前橋 市 ハザード マップ。 高崎市ハザードマップ

洪水浸水想定区域/前橋市

前橋 市 ハザード マップ

ページID1023319 更新日 令和2年4月13日 近年、各地で大規模な洪水や土砂災害により甚大な被害が発生しています。 もしもの時に備え、ハザードマップで危険箇所や浸水想定区域、避難所を再度確認しましょう。 ハザードマップとは 宇都宮市では、台風や集中豪雨などによる大規模な洪水や土砂災害の危険性が増加した場合に、被害が発生する地域や被害の程度を予想し、市民の皆さんに速やかに安全な場所に避難していただき、被害を最小限に抑えることを目的として、避難や事前準備に関する情報をまとめたハザードマップを作成しています。 ハザードマップには「洪水ハザードマップ」と「土砂災害ハザードマップ」があります。 もしもの災害に備え、このハザードマップを活用し、避難する場所や避難時の心得、災害の備えなど、日頃からご家族の皆さんや地域の皆さんで話し合い、確認しましょう。 洪水ハザードマップ 洪水ハザードマップは、水防法に基づき、国(一級河川鬼怒川)や栃木県(一級河川田川、一級河川姿川)が、想定しうる最大規模の降雨によって被害が想定される範囲として公表した浸水想定区域図を現況図と重ね合わせる形で作成しました。 (注意)浸水想定区域は、あくまでも浸水が想定される区域を明示したもので、もし洪水が発生した場合でも、この図のとおりに浸水するというものではありません。 区域外においても浸水や家屋倒壊等が発生する場合や、区域内の想定が異なる場合があります。 (注意)平成31年1月に姿川・田川洪水ハザードマップが改訂されました。 以下のページ内でご覧いただけます。 浸水想定区域は、対象とする河川の延長や流域などの条件によりそれぞれ異ります。 各河川の想定条件は以下のとおりです。 一級河川鬼怒川・鬼怒川流域・石井上流域で3日間の総雨量が669ミリメートル• 一級河川田川・田川流域で6時間の総雨量が365ミリメートル• 一 級河川姿川・思川合流点上流の流域で1日の総雨量が634ミリメートル• (注意)洪水ハザードマップは、ホームページからダウンロードしていただくほか、河川課(市役所8階)の窓口で配布しております。 また、地区市民センターの窓口でも地域別に配布しておりますが、在庫に限りがある場合がありますのでご了承ください。 また、国土交通省「ハザードマップポータルサイト」でも調べることが出来ます。 土砂災害ハザードマップ 土砂災害ハザードマップは、土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)に基づき、栃木県が「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」に指定し、公表した区域図と現況図を重ね合わせる形で作成しました。 なお、市内には多数の土砂災害危険箇所がありますが、「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」として指定し、公表した347箇所の危険箇所を栃木県のホームページにある、「とちぎ地図情報公開システム」で「とちぎ土砂災害警戒区域マップ」を掲載しています。 下記リンクの「栃木県とちぎ地図情報公開システム とちぎ土砂災害警戒区域マップ」で閲覧することができます。 大雨時には、この他の地域についても、注意が必要です。 地区別土砂災害ハザードマップ (注意)令和2年3月に、上河内地区・河内地区における土砂災害ハザードマップが改訂されました。 以下のページ内でご覧いただけます。 (注意)土砂災害ハザードマップは、ホームページからダウンロードしていただくほか、河川課(市役所8階)の窓口で配布しております。 また、地区市民センターの窓口でも地域別に配布しておりますが、在庫に限りがある場合がありますのでご了承ください。 防災気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法と避難行動 防災気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法や避難行動などについて、詳しくは、下記リンクをご覧ください。 参考資料•

次の

前橋市内の土砂災害危険箇所/前橋市

前橋 市 ハザード マップ

指定箇所については、下記の地内の一部です。 (1)土砂災害警戒区域…71箇所 急傾斜地の崩落 総社町地内、大渡町地内、田口町地内、川端町地内、小坂子町地内、日輪寺町地内、嶺町地内、富士見町地内 大胡町地内、堀越町地内、樋越町地内、苗ヶ島町地内、粕川町地内 土石流 富士見町地内、苗ヶ島町地内、三夜沢町地内、柏倉町地内 (2)土砂災害特別警戒区域…67箇所 急傾斜地の崩壊 総社町地内、大渡町地内、田口町地内、川端町地内、小坂子町地内、日輪寺町地内、嶺町地内、富士見町地内 大胡町地内、堀越町地内、苗ヶ島町地内、粕川町地内 土石流 富士見町地内、苗ヶ島町地内、三夜沢町地内、柏倉町地内 (3)指定箇所の詳細 下記ホームページで確認できます。 (1)土石流 谷や山の斜面から崩れた土や石などが、梅雨の長雨や台風の大雨などによる水と一緒になって、一気に流れ出てくる現象です。 土石流は、流れの急な川や扇状地で発生することが多く、速いスピードと強い力で、人の命や家などの財産を奪い、道路や線路などの交通網にも大きな被害を及ぼします。 (2)がけ崩れ がけ崩れとは、地中にしみ込んだ雨水により、急な斜面が突然くずれ落ちる現象です。 がけ崩れは、地震によって起こることもあり、崩れた土砂は斜面の高さの2倍(または最大50メートル)にあたる距離まで届くと言われています。 突然発生するため、死者の割合が高いことも特徴です。 (3)地すべり ゆるやかな斜面の粘土のような滑りやすい地層に雨水などがしみ込み、その影響で地面が動きだす現象です。 地すべりは、広い範囲にわたって起こるのが特徴で、家や田畑、道路などの交通網のすべてが被害を受けてしまいます。 地すべりは、一日に数ミリ程度と目に見えないほどの動き方ですが、突然数メートルも動くことがあります。 また地すべりによってせき止められた川の水があふれると、下流に大災害をもたらすことがあります。 さーちずまえばしを使った検索 避難勧告等は以下の基準を参考に、気象予測や土砂災害危険箇所の巡視等から総合的に判断して発令します。 避難情報発令の基準一覧 【警戒レベル3】 避難準備・高齢者等避難開始• 大雨警報(土砂災害)が発表され、土砂災害警戒判定メッシュ情報で「赤の着色」(大雨警報の土壌雨量指数基準を超過)の場合• 台風の通過など、夜間から明け方にかけて強い降雨が想定される場合• 夜間から明け方に避難勧告を発令するような状況が想定される場合 【警戒レベル4】 避難勧告• 土砂災害警戒情報が発表された場合• 土砂災害警戒判定メッシュ情報で「薄い紫」の着色があった場合• 土砂災害の前兆現象(湧き水・地下水の濁り、渓流の水量の変化等)が発見された場合 など 【警戒レベル4】 避難指示(緊急)• 土砂災害警戒情報が発表され、かつ、土砂災害に関するメッシュ情報で「濃い紫」の着色があった場合• 土砂災害警戒情報が発表されており、さらに記録的短時間大雨情報が発表された場合• 避難勧告等による立ち退き避難が十分でなく、再度、立ち退き避難を促す必要がある場合 【警戒レベル5】 災害発生情報 土砂災害が発生した場合 土砂災害の避難所.

次の

ハザードマップ @群馬県前橋市 | アール・イー・ビー

前橋 市 ハザード マップ

ページ番号1013731 更新日 平成30年10月5日 水害ハザードマップとは 桐生市水害ハザードマップは、市民の皆様が災害による被害から避難する際の参考となる情報をまとめたものです。 このマップには、渡良瀬川や桐生川等の河川を起因とする水害、土砂災害など多様な災害が起きた際に想定される被害の及ぶ範囲や、その場合に逃げるべき避難所を掲載しています。 水害ハザードマップについて この浸水想定は、国土交通省関東地方整備局渡良瀬川河川事務所および、群馬県河川課が100年に1度程度もしくは1000年に1度程度起こる大雨により、河川がはん濫した場合を想定し、浸水の状況をシミュレーションして作成しました。 水害ハザードマップの見方 このマップは、「どうなる」「どうする」「考える・備える」の3部構成で作成されています。 まずは「どうなる」「どうする」のページで桐生市の災害の特性や避難時に気を付けること等を知っていただき、その後「考える・備える」のページで「逃げ時マップの使いかた」を見ていただき、実際に自分の自宅や職場などで災害にあったとき、どこに逃げればよいかを考えてください。 桐生市水害ハザードマップ(いつかのためにいまから備える本) どうなる 大雨が降るとどうなるの?• もくじ/気づきマップ どうする いつ、どこへ避難すればいいの?• 洪水から命を守る「3つの避難」/積極的に情報収集/気象情報・水位情報 考える・備える 命を守るために日頃からできることは?• 「3つの避難」を考える/逃げどきマップのつかいかた 逃げどきマップ• 掲載している主な町丁目:梅田町1・2丁目、宮本町3・4丁目、平井町、菱町4丁目、西久方町1丁目、東久方町1丁目、天神町• 掲載している主な町丁目:川内町1~4丁目、堤町3丁目、相生町• 掲載している主な町丁目:堤町1・2丁目、宮本町1~3丁目、西久方町2丁目、境野町1・2・4丁目、菱町1・3・4丁目、錦町1・2丁目、巴町、仲町、宮前町、東、本町、東久方町、浜松町、元宿町、小曽根町、永楽町、横山町、泉町、東町、織姫町、清瀬町、美原町、末広町、稲荷町、旭町、川岸町、高砂町• 掲載している主な町丁目:広沢町1~4丁目、広沢町間ノ島、三吉町、相生町1丁目、錦町3丁目、琴平町、小梅町、桜木町、新宿• 掲載している主な町丁目:境野町2~7丁目、広沢町4~7丁目、広沢町間ノ島、菱町1丁目 水害リスクマップ• 掲載している主な町丁目:梅田町、菱町1・2・5丁目、川内町5丁目• 掲載している主な町丁目:黒保根町、黒保根町八木原、黒保根町水沼、新里町赤城山• 掲載している主な町丁目:宮本町3・4丁目、堤町1・2丁目、梅田町1丁目、川内町、相生町1・2丁目、黒保根町、黒保根町八木原、新里町• 避難場所一覧/渡良瀬川が氾濫したら/桐生川が氾濫したら• 地震によりため池が決壊したら/大きな被害を受けたカスリーン台風/災害時の連絡先・情報の入手方法/家屋・家財を守る/非常持ち出し品・備蓄品・チェックリスト/「3つの避難」先、家族との連絡方法記入欄 水害リスクマップ 水害リスクマップ索引図• 注:水害リスクマップでは、最大の大雨での浸水を表示しています。 緊急連絡先 桐生市役所 電話:0277-46-1111 桐生警察署 電話:0277-43-0110 桐生市消防本部 電話:0277-47-1700 注:本マップは、国土交通省指定(平成29年7月)、群馬県指定(平成29年6月)の浸水想定区域等を基に作成しております。 注:本ファイルは、無断転載・二次加工・二次掲載を禁止しております。 気象情報について 洪水が起こりやすい時期(6月から11月)は、天気の移り変わりに注意しましょう。 大雨や洪水などの各注意報や警報、河川の水位状況を確認し、有事の際は、速やかに避難を開始しましょう。 市内で関係する気象情報、河川水位情報等については、下記をご覧ください。

次の