もえあず 株式投資。 株式投資の勉強ってどうするの?【投資初心者の疑問】

株式投資で得られる利益には、どんなものがありますか?

もえあず 株式投資

売れない時代に株を買ったから今がある! 株式投資については「興味はあるけど、なんだか怖い…」と感じる人もいるかもしれません。 今回はコントトリオ「シンブン」(元ザ・フライ)の一人としてキングオブコント2011で準決勝進出の経験があり、芸人引退後は個人投資家に転身した井村俊哉さんに、元手100万円から1億円に達成した道のりについてお聞きしました。 山あり谷ありがあったようで、中にはあまり参考にならない、むしろ真似をしては危ない部分もありますが(笑)、投資に対するヒントが満載のお話をうかがいました! 井村さんが株を始めたのは、芸人活動の下積み時代を支える収入として株式投資を思い立ったのがキッカケだったそう。 「『芸人はしばらく下積み生活だから、収入を得るためにアルバイトが必須』と聞いていました。 でも、1日1万円のバイトをしながら芸人を目指すのは大変…もし、株で同じくらい儲けられたらいいなと安易に考えてスタートしました」(井村さん、以下同) とはいえ普通の人なら、いきなり株に挑戦するのは怖いもの。 ところが井村さんは、昔からお金に興味を持っていて、意外と抵抗は少なかったそう。 「中学時代にさかのぼるのですが、家のポストにゲームショップのチラシが何枚か入っていたんです。 A店では新品のゲームソフトが1980円で販売されていて、B店では同じソフトが3500円で高価買取中とある。 『1980円で買って、3500円で売ったら儲かるのでは…』と試してみたら本当に儲かってしまった!そこから、お金への興味がどんどんわいていきました」 そんな原体験もあり、芸人を目指していた21歳のとき、手元にあった100万円で地銀の株を購入したとのこと。 「101万円で売れば、1万円の利益が出るという考え方でした。 今となっては、『株はそんな単純なものじゃない!』と、突っ込みたいですけどね」 その後は株主優待狙いで焼肉の会社の株を買ったり、リーマンショックで痛い目にあったりとさまざまな経験を重ねます。 ところが、転機が訪れます。 それは、2010年末に今の奥様となる女性に出会ったことでした。 「それまでは、一生売れない芸人のままでいいと思っていました。 芸人としての年収3万円でしたけど(笑)。 でも、今の妻である女性と出会ってお付き合いをすることになり、初めて将来のことを考えました。 『現実を見なきゃ』『でも芸人はやめたくない』と思って、再び浮かんできたのが株式投資でした。 財務諸表を読めれば株式投資にも役立つし、士業の資格があれば、いざとなれば仕事がある。 「彼女の親御さんにも堂々と言えると思ったし、勉強はまったく苦ではありませんでしたね」 本格的に株を学び、10倍になったものも! 午前中は図書館で勉強し、午後からトレードをする生活に。 そんな毎日が2011年の1月ごろから2年間続きました。 「株についての本を読みあさり、最初に影響を受けたのが、バリュー投資家のバイブルともいえる『賢明なる投資家』。 ベンジャミン・グレアムという、ウォーレン・バフェットの御師匠さんの本で、株のイロハを学びました。 また『オニールの成長株発掘法』も衝撃的でした。 株価が上がっていても、それ以上上がるなら買ってもいいと書いてあって。 この方法を短期でも取り入れたら、利益が上げやすいのではと考えました」 気づいたことは、どんどんノートにメモ。 そして2011年ごろに買った株が、2013年~2014年には最終的に10倍にも値上がりするという経験をします。 「あるIT企業の株なのですが、2012年の株主総会を聞いていて、この会社はいけると確信して、持っていたお金の残り全部を追加で入れました。 それが結果的に10倍になったんです」 学んだことはすぐメモを取る。 この習慣は今も健在! 株で大失敗しそうになり、泣きながら母親に電話したことも そうして、株で1億円を築いた井村さんですが、それまではもちろん良いことばかりではありません。 あわや大失敗?もありました。 別のある会社の株を買っていたら粉飾決算がわかり、ストップ安が続き、売り注文ができないまま週末に持ち越した時です。 「もう終わったと思い、『芸人も株も辞めて、田舎に帰るかもしれない』と泣きながら母親に電話しました。 ところがその週末に上場維持が発表され、週明けに一転してストップ高。 信用取引でレバレッジ(証券会社から資金を借りるかたちで、自己資金よりも大きな金額で投資を行なうこと)をかけていたので、いっきに100万円近く増えました。 ものすごくラッキーでした。 もちろん誰にでもオススメできるやり方ではないですけどね(苦笑)」 まさに偶然に助けられたかたちで、九死に一生を得た井村さん。 井村さんには2歳と生まれたばかりの2人の娘さんがいますが、一人目の娘さんが生まれたころも株漬けの生活をしていました。 しかし、2017年にデイトレーダーをやめることになった出来事が……。 妻に投げかけられた一言で投資スタイルを変更! 「デイトレーダーは、たった1回の取引で長年積み上げてきた利益が全部なくなってしまうことがあります。 それも経験と考えると努力は無駄ではないような気もしますが、どうしても日々の株価の上げ下げにイライラしたり、悲壮感がただよったりしがち。 そんな状態で生まれたばかりの娘を抱っこしていたら、『そんな顔をして抱かないで!』と妻に言われました。 いよいよ、投資法を本気で変えなければと思いました」 自分の精神も安定して、収益も出て、子育てとも両立できる投資法とは…。 試行錯誤を経て「良いと思う会社を数社に絞って、長期で考えて投資する」という現在の方法にたどり着きます。 「株に時間をかけすぎると、家族の時間がなくなってしまいます。 それでは、何のための投資かがわかりません。 長期投資なら、時間を味方にして、企業が成長するところのおこぼれをちょっといただく。 投資先の会社の方々が、代わりに稼いでくれているというイメージです。 株価を毎日チェックする必要はありませんから、時間がない人には向いていると思います」 子育て真っ最中の井村さんだからこそ語れる本音の投資トーク。 株式投資に興味が出てきた方も多いのではないでしょうか。 次回は、共働き子育て家庭に向けて、おすすめの株投資の方法などについて具体的に教えていただきます! 井村俊哉さん 元・株大好き芸人。 個人投資家。 中小企業診断士。 1984年生まれ、群馬大学卒。 2011年に100万円の元手で株式投資を本格的にスタート。 2017年4月に1億円を達成。 キングオブコント2011で3人組のコントトリオ「シンブン」(元ザ・フライ)で準決勝に進出したが、芸人は2017年6月に引退。 現在は日経CNBCコメンテーターなどをしながら投資領域で起業準備中。 2児の父でもある。 2018年12月に著書『年収3万円のお笑い芸人でも1億円つくれたお金の増やし方5. 0』(日経BP社)を発刊。 (文/西山美紀 撮影/稲垣純也) <関連記事> <関連サイト> <関連キーワード> お取引にあたっての手数料等およびリスクについて 当社で取扱う商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。 (国内株式委託手数料は約定代金に対して最大1. 商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書、お客さま向け資料等をお読みください。

次の

株式投資初心者入門

もえあず 株式投資

A値上がり益のほか、配当金、株主優待等があります。 保有中に得られる利益も見逃せません。 株式投資でもっとも期待されている利益は、値上がり益でしょう。 安く買って高く売るのは、投資の醍醐味ともいえます。 しかし、株式投資で得られる利益は、それだけではありません。 配当金や株主優待等、株を保有することにより得られる利益も見逃せません。 配当金とは、企業が事業活動の成果として得た利益を株主に分配するものです。 また、配当性向からは企業の株主に対する姿勢が見られるので確認すると良いでしょう。 業績不振等で株価が下落した銘柄は、計算上、配当利回りが高くなってしまいます。 株主優待とは、企業から株主に贈られるお礼のようなものです。 個人株主の安定化を狙いとして株主優待制度を設ける企業も多く、「当社をより知ってもらおう」と自社製品を株主優待にしたり、「とにかく喜んでもらおう」と誰もが助かるお米券や商品券を株主優待にする企業もあります。 どんなものを株主優待にしているかは企業によってさまざまです。 一方、配当金を出さず、株主優待を実施しない企業もあります。 ただし、これらの企業が「良くない企業」とも限りません。 たとえば、配当金を出さない代わりに、資金を新たな設備投資にまわす等して、より大きな企業になり、株価上昇で投資家に応えようとする企業も見られます。 何を期待して投資をするのか、目的を明確にしていくと銘柄がより選びやすくなります。 リスクおよび手数料などについて• に記載の商品等に投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。 また、すべての商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。 商品によっては、投資元本を超える損失が発生することがあります。 WEBサイトに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当社WEBサイトの当該商品等の取引ルール、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書またはお客様向け資料などに記載されていますので、当該WEBサイトをご確認ください。

次の

子どもと始める株式投資 [株・株式投資] All About

もえあず 株式投資

[著者] ジェレミー・シーゲル Jeremy J. Siegel : ペンシルベニア大学大学院 ウォートン・スクール 教授 金融論。 コロンビア大学卒業、マサチューセッツ工科大学 MIT で経済学博士号取得。 ウィズダム・ツリー・インベストメンツの上級投資戦略アドバイザー。 CNN、CNBC、ウォールストリート・ジャーナル、バロンズ、フィナンシャル・タイムズ等のメディアにもたびたび登場し、市場関係者の注目を集めている。 [監訳者] 林 康史 はやし やすし : 立正大学経済学部教授。 大阪大学法学部卒、東京大学修士 法学。 クボタ、住友生命、大和投資信託、あおぞら銀行を経て、2005年4月より現職。 主な著書・訳書に、『相場としての外国為替』、『相場のこころ』 訳 、『欲望と幻想の市場』 訳 、『投資の心理学』 監訳 、以上、東洋経済新報社。 『冒険投資家ジム・ロジャーズ世界バイク紀行』 共訳 、『ギャンの相場理論』 編著 、『ラリー・ウィリアムズの相場で儲ける法』 共訳 、『はじめてのテクニカル分析』 編著 、『ジム・ロジャーズが語る商品の時代』 共訳 、『決定版 株価・為替が読めるチャート分析』、『ジム・ロジャーズ中国の時代』 共訳 、以上、日本経済新聞出版社。 『基礎から学ぶデイトレード』、『基礎から学ぶ外国為替相場』、『商品先物の実話と神話』 共訳 、『バリュー投資』 監訳 、以上、日経BP社など。 藤野 隆太 ふじの りゅうた : フーリハン・ローキー株式会社マネジング・ディレクター。 慶應義塾大学経済学部卒。 米ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院修士 MIPP。 大手金融機関などを経て現職。 訳書に『デイトレード』 日経BP社 など。 [訳者] 石川 由美子 いしかわ ゆみこ : 株式会社トーキョー・インベスター・ネットワーク代表取締役。 上智大学卒、法政大学修士 経済学。 、スタンダード・アンド・プアーズMMSを経て、1996年11月に株式会社トーキョー・インベスター・ネットワーク設立、代表取締役に就任。 toushin. com を運営。 訳書に『マネーの公理』、『マネーと常識』 ともに日経BP社 など。 鍋井 里依 なべい りい : 翻訳家。 英ロンドン大学キングス・カレッジ Diploma 修了。 英ノッティンガム大学人文地理学部卒。 日経QUICKニュース社シンガポール支局、あおぞら銀行、外資系 リース会社を経て現職。 宮川 修子 みやかわ しゅうこ : 翻訳家。 経済産業研究所勤務。 東京大学卒、ミシガン大学修士 経済学。 プライスウォーターハウス、中前国際経済研究所、日本ブランド戦略研究所などを経て現職。 監訳書に『カクテルパーティーの経済学マクロで読み解く成功する投資のヒント』 共訳、ダイヤモンド社 、『13 シーゲル,ジェレミー ペンシルベニア大学大学院 ウォートン・スクール 教授 金融論。 コロンビア大学卒業、マサチューセッツ工科大学 MIT で経済学博士号取得。 ウィズダム・ツリー・インベストメンツの上級投資戦略アドバイザー。 大阪大学法学部卒、東京大学修士 法学。 慶應義塾大学経済学部卒。 米ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院修士 MIPP。 上智大学卒、法政大学修士 経済学。 、スタンダード・アンド・プアーズMMSを経て、1996年11月に株式会社トーキョー・インベスター・ネットワーク設立、代表取締役に就任。 英ロンドン大学キングス・カレッジ Diploma 修了。 英ノッティンガム大学人文地理学部卒。 日経QUICKニュース社シンガポール支局、あおぞら銀行、外資系リース会社を経て現職 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 本書はシーゲル博士の代表作だが、最近は続編の「株式投資の未来」の方が有名な感じである。 もちろん「株式投資の未来」も大傑作なのだが、タイトルどおり、「株式投資」の本質については、こちらの方が理解しやすい。 つまり「株式」とは、どういう資産なのか、「株式投資」とは何なのか?という、株式の「本質」を理解する上では、この本はまさに他の追随を許さない最高傑作である。 そして、その裏には膨大なデータを粘り強く解析した著者の尋常ならざる努力が隠れている。 株式の上昇率と、それ以外の資産の上昇率とを較べたグラフを初めて見た時の衝撃は、いまだに忘れられない。 まず、本書で「株式」ならびに「株式投資」というモノの「本質」を充分に理解した上で、その応用編として「株式投資の未来」を読むことをお薦めする。 そうしないと、不況時の暴落で心が揺れてしまうからである。 確固たる自信と信念と、そしてそれを裏づける揺るぎない根拠があって初めて、懼れることなく「株式投資」を持続できるのである。 基本が分かっていないうちから応用編に進んでその果実だけを得ようとしても、結局はダメなのである。 「急がば回れ」 古人は良いことを言ったものである。 米株投資が盛んになってきており、S&P500に連動するインデックスファンドやETFへの投資が主流になってきています。 (Vi頁) と指摘しています。 その妥当性には議論があろうが、このような見方もあることを知っていることは重要だと思います。 また、 国別利回りに基づく国際分散投資の論理的根拠は弱まってきている。 しかし、セクター分散を目指して海外企業の株式に投資することの論理的根拠は強まっている。 (320頁) という指摘は、現時点で常識になっていないと思います。 これもまた、このような知見があることを念頭に置くことが重要だと思います。 その他、データに基づく様々な知見は、信頼のおける教科書といって間違いないと思います。

次の