大学 いも レシピ 人気。 大学芋のレシピ・作り方まとめ!おいしく作るコツも紹介

【きょうの料理】人気レシピの「大学いも」を作った感想。タイミングが難しかったです。

大学 いも レシピ 人気

大学芋について 大学芋のルーツは、中華料理にあると言われています。 中華料理に「ミーチエンホンユイ」という料理があります。 正しい中国語では、「蜜餞紅薯」 ミーチエンホンシュー と言いますが、「実用家庭支那料理法」という本の中では、甘藷(カンショ)いわゆる、さつまいもの砂糖蜜がけと書かれているのです。 大学芋の歴史は古く、大正時代にさかのぼります。 当時、東京の神田近辺に住んでいた大学生が好んで食べていたそう。 その後昭和時代に入り、日本は不況の時代。 大学生にも影響が及びました。 少しでも収入を得ようと考えた大学生は、自分たちが好んで食べていた「甘藷の糖蜜がけ」を販売するようになり、それが後に「大学芋」と呼ばれるようになったのです。 身近な料理・大学芋には興味深い歴史があるんですね。 大学芋の調理法について 大学芋で重要な役割を占めるのが、タレ作り。 失敗しないタレ作りのコツは、水あめを使うこと。 砂糖だけでは、表面はカリッと、中はふわっとの食感をなかなか出すことができません。 砂糖に加えて水あめをプラスすることで、テリのある、カリッとした衣に仕上げることができるのです。 さらに美味しい大学芋を作るポイントとして、さつまいもの切り方にも秘訣があります。 さつまいもを乱切りにすることで、表面積を大きくし、火の通りをよくすることができます。 カリカリの食感を出したいなら、少し細長く切ることで先端を尖らせると良いでしょう。 さつまいもの甘みをさらに引き出したい場合は、さつまいもをゆっくり加熱することがポイント。 弱火でじっくり加熱すると、甘みが増して、美味しい大学芋を完成させることができますよ。 簡単大学芋の作り方。 シンプルなレシピなので、誰でも簡単に作れますよ。 まず、さつまいもを約5㎝幅の乱切りにします。 180度に熱した油で5〜10分さつまいもを揚げて、バットに移しておきましょう。 フライパンに分量のタレ用の調味料を入れ、弱火で加熱したらできあがり。 このレシピのポイントは、タレを煮詰めて、とろみがついたところでさつまいもを入れ、タレを絡ませること。 甘さを一層引き立たせることができます。 黒ごまをかけて、さらに風味をUP。 大学芋の基本的な作り方です。 まずはサツマイモを乱切りにし、水につけ10分ほど落ち着かせます。 つぎに、分量の調味料を鍋に入れ弱火で煮立たせましょう。 サツマイモを加え、タレがふつふつしてきたら蓋をして蒸らします。 最後に黒ごまを振りかけて完成。 レシピのポイントは、サツマイモを揚げ焼する際に、表面に焦げ目ができるまで揚げてから調味用を加えること。 こうするとこで、タレのしっとり感が残りますよ。 秋冬の定番食品として人気が高い野菜のさつまいも。 秋の終わりから翌年の春先にかけて旬を迎えますが、年間を通して比較的手頃な値段で買うことができる家計の強い味方です。 適度な食べごたえと甘味が特徴のさつまいもは、シンプルに石焼きイモにしたり、大学イモやスイートポテトといった素材を活かしたスイーツとして召し上がる方が多いかと思いますが、お菓子だけではなく、ご飯ものや汁物の具にしたり、主菜おかずまでバリエーションは豊富でかなり自由にアレンジがききます。 さつまいもを使ったレシピは本当にたくさんありますが、さつまいもの人気料理レシピの中から編集部がおすすめしたいレシピを、ご飯・おかず・サラダ・煮物・天ぷら・スープ・スイーツのカテゴリに分けて紹介しています。 さつまいもの出回る時期になると食べたくなるスイートポテト。 ケーキとはまた違ったほっこりした食感は、寒くなりだす季節にぴったりのスイーツです。 そもそもスイートポテトとは英語でさつまいもの意味。 でも日本ではさつまいもをつぶして卵と砂糖と混ぜて作ったお菓子を指します。 それもそのはず、スイートポテトは意外にも日本で生まれたお菓子なのです。 この記事では、スイートポテトの基礎知識に加え、形色々のスイートポテト、アレンジのレシピ、オーブン不要のレシピ、卵なしのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 その濃厚な甘さからスイーツの材料としても人気のあるさつまいも。 旬は秋から冬にかけてですが、保存が利くので年中出回っています。 紅はるかや、シルクスイートなどその種類もさまざま。 レシピも数多くあります。 さつまいもスムージーもその1つ。 食べ応えがあるので置き換えダイエットにもぴったり。 いろいろな作り方を覚えると、もっとさつまいもスムージーを楽しめますね。 この記事では、さつまいものダイエット効果や栄養に加え、フルーツ入りさつまいもスムージーのレシピ、野菜入りさつまいもスムージーのレシピ、さつまいものほほットスムージーのレシピ、乳製品入りさつまいもスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。 無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください! チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

学校給食で美味しい大学芋の作り方は?蜜のポイントやレシピを解説

大学 いも レシピ 人気

大学芋について 大学芋のルーツは、中華料理にあると言われています。 中華料理に「ミーチエンホンユイ」という料理があります。 正しい中国語では、「蜜餞紅薯」 ミーチエンホンシュー と言いますが、「実用家庭支那料理法」という本の中では、甘藷(カンショ)いわゆる、さつまいもの砂糖蜜がけと書かれているのです。 大学芋の歴史は古く、大正時代にさかのぼります。 当時、東京の神田近辺に住んでいた大学生が好んで食べていたそう。 その後昭和時代に入り、日本は不況の時代。 大学生にも影響が及びました。 少しでも収入を得ようと考えた大学生は、自分たちが好んで食べていた「甘藷の糖蜜がけ」を販売するようになり、それが後に「大学芋」と呼ばれるようになったのです。 身近な料理・大学芋には興味深い歴史があるんですね。 大学芋の調理法について 大学芋で重要な役割を占めるのが、タレ作り。 失敗しないタレ作りのコツは、水あめを使うこと。 砂糖だけでは、表面はカリッと、中はふわっとの食感をなかなか出すことができません。 砂糖に加えて水あめをプラスすることで、テリのある、カリッとした衣に仕上げることができるのです。 さらに美味しい大学芋を作るポイントとして、さつまいもの切り方にも秘訣があります。 さつまいもを乱切りにすることで、表面積を大きくし、火の通りをよくすることができます。 カリカリの食感を出したいなら、少し細長く切ることで先端を尖らせると良いでしょう。 さつまいもの甘みをさらに引き出したい場合は、さつまいもをゆっくり加熱することがポイント。 弱火でじっくり加熱すると、甘みが増して、美味しい大学芋を完成させることができますよ。 簡単大学芋の作り方。 シンプルなレシピなので、誰でも簡単に作れますよ。 まず、さつまいもを約5㎝幅の乱切りにします。 180度に熱した油で5〜10分さつまいもを揚げて、バットに移しておきましょう。 フライパンに分量のタレ用の調味料を入れ、弱火で加熱したらできあがり。 このレシピのポイントは、タレを煮詰めて、とろみがついたところでさつまいもを入れ、タレを絡ませること。 甘さを一層引き立たせることができます。 黒ごまをかけて、さらに風味をUP。 大学芋の基本的な作り方です。 まずはサツマイモを乱切りにし、水につけ10分ほど落ち着かせます。 つぎに、分量の調味料を鍋に入れ弱火で煮立たせましょう。 サツマイモを加え、タレがふつふつしてきたら蓋をして蒸らします。 最後に黒ごまを振りかけて完成。 レシピのポイントは、サツマイモを揚げ焼する際に、表面に焦げ目ができるまで揚げてから調味用を加えること。 こうするとこで、タレのしっとり感が残りますよ。 秋冬の定番食品として人気が高い野菜のさつまいも。 秋の終わりから翌年の春先にかけて旬を迎えますが、年間を通して比較的手頃な値段で買うことができる家計の強い味方です。 適度な食べごたえと甘味が特徴のさつまいもは、シンプルに石焼きイモにしたり、大学イモやスイートポテトといった素材を活かしたスイーツとして召し上がる方が多いかと思いますが、お菓子だけではなく、ご飯ものや汁物の具にしたり、主菜おかずまでバリエーションは豊富でかなり自由にアレンジがききます。 さつまいもを使ったレシピは本当にたくさんありますが、さつまいもの人気料理レシピの中から編集部がおすすめしたいレシピを、ご飯・おかず・サラダ・煮物・天ぷら・スープ・スイーツのカテゴリに分けて紹介しています。 さつまいもの出回る時期になると食べたくなるスイートポテト。 ケーキとはまた違ったほっこりした食感は、寒くなりだす季節にぴったりのスイーツです。 そもそもスイートポテトとは英語でさつまいもの意味。 でも日本ではさつまいもをつぶして卵と砂糖と混ぜて作ったお菓子を指します。 それもそのはず、スイートポテトは意外にも日本で生まれたお菓子なのです。 この記事では、スイートポテトの基礎知識に加え、形色々のスイートポテト、アレンジのレシピ、オーブン不要のレシピ、卵なしのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 その濃厚な甘さからスイーツの材料としても人気のあるさつまいも。 旬は秋から冬にかけてですが、保存が利くので年中出回っています。 紅はるかや、シルクスイートなどその種類もさまざま。 レシピも数多くあります。 さつまいもスムージーもその1つ。 食べ応えがあるので置き換えダイエットにもぴったり。 いろいろな作り方を覚えると、もっとさつまいもスムージーを楽しめますね。 この記事では、さつまいものダイエット効果や栄養に加え、フルーツ入りさつまいもスムージーのレシピ、野菜入りさつまいもスムージーのレシピ、さつまいものほほットスムージーのレシピ、乳製品入りさつまいもスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。 無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください! チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【きょうの料理】人気レシピの「大学いも」を作った感想。タイミングが難しかったです。

大学 いも レシピ 人気

スポンサーリンク クックパッドのつくれぽは10あれば人気なんだそうです。 あれだけ莫大な投稿数だったらわかる気がします。 ということはこのレシピってすごい人気なんですね。 先が尖るように切るのは カリカリ感を出すため。 フタはしめたまま。 つるの剛士さんからは「カリしっとりが完璧」とのコメントが。 今回のクックパッド厳選の秋食材の裏ワザレシピBEST5の第1位を獲得したこのレシピ、 つくれぽ9000越えも納得です。 調理時間約20分。 めっちゃ美味しかった! 手前みそですが 今まで食べた大学イモの中でナンバーワンといっても過言ではないほど! カリカリになったところが特に美味!冷えても美味い! 油に砂糖を入れて火をつけるため焦げないか気になって弱めの中火にしてしまったので、「パチパチ音が強くなる」というタイミングがちょっと自信なかったです。 なのでちょびっとフタを開けて見て若干煮えてるな的なところで火を弱めました。 さつまいもにはタンパク質が少ないのでガスが臭くないんだそう。

次の