。 動物性たんぱく質は必須アミノ酸バランスが良いことで効率よくカラダづくりに使われるため、完全たんぱく質とも呼ばれています。 動物性たんぱく質は体内の吸収率も高く、カラダづくりに使われやすいという特徴があります。 ただし、脂質を含むものも多く、摂りすぎは体脂肪の蓄積や生活習慣病につながる可能性があります。 植物性たんぱく質は、単一の食品からではアミノ酸のバランスが悪く効率よくカラダづくりに作られません。 複数の食品を摂ることによって、お互いのアミノ酸を補う必要があるのです。 そんな アミノ酸の不足がある植物性たんぱく質の中で、大豆は動物性たんぱく質同様、完全たんぱく質の食品なのです。 また、植物性たんぱく質は、脂質が少なくヘルシーな食品としてカラダづくりに効果を発揮します。 そのため、この大豆を使ったソイプロテインにはダイエット効果があるのです。 プロテインの役割は、たんぱく質の摂取量を増やすことです。 これはソイプロテインだけでなく、ホエイプロテインやカゼインプロテインの役割も同じです。 筋肉づくりを行う場合、普段の食事だけで摂る分よりも、さらに多くのたんぱく質量を摂取する必要があります。 たんぱく質を多く摂取することで、カラダの組織を構成するために消費される分だけでなく、 筋肉を成長させるために必要なたんぱく質も確保することができるからです。 ダイエット目的の場合は、筋肉量の低下を防ぐために、たんぱく質を多く摂取しなければなりません。 体重が落ちたはいいものの、その多くが筋肉だったということは少なくありません。 筋肉量を維持したり増やすためにはたんぱく質が必要で、効率よくたんぱく質を摂取するためにプロテインが活用されるのです。 ブランド名:Kentai(ケンタイ) 商品名:プロテインスーパータブ プロフェッショナルタイプ スポーツサプリメントのメーカーとしてパイオニア的存在の [健康体力研究所] が展開するプロテインです。 このプロテインは、パウダータイプではなくタブレットで摂取するタイプのソイプロテインです。 たんぱく質含有率は80%と高く、運動によって失われやすいビタミンやミネラルも配合されています。 一度に多くのたんぱく質を摂取するのであれば、パウダータイプの方が効率は良いですが、タブレットはバータイプ同様、持ち運びや摂取するのが簡単です。 こまめに摂取したい人や、出張などが多く家以外で過ごすことが多い人にオススメなプロテインです。 ソイプロテインには、他の動物性たんぱく質のプロテインにはない良い効果があります。 それは大豆に含まれているイソフラボンによる効果です。 このイソフラボンは女性にとって大きなサポート役を果たしてくれるのです。 イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしてくれる栄養素です。 大豆で作られたソイプロテインを摂取することで、イソフラボンを多く摂取することができます。 女性ホルモンは年齢とともに分泌量が減少していきます。 分泌量が少なくなると、肌や髪のトラブルなどの美容面や、疲れやすさやカラダのだるさ、生理不順や更年期障害などの体調面、やる気が出なくなるなどのメンタル面での様々な症状を引き起こします。 特にダイエット志向が強く痩せすぎの女性や、ダイエット中で食事制限をしている女性は、栄養バランスが崩れ女性ホルモンの分泌が少なくなる傾向にあります。 ソイプロテインを使いイソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの働きを助け、カラダのトラブルの解消につながります。 もちろん筋肉の維持・向上にも効果的なので、ダイエット中の女性にとってソイプロテインは力強い味方なのです。 体重を落とす目的でプロテインを活用する場合は、ソイプロテインが効果的です。 ソイプロテインは体内への吸収速度が遅い事や食物繊維が豊富に含まれていることから腹持ちが良く、空腹感を感じにくくなります。 腹持ちが良くなることで余計な摂取カロリーを増やすことを防ぎ、結果的にダイエットに繋がります。 また、大豆に含まれているイソフラボンがもたらす効果の一つとして、甲状腺の機能を活性化させ全身の代謝を高めることにより、他のプロテインに比べ体脂肪が落ちやすくなるという実験データの報告もあります。 ダイエットに使う場合は、普段の食事量を少なくする代わりにソイプロテインを追加して飲むようにするとよいでしょう。 また、間食の代わりとしても適しています。 通常のたんぱく質摂取目安は体重1kgあたり1gといわれていますが、 運動をしていたりカラダづくりを積極的に行っている人が筋肉をつけるためには体重1kgあたり2g以上のたんぱく質を摂取することが推奨されています。 例えば体重が60kgであれば120g以上のたんぱく質を1日で摂取する必要があるわけです。 実はこのたんぱく質量を普段の食事だけで摂取するには、多くの食事が必要となります。 食事だけで摂取しようとすると、たんぱく質だけでなく糖質や脂質も多く摂取することに繋がってしまい、結果的に筋肉だけでなく体脂肪を増やすことになってしまう場合があります。 プロテインの効果を高める摂取タイミングはいくつかあります。 その中で欠かさずに摂取したいタイミングは、「トレーニング後」と「就寝前」です。 実は、この二つのタイミングには、それぞれ適しているプロテインの種類が異なります。 ソイプロテインの効果的な摂取タイミングは、「就寝前」です。 就寝中は成長ホルモンの分泌が多くなり筋肉を成長させるために重要な時間なのですが、就寝中は食事をすることができずたんぱく質を補給することができません。 そのため、就寝前にゆっくりと体内に吸収されるソイプロテインを摂取することで、就寝中の筋肉づくりを効果的に行うことができるのです。 効果を最大限高めるためにプロテインの種類を使い分けるのであれば、トレーニング後はホエイプロテイン、就寝前はソイプロテインがオススメですが、ソイプロテインだけを摂取するのであれば、目標とする摂取量を補うためにもトレーニング後と就寝前両方とも摂取するようにしましょう。 また、 ソイプロテインは朝食事に飲むのも効果的とされています。 空腹感を抑えることができ、余計な間食を防ぐことができるからです。 目標摂取量を満たすためには、朝・トレーニング後・就寝前に摂取するとよいでしょう。 牛乳から作られているプロテインを使用する場合、牛乳成分に含まれている乳糖によってお腹の調子を崩す人がいます。 その症状を乳糖不耐症といいます。 ホエイプロテイン商品の中には、乳糖不耐症の人でも飲めるように様々な製法によって乳糖を最大限に減らした商品もありますが、それでもお腹の不調を訴える人は少なくありません。 そんな人にとってソイプロテインはオススメできます。 大豆から作られるソイプロテインには乳糖は全く含まれないからです。 どんなに吸収が早く、筋肉づくりに効果的といわれているホエイプロテインでも、しっかり体内に吸収され使われなければ効果は低くなってしまいます。 乳糖不耐症の人はソイプロテインの活用を検討してみましょう。

次の

ホエイとソイプロテインの違いと効果とは?女性におすすめなのはどっち?

女性 ソイプロテイン 比較

プロテインはアスリートやボディービルダーが飲むもの。 一般人、それも女性には縁のないものだとお考えの方が多いと思います。 また、「プロテイン=筋肉ムキムキになる」というイメージが強く、ムキムキになりたくないからという理由でプロテインに否定的な意見を持つ女性も多いです。 ですが、プロテインはそんな筋肉増強剤のような薬ではありません。 むしろ、プロテインの種類や使い方によっては、 ダイエットや 美容、 健康維持にも効果的な栄養補助食品なのです。 プロテインはダイエットしたい女性にこそぜひ飲んでもらいたいおすすめの食品です。 今回は、プロテインが ダイエットに効果的な理由と 女性におすすめのプロテインのベスト3をご紹介します。 [adsense] 目次• プロテインがダイエットに効果的な理由 プロテインには種類がある! プロテインには筋肉をつけたい人が飲むというイメージがあります。 確かにそのイメージは間違っていないのですが、筋肉をつけたい場合に飲むプロテインは 「ホエイプロテイン」という種類です。 関連記事: プロテインには大きくわけて 「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」の3種類があります(プロテインの種類について詳しく知りたい方はの記事を参考にしてください)。 「プロテイン」と言うと一般的には「ホエイプロテイン」を指すことが多いのですが、ダイエットしたい女性におすすめなのは「ソイプロテイン」という種類です。 ホエイプロテインやカゼインプロテインが動物性タンパク質であるのに対し、ソイプロテインは植物性タンパク質だというところが特徴で、ホエイやカゼインにはない様々な効果があります。 例えば、 ダイエットや美容、健康維持に効果的だと言われています(詳しくは後で解説します)。 ダイエットにはソイプロテインがおすすめ! ソイプロテイン(別名:大豆プロテイン)は「ソイ」の名の通り大豆から作られた植物性タンパク質が豊富で 低カロリーな栄養補助食品です。 ソイプロテインは普通の食事と比べて低カロリーなので、食事の代わりにソイプロテインを飲んで食事と 置き換えることで、摂取カロリーが減って自然と体重が落ちるというわけです。 いわゆる「プロテインダイエット」というやつですね。 また、ソイプロテインはホエイプロテインとは違って体にゆっくり吸収されるため腹持ちがよく満腹感も得られやすいです。 なので、食事と食事の間にとれば間食を減らしたり少なめの食事でも満足できるというメリットもあります。 もちろん、すべての食事をプロテインに置き換えるなんて無茶なことをする必要はなく一日1食を置き換えるだけで十分です。 むしろご飯やおかずを少し減らしてその分プロテインを飲むだけでも効果はしっかり見込めます。 食事制限だけではダメなのか? わざわざプロテインを飲まなくても、 食事制限をすれば痩せるんじゃない?と思う方も多いでしょう。 食事制限をすれば確かに痩せます。 食べないのですから当然です。 ですが、これにはひとつ落とし穴があります。 単純に食事だけを減らした場合、当然ながら摂取する栄養素が不足します。 特に、タンパク質はただでさえ日本人に不足しがちだと言われているのに食事制限ではなおさらタンパク質を摂ることができません。 タンパク質が不足すると人間の体は筋肉を分解してエネルギーを摂ろうとします。 筋肉が分解されると基礎代謝が減少し、エネルギーを消費しにくくなり 太りやすい体質になってしまうのです。 そこで、単純な食事制限ではなくソイプロテインと置き換えることで、栄養をしっかり補給しつつダイエットができます。 ソイプロテインにはタンパク質はもちろん ビタミンやミネラルもバランスよく配合されているものが多いのが魅力です! タンパク質が不足する影響はまだまだある タンパク質は筋肉のほかにも皮膚や内臓、髪の毛など人間のあらゆる部位を作っている とっても重要な成分です。 タンパク質が不足することで、肌の老化やたるみなどの 肌トラブルはもちろん、免疫力の低下や貧血、体調不良など 健康への悪影響がでる可能性まであるのです。 プロテインを飲まずに食事制限だけしてしまうことにはこのような危険が潜んでいたのです。 食事を減らしつつプロテインで効率的にタンパク質などの栄養素を補給してあげることで、健康的にダイエットできるということです。 ソイプロテインには美容効果もあり ソイプロテインの原料である大豆に含まれている 「イソフラボン」には女性に嬉しい効果がたくさんあります。 例えば、肌の新陳代謝を活発にしたり肌のハリを保って 美肌効果が期待できます。 美容のためには欠かせない成分というわけですね。 また、イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするとも言われていて ホルモンバランスを正常に保つ働きもしてくれます。 女性ホルモンが活発に働くことでバストアップの効果も期待できます。 さらに、更年期障害や骨粗鬆症の予防にも効果を発揮するので嬉しい限りです。 このように、ソイプロテインはダイエットはもちろん、美肌・美容、老化の防止など様々な面で有効なのです。 女性におすすめのソイプロテインベスト3 第1位:ザバス ソイプロテイン100 1kgで2,000円ちょっとという圧倒的な安さが魅力のソイプロテイン。 コスパ抜群で価格をできるだけ抑えたい方に最適です。 価格が安いだけでなく、保存料・着色料・香料不使用の無添加で品質にもこだわっています。 大豆臭が少なく飲みやすいのもメリットです。 低価格と高品質を両立しており、Amazonのレビューでも好評なのでおすすめです! まとめ ソイプロテインを継続して飲むことでダイエットや美容、健康促進など様々な効果が期待できます。 プロテインは続けることが肝心です。 毎日飲むのが大変であれば時々休んでもいいです。 また次の日から飲み始めればいいのです。 とにかく途中でやめることなく長く続けるように意識しましょう。 また、食事制限だけでダイエットを目指すのは体にもお肌にもデメリットが多いです。 ソイプロテインを飲んで健康的にダイエットを目指しましょう。

次の

女性は寝る前がおすすめ!ソイプロテインのダイエット効果と飲み方!

女性 ソイプロテイン 比較

種類の違いは原料の違いから 店頭に並ぶさまざまな種類のプロテイン。 これらの大きな違いは原材料です。 大きく分類すると、プロテインには牛乳を材料とするホエイプロテイン・カゼインプロテイン、大豆を原料とするソイプロテインがあります。 今回はホエイ・カゼイン・ソイプロテイン、それぞれの特徴についてご紹介します。 ホエイプロテイン ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質の一種です。 ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)といいますが、このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。 ホエイには他に、ミネラルや水溶性ビタミンが含まれます。 メリットとデメリット ホエイプロテインには筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、筋肉修復効果も期待されています。 味は淡白で飲みやすく、体内への吸収速度はスムーズで胃腸にもたれにくいというメリットがあります。 デメリットは、他のプロテインと比べると価格が比較的高いことでしょう。 商品によってはソイプロテインと併用したものや、プロテイン含有量を控えめにしたものなど、機能や価格面で工夫しているものもあります。 こんな方におすすめ ホエイプロテインがおすすめなのは、トレーニングで強い肉体を手に入れたい方です。 トレーニング後、効率的に筋肉の回復を促すためにはできるだけ素早くタンパク質を補給することが必要といわれています。 ホエイプロテインは吸収がスムーズであることからトレーニング直後の補給には最適とされています。 筋トレだけではなく、マラソンなどの持久系スポーツ、格闘技・コンタクトスポーツ(ラグビー・アメフトなど)と広い分野で強靭な体を作りたい方に適しています。 WPC製法 Whey Protein Concentrate(濃縮乳清タンパク質)、濃縮膜処理法とも呼ばれます。 原料になる乳清をフィルターで膜処理し、ろ過して得られた液体を濃縮する製法のため乳糖が残りやすくなってしまいます。 乳糖不耐症を持つ人にとっては、腹部膨満感やお腹が張ってごろごろする原因となる場合もありますが、乳清に含まれるビタミンやミネラルをできるだけ多く残すことができるメリットがあります。 タンパク質含有率が約80%の製品はこの製法で作られていることが多いようです。 WPI製法 Whey Protein Isolate(分離乳清タンパク質)、イオン交換法とも呼ばれます。 WPC製法で分離されたタンパク質をさらにイオン交換して作られるため、タンパク質以外の成分はほぼ除去されて高濃度のホエイタンパクが作られます。 精製度の高いホエイプロテインを実現するために比較的多くの工数が必要となり、価格は若干高めです。 WPH製法 Whey Protein Hydrolysate(加水分解乳清タンパク質)の略称です。 加水分解ペプチドとも呼ばれ、微生物に含まれる酵素などを使いWPCをペプチド状態(アミノ酸が十数個から数十個つながった状態)に分離したものです。 ホエイプロテインは製法ごとにさまざまな特徴を持っています。 自分にあった製法のプロテインを選んでみてください。 カゼインプロテイン ホエイプロテインと同じく牛乳を主成分とするのがカゼインプロテインです。 ホエイプロテインが水溶性で吸収が早いことに対し、カゼインプロテインは不溶性で固まりやすく、体への吸収速度がゆっくりであることが特徴です。 こんな方におすすめ ダイエット時の間食や運動をしない日のタンパク質補給、また就寝時におすすめです。 カゼインプロテインは体への吸収速度がゆっくりであることから満腹感の持続が期待できます。 ソイプロテイン ソイプロテインの原料は、その名の通り大豆のタンパク質部分だけを粉末にしたものです。 タンパク質の比率を高め水分や糖質、脂肪を減らし植物性タンパク質を効果的に摂取できるようになっています。 価格が比較的安いことも特徴の一つです。 メリットデメリット ソイプロテインはカゼインプロテインと同じく消化吸収速度がゆっくりのため、満腹感が持続しやすいです。 加えて、大豆に含まれるイソフラボンの効果で皮膚や骨の強化、血流改善が期待できます。 一方で、溶かしたときに粉っぽくなってしまい、他のプロテインと比べて飲みづらくなることもあるようです。 少量のぬるま湯で溶いてダマにならないようにしてから水を加えるなど、飲みやすくする工夫が必要です。 最近では、溶けやすく改良された商品も多く発売されています。 こんな方におすすめ 満腹感が持続しやすいためダイエットをしている方にはもちろん、健康維持をしたい方にもおすすめです。 女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているので、肌の張りを保つ効果や、女性らしい体のラインをキープしたい方にもおすすめです。 まとめ プロテインは強靭な肉体作りにも、引き締まったカラダ作りにも役立ちます。 吸収速度や体に与える影響などが種類によって異なるので、自分の目的に合わせたプロテインを摂取してみてくださいね。 おすすめ商品.

次の